にんじん 栄養素。 【管理栄養士監修】「人参」の主な栄養素とカロリーまとめ!子どもにもおすすめな調理方法とレシピ3選

【管理栄養士監修】「人参」の主な栄養素とカロリーまとめ!子どもにもおすすめな調理方法とレシピ3選

にんじん 栄養素

また、免疫力を高めガン(特に肺ガン)を抑制することが確かめられていて、動脈硬化や心臓病などを、予防する効能もあります。 ) その他、人参にはビタミンCや食物繊維、ミネラルなどの栄養も、そこそこ含まれています。 ビタミンCは、免疫力アップ、ガン予防、美肌効果、コラーゲンの合成など様々な働きがあります。 食物繊維は腸の働きを整え、便秘解消や体内の余分なコレステロールを、排出する働きがあります。 注意点 人参には、ビタミンCを破壊する「アスコルビナーゼ」という酵素が、含まれています。 しかし、人参を煮たり揚げたりして加熱調理、あるいはレモンやお酢をかけると、この酵素の働きを抑えることができます。 ただ、よほど大量に人参を食べない限り、肝臓のトラブルは起きませんので、ご心配なく。 人参の旬 最近は温室栽培も増えていますが、人参のおいしい季節は10月〜2月の秋から冬場にかけてです。 7g *上記の数値は、生の人参の栄養の含有量です。 店頭で売られているほとんどの人参は、すでにきれいに洗浄されているので、改めて皮をむく必要はありません。 なお最近の人参は、品種改良が進み甘みが増して、特有の香りも減って、人参が嫌いという人は少なくなっているようです。 保存方法 人参は、湿気と高温に弱いので、野菜庫で保存するとよいでしょう。 このとき、新聞紙に包んで保存袋に入れ、立てておくと鮮度が長続きします。 (風通しの良い場所におくと、乾燥してしなびてしまいます。 Copyrights c 2009.

次の

にんじん(人参)と栄養価・効果効能

にんじん 栄養素

ニンジンにはカロテンと言う名前の由来にもなっているくらい、人参にはたくさんのカロテンが含まれています。 また、油との相性がよく、揚げ物や油炒め、バターソテーなどのように、共に摂取することでビタミンAの効果が増すそうです。 しかし、リコピンそのものが活性酸素を減らす働きがあるそうです。 ニンジンは皮の部分にも栄養成分が詰まっています。 皮を剥いたものより、皮つきの物の方がカロテンが多く含まれています。 水分 灰分 39 kcal 89. 1 g 0. 7 g 0. 2 g 9. 3 g 0. 8 g 0. 02 g 0. 06 g 0 2. 07 mg 0. 06 mg 0. 8 mg 0. 37 mg 6 mg 無機質 ナトリウム リン 鉄 28mg 300mg 28mg 10mg 26mg 0. 金時ニンジンも一般的なニンジンと同様皮の部分にも栄養成分が詰まっています。 皮を剥いたものより、皮つきの物の方がカロテンやリコピンが多く含まれています。 水分 灰分 44 kcal 87. 3 g 1. 8 g 0. 2 g 9. 6 g 1. 1 g 0. 01 g 0. 04 g 0 3. 07 mg 0. 05 mg 1. 0 mg 0. 32 mg 8 mg 無機質 ナトリウム リン 鉄 11mg 540mg 37mg 11mg 64mg 0. 葉の部分にも栄養がたっぷり含まれているので、柔らかく食べやすい葉は食べるよう心掛けたいですね。 水分 灰分 18 kcal 93. 5 g 1. 1 g 0. 2 g 3. 7 g 1. 06 mg 0. 12 mg 1. 1 mg 0. 43 mg 22 mg 無機質 ナトリウム リン 鉄 31mg 510mg 92mg 27mg 52mg 0. 9mg 七訂日本食品標準成分表より.

次の

にんじん菜/葉にんじんの栄養価と効用:旬の野菜百科

にんじん 栄養素

炒めたりレンジによる加熱は平気!? 壊れにくい栄養素 一般的に、野菜の調理などを行う際に、火で加熱する調理方法は栄養が壊れやすいといった印象を持っている方も少なくないと思います。 かといっても、 にんじんに入っているビタミンCという栄養素は壊れてしまいます。 そのため、にんじんを調理する際には加熱などの炒め物やレンジによる加熱も問題ないと言われています。 すりおろしで栄養が増える!? すりおろしで増える「酵素」 にんじんを生で食べることが一番栄養をとれると思っている方もいると思いますが、実はすりおろすとさらに栄養を摂取することが出来ると言われているのです。 にんじんをすりおろすことによって摂取できる「酵素」とは、本来すりおろさずに食べると体内の外に排出されてしまうことが多いとされていますが、すりおろすことによって細胞の膜がとれて、細胞内の酵素が溢れ出し、酵素が活性化されていくと言われています。 酵素を摂取することによって、栄養の強化をしてくれて、体内酵素をさらに活性化してくれるといったメリットが生まれます。 次に、すりおろす際のポイントをみていきましょう。 皮を向かずにすりおろす! 栄養素や酵素は本来皮に近い場所に多く含まれていると言われています。 そのため、農薬を使っていない野菜などを選んで、綺麗洗って、皮ごとすりおろすことでより多くの栄養が取れることが期待できます。 すりおろしたら早く食べる! すりおろしてから酵素は徐々に減少していってしまうので、すりおろしたらなるべく早く食べることを心がけると良いと言われています。 すりおろしたら生で食べよう! 酵素自体が熱に弱く、50度程度で破壊されてしまうため、酵素を摂取したい方は、加熱などをせずに生で食べるようにしましょう。 スポンサードリンク 圧力鍋は万能!? 圧力鍋でにんじんなどを調理する場合は、一気に圧力によって蒸気で蒸かすことが可能なので、にんじんの持つ栄養をほとんどと言っても過言ではないほど壊さずに調理することが可能と言われています。 そのため、お湯などで地道に温度が変化していく環境でビタミンなどを破壊するよりも圧力鍋のほうが栄養を保ったまま熱する事ができる可能性が高いと言われています。 まとめ 様々な調理方法による栄養の吸収率などの違いをみていきましたが、どれもあまり壊すことなく、「すりおろし」などは特に酵素を増やせるといったメリットが期待できることがわかりました。 他にも様々な野菜によって栄養素がかわり、さらにその栄養素によって熱に強い弱いなどがあるので注意して栄養をなるべく吸収できる調理方法を見つける事が大切と思います。

次の