じぇいメール。 JCBかたる詐欺メールに注意 偽の会員ログインページに誘導 クレカ情報流出の恐れ

【楽天市場】<メール便 送料無料>GEL

じぇいメール

Jetstar Airways Pty Ltd, ABN: 33 069 720 243. Jetstar Asia Airways Pte Ltd, BRN: 200403570D. Jetstar Regional Services Pte Ltd, BRN: 201229688K. Singaporean Travel Agent License No. 02495. Jetstar Japan Co. , Ltd. Jetstar Holidays K. Commissioner of Japan Tourism Agency Registered Travel Agency No. 1829. Jetstar Pacific Airlines, BRN: 0301103030.

次の

索引「じぇす」

じぇいメール

相変わらずAmazonとAppleを語る詐欺メールは頻繁に来ておりますが、Amazonの詐欺メールについては、ちょっとだけ変化が有ったので紹介したいと思います。 タイトルはAmazonアカウントを利用制限しています 今回来た詐欺メールのタイトルは「 Amazonアカウントを利用制限しています」と言うものでした。 特にいつもと同じように、アカウントに関する事をタイトルにすることで、受信者の焦りを誘うようなものになっておりますね。 manifestconsciousness. comとなっております。 ヘッダーこそAmazonのように思えますが、ドメインは何時もと同じように全く関係ないドメインです。 そして今回も5名への同報送信となっており、注意喚起メールに似つかわしくない状況です。 注意喚起を促す事をメールで行うのであれば、本人のみが普通であり、一般的には電話か郵送で送られてきます。 メールと言う時点で疑う内容ですよね。 本文内容はこれだ! 一見、出だしの文章を読むと、何となく本物っぽいような感じもしなくもない。 非常に重要なメールとあえて書くことで、受取人の心理を揺さぶっており異常があった場合に自動で送信されると言う事で真実味を更に上げようとしています。 しかしながら、以下の原因のよって引き起こされると書いてある部分の2番目に注目です。 多分、 不正確なアカウント情報と書きたかったのでしょうが、 不正确なアカウント情報となってしまっています。 これはよくある中国語読みの感じじゃないかな。 つまり、この原文を作った人は中国人で日本語が良く分かる人って事ですね。 だいぶ書いている内容が向上してきていますが、相変わらずどこかにこのように日本人が使わない漢字を使用して、詐欺と築かせるような部分が残っています。 しかし、初めてもらった人など焦りがあると、変だと言う前に読めてしまうので感じのおかしさを見落とす可能性が有りますね。 今回のアカウント削除にリンクされているのが、下記のリンクになります。 account-abnormal-content-reset-support-security-amazon. com Amazonと言う単語は入っていますが、こんなドメインをAmazonが使うはずもありません。 また、今回はリンクが張られないように省いてあるhttpの部分もhttpsではないので、 詐欺サイトへの誘導リンクとなります。 騙されない心構え こういう詐欺メールって、最初にもらうと結構焦るんですよね。 ましてや、実際に使用しているサービスとかだと、その焦りもかなり上昇します。 もし、あなたがAmazonではなく楽天派でAmazonを使用していなければ、変だなって感じやすいのですが、実際にAmazonを使用しているとアレ?って感じになり不安が湧いてきますよね。 詐欺グループの狙いは、その不安であり不安があると違っている事も信じやすくなり、詐欺に引っかかりやすくなるんです。 もし、このような詐欺メールを受け取った時、コーヒーでも飲んで一息入れてから以下の手順で確認しましょう。 1.Amazonを実際に使用していますか? 2.そのメアドは、Amazonに実際に登録しているメアドですか? 3.自分一人宛のメールですか? 殆どの場合、この3つを確認すれば詐欺であることが一目瞭然です。 1は言わずと知れた、そのサービス自体を使っているかの話で、使ってない場合はその時点で詐欺と分かります。 仮に使っていたとしても、自分のように登録しているメアドが違う場合には、それも詐欺だと分かりますね。 万が一、1と2が合致しても、送られて来たメールの送付先が複数で有ったら、その時点で詐欺と判断できます。 重要な案件は、必ず個人宛になりかつ、緊急の場合には電話で、そうでない場合は郵送できますから。 もし、1,2,3共に合致知てしまった場合、その場合はAmazonのサポートセンターに直接確認の電話をしましょう。 送られてきたメールが変だと思ったら、絶対に返信したり、リンクをクリックしたりしたりぜず、廃棄してしまっても問題ないと思います。 仮に、本当の場合でも勝手にアカウントを削除したりすることはなく、必ず本人確認がありますので、捨ててしまったものが本物であれば、もう一度連絡が来るはずです。 基本、メールでの問い合わせは無いと言っても過言ではありませんので、メールが来たら基本不審と思って間違いないと思います。 各自騙されないよう、常日頃から情報を収集しネットリテラシーの向上に努めましょうね。 分からない事が有ったら、ご連絡を頂ければわかる範囲内でお答えします。

次の

iPhoneのメール受信が遅い・リアルタイムでできない時の対処法は?

じぇいメール

相変わらずAmazonとAppleを語る詐欺メールは頻繁に来ておりますが、Amazonの詐欺メールについては、ちょっとだけ変化が有ったので紹介したいと思います。 タイトルはAmazonアカウントを利用制限しています 今回来た詐欺メールのタイトルは「 Amazonアカウントを利用制限しています」と言うものでした。 特にいつもと同じように、アカウントに関する事をタイトルにすることで、受信者の焦りを誘うようなものになっておりますね。 manifestconsciousness. comとなっております。 ヘッダーこそAmazonのように思えますが、ドメインは何時もと同じように全く関係ないドメインです。 そして今回も5名への同報送信となっており、注意喚起メールに似つかわしくない状況です。 注意喚起を促す事をメールで行うのであれば、本人のみが普通であり、一般的には電話か郵送で送られてきます。 メールと言う時点で疑う内容ですよね。 本文内容はこれだ! 一見、出だしの文章を読むと、何となく本物っぽいような感じもしなくもない。 非常に重要なメールとあえて書くことで、受取人の心理を揺さぶっており異常があった場合に自動で送信されると言う事で真実味を更に上げようとしています。 しかしながら、以下の原因のよって引き起こされると書いてある部分の2番目に注目です。 多分、 不正確なアカウント情報と書きたかったのでしょうが、 不正确なアカウント情報となってしまっています。 これはよくある中国語読みの感じじゃないかな。 つまり、この原文を作った人は中国人で日本語が良く分かる人って事ですね。 だいぶ書いている内容が向上してきていますが、相変わらずどこかにこのように日本人が使わない漢字を使用して、詐欺と築かせるような部分が残っています。 しかし、初めてもらった人など焦りがあると、変だと言う前に読めてしまうので感じのおかしさを見落とす可能性が有りますね。 今回のアカウント削除にリンクされているのが、下記のリンクになります。 account-abnormal-content-reset-support-security-amazon. com Amazonと言う単語は入っていますが、こんなドメインをAmazonが使うはずもありません。 また、今回はリンクが張られないように省いてあるhttpの部分もhttpsではないので、 詐欺サイトへの誘導リンクとなります。 騙されない心構え こういう詐欺メールって、最初にもらうと結構焦るんですよね。 ましてや、実際に使用しているサービスとかだと、その焦りもかなり上昇します。 もし、あなたがAmazonではなく楽天派でAmazonを使用していなければ、変だなって感じやすいのですが、実際にAmazonを使用しているとアレ?って感じになり不安が湧いてきますよね。 詐欺グループの狙いは、その不安であり不安があると違っている事も信じやすくなり、詐欺に引っかかりやすくなるんです。 もし、このような詐欺メールを受け取った時、コーヒーでも飲んで一息入れてから以下の手順で確認しましょう。 1.Amazonを実際に使用していますか? 2.そのメアドは、Amazonに実際に登録しているメアドですか? 3.自分一人宛のメールですか? 殆どの場合、この3つを確認すれば詐欺であることが一目瞭然です。 1は言わずと知れた、そのサービス自体を使っているかの話で、使ってない場合はその時点で詐欺と分かります。 仮に使っていたとしても、自分のように登録しているメアドが違う場合には、それも詐欺だと分かりますね。 万が一、1と2が合致しても、送られて来たメールの送付先が複数で有ったら、その時点で詐欺と判断できます。 重要な案件は、必ず個人宛になりかつ、緊急の場合には電話で、そうでない場合は郵送できますから。 もし、1,2,3共に合致知てしまった場合、その場合はAmazonのサポートセンターに直接確認の電話をしましょう。 送られてきたメールが変だと思ったら、絶対に返信したり、リンクをクリックしたりしたりぜず、廃棄してしまっても問題ないと思います。 仮に、本当の場合でも勝手にアカウントを削除したりすることはなく、必ず本人確認がありますので、捨ててしまったものが本物であれば、もう一度連絡が来るはずです。 基本、メールでの問い合わせは無いと言っても過言ではありませんので、メールが来たら基本不審と思って間違いないと思います。 各自騙されないよう、常日頃から情報を収集しネットリテラシーの向上に努めましょうね。 分からない事が有ったら、ご連絡を頂ければわかる範囲内でお答えします。

次の