ウノ の ルール。 大盛り上がり間違いなし!UNOの新スタイルUNO ATTACK!(ウノ アタック)

ジャングルポケット マテルゲーム アンバサダー 就任決定!!フォロー&リツイートキャンペーン!

ウノ の ルール

UNOドロー4ルールとは? ドロー2やドロー4など、ドロー系カードを積み重ねて出していくことでドロー系カードを持たない人がまとめて十数枚のカードを取らざるを得ない状況に・・・ そんな暴力的な行為が楽しめるのがUNOの醍醐味と思っていた人も多いはず? ですが、それは公式にはルール違反ということらしい。 つまり、ドロー系のカードを出された人はその枚数のカードを必ず引かなければならない。 そして持ち手のカードは出せず、次の人の番へ。。。。 それが公式のルールだったということです。 それに対して、ツイッター上でも様々な声が上がっています。 【UNO ドローカードに公式見解】 カードゲーム「UNO」について、海外公式Twitterより、ドロー系カードにまつわるルールが明示された。 ドロ系ーカードは、スタック(積み重ね)ができず、出されたら必ず引かなければならないという。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics スポンサードリンク UNOドローカード重ね出し禁止に関するみんなの声 これマジか! NHKで字幕テロップ級のニュースだろ。 16枚めくりながら流したあの涙は、一体なんだったのか・・。 そしてそれによりUNOの楽しさが半減するというような声も、、、 そして久々にUNOがやりたくなった!という人も多いみたいですね。 では、ドロー系カードの重ね出しに頼れなくなった今、 UNO(ウノ)で戦わざるを得ない場面になった時、どのように勝てばいいのでしょうか! その勝ち方、必勝法について調べてみました。 スポンサードリンク UNOでドローカードに頼らない勝ち方 ポイント1 勝つまでの流れを考えよう! 勝つまでの流れで注目したいのはカードの色! UNOでは残りの手札が1枚となったとしてもその1枚が出せなければ上がることができませんね。 UNOのカードには数字と色がありますが、最後の一枚が相手の出したカードと一致する確率は数字よりも色が一致する確率の方が高いですね。 なので、最後の2枚として残すカードは同じ色で残すことで、同じ数字パターンで上がれる確率と、同じ色で上がれるパターンで上がる確率を上げてくれることになります。 その時にポイントとなってくるのがワイルドカード、ワイルドドローカード(色を変えられるカード)の使い方。 最後に残すカードの色が定まってきたらその時点で、ワイルド系カードをだし、自分が最後に上がる色に繋げていきいましょう。 このように上がるまでの道筋を意識することが勝利へのコツの一つです。 ポイント2 カードの枚数を覚えよう! UNOのカードが各種何枚あるかを事前に把握しましょう。 特に重要なのはワイルドカードとワイルドドロー4カードの枚数。 これらのカードは各4枚ずつ存在します。 言わずもがなこれらのカードはゲームの流れの重要な鍵を握ります。 このカードの枚数を覚えておくことで、相手にワイルド系カードがなく、自分だけがワイルド系カードを持っているとう場面で安心してワイルド系カードで自分の有利な色に変えていくことができます。 ポイント3 相手のカードを把握しよう! 誰かが「ウノ!」となり残り1枚になった時。 その相手の1枚のカードを推理することが重要。 なので、その色から変える戦略で相手が上がれないように防御しましょう。 その時のカードの色は何色だったか? それを把握していれば、相手はその色のカードを持っていないことがわかります。 それらの動きを注意深く見ていくことで、相手の持っているカードの種類をどんどん絞り込んでいくことができます。 これはそれぞれのプレイヤーのカードが少なくなってきた時に使える方法です。 なので、誰かが「UNO!」となってもその時点で焦ることなく、冷静に相手のカードを推理し、必勝に導いていきましょう!.

次の

ウノ再発見!?新ルールを加えて更に面白く遊ぶ方法【三文】

ウノ の ルール

1.ウノの上がり方ルール 一番最初にカードがなくなった人 ウノの勝ち方・上がり方は、 一番最初に手札のカードがなくなった人が勝ち。 このルールだけは忘れようがないですね^^; ウノのルールによっては、2番手以降は、 手持ち札を点数化していって順位を決めることもあるそうです。 2.手札が残り一枚になったら「ウノ!」、上がるときは「ストップ!」 手札が残り一枚になったら「ウノ!」を宣言するのがウノのルールで、 もし「ウノ!」というのを忘れてしまった場合、3枚とか4枚とか、 決められた数を山から引かなければいけません。 ウノで手札がなくなった時には「 ストップ!」と言いますね。 3.同じ色・記号・数字でウノカードを出していく 手札の中から場に出ているウノカードと 同じ色・記号・数字のウノカードを出していく。 手札から出すとき、記号・数字が同じものは、 何枚でも一緒にウノのカードを出せる。 とまぁ、こんなところですかね。 後は、ウノは地域によってかなり ローカルルールに違いがあるし、 さらに子供と大人の差を埋めるルールなんかがありますので、 ウノをさらに盛り上げるルールを紹介していくと、、 ウノ公式ルールをアレンジしてUNOをさらに楽しく!! 調べれば調べるほど、トランプの大富豪と同じくらい、 ウノには数えきれないほどのローカルルールがあることがわかりました。 自分では、ウノ公式ルールだと思っていたことが実は、 ローカルルールだったりすることもありますよ。 1.ウノストップを認めるかどうか? 同じ数字カードを2枚以上持っておいて、 すべてを同時に出して手札をなくすやり方です。 たとえば、同じ番号(1とか7とか)で赤、黄、青、緑 をすべて揃えていたら、自分の前の人が ドローフォー、ドローツー スキップ、リバース なんかを出さないい限り、100%上がることができますね。 これを禁止にすることで上がりにくくなるので、 子供が参加する場合に大人のみウノストップ禁止にしても、 面白くなります。 2.ドロー2、ドロー4でカードを引かされた場合 記号カードのドロー2・ドロー4でカードを引かされた人が、 ターンを飛ばされるか?飛ばされないか?を決めます。 子供の場合はターンを飛ばさず、 大人はターンを飛ばしても良いですね。 3.記号カードでのストップの有効・無効 一般的には最後は数字カードで上がらなければいけないのが ウノのルールとなっています。 ただ、 子供は記号カードでストップしてもOKにすることで、 やはり子供も大人も混ざって、ウノを楽しみやすくなります。 4.ドロー2・ドロー4(ワイルド4)の返し方 自分の前の人がドロー2を出したとしても、 自分がドロー2を持っていたら、自分の次の人に、 カードを合計4枚引かせることができますね。 これを少し発展させて、• ドロー2をドロー4で返すのを認めるか?• ドロー4(ワイルド4)をドロー2で返すのを認めるか? を決めます。 5.ペナルティを犯したときのカード数 ウノを言い忘れた時など、何枚引かせるか?を決めましょう。 通常は4枚みたいですね。 6.出せるカードがあるのにあえて山からカードを引くのをアリにするか? 例えば、場には青の記号カードが出ていて、 自分も青の数字カードは持っている。 ウノのルール上では、当然、 青の数字カードを出すことができるシーンです。 けど、ウノストップ用として 同じ数字のカードを持っていたい ということがあります。 そんな時、 出せるカードがあるのにあえて カードを出さないという選択もできるわけですが、 それをウノのルールとして認めるかどうか?です。 各自の良心に任せるしかありませんが、 なしにすると運要素を強めることができます。 二人になった場合の特別ルール 最後に2人になってしまった場合のルールとして、 リバース・スキップでターンを飛ばすかどうか? リバース・スキップそれぞれの記号カードを、 数字カードとほぼ同じような扱いにするかどうか? を決めておきましょう。 コンボを認めるか? たとえば手札が2枚になった場合に、 ドロー2を出して、相手のターンを奪ったうえで、 残り1枚を出して上がるやり方です。 コンボをさせないようにすると、 ウノの勝負がまた面白くなるものの、 決着がつかず、長引く可能性が高くなりますね^^; ウノ UNO カードの呼び方 ウノで使うカードの呼び方も、けっこうローカルルールがあるみたいですね。 ただ、ウノの公式サイトを見る限り、大きく分けて、• 数字カード• 記号カード という2種類があり、記号カードはさらに、• ドロー2(ツー)• リバース• スキップ• ワイルド• ワイルドドロー4 フォー と呼ぶそうです。 僕の地方(北海道)では、記号カードのことを英語カード(英字カード)とか呼んだり、 ワイルドドロー4 フォー は、ワイルドを省略して「ドロフォー」と呼んだりしていました。 以上、ウノの公式ルールとともにローカルルールについて、 ちゃちゃっとまとめてみました。 ウノはどちらかというと、 上がりにくいカードゲームでもあるので、 個人的にはより上がりやすいように、 ウノのルールを変えていった方が楽しい気がします。 UNO ウノ アタック• UNO ウノ ワイルド ジャックポット• UNO ウノ スタッコゲーム などがあります。 UNO ウノ アタック 出せるカードが無い場合、通常は山からカードを引きますが、 カードの山の代わりに使うのがUNO ウノ アタックです。 UNO ウノ アタックのボタンを押せば、カードが出てくるものの、 運が悪いと最大15枚のカードが飛び出してくる仕様になっています。 UNO ウノ ワイルドジャックポット 通常のウノに「ワイルドローラーカード」という 新しいカードを混ぜて使うウノのおもちゃです。 好きなルールを書き込める8枚の「白いワイルドカード」もついていて、 ウノのゲーム中にワイルドローラーカードを引いた人は、 ワイルドローラーにセットした• 白いワイルドカード• ジャックポット• ドロー のいずれかが出てくるようになります。 罰ゲーム要素の強いウノのおもちゃですね。 UNO ウノ スタッコゲーム カードゲームではなくなっているんですが、 ジェンガのように棒を抜いていって 積み上げていくゲームのウノ版です。 通常のジェンガであれば抜きやすいところを抜けるものの、 UNO ウノ スタッコゲームではウノのルールがそのまま適用されます。 ウノの罰ゲームは? さてさて最後に、ただ勝ったり負けたりするだけではつまらない! 何か罰ゲームでもないと面白くない!という人のために、 ウノの罰ゲームについても紹介していきます。 と言っても、ウノ特有の罰ゲームというわけではなくて、 色んなゲームで使える罰ゲームです。 王様ゲーム 罰ゲームの王道中の王道といえば王様ゲームでしょうね。 ウノでで一番最初に上がった人が最後に上がった人になんでも命令できる。 もしくは、あらかじめ罰ゲームのルールを決めておけば、 みんな最下位だけにはなりたくないので、真剣度合いが一気に上がり、 ウノの勝負がいっそう白熱するんじゃないでしょうか。 免許書や小中学校、高校自体のアルバムを見せる• 全員から、おでこにデコピンをくらう。 SNSのハンドル名を変更する• 尻文字• 財布の中を見せる• 奇抜な髪形にされる• 今まで言われたことのある似ている有名人で一番かっこいい or かわいい有名人.

次の

ジャングルポケット マテルゲーム アンバサダー 就任決定!!フォロー&リツイートキャンペーン!

ウノ の ルール

基本ルール ご存知とは思いますが、 ・7枚ずつ配る ・時計回り(左の人)に順番に色か数字が一致する手札を出す。 無ければ山札から1枚取る。 自分の手番において 色と数字が一致する同一の数字カードは一度に捨てることができる。 ただし全ての アクションカードは必ず1枚ずつしか出せない。 色違いでも数字が一致してれば、何枚でも出せると思ってましたが「色と数字が一致」していないとダメのようですね。 UNO1セットの中に「色と数字が一致する同一の数字カード」は各色2枚しか入っていない 「0」は各色1枚 ので、 3枚4枚出しはあり得ないということになります。 色変える目的で、別色・同数字カードを普通に出してましたし、 同じ数字を4色持っていて次の順番が来たら何の色でも絶対にあがれる。 という戦法は使えないのですね…。 しかもアクションカード 記号カード に関しては2枚出しもできないようです。 これも初耳でした。 最高2枚しか出せないということで、手札が多くなってしまった時の立て直しが困難です。 UNOコール 「基本ルール」の項で「手札が残り1枚になったら「UNO!」と言う(ウノコール)」と記載しましたが、 正確には「次の順番が来たら上がれる状態になったら「UNO!」と言う」です。 ウノコールをしていなかった場合はペナルティはないが、あがることもできず、カードは1枚のみしか捨てることはできない。 2枚の同一カードを所持していたら、次の順番であがることができるのでウノコールが必要です。 これも知らなかった。 2枚の同一カードを所持していたら、「UNO!」を言わずにいきなりあがれるものだと思っていました。 あがる前は必ずウノコールする、ということですね。 得点計算 誰かが手札をすべて出し切って上がったら、その時点で1ゲーム終了。 上がったプレイヤーは他のプレイヤー全員の手札の合計ポイントが得点となる。 また他のプレイヤーは自分の手札の合計ポイントだけ減点される。 競技ルールとしては、全5ラウンドをおこない、最終的に得点が高い順から1位、2位……と順位を決定する。 点数の数え方は、 それぞれのカードのポイントは数字カードは額面通り0~9ポイント 各色のアクションカードのスキップ、リバース、ドロー2は各20ポイント 黒いアクションカードのワイルド、ワイルド・ドロー4は各50ポイント 今まで得点計算はしていませんでした。 この計上のしかただと、アクションカードを持ち続けておくと、誰かにあがられた時に痛いですね。 数字カードも大きい数字から出していった方が負けた時に軽傷で済むかも。 チャレンジ まったく存じ上げなかったルールです…。 もちろんチャレンジしなくてもよい。 チャレンジされたプレイヤーはチャレンジしたプレイヤーにのみ手札を公開する。 同じ色のカードが手札にあった場合、チャレンジ成功となりワイルド・ドロー4を出したプレイヤーのほうが4枚のカードをひかなければならない。 またワイルド・ドロー4のカードは手札に戻し、正しいカード(場札と同じ色のカードやワイルド等)を出すこと。 同じ色のカードが手札になかった場合、チャレンジ失敗となりチャレンジしたプレイヤーがチャレンジのペナルティ分である2枚を含めて合計6枚のカードをひく。 次の色指定は通常通りにワイルド・ドロー4を出したプレイヤーが決められる。 ただしドロー2の上に重ねたワイルド・ドロー4にはチャレンジできるが、チャレンジ成功のためには場と同じ色のドロー2が手札にあることが必要。 たとえば、 場に赤の「1」が出ていました。 ここでAさんはドロー4を出しました。 このままだと次のBさんが4枚引くハメに…。 ここで4枚引く前にBさんが「チャレンジ! 」宣言。 AさんはBさんだけに手札を見せます。 ここでもしAさんが赤のカードを持っていた場合… ドロー4を出す必要がない、他に出せるカードがあるのにもかかわらずドロー4を出した。 ということで、罰として Aさんが4枚引くハメに。 チャレンジ成功! 出したドロー4のカードはAさんの手札に戻され、正しい数字カードを出します。 ここでもしAさんが赤のカードを持っていなかった場合… Aさんはドロー4しか出すカードがなかったからドロー4を出した。 ということで、濡れ衣を着せた罰として Bさんは6枚引くハメに。 チャレンジ失敗! ドロー4が出しづらくなりましたね。 こんな場合は? たとえば、 場に赤の「1」が出ていました。 Aさんは、ドロー4と赤の「2」を持っています。 こういう時、どっちのカードを出せばよいのか? 先にドロー4を出したら「チャレンジ」され、4枚引くハメになるリスクがあります。 ですので、 先に赤の「2」を出してウノコールし、最後にドロー4であがるのが順当です。 実は競技ルールでも公式ルールでも、ドロー4やワイルドカード、その他アクションカードであがるのはOKとされています。 何のカードであがってもよいのです。 競技ルールのゲーム性 競技ルールを導入すると、少し ダマし合い要素が増えます。 「チャレンジ」もそうですが、「得点計算」によるダマし合いも重要です。 先ほど、数字カードも大きい数字から出していった方が負けた時に軽傷で済むかも。 と言いましたが、その考え方だと、ゲーム中もし相手が赤の「0」を出したら、 「あ、この人もう赤は持ってないのかな?」 と思えますよね? 単純に大きい数字から出していくと、相手に手札を読まれるかもしれません。 でも実はそう思わせるために 引っかけとして使うのも大いにアリです。 この辺の心理戦の要素もあるので、面白みが増えると思います。 5歳にはちょっと難しいからしばらくはローカルルールでいいかな(笑) ちなみに公式ルールでは ・2枚出し:無し。 1枚ずつしか出せない ・ドロー2をドロー2で返すことはできない など、 ローカルルール、競技ルールでできたことができなくなったりします。 これはこれで物足りなくなるかも・・・ 既にローカルルールが広まっているUNOですが、そんな中に自分一人だけ 「ローカルルール反対!公式ルールでやるぞ!」と言っても、公式ルールの方が知名度低いわけで、 逆に「変なルール持ち込むなよ」と言われかねません。 周りの空気を読んで、どういうルールで遊ぶかみんなで確認した上で仲良く遊びましょう(笑) 日本ウノ協会 競技ルール 人気記事• 730件のビュー• 550件のビュー• 425件のビュー• 295件のビュー• 242件のビュー カテゴリー• 125• 2 検索.

次の