カイリュー対策 ポケモン。 カイリュー対策にオススメの方法とポケモン【ORAS】

【ポケモンGO】マスターリーグ攻略は胃袋カイリュー対策が全て!?マジで強い!

カイリュー対策 ポケモン

技構成は基本的にはDPSが高いものが強いことになりますが、タイプ相性などにより、技構成によって得意とする相手が変わります。 すべてのポケモンとすべての技構成の組み合わせでバトルをシミュレーションした結果から、カイリューなりの最適な技構成と、最も得意とする相手ポケモンを順番に掲載しています 上位10匹。 なお、最適な相手の例にCPの低いポケモンを掲載してもジム戦では実用性がないため、CP上位のポケモンのみに限定しています。 「範囲」は、その技構成がよく効く相手の多さと重要性を示していますが、最適な技構成は相手のポケモンごとに異なるので参考程度にご確認ください。 技構成 最適な相手の例 範囲 [DPS] 100. 0 [33. 51] 58. 7 [31. 26] 57. 0 [32. 91] 18. 8 [30. 26] 8. 2 [32. 67] 3. 9 [28. 04] 3. 9 [31. 77] 2つ目のスペシャルアタックは、相手への範囲を考えて1つ目とは別のタイプの技を選ぶと良いでしょう。 レベル40・個体値15を前提として、すべてのポケモンとすべての技の組み合わせで バトルをシミュレーションした結果から表示しています。 相手の技については、すべての組み合わせを検討した上で相手が優位なものを採用しています。 「おすすめ度」は、 短い時間で倒せることと、 撃破した時の残存HP率の高いことを基準に使いやすさの目安として表示しています。 詳細は、「時間」「残HP」の項目を参照してください。 同じポケモンは上位2通りの技構成だけ表示しています。 なお、相手の技は3回に1度の割合で避けるシミュレーションとなっていますので、例えばすべての技を避けられるのであれば、「時間」が早い 値が小さい ものを選ぶと良いでしょう。 ジム・レイド戦でオススメの対策ポケモン ポケモン 技構成 おすすめ度 [偏差値] 時間 [残HP] 100. 0 [125. 4] 8. 8 [111. 5] 9. 7 [111. 4] 12. 4 [111. 2] 11. 4 [109. 3] 9. 4 [108. 4] 12. 1 [108. 1] 13. 4 [104. 7] 10. 5 [103. 9] 9. 4 [101. 0] 13. 2 [100. 0] 13. 9 [99. 7] 11. 8 [99. 6] 11. 5 [97. 5] 12. 0 [97. 0] 13. 1 [96. 2] 12. 6 [95. 8] 14. 1 [92. 6] 16. 4 [90. 1] 11. 1 [88. 0] 14. 1 [87. 9] 10. 0 [87. 9] 11. 相手のHPを削るスピードは速いものの、相手から受けるダメージも大きいです。

次の

【ポケモンGO】GOロケット団したっぱのセリフ別使用ポケモンとおすすめ対策パーティ

カイリュー対策 ポケモン

しゃちおつです。 今回は・・・カバルカイリューです。 有名な並びとその対策方法!カバルカイリュー(カバルドン・ルカリオ・カイリュー) 有名すぎるし、実績を残している積みパの一つカバルカイリュー。 積みサイクルの基本型ですね。 ではカバルカイリューについて考察します。 カバルドンの紹介 物理受けの腕白が78. 次が特殊受けの慎重で17. あくび、ステロ、岩封、ほえる、ふきとばしなど、起点作るマンということが伺えますね。 ルカリオの紹介 一昔前は鬼火にも強い特殊がはやっていたのですが、今は 物理の方が主流になってますね。 特殊型の場合は、気合玉派と波動弾派で別れるみたいですね。 自分だったら波動弾かなぁって思います。 物理型の場合、カイリューと合わせて神速で終盤相手を縛れるのも強いです。 カイリューの紹介 積む場合は、特殊状態を考えなくてすむラムが一番人気ですね。 自分も積みパで使うならラムです。 鬼火と麻痺まきばかりだし・・・ 最近は、積みタイプではなく、その場の火力を重視した鉢巻きが主流です。 鉢巻き逆鱗の火力は半端ではなく、クレセリアを飛ばす事ができるのが強みです。 また終盤の神速連打でも高火力がでるので対戦中相手を縛る事ができますし、使いやすいです。 3匹に共通して言える事は、一緒に手持ちにいるポケモンランクで3匹ともそれぞれ上位にいることです。 いかにこの組合せの数が多いかを示してます。 トンボでのあくびループの脱出やラム、カゴなどで眠らなかった場合は積むタイミングなくて辛い戦いになるかも知れないです。 相性補完はこんな感じです。 ルカリオの弱点である、炎、地面、格闘はカイリューで半減する事が出来ます。 氷、岩、竜は一応ルカリオでみれます。 (耐久ないですが・・・笑) フェアリーが一貫しているのですが、ルカリオがいればサーナイトとニンフィアは問題ないです。 (アイテはずしは知りません。 ) ルカリオが物理の場合、鬼火が一貫するのでカイリューはラムがお勧めです。 カイリューの代わりにファイアローなどが入る場合もあります。 ルカアローです。 ルカリオの代わりにハッサムの場合もあります。 お互いの弱点を補い積んでいくので、弱点を補完出来る事が大切です。 なので、基本的にあくびが入ってきます。 もちものはゴツメよりもあくび、ステロをするために確定数をずらせるオボンの実が多いです。 高火力物理が多すぎるので調整は特に記載しません。 HDにも言えることですが岩封を採用する場合、どこまでのラインを抜きたいかでS調整をすると良いと思います。 67だと100くらいまでしか抜けないです。 B44振りはメガヘラクロスのタネマシンガン耐え調整です。 (5発あるので、急所は仕方ないです。。。 ) H252D36振り メガリザードンYのソーラービーム 83. 舞った後の神速の縛りは強力ですし、適用力による抜き性能も高いです。 が、素早さ種族値112と勝てない相手も多く、電磁波や鬼火には弱いです。 自分は圧倒的に波動弾派です笑 ダメージを次につなげて勝ちたいです。 一度舞えば抜き性のは周知の通りです。 S128で最速ゲッコウガを1舞で抜けます。 立ち回りに自信があるなら珠、異常状態がこわいならラムといった感じです。 珠の抜き性能は目を見張る物があります。 相手に依存する弱点保険は、あんまり好みではないです。 ゲッコウガ くさむすび、冷凍ビーム、けたぐり。。。 ルカリオとカイリューの先制技には注意。 メガミミロップ 猫騙しでマルスケを潰す、冷パンでカイリュー倒す。 ルカリオは真空波耐えれれば、倒せます。 笑 カバルカイリューはこんな感じです。 何か質問や意見がありましたら、ご連絡下さい。

次の

【ポケモンGO】シャドウカイリュー対策ポケモンとおすすめ技!【GOロケット団】|ポケらく

カイリュー対策 ポケモン

技構成は基本的にはDPSが高いものが強いことになりますが、タイプ相性などにより、技構成によって得意とする相手が変わります。 すべてのポケモンとすべての技構成の組み合わせでバトルをシミュレーションした結果から、カイリューなりの最適な技構成と、最も得意とする相手ポケモンを順番に掲載しています 上位10匹。 なお、最適な相手の例にCPの低いポケモンを掲載してもジム戦では実用性がないため、CP上位のポケモンのみに限定しています。 「範囲」は、その技構成がよく効く相手の多さと重要性を示していますが、最適な技構成は相手のポケモンごとに異なるので参考程度にご確認ください。 技構成 最適な相手の例 範囲 [DPS] 100. 0 [33. 51] 58. 7 [31. 26] 57. 0 [32. 91] 18. 8 [30. 26] 8. 2 [32. 67] 3. 9 [28. 04] 3. 9 [31. 77] 2つ目のスペシャルアタックは、相手への範囲を考えて1つ目とは別のタイプの技を選ぶと良いでしょう。 レベル40・個体値15を前提として、すべてのポケモンとすべての技の組み合わせで バトルをシミュレーションした結果から表示しています。 相手の技については、すべての組み合わせを検討した上で相手が優位なものを採用しています。 「おすすめ度」は、 短い時間で倒せることと、 撃破した時の残存HP率の高いことを基準に使いやすさの目安として表示しています。 詳細は、「時間」「残HP」の項目を参照してください。 同じポケモンは上位2通りの技構成だけ表示しています。 なお、相手の技は3回に1度の割合で避けるシミュレーションとなっていますので、例えばすべての技を避けられるのであれば、「時間」が早い 値が小さい ものを選ぶと良いでしょう。 ジム・レイド戦でオススメの対策ポケモン ポケモン 技構成 おすすめ度 [偏差値] 時間 [残HP] 100. 0 [125. 4] 8. 8 [111. 5] 9. 7 [111. 4] 12. 4 [111. 2] 11. 4 [109. 3] 9. 4 [108. 4] 12. 1 [108. 1] 13. 4 [104. 7] 10. 5 [103. 9] 9. 4 [101. 0] 13. 2 [100. 0] 13. 9 [99. 7] 11. 8 [99. 6] 11. 5 [97. 5] 12. 0 [97. 0] 13. 1 [96. 2] 12. 6 [95. 8] 14. 1 [92. 6] 16. 4 [90. 1] 11. 1 [88. 0] 14. 1 [87. 9] 10. 0 [87. 9] 11. 相手のHPを削るスピードは速いものの、相手から受けるダメージも大きいです。

次の