スズキ ハスラー 新型 情報。 2020年 スズキ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

スズキ ハスラー 試乗記・新型情報 2020

スズキ ハスラー 新型 情報

ハスラーも含めた一般論として、値引き額は新規発売時やモデルチェンジ直後には渋いが、時間の経過とともに徐々に拡大していき、モデルチェンジで再び渋くなるというサイクルを繰り返す 決算期等の季節要因よりもこの要素が強い。 決算期等、購入時期によっては新型ハスラーの値引き価格が25万まで拡大する? ハスラーに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない 世間一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるから新型ハスラーの値引き価格が拡大する」と考えられているようだ。 しかし、 値引き価格が25万であっても、「下取り車を低く査定して、浮いた差額でハスラーの値引き価格を上乗せしただけ」というケースが目立つ。 新型ハスラーの値引き交渉時にこのテクニックがよく用いられていることは覚えておくべきだ。 自動車業界で働く当ブログの管理人が、あらゆる人脈を用いて特別仕様車ハスラーワンダラーの新車購入者から聞いた値引き交渉内容の口コミをレポート!• ハスラー購入者の属性 30代女性• 契約時期 2019年3月• 購入グレード 特別仕様車ハスラーワンダラー• 値引きは総額は? 値引き総額 約15万円でした• ハスラー購入の経緯 現在乗っている車が5年目の車検を迎えるにあたりおしゃれな軽自動車に買い替えようとしていたところ、デザインが個性的なハスラーが候補となりました。• ハスラーの他に検討した車は? フレアクロスオーバーです。• ハスラーを選択した理由は? フレアクロスオーバーはあまり人気がないようでしたので、売るときに査定価格が安いと思ったからです。• グレードで特別仕様車ワンダラーを選択した理由は? 当初はJグレードを考えていたのですが、Jグレードをベースにした特別仕様車ワンダラーがあると知り調べたところ、おしゃれなエクステリアが気に入りました。 ハスラー新車値引き交渉の口コミをレポート! 特別仕様車ハスラーワンダラーの値引き交渉1回目 まずは、ハスラー新車値引き価格の相場や口コミなどの情報を雑誌などで調べる。 すると、ハスラーワンダラーという特別仕様車を発見。 ハスラーの値引きを限界まで拡大させるために、兄弟車であるフレアクロスオーバーの値引き交渉も行うが、安く購入できればこちらでも構わない。 フレアクロスオーバーの新車値引き相場などを事前に収集するも、こちらの情報は少ないようなので、とりあえずディーラーへ行ってみることにした。 マツダディーラーに着いてフレアクロスオーバーの購入を検討していることを伝えるが、店舗にはフレアクロスオーバーの展示車両がなく、実物が確認できないという。 というわけで、カタログだけで説明を受けるが、グレードのラインナップはハスラーと少し異なるようだ。 特別仕様車も、 ハスラーは上位グレードのJがベースあったが、フレアクロスオーバーの場合は下位グレードがベースとなる。 当然ながら、特別仕様車同士を比較してもフレアクロスオーバーとハスラーでは内容が若干異なる。 ただ、フレアクロスオーバーの特別仕様車もメーカーオプションは全方位モニター用カメラパッケージくらいしかない点は一緒だ。 ディーラーオプションはハスラーと同様のナビやフロアマット等を選び、見積書を作成してもらうと、 支払総額は約190万円。 ここから値引き交渉を行うと、 フレアクロスオーバー特別仕様車の値引きはハスラーと同じ10万円との事。 ここで、ハスラーの購入も検討していることを伝えるが、値引き額は全く拡大する気配がなく、この日の交渉はここまでとする。 特別仕様車ハスラーワンダラーの値引き価格15万で契約 スズキディーラーで2回目のハスラーワンダラーの値引き交渉を行う。 ディーラーに到着すると、特別仕様車ハスラーワンダラーの値引きを限界まで拡大することを目標にフレアクロスオーバーとも交渉を行っていることを伝える。 営業マンは、フレアクロスオーバーの値引き額はいくらでしたか?と聞いてきたので、 13万円ですと答える(本当は10万円)。 すると、営業マンは店長と相談してくると言って奥の席に引っ込み、戻ってくると 15万円の値引きができますと自信満々に答える。 目標は25万円であったが、ハスラーの値引き相場は越えていたので営業マンの人柄の良さや今後の関係も考慮してこれで契約。 ただし、特別仕様車ハスラーワンダラーの下取り車は査定額が24万円と安かったので、ネットの一括査定で35万円の値が付いた買取専門店に売却。 【ハスラー値引き交渉レポート(完)】.

次の

スズキハスラーの納期の最新情報

スズキ ハスラー 新型 情報

・目標値引き総額 12万円 ・本体値引き 10万円 ・オプション値引き 2万円程度 ・納 期 1~3か月 フルモデルチェンジしたばかりの人気車種ハスラーなのでスズキの販売姿勢は強気です。 しっかり交渉して、 総額で12万円引き以上を目指しましょう。 ホンダ N-ONEやダイハツの キャストや、禁断の兄弟車対決でマツダ フレアクロスオーバーとの競合が効果的です。 どうしてもハスラーが欲しいなら、経営会社が違うスズキのディーラー(隣県など)でダブル商談するのもおススメです。 まずはスズキハスラーの基本値引き交渉方法 値引き商談に入る前の準備 1. ライバル車種を2車以上選定します。 ハスラーのライバル、ホンダのN-ONE、ダイハツのキャストあたりとぶつけます。 2.それぞれの車種が、近所の どこのディーラーで取り扱っているか確認します。 3.下取り車の 年式・グレード・走行距離をチェックします。 ショールームで現車を 実際の目で確認する• ハスラーを 実際に試乗してフィーリングを確認する• 欲しい グレードの選定と見積書の取得• 下取車の査定額を出してもらう 商談ではいい人に徹しましょう!初回から 値引きを強く要求したり、無理を言うと営業マンはドン引きです。 「いい人だから助けてあげたい。 」と営業マンに思わせると、良い条件も出やすくなります。 初回商談では、 良い上客、いい人を装いましょう。 予算の範囲内か聞かれても、 安いとか高すぎて無理だとは言わないように心がけます。 ローンを利用する場合は、準備があるので 早めに営業マンに伝えておきます。 値引きについて最初からガツガツ行くのはマイナスです。 (本性は2回目以降から現しましょう)• 他車も気になっていることを さりげなく伝えます。 本当に欲しいグレードはターボ車の HYBRID X ターボです。 しかし予算的にかなり厳しいので、ノンターボ車の HYBRID X も魅力的な候補です。 なるべく大幅な値引き勝ち取りたいと思っています。 今回Aさんはこの2グレードの見積りを取得しました。 どんな値引き額が飛び出すのでしょうか?それではAさんが商談で取得した見積書をチェックしましょう。 車両本体価格は約152万円で、値引き等を考慮した総支払額は約 180万円!となっています。 オプションは HYBRID X とまったく同じです。 気になる HYBRID X ターボ の値引き額ですが、HYBRID X と同様にオプションからの値引きで 55,000円と言われました。 HYBRID X ターボ の方が車両価格が少し高いので、値引きもその分少し上乗せしてもらいたかったですね。 スズキハスラーの 残価設定クレジット利用時の支払額は? 最近利用が増えている残価設定クレジットを利用した場合の支払額を検討しましょう。 スズキハスラー残価設定クレジット利用時の支払額(単位:円) グレード HYBRID X HYBRID X ターボ 頭金 0 0 0 0 支払回数 36回 60回 36回 60回 初回 37,825円 28,662円 38,050円 27,871円 2回目以降 37,500円 2,8200円 39,900円 30,000円 分割手数料 149,902円 225,339円 159,127円 239,148円 最終回支払 690,000円 414,000円 733,000円 439,800円 残価率 37. 2% 22. 3% 37. 2% 22. 3% 利息 3. 頭金を入れる予算があれば月々の支払いは楽になります。 現金払いと違い、残価設定クレジットで買うなら HYBRID X ターボ でも負担感は少なくなりますね。 スズキハスラー 値引き商談のまとめ タフトのスプラッシュブルーメタリック スズキハスラーのライバルとしてダイハツが開発したのがタフト。 ハスラーに流れていたユーザーを に押され気味なので、競合させて高額値引きをゲットします。 ハスラーの目標値引きマル秘テクニック スズキハスラーを少しでも安く買うために、商談にあたり知っておくと有利なことが3つあります。 また、1都道府県に複数のディーラーが多いのもスズキの特徴です。 東京都を例にとっても、㈱スズキ自販東京、㈱スズキ自販南東京、スズキ城西販売、スズキ府中販売㈱、㈱スズキ町田販売など販売店の数が多く、小規模ディーラーも多いのが特徴です。 それぞれの期末までに何台新車を「登録」するか、ディーラーは本社から厳しいノルマが課されているのです。 この時期はディーラーでも 社外秘の特別な値引きキャンペーンを実施していて、通常時期よりも特別な値引きが出やすくなります。 ディーラーに行く前に、ネットで車の無料一括査定で今すぐ査定してもらい、愛車の下取り価格が適正かどうか判断できるようにしましょう。

次の

スズキ新型ハスラー受注約2万台!!? 波乱の販売最戦線にせまる!!

スズキ ハスラー 新型 情報

新車価格 1,280,400 円〜1,746,800 円 軽ワゴンとSUVを融合させた軽クロスオーバー「ハスラー(HUSTLER)」。 ひと目でハスラーと分かる個性的なデザインと、アウトドアアイテムから発想を得て機能性を追求したタフさや力強さを融合させた新型「ハスラー」。 今回、全面改良を行った。 ラインアップは、R06A型 水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボエンジン搭載の「ハイブリッド Xターボ」、「ハイブリッド Gターボ」、R06D型 水冷4サイクル直列3気筒エンジン搭載の「ハイブリッド X」、「ハイブリッド G」を用意。 パワートレインには、新開発CVTを組み合わせ、低速域から中高速域までの実用的な速度域で優れた燃費性能と軽快な走りを実現した新しいパワートレインの採用に加え、マイルドハイブリッドを全車に搭載した。 エクステリアは、軽量と高剛性を両立させた新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」、環状骨格構造などを採用し、ボディー全体で剛性を高めて優れた操縦安定性と乗り心地を実現。 また、荷室側からも操作可能なリヤシートスライドや、荷室下に防汚タイプラゲッジアンダーボックスを採用するなど、使い勝手を進化させた。 安全面では、夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」に加え、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を標準装備し、前後の安全性能を高めた。 さらに、ターボ車には、全車速での追従機能を備えたアダプティブクルーズコントロール(スズキ軽初)や車線逸脱抑制機能(スズキ軽初)を装備するなど、安全運転を支援する機能を充実。 また、雪道やアイスバーンでのスムーズな発進をサポートする「スノーモード」を新たに採用。 ぬかるみや滑りやすい路面で発進をサポートする「グリップコントロール」、急な下り坂で車速を約7km/hで維持する「ヒルディセントコントロール」とあわせて4WD車に標準装備した。 ボディカラーは、全車2トーンルーフ仕様となり「シフォンアイボリーメタリック」を含む全11色を用意。

次の