パチンコ イベント。 【保存版】宮城県・仙台のパチンコ・パチスロのイベント日一覧表

【保存版】徳島県のパチンコ・パチスロのイベント日一覧表

パチンコ イベント

パチンコ店に存在する旧イベント日 過去のパチンコ業界では「〇日がアツい!」といった広告を出すことができましたが、現在はイベント規制によってできなくなっています。 しかし、現在でもパチンコ店では「混雑日」などと表現を変えて、打ち手にイベント日を示唆する工夫を凝らしているのが現状です。 他にも雑誌取材やライター取材を絡めていますが、なぜパチンコ店はこのようなイベントまがいの行為を繰り返しているのでしょうか。 現在も風習として残されている旧イベント日や取材を絡めている理由について、その詳細を紹介していきます。 どうしてイベント日が存在するのか? 基本的にパチンコというシステムは、お店側が儲かる仕組みになっているのが周知の事実。 しかし全てのパチンコ店が儲かることだけを考えていれば、自然と客の足数は減っていくこととなり、利益を得ることができなくなります。 そこで特定の日は出玉を還元することで客を勝たせようとして、赤字営業を行うことを大々的に宣伝したイベント日というものがありました。 パチンコ店がイベント日を設定する大きな理由は、出玉を出すことによって「勝ちやすい店」というイメージを作り出すことにあり、集客を目的としています。 派手な出玉状況を見ると客に好印象を与えることができるため、イベント日に関しては利益を無視した出玉還元が行われていたのです。 のめり込み防止のためにイベントを規制 出玉を出すことによってパチンコ店の評判は大きく変化するため、イベント日は赤字を覚悟するだけでなく、出玉面でも大きな記録を作ろうと躍起になる動きがありました。 しかし、一部のパチンコ店ではイベント日を謳っていたのも関わらず、出玉を還元している様子が見られない店舗もチラホラ見受けられ、いわゆるガセイベントが乱発していくようにもなります。 また、毎日のように会員メールなどでイベント開催の内容を送るなど、もはやアツい日がいつなのか分からなくなる状況へと発展していくことに。 こうした誇大広告も問題視されるなか、パチンコ店でのトラブルが目立ってくるようになったことを受けて、警察はパチンコ業界に対して「出玉イベントを示唆する広告を一切禁止する」ことを発表します。 旧イベント日って具体的にいつ? イベント規制によってパチンコ店は会員メールや広告を使った出玉還元の告知を行うことはできなくなりましたが、現在も風習として根付いている旧イベント日が存在します。 旧イベント日は大手パチンコ店や地域密着型のパチンコ店関係なく残っており、現在においても集客が通常営業日と比べて多くなっているようです。 しかし旧イベント日というのは、あまり存在が公に知らされていないものであるため、パチンコ初心者の人からすれば手に入れにくい情報となります。 そこで、旧イベント日がいつなのかを特定するための、ある一定の法則を紹介していきますので参考にしてみてください。 店名に数字を冠する店舗 店名に数字が入っているパチンコ店は、十中八九、その数字に関連した日付が旧イベント日になっています。 例えば「パーラー3」という店があるとすれば、そのパチンコ店の旧イベント日は3の付く日になるのではないかと予想を立てることができます。 実際に旧イベント日と思わしき日付に足を運んでみると、通常営業とは異なる客付きで賑わっているかもしれません。 他にも11・22日といったゾロ目や10・20・30日といったキリの良い日付を旧イベント日に設定しているパチンコ店もあります。 ライター来店や取材企画を参考にする パチンコ店がイベント日を謳えなくなってしまったことから、 雑誌やWEB媒体によるライター来店や取材企画を利用するようになりました。 雑誌やメディアが来店する日や取材を行う日は旧イベント日に開催されることが多くなっており、多くのユーザーは参考の一つにして足を運ぶようになっています。 特に取材企画ではメディアが撮影のために来店するため、パチンコ店は見栄えを良くするために多くのドル箱を積み上げることや高稼働を演出しようとします。 パチンココーナーでは各通路が歩きにくい状況になっていたり、パチスロコーナーでは別積みが多く発生していたりなど、見た目の状況からも期待することができるでしょう。 店舗によって旧イベント日が変わることも 全国的にチェーン展開しているパチンコ店は、全店が7のつく日に出玉還元を行っているというイメージが強くなりますが、実は店舗ごとで温度差が存在しています。 例えば東京・新宿のパチンコ店は7のつく日が旧イベント日だとすれば、渋谷にある同系列のパチンコ店では5のつく日が旧イベント日になっているケースがしばしばあり、これは競合店の旧イベント日を考慮した変化となっています。 特に新規出店したパチンコ店であれば、競合店と争うことを避ける傾向も見受けられるため、実際は店舗ごとで旧イベント日は異なると知っておきましょう。 旧イベント日って本当に出玉を還元しているの? 旧イベント日はパチンコ店が客に対して出玉を還元する人と思われていますが、実際に足を運んでみると、出玉を還元しているような盛り上がりを見ることができない場合があります。 中にはガセイベントと思ってしまうかもしれませんが、現実には還元しようという意思があっても予想を裏切る結果になってしまうことがあります。 しかし、一方で意図的にガセイベントを開催して集客を狙う店舗も存在することから、パチンコ店が旧イベント日などで還元しようとしているのかどうかは分かりにくいというのが実情となります。 パチンコ店の思惑と異なる場合がある イベント日では特定機種に力を入れているなどを謳って、実際に多くのユーザーが押しかけて対象となる機種を打ち続けることができました。 しかし広告宣伝規制によって、パチンコ店は特定機種を明確に謳うことができなくなったことから、稼働状況によってはパチンコ店の思惑とは異なる結果になることがあります。 実際に出玉を還元しようという意思があったとしても、多くのユーザーが全く別の機種で遊技をしていれば、派手な出玉状況を作ることや見た目から分かるように出しているとアピールすることができません。 また、中には取材企画やライター来店を利用して、より多くの黒字を生み出そうと考えるパチンコ店もあることから、ただ単に取材企画などがアツい日だと断定することができなくなっています。 実際に還元しているかはデータでしか判断できない パチンコ店が出そうとしているのかしていないのかは、データから判断するほかないでしょう。 パチンコであればいつもより特定機種の総回転数がつき、パチスロであれば大当たり確率や出玉グラフなどから当日の状況を知ることができます。 今ではパチンコ店に毎日通わずとも、ネット上で公開されているデータを参照することで出玉状況を把握することができますので、通っているホールの旧イベント日を特定や該当日の状況を分析してみてください。 まとめ パチンコ店の旧イベント日は集客のために今もなお慣例的に行われており、当日は通常営業日とは異なる出玉感を味わうことができます。 通っているホールによって旧イベント日が異なり、出玉還元の力の入れ加減も時期によって大きく異なるため、細かく調べてみるとまた面白くなるでしょう。 旧イベント日は雑誌取材やライター来店と絡めているのが主流となっていることから、すぐに特定できるはずですので、実際にパチンコ店が盛り上がる日にパチンコを楽しんでみてください。

次の

【パチンコ業界の闇!?】来店イベントってライターや演者にパチスロの設定教えたりしてるの?

パチンコ イベント

SAP草加店のイベントや創業日・熱い日はいつ? 今日に行こうかと思っても、どうせなら設定が入っている日が良いですよね。 ホール様とは関係ありませんし、イベントが確実では無いことをご了承ください。 現在イベント行為は禁止されております。 SAP草加店のイベント・熱い日を旧イベントと比較 SAP草加店は11日や28日にイベントを行っていました。 現在もその名残で多くの人が訪れます。 メリハリもあり行くならこの日がベストだと思えますね。 リセットの恩恵が高い台も狙い目になりますし、立ち回りの幅が広がる事でしょう。 SAP草加店の創業日・創業祭イベントや熱い日はいつ? SAP草加店の創業日イベントは現在調査中です。 年間通して考えた時に熱い日は11月11日のゾロ目でのイベントですね。 この日はいつもよりも多くの方が訪れます。 その為設定もいつもよりさらに入っている印象がありますよ。 予定が空いている人は狙ってみましょう! SAP草加店の朝の抽選方法や入場方法・並びの人数は? SAP草加店は、7時、9時から並び順で整理券配布を行います。 スロキン草加の入場に関しては、9:30よりシャッフルした整理券を配布します。 住所:埼玉県草加市松江5-3-13• 電話番号:048-932-5555• 営業時間:10時00分〜22時30分• 駐車場:1000台• パチンコ遊技料金:4円、1円• 【SAP草加店】のイベント・創業日や熱い日• 【SAP草加店】の設定状況や朝の並び・抽選・入場方法 について紹介しました。 同じ数字の日でも熱かったりそうでも無かったりします。 なので実際はホールに足を運んだり、データを確認してから行くのが理想ですね。 あれっ今日はいつもより人が少ない…。 いつもより出てないんじゃ?と見極めるポイントも備えてくださいね。 Pひぐらしのなく頃に~廻~319ver. バイオハザード リベレーションズ2• 南国育ち デカパトver. PA海物語3R2• 蒼穹のファフナー2 Light ver. ガラスの仮面• 笑ゥせぇるすまん ドーンといきまSHOW• 新鬼武者 狂鬼乱舞 Light Version 1月20日• ウルトラ6兄弟• ビッグドリーム2激神• ほのかとクールポコと、ときどき武藤敬司 2月3日• 花の慶次~蓮• 魔法少女リリカルなのは -2人の絆-• 怪盗おそ松さん• 闘将覇伝• P春夏秋冬 2月17日• 弾球黙示録カイジ沼4 カイジVer. マクロスデルタ V-ラッシュver. P地獄少女四• 蒼天の拳 双龍• GOD EATER-ブラッドの覚醒 3月2日• G1優駿倶楽部• PアクエリオンALL STARS• P真・黄門ちゃま 3月16日• PヤッターマンVVV.

次の

栃木県|取材・旧イベのスケジュールまとめ

パチンコ イベント

2019年8月26日 16:00 かつては30兆円以上の市場規模と言われていたパチンコ・パチスロ業界だが、現在は20兆円を切るほどに縮小。 その背景には、出玉の規制や人気機種の減少、景気の悪化など、さまざまな要因があるとされているが、「イベントの規制」もまた影響を与えているようだ。 かつてパチスロ雑誌の編集に関わっていたフリーライター・A氏はこう話す。 「以前は、パチンコ店が『出血大サービス』などと銘打って、集客のためのイベントを開催していました。 そういったイベントの日は、パチスロであれば高設定台(注:設定が高いほど、期待出玉率が高くなる。 設定は店側が変えることができる。 機種によって異なるが、設定は6段階となっていることが多く、数字が大きいほど出玉率が高い)が多くなっており、それを狙ってお客さんが来るということです。 しかし、現在はそういったイベントは射幸性を煽るという理由で、警察当局から規制の対象になっています。 地域によって違いはありますが、露骨に出玉を煽るイベントの開催は難しくなっている。 その結果、イベント狙いの客が減少しているのは間違いないと思います」(以下同) 現在では、パチンコ・パチスロライターやタレントなどが来店する「取材イベント」や「来店イベント」と呼ばれるものがかろうじて残っている状態だ。 「取材・来店イベントだからといって、客はそのライターやタレントに会いに来ているわけではないんです。 出玉を煽るイベントができないから、代わりに取材・来店イベントをやっているだけ。 客は結局出玉での還元を期待しているわけです。 ただ、最近は取材・来店イベントも規制の対象になっていて、こういったイベントすら開けない地域が増えています」.

次の