い お s13。 VAIO S13 (2017年9月発売モデル)

VAIO S13 レビュー『最新モデル』実機を使って徹底解説!

い お s13

日産シルビアS13のエンジンスペックや燃費は? シルビアS13のエンジンは、1988年誕生の前期型には1. 8LのCAエンジンが搭載され、ターボ車とNA車が存在しました。 しかし、1991年にマイナーチェンジが行われると、それまでのCAエンジンから2. 0LのSRエンジンに変更されます。 このSRエンジンもターボ車とNA車が設定されました。 このSRエンジンのターボでは、4気筒エンジンでありながら200ps以上のパワーが与えられます。 8L 2. 2kgf・m/5200rpm 23. 燃費についてはネットで調べたところ不可解な部分を発見!なんと、CAエンジンもSRエンジンも、ターボ車の方の燃費が良く掲載されていたことに驚きました。 CA18DET SR20DET しかし、実燃費では掲載値のような数値が出ることはありませんでした。 私が記憶している実燃費は後期型のSRエンジンになりますが、次のような値です。 SR20DE NA ~8. 0~9. 0~8. 0~7. このSRエンジンの実燃費を思い返してみますと、ターボ車の方がやはり燃費が悪く、ガソリン代に随分お金を使ったような気がします。 それでもシルビアS13はエクステリアもかっこよく、新車価格も200万円程度ということもあり、当時の走り屋と呼ばれる多くの若者が魅了されていたというのも事実です。 また、シルビアS13は1. 8Lターボが175ps、2. 0Lターボが205psを発揮し、駆動方式がFRということから、ドリフトを目的とするドリ車として扱われていました。 当時人気を集めていたスカイラインR32よりもサイズ的に一回り小さいということから扱いやすく、ドリ車にはもってこいのスポーツカーだったのです。 この時代のシルビアS13は中古車もすぐに売れてしまいましたが、MTとATの価格差が非常に大きく、5速MTだと中古車でも高い価格設定になっていました。 ATは不人気車の仲間でした・・・ 日産シルビアS13の内装画像 シルビアS13の内装はスポーツカーとしては非常にシンプルな作りでしたが、ダッシュボードの助手席側からセンターコンソールにかけての斜め感がスポーティさを演出していました。 日産シルビアS13前期型 日産シルビアS13後期型 内装カラーもグレーとブラックの2色のみというのもシンプルさを象徴していましたが、当時はここに当然のようにブースト計や油温計等の追加メーターが取り付けられていたのです。 ターボ車では車のコンディションを把握するため、ブースト計と油温計は必須でした。 この追加メーターを付けただけでも室内の雰囲気が変わり、当時は多くの方がお気に入りのメーカーの追加メーターを取り付け、気分だけでも走り屋を満喫していた人も多かったのではないでしょうか? 次にシートについて紹介していきます。 実はシルビアS13のシートは非常に残念なもので、座面も背面も全くホールド性はありませんでした。 ちなみにノーマルシートで峠を攻めるとお尻が横滑りします レカロシートは高くて簡単に購入できるものでもなく、でもシートは交換したいと思っている方も少なくありませんでした。 これは兄弟車である180SXに乗っていた私の実体験ですが、シート形状はシルビアS13と180SXは全く同じものでした。 そんな時に市場に登場したのが、BRIDE。 このBRIDEのシートはレカロの半分程度の価格で信頼度も評価も高く、多くの走り屋と呼ばれた若者が着目しました。 ちなみに私はレカロが高くて購入できなかったので、BRIDEのERGO SPORT 当時8万5千円くらい・・・ を購入したところ、抜群のホールド性に感動したものです。 BRIDEリクライニング式セミバケットシート 画像は現在の製品です 当時は固定タイプのフルバケットシートは車検を通過することができなかったため、リクライニング式のセミバケットシートの方に人気が集まります。 この当時、辺りにいるシルビアS13の中を覗いてみると、ほとんどが追加メーターやバケットシート、そこに四点式シートベルトを付けている車が非常に多かったものです。 Sabelt四点式シートベルト ちなみに、スカイラインGT-R R32のシートを取り付けようとしていた人も少なくなかった用ですが、シートレールが合わないことから加工が必要で面倒だったようです。 日産シルビアS13の維持費や保険料は? では、シルビアS13を現在所有するとなると、維持費はどれくらいかかるのでしょう? 税金や保険料、車検費用について見ていきます。 シルビアS13前期型は1. 8L、後期型が2. 0Lですから総排気量1. 5L超2. 0L以下になりますから、3万9500円になります。 しかしシルビアS13の場合、最終モデルでも販売開始から10年以上が経過していますので、15%が加算され4万,425円ということになります。 保険料については等級や年齢によって大きく変わってきますので一概には言えませんが、ネットなどによると20代であれば車両保険なしで年間10万円~20万円程度で見込んでおいた方がいいようです。 車検費用については重量税が3万7800円 ~1. 5t 、自賠責2万5830円 24ヶ月 、ここに部品交換代等が加算されますので、最低でも10万円程度は見た方がいいでしょう。 現在ではシルビアS13も随分と古い車になってしまうので、この他にも修理代等を考えておいた方がいいかもしれません。 日産シルビアS13まとめ シルビアS13は30万台を売り上げるほどの大人気車種で、多くのスポーツカーファンから愛された車でした。 ここで一つシルビアS13の裏話をしておきます。 実は日産はシルビアS13をスポーツカーではなく、デートカーとして位置づけていたのです。 しかも開発段階ではFRではなくFFで考えられていましたが、開発陣は迷いに迷った挙げ句、単純にFRで行こうとういうことになったそうです。 なぜ日産はシルビアS13をFFで考えていたかといいますと、ライバル車の設定をFF車のホンダ プレリュードに設定していたからなのです。 もしシルビアS13がFFだったら、30万台という販売記録は残せなかったかもしれません。 なぜならFRだからこそ峠族やドリフト族、ローリング族といわれる走り屋から人気を集めることができたからです。 しかし、現在では希少価値も高くなり、日産の名車ともいえるシルビアS13。 私も機会があったら、今でも乗ってみたいと思う一台です。 以上、今回は.

次の

VAIO S13 レビュー『最新モデル』実機を使って徹底解説!

い お s13

とは(同型番車種)で、ボディスタイルはを持つクーペとなっている。 先代まで設定されていたの後継車種に相当するが、ガゼールとは販売網が異なっている。 概要 [ ] 180SXは、S13型シルビアの日本国外輸出型である向けのがベースとなっており、北米ではスポーツ・スペシャリティである、、の日産クーペラインナップの中核モデルであった。 これを日本仕様として仕立て直し、発売したモデルである。 キャッチコピーは前期型が『 日産からのプレゼンテーションです。 』中期型が『 このクルマに似合うひとがいる』後期型が『 for FR Pilot』というもの。 発売当時としてはまだ珍しかったフルレンジ電子制御ATを採用しているが、車の性格上販売数の9割以上がMTであった。 なお、北米向け240SXおよび向けは、S13型シルビア用のクーペボディに180SX用のリトラクタブルヘッドライトを含むフロント回りを装着して販売された。 や、などの車としての基本構造は全てS13型シルビアと共通である。 その他、車体周りでは、ステアリングホイールのデザインを除くインテリアとドアパネル、フロントウインドシールドなども共通となっている。 その一方、はS13と異なり角型2灯式のを採用した。 これは、当時の北米の法規上、S13型シルビアのヘッドランプの高さでは認証が取れなかったためである。 このため、多くのパーツに互換性があり、外装の交換を比較的容易に行うことができる。 この特性を利用して、後述するなどの改造車も誕生することとなった。 販売当時はスタイリッシュなFRスポーツとして外観や機能性に高い評価を受け、若者を中心に支持を得た。 北米ではS13型240SXとして販売され、外観や車名の類似性もあり「240Zの再来」と言われた。 日本国内ではシルビアがにした後も生産や販売が続けられたが、S14型シルビアの販売低迷もあり、最終型のS15型にモデルチェンジするまでの間、180SXは小規模なマイナーチェンジはあったものの、大規模なモデルチェンジを1度行わずに10年近く生産・販売が続いた。 その間、クーペ市場の人気低迷による販売台数の減少は避けられず、生産工場もから、そして日産の関連会社であるへと順次移管され、最後期はコンバーティブルと同様、組み立てに乗せられず、ほぼ手作業で生産されていた。 生産終了後から約20年が経つ現在でも、軽量な5ナンバーボディで方式(FR)を採用している点が近年では希少になったことや、姉妹車のS13型シルビアとほぼ同じ構造でスポーツ走行にも適した設計であったことから、にて主に用の改造パーツが充実しており、シルビアと共に一定の人気を保っている。 また、車の性格上、姉妹車及び他社の類似車種同様にメーカー側の想定外の事態として若者の無謀運転による死亡事故が全国各地で相次いだ。 そのため、現在でも国産車としては料率の高い車種である。 ただし、それに先立ち米国では2,400ccの型エンジンを搭載し、「 240SX」(トゥー・フォーティー・エスエックス)として販売されていた。 また欧州では、日本仕様と同じ1,800ccの型エンジン(175PS)を搭載し、「 200SX」(トゥー・ハンドレッド・エスエックス)として販売されていた。 初期型の特徴としては、日産の翼形グリルをイメージしたダミーのグリルがフロントバンパーにあること、前席シートがヘッドレスト一体型なことである。 グレードは「TYPE I」と「TYPE II」で、「TYPE I」はスピーカーやパワーウィンドウが付かないなど競技用のベース車用途を対象にしていた。 なお、HICAS-IIと呼ばれるシステムをメーカーオプションで用意していた。 エンジンは全グレード同じである。 には500台限定の「TYPE II レザーセレクション」を発売。 シートが全て張りで本革ステアリング、シフトノブ、エアロパーツ、フッ素コーティング塗装のスーパーレッドを採用し、、、と共通のが標準で装備された。 このモデルはフロントグリルのデザインが独特であるため中古市場では不人気モデルで、ほとんど流通していない。 時にリアが妙な動きをするといった理由により、わざわざHICAS搭載車を選択する理由が存在しなかった。 そのため中古市場では他のグレードより相場が安く、人気が無かったため程度のよい個体が多かったが、後にキャンセラーというアフターパーツが登場したため、あえてHICAS搭載車を目当てにするユーザーが増えた。 そのため現在では他のグレードと相場は変わらない。 なお、まではHICASキャンセラーを用いた4輪操舵から2輪操舵への変更は改造申請が必要であり、変更を行った車両は原則としての扱いを受けたが、同年4月から当該改造が検査項目から除外され、申請は不要になった。 なお、型式にKが付くのがそれぞれ1,800cc及び2,000ccのHICAS付きグレードである。 のにより、エンジンを従来のCA18DET型から型2,000ccDOHCターボエンジン(205PS)に変更。 なお、S13型シルビアも同時期にエンジンがCA18DET型からSR20DET型へ変更された。 このときフロントバンパーのデザインが大きく変わり、ダミーのグリルが廃止されエンジンフードとバンパーの段差がなくなった。 外見が違うため、初期のCA18エンジン搭載車を「RS13型」または初期型、SR20エンジン搭載車を「RPS13型」または中期型と区別することも多い。 ただし、オプションのサイドデカールに関してはこれ以降も「RS13」と書かれている。 また、四輪操舵システムはSUPER HICASに進化している。 その他安全装備の強化として後席の3点化、サイドドアビームの追加、燃料系へのロールオーバーバルブの追加、ヒーター付ドアミラーの設定(車)が実施されている。 フロントシートは一般的なローバックシート(ヘッドレスト分割式)に変更されている。 に、標準装備が充実した新グレード「TYPE III」が追加される。 新型のデジタル表示式オートエアコンは「TYPE III」のみに標準装備となっていた。 にはグレード名が変更され、「TYPE III」は「TYPE X」に、「TYPE II」は「TYPE R」となり、「TYPE I」は廃止された。 エンジンのロッカーカバーの塗色は赤色から黒色に変更となった。 また、エアコンの冷媒がR134aに変更されている。 同年4月以降は生産はに委託された。 5月には運転席SRSが標準装備となったほか、アルミホイールのデザイン、とのスイッチ形状が変更されている。 また、それまでブラック一色であったドアミラーがボディ同色になった。 オーディオは一新され、「TYPE X」用のオーディオは付きとなった。 1月に「TYPE R」をベースとした限定車「TYPE R スポーツ」が300台限定で発売された。 主な装備は、専用ボディカラープラチナホワイトパール QN0)、ストラットタワーバー、サイドシルプロテクター、ニスモスポーツマフラー、オーディオレス等である。 後期型(RPS13型、1996年-1999年) [ ] 180SX 後期型のリアビュー(オプションのカーボン調リアガーニッシュ装着) 秋にビッグマイナーチェンジを行い、後期型となる。 フロントバンパー、風の丸型リアコンビネーションランプ、大型リアスポイラー、リアブレーキの容量アップ、の標準装備化、アルミホイールのデザイン変更 、キーレスエントリーの採用(TYPE Xのみ)、一部内装の変更などの仕様変更がされる。 また、型2,000cc NA エンジンを搭載したグレード(TYPE S)も設定された。 には「TYPE S」を元に装備充実を図ったグレード(TYPE G)も追加され、ボディカラーにイエローが新設された(スーパーレッドは廃止)。 に生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 1月 にシルビアに統合され販売終了となった。 車名の由来 [ ] 「180」はデビュー当初搭載されたCA18DET型エンジンの排気量である180cL(1. 8・1,800cc)を表し、「SX」は日産の輸出用ミドルサイズ・スポーティークーペに対するネーミングである。 なお、1991年のマイナーチェンジ時にSR20DET型エンジンに変更され、排気量は2,000ccとなったが、「 ワンエイティ」等の愛称が定着したこともあり、車名は「200SX」とはならずに「180SX」のまま販売が続けられた。 ベースモデルである北米仕様車の240SXの車名は、搭載されているKA24E型エンジンの排気量2,400ccからきており、180SXはそれにならって付けられた名称である。 また他車種ではあるが、同時期販売されていたZ31型およびZ32型は、日本国内仕様のテールエンドに「300ZX」(Zの北米仕様車と同様のネーミング)の表記が見られた。 なお、欧州仕様車の200SXには当初CA18DET型エンジンが搭載されているが、「200SX」の車名で販売されていた。 取扱販売店 [ ] 系列()、系列()で販売されていた。 改造車 [ ] シルエイティ [ ] 詳細は「」を参照 上記とは逆に、シルビアのフロント部分の外装パーツを180SXのものに変更した車両。 通称ワンビアと呼ばれるが、これはあくまでシルビアがベースであり、正式には180SXという車種ではない。 大幅な板金作業を伴いS14、S15型のワンビアの製作事例もあるが、こちらはシルエイティとは異なり、変換キットは発売されていない。 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• ガゼールがで販売されたのに対し、180SXはとで販売されていた。 1998年にがマイナーチェンジした時、2,000cc車のアルミホイールがこれとよく似たデザインになった。 3である。 出典 [ ] [].

次の

カスタマイズ仕様

い お s13

VAIO独自のチューニング「VAIO TruePerformance」を適用することにより、さらなる高性能化を実現しました。 さらには、VAIO TruePerformance適用後のCore i5が、通常の第8世代のCore i7よりも高い性能を発揮するという効果をもたらします。 デフォルト設定では、電源接続時のみ「パフォーマンス優先」に設定されています。 キャリア・アグリゲーション対応SIMフリーLTE モバイルデータ通信機能を内蔵したLTE対応モデルなら、Wi-Fiルーターや、スマートフォンのテザリング機能を使うことなく、本体だけでインターネットにアクセスできます。 自宅やオフィスではWi-Fiで、外出先ではLTEでと、今いる場所のネット環境によって最適な回線を選んでくれるので、いちいち切り替える煩わしさもありません。 しかも、VAIO S13は契約する通信事業者を選ばないSIMフリー。 大手通信事業者はもちろん、いわゆる「格安SIM」もご利用いただけます。 国内外で利用されている多くの通信バンド(周波数帯)に対応した上で、国内の通信回線に最適化しているので、海外メーカー製のグローバルモデルと比べてつながりやすくなっています。 7GHz 900MHz 1. 5GHz 1. 5GHz 800MHz 700MHz 2. 5GHz 1. 9GHz 1. 7GHz 1. 1GHz 850MHz 2. 6GHz 900MHz 1. 9GHz 1. 1GHz 850MHz 2. 5GHz 1. 9GHz 800MHz 700MHz 700MHz 2. 3GHz 2. 6GHz 1. 9GHz 2. 4GHz 2. 5GHz 1. 3GHz 2. 6GHz 1. 4GHz 2. VAIO S13は、マイクロソフトが提供するWindows 10の新機能「データプラン」に対応したSIMを同梱しています。 「データプラン」とは、必要な時だけ、必要な分だけ購入できる、モバイルネットワーク接続の販売サービス。 プリペイド型だから、月額契約などは必要ありません。 また、これまでLTEを使ったことがないという人にもその魅力をご理解いただけるよう、データ通信量1GBを無料で使える(有効期限:1か月)LTE接続トライアルプランも付属しています。 詳しくは本体に同梱されているリーフレットをご確認ください。 ビジネスの現場で求められるインターフェイスをフル装備 PC向けの接続ポートは次々と新しい規格が登場していますが、実際のビジネスの現場では、VGA端子(アナログRGB出力端子)が会議室のプロジェクターなどで今でも普通に使われています。 VAIO S13はそういった現実を踏まえた上で、新・旧規格のインターフェイスを共存。 外付けアダプターなしで、どんな環境にも対応します。 企業がシステム管理上必要となる仕様・要件を押さえています。

次の