小湊 鉄道 高速 バス。 高速バス案内|千葉県木更津市公式ホームページ

浜松町・東京駅~勝浦・御宿・安房小湊 | 高速バス | 京成バス

小湊 鉄道 高速 バス

挙動のチェック結果 小湊鉄道は5月14〜31日に、千葉県内の営業所で10人のドライバーを撮影し、計290件の挙動の変化を検知。 分析の結果、停留所付近で顔の位置がふらつきやすいことや、直進路で驚き・不安・怒りといった表情変化が起きやすいことを突き止めた。 結果を踏まえ、ドライバーに停留所付近での飛び出し注意や、直進路での左右確認の徹底を指示し、運行サービスの向上を図っているという。 KDDI ビジネスIoT企画部の原田圭吾部長は「撮影した映像を時刻とひも付けられるため、ドライバーの緊張状態が午後の早い時間帯に起きやすいことが分かった。 ドライバーごとに『ヒヤリ・ハット』の発生傾向に差があることも判明しているため、1人1人に応じた指導を行ってほしい」と話す。 小湊鉄道 バス部の小杉直次長は「昨年、当社のドライバーが業務中に体調を崩し、意識がもうろうとしたまま運転する事態が起きた。 幸いにもドライバーの命に別条はなく、乗客にもけがはなかったが、事故防止に対する取り組みを考え直すきっかけとなった」と背景を説明する。 「従来はドライバーの記憶などを頼りに運転のアドバイスをしていたが、限界があった。 事故が起きてから対処しても遅いが、IoTを活用すると『ヒヤリ・ハット』の事例を集めてケースに応じた対応策を立案し、事故の予防につなげられそうだ」と手応えを話した。 関連記事• KDDIが、消費者向けIoTサービス「au HOME」を11月28日から拡充すると発表。 米Googleのスマートスピーカー「Google Home」に対応した。 赤外線リモコンなど周辺機器も充実させた。 KDDIが、携帯電話の2017〜18年秋冬モデルの第1弾を発表。 「isai V30+ LGV35」などのスマートフォン2機種と、フィーチャーフォン2機種を12月中旬以降に発売する予定。 カーシェアの予約システム、タブレットによる機器チェックシステムなどを紹介した。 NTTドコモが、11月8日からカーシェアリングサービス「dカーシェア」をスタート。 大手キャリアが自社でこうしたサービスを展開するのは初めてだ。

次の

小湊鐵道(株) 塩田営業所 【正社員】路線バス運転士(塩田営業所)の募集詳細

小湊 鉄道 高速 バス

挙動のチェック結果 小湊鉄道は5月14〜31日に、千葉県内の営業所で10人のドライバーを撮影し、計290件の挙動の変化を検知。 分析の結果、停留所付近で顔の位置がふらつきやすいことや、直進路で驚き・不安・怒りといった表情変化が起きやすいことを突き止めた。 結果を踏まえ、ドライバーに停留所付近での飛び出し注意や、直進路での左右確認の徹底を指示し、運行サービスの向上を図っているという。 KDDI ビジネスIoT企画部の原田圭吾部長は「撮影した映像を時刻とひも付けられるため、ドライバーの緊張状態が午後の早い時間帯に起きやすいことが分かった。 ドライバーごとに『ヒヤリ・ハット』の発生傾向に差があることも判明しているため、1人1人に応じた指導を行ってほしい」と話す。 小湊鉄道 バス部の小杉直次長は「昨年、当社のドライバーが業務中に体調を崩し、意識がもうろうとしたまま運転する事態が起きた。 幸いにもドライバーの命に別条はなく、乗客にもけがはなかったが、事故防止に対する取り組みを考え直すきっかけとなった」と背景を説明する。 「従来はドライバーの記憶などを頼りに運転のアドバイスをしていたが、限界があった。 事故が起きてから対処しても遅いが、IoTを活用すると『ヒヤリ・ハット』の事例を集めてケースに応じた対応策を立案し、事故の予防につなげられそうだ」と手応えを話した。 関連記事• KDDIが、消費者向けIoTサービス「au HOME」を11月28日から拡充すると発表。 米Googleのスマートスピーカー「Google Home」に対応した。 赤外線リモコンなど周辺機器も充実させた。 KDDIが、携帯電話の2017〜18年秋冬モデルの第1弾を発表。 「isai V30+ LGV35」などのスマートフォン2機種と、フィーチャーフォン2機種を12月中旬以降に発売する予定。 カーシェアの予約システム、タブレットによる機器チェックシステムなどを紹介した。 NTTドコモが、11月8日からカーシェアリングサービス「dカーシェア」をスタート。 大手キャリアが自社でこうしたサービスを展開するのは初めてだ。

次の

高速バス「千葉~さいたま大宮線」のダイヤ改正及び関連イベント開催について|小湊鐵道株式会社のプレスリリース

小湊 鉄道 高速 バス

小湊鉄道では、安全に関する取組みにより、お客様はもとより、バスに乗務する運転士にも安心して働ける体制と環境を築いています。 安全・安心の5つの取り組み 法令遵守・安全規定による 輸送の安全確保の徹底 乗務員に対し適正な点呼・定期的な教育を行い、安全運行に努めています。 輸送の安全に関する費用支出及び 投資を積極的に実施 デジタコ・ドライブレコーダーなど最先端の安全技術を取り入れた先進安全自動車全車導入済み。 輸送の安全に関する内部監査、 必要な是正措置又は予防措置 情報の連絡体制を確立し、 車内情報の伝達、共有 乗務員への教育及び研修に関する 具体的な計画を作成、的確な実施 国土交通省認定の適正診断受診・年2回の健康診断を実施し、乗務員への健康管理をサポート。 衝突被害軽減回避自動ブレーキ 高精度ミリ波レーダーにより衝突の危険を察知すると警告や自動ブレーキによって衝突被害を軽減・回避。 車線逸脱警報装置 ドライバーの覚醒に関係なく車線を逸脱するとモニター画面表示で伝えるとともに運転席バイブレーターによる振動でドライバーに警告。 運転士の健康管理 健康診断・ストレスチェック 年2回の健康診断が義務付けられており、結果の通知後は保健師による面談やアドバイスを行っています。 また、ストレスチェック診断では、自らのストレスの状況について知ることにより、メンタルヘルス不調の予防につなげることができます。 会社としては、個人のメンタルヘルスを数値で把握することで、運転士の過重労働や職場環境の改善に役立てています。 脳ドッグ受診 高速バス運転士には、健康起因事故防止のため、費用全額を会社が負担し、脳ドックを受診させています。 脳の血管をくまなく撮影し、脳出血や脳梗塞につながる異常がないか調べます。 睡眠時無呼吸症候群検査の実施 睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる病気です。 無呼吸が繰り返し起こり、その度に脳が目覚めるので熟睡できず、覚醒時に著しい眠気に襲われる場合があります。 運転中に重大な交通事故を引き起こす危険性があるため、これらの定期検査と的確な対応を行うことで、運転士の健康管理に努めています。

次の