杉良太郎 伍代夏子。 杉良太郎&伍代夏子 夫婦詩(みょうとうた)コンサート|公演案内|一般財団法人 民主音楽協会

杉良太郎と伍代夏子夫妻、肝炎ウイルス検査普及啓発

杉良太郎 伍代夏子

伍代夏子はC型肝炎だった!旦那・杉良太郎との結婚馴れ初めが美しすぎる! 伍代夏子は藤あや子や坂本冬美とともに、美人演歌歌手として活躍 伍代夏子は、演歌の不振がいわれて久しい現在も、活躍している美人演歌歌手です。 「ひとり酒」や「金木犀」などが、代表曲として知られています。 1999年に、かの大御所俳優、17歳年上の杉良太郎と結婚。 男っぽく姉御肌のイメージもあった伍代夏子の電撃結婚は、芸能界でも大きな話題となりました。 公私ともに順調で、幸せいっぱいであるかのように思われた伍代夏子ですが、実は、33歳の時にC型肝炎であることが判明しています。 C型肝炎とは、C型肝炎ウイルスにかかることで発症する肝臓の病気です。 慢性肝炎から肝硬変、肝臓がんへと進行する場合もあることから、早期に発見し、治療を開始することが必要とされています。 伍代夏子は、2009年よりインターフェロンの治療を行いながら、2010年8月に、自身がC型肝炎であることを公表しました。 治療後も、同じようにC型肝炎に苦しんでいる患者のための支援活動を積極的に行っています。 伍代夏子は夫・杉良太郎の支えでC型肝炎を克服した 伍代夏子が、C型肝炎の闘病生活を支え続けた旦那・杉良太郎と出会ったきっかけは、伍代夏子が知り合いの紹介で、杉良太郎の舞台を3回も見に行ったことでした。 3度の観劇の後に、初めて電話番号交換をした2人。 その後は、電話デートをほぼ毎日続けて、たった1カ月で結婚を決めたといいます。 とはいえ、出会ったときには、自分がC型肝炎に感染していることを認識していた伍代夏子は、当初、妊娠・出産にも消極的でした。 そんな伍代夏子に、杉良太郎がかけたのは「2人で頑張っていこう」という言葉。 こうして、結婚にいたった伍代夏子は、その後、C型肝炎の克服に向けて、治療を開始しました。 伍代夏子と藤あや子、坂本冬美の関係!プロフィールと経歴は? 伍代夏子にアイドルデビューの過去があった!再デビュー後の「忍ぶ雨」で紅白初出場 伍代夏子は、花の82年組といわれるほど、多くの人気アイドルを輩出した1982年に、アイドルとしてデビューしています。 しかし、加川有希、中川照美と3度名前を変えても、全く売れませんでした。 そして1987年、26歳の時、演歌歌手伍代夏子として、再デビュー。 1990年に、「忍ぶ雨」がようやくヒットし、その年の紅白歌合戦に初出場を果たしました。 1987年には、伍代夏子だけでなく、藤あや子と坂本冬美もデビューしています。 3人の中では、坂本冬美が一番若くて49歳。 藤あや子と伍代夏子は、1961年生まれで、今年55歳になります。 3人は、デビュー当時から仲が良く、その後も、それぞれが紆余曲折を経ながら、今も親交が続いているようです。 伍代夏子、藤あや子、坂本冬美、演歌の絆 伍代夏子と藤あや子、坂本冬美は、本来ならば、ガチガチのライバル関係となる3人です。 しかし、演歌が冬の時代に出会い、ともに苦労を重ね、それぞれが個性ある美人。 キャラも三人三様であったことから、営業やコンサートをいっしょにすることもでき、おのずと連帯感が生まれたのかもしれません。 藤あや子はデビュー前、20歳の時に結婚して離婚し、女の子が1人います。 今では、その娘が結婚して、孫もいるそうです。 1987年、村勢真奈美という名でデビューした後、2年後に、藤あや子として再デビューしています。 1992年、「こころ酒」のヒットで、やっとブレイクを果たしました。 藤あや子は、意外にも、ボン・ジョヴィやエアロスミスなどのロックファンで、性格は、大らかで天然っぽいところがあるそうです。 坂本冬美は、1987年、デビュー曲の「あばれ太鼓」が、いきなりのヒット。 3人の中では順調な滑り出しで、一番人気もありましたが、2002年に持病の膵炎の悪化や、歌に対する行き詰まりから、一旦、無期限で歌手を休業します。 しかし療養中、先輩歌手である二葉百合子の歌う姿を見て感動。 二葉百合子を自ら訪ねて師事し、彼女より、一から歌唱法を学んで、見事に歌手復活を果たしました。 このようなエピソードからも、坂本冬美は、気真面目で一本気な性格であるといえます。 伍代夏子と杉良太郎とのラブラブぶりには藤あや子や坂本冬美も感動 伍代夏子は、C型肝炎の治療は続けていても、「仕事は休まない」という決意のもと、2009年にインターフェロン治療に踏み切りました。 高熱や貧血などの副作用が出て、公演中も、息切れやめまいに、何度も苦しんだといいます。 しかし、夫である杉良太郎の支えもあり、1年半に及んだC型肝炎の治療を無事に乗り越えました。 今では、肝炎のことを知ってほしいという思いから、コンサートでは必ず、検査の重要性を観客に伝えているという伍代夏子。 彼女を支えた杉良太郎の豪快で優しい夫ぶりは、藤あや子と坂本冬美が、目の当たりにしています。 ある時、杉良太郎と伍代夏子は滋賀県に、藤あや子と坂本冬美は和歌山県にいました。 2人が和歌山にいることを知った杉良太郎は、すかさずヘリコプターをチャーターして、伍代夏子とともに、和歌山に現れたそうです。 藤あや子と坂本冬美が、「さすが杉さま」と感動したことは言うまでもありません。 そんな旦那・杉良太郎は、17歳年下の妻・伍代夏子を評して、貴金属や装飾品には全く興味がなく、竹を割ったような江戸っ子で、情に厚く、きめ細かな気遣いができる女性と、ベタ惚れです。 かつて演歌歌手は、不幸な人生ほど、いい歌が歌えるなどといわれたこともありました。 しかし、伍代夏子をはじめ、藤あや子や、坂本冬美には、自分たち自身がいつまでも美しくありつづけて、21世紀の新しい演歌を歌ってほしいものです。 <こちらもおすすめ!>.

次の

伍代夏子には離婚歴あり?子供は娘がいた?病気で闘病してたの?

杉良太郎 伍代夏子

、日本ベトナム、ベトナム日本特別大使、厚生労働省肝炎総合対策推進国民運動特別参与、、日本文化協会、麻薬追放協会会長などの肩書を持つ。 本名は、山田 勝啓(やまだ かつひろ)。 出身(父親は兵庫県(現:)出身。 母親は出身 )。 、神戸市立西代中学校出身。 高浜海員学校(現在は移転・改組の上、)中退。 現在の夫人は、演歌歌手の。 先妻との間に息子の俳優、娘2人がいる。 また巣立った子も含め100人以上のの子の里親となる。 特技は、は5段。 ・としては受章、受章、平成28年度 など。 来歴・人物 [ ] 100万枚を超えるヒットとなった 「 」を持つ歌手であり、数々の時代劇に主演してきた。 中高年女性層を中心に「 杉様」の愛称とともに日本各地でを主催している。 幼少時より歌手を志し各地の喉自慢に出場し続けたが、なかなか評価を受けなかった。 にから「野郎笠」で念願の歌手デビューを果たすも、不本意な売り方をされた(曰く、嫌な柄の着物を着せられた )上に全く売れず、テレビ番組に出演する際はギャラどころか逆に多額の金品を要求されたことを自著で書いている。 18歳から20歳の下積み時代は、カレー屋ので食いつなぎ、3年間まかないのしか口にできず、朝6時から夜11時まで無休で、休みはだけだった。 1966年より、に所属。 現代劇の助演で活躍する一方で、にの『』に主役として出演して以来、時代劇をメインに出演していく。 『』『』()、『』()、『』『』()、『』『』()などシリアスからコミカルなキャラクターを演じた。 舞台などでも活躍。 ・などで、連続して出演した。 1975年にCBSソニー移籍後の第一弾シングルとして「なやみ」を発表。 半年間テレビの仕事を休みレコードのキャンペーンを続けた成果が実り、自身初の10万枚を超える売上を記録。 これにより歌手としても知名度を獲得した。 歌手を目指したきっかけは、長い時間拘束される俳優などと違い、一曲歌えばそれで良く、儲かると考えたからだという。 しかし『』に出演時、それが甘い考えであり、ヒット曲が出るまで10年もかかる結果となってしまったと述懐している。 自身の体力面(長年の酷使によってを悪化させており「自分が望む座長芝居が出来なくなった」との理由)から2005年7月の新歌舞伎座での公演を最後に、自らの座長公演を勇退した後は、若い役者が座長を務める公演に脇役で出演しどんどんを出していきたいとの考えを表明。 2008年10月には大阪新歌舞伎座で、をに迎えた初の公演『闇の身代り地蔵』を上演した。 また、2009年6月の大阪新歌舞伎座さよなら公演では、息子の山田純大を主役に迎え、初の親子共演を果たす。 新歌舞伎座でのを演じた時にはに本当に腹を切りたくなり、豚の臓物と血もたっぷり入れた袋を腹に巻いて、その上からさらしを巻き、白装束を着て舞台に立ち、本物の短刀を突き刺した。 杉は「血が噴き出て、客席がシーンとなり、短刀を右へ斬ったら、腹から豚の腸が一気に噴出し、自分が倒れたところでが下りたから会場はパニックになった」と述べている。 過去には・・・・・・ら多くの俳優が1980年代から1990年代の杉の主演作に常連の如く出演をしている。 『』25話では福本清三のために杉が役を用意し、福本も初めての大きな役だったと自伝『おちおち死んでられまへん-斬られ役ハリウッドへ行く』で述べている。 また、親友であったもゲスト女優として『』に出演している。 1991年頃から、主に風景画を中心にを描いている。 現代美術展で賞を受賞している、百貨店などで絵画展をたびたび開催する。 24時間没頭した事もあったという。 2007年5月1日、長女に第1子となる男児が誕生したことによりおじいちゃんとなる。 しかし本人は会見で「孫には『お兄さん』と呼ばせる」と宣言した。 2009年6月1日には芸能活動45周年を記念し、初の作詞作曲集を発売。 6月22日、芸能活動全般についてと業務協力契約を締結する。 2013年2月に杉の個人事務所が所有する東京・西麻布のビル2階に「杉良太郎演劇塾」を設立。 同年10月には『』で33年ぶりとなる民放連続ドラマの出演となった。 慈善活動 [ ] 15歳でボランティア活動を始める。 その間の刑務所視察の功績が認められ、2008年(平成20年)には「特別矯正監」をより任命される。 長年にわたり、刑務官・受刑者に対し、多くの意見交換・講演などを行っている。 2019年6月25日、功績をたたえる大臣顕彰状が法務大臣から贈られ、あわせて永年の特別矯正監も委嘱された。 ととの親善にも20年間たずさわっている。 等に教育施設(等)の設置、無償援助に積極的に関わりベトナム政府から特別友好大使を委託されている。 1997年(8年)12月には、のより、友誼勲章(外国人に贈る最高位の勲章)を受章した。 また、のは100人以上に及ぶ。 1995年(平成7年)1月17日に発生したの救援と、慰問としてヘリコプター2機をチャーターし、被災者避難所へ寿司や飲料水、医薬品、衣料等2トンを空輸した。 (20年)、受刑者更生支援等奉仕者として、芸能人として初のを受章。 5月24日、26日、日越外交関係樹立35周年記念行事の一つとして行われた、日本およびベトナムの有名歌手による「日越友好ハノイ-ホーチミン音楽祭(第1回日越友好音楽祭)」を、日越特別大使兼越日特別友好大使として主導した。 (21年)のベトナム社会主義共和国公式訪問では、現地での案内説明にたずさわる。 同年、芸能活動の功績が認められを受章。 平成22年度、「災害被害を軽減する国民運動」に就任。 (23年)に発災した()を受けて、被災地への支援活動を開始。 大量の救援物資を載せた車両12台を手配し 、自ら炊き出しを行った。 1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災で、実家が被災し、以降被災地への支援活動を継続的に行なっており、2004年(平成16年)のでも精力的な活動を行なっている。 10月8日、10月9日、ベトナム・で開催された「第2回日越友好音楽祭」を主導した。 2012年(24年)4月26日、で現場作業員の拠点となっている、福島県のサッカー練習施設「」を、でのと共に訪れ、激励コンサートを開いた。 2012年5月1日、により、とともに「被災地で活動したベストサポート」に選出され、表彰されている。 車両15台でカレー、サラダなど2万食の食事と入れ歯洗浄剤などの物資を届け、宮城県内の避難所を細かく廻り、また、岩手県の三陸鉄道や青森県の支援、福島県も何度も訪れるなど、様々な支援を続けた 活動が評価された。 2012年11月19日、オーストリア・アルベルト・シュバイツァー協会より人道援助活動の功績が認められ「アルベルト・シュバイツァー章」受章。 (25年)2月25日、特別大使に任命され 、(26年)2月10日にアジア各国との文化交流に貢献したとして内閣総理大臣感謝状をから手交された。 2013年11月にを襲った、では、チャリティコンサートを企画し、を通じて、現地に学校を建設した。 エピソード [ ]• 杉良太郎が「」で初代佐々木助三郎を演じた理由は、『助さん』という音の響きがよかったからという。 『』に出演した際、若い頃、を好きだった事を、本人の前でした。 で、ゲスト審査員を担当し、出場した妻の伍代夏子の歌「金木犀」を、舞台目の前で審査する事となった。 1966年に放送された実写版『忍者ハットリくん』でケムマキを演じたのは杉だと言われていたが 実際にケムマキを演じたのは関西を中心として活躍していた人気子役のであり間違いである。 1970年代、多数の作品への出演による多忙でTV放送をオンタイムで視聴できなかったため、高価だったUマチックデッキとテープを当時の給料から無理して購入し、自身の出演作品を録画視聴していた。 その中にはNHKには映像が保存されていなかった大河ドラマ「国盗り物語」や朝ドラ「繭子ひとり」もあり、2015年にNHKへ提供された。 に高齢運転者によるが相次いでいることを受け、高齢運転者にの自主返納について考えてもらうきっかけ作りとして、6月7日にでを自主返納した。 自主返納時点での杉の年齢は74歳で、誕生日を迎える2ヶ月前だった。 出演作品 [ ] テレビドラマ [ ]• (1966年、)• (1967年、)• 愛妻くんこんばんは 第17回「キャンパスの恋」(1968年4月28日、)• (1968年 - 1969年、) - 大門大太• なんでも引きうけ候 第10話(1969年、TBS)• (1969年) -• (1973年) -• (1988年) -• (1998年) -• 若すぎる二人(1969年、)• 結婚Uターン(1969年、毎日放送)• 第1部 - 2部(1969年 - 1971年、TBS) -• 第1部(1970年、TBS) - 中山新八郎• (1970年 - 1974年、東京12チャンネル) - 十文字小弥太• (1971年、)• 第44話「復讐の女豹」・第45話「姿なき殺人」(1971年、)• (1971年 - 1972年、フジテレビ) - 一心太助• 「雪の渡り鳥」(1972年10月18日、)• ご存知時代劇「伊那の勘太郎」(1973年1月11日、NET)• (1973年、東京12チャンネル) - 異三郎• (1974年、NET) - 近藤右門• (1977年 - 1982年、日本テレビ) - 駒形の新五• 1981年、日本テレビ) - ・駒形の新五 二役• 1982年、日本テレビ) - ・駒形の新五 二役• (1980年、フジテレビ) - 加納明• (1981年 - 1982年、フジテレビ) - 暁蘭之介• (1982年、日本テレビ) - 近藤右門• 「浪人八景 雪太郎風流剣」(1982年12月17日、フジテレビ) - 比良雪太郎• 1989年、フジテレビ)• (1990年、TBS) - 法月弦之丞• (1992年 - 1994年、テレビ東京) - 茨右近• (2000年、テレビ東京) -• (2002年、NHK総合) - 河合仙太郎• (2013年、関西テレビ) - 内藤源次郎• (2015年10月 - 12月、TBS) - 藤間秀樹• (2018年10月 - 12月、TBS) - 藤間秀樹 配信ドラマ [ ]• (2012年8月 - 、) - 松田五郎• (2014年12月20日 - 、 BeeTV) - 主演・問題無ノ介 *企画・原作・脚本・主題歌も担当 映画 [ ]• (1966年、日活)• (1966年、日活)• (1967年、日活)• 紅の流れ星(1967年、日活)• (1967年、日活) - 島津二代目• (1967年、日活)• 恋人と呼んでみたい(1968年、日活)• (1968年、日活) - 岩上岩太• 娘の季節(1968年、日活)• 嵐の果し状(1968年、日活) - 川菜屋・佐吉• だれの椅子? (1968年、日活) - 高畠次郎• ある少女の告白 純潔(1968年、日活)• 花ひらく娘たち(1969年、日活) - 矢口忠吉• 夜の牝 花と蝶(1969年、日活) - 立石克也• 恋のつむじ風(1969年、日活)• (1970年、日活) - アキラ• 花の特攻隊 あゝ戦友よ(1970年、日活)• 朝霧(1971年、日活) ドキュメンタリー [ ]• 一生懸命〜杉良太郎という生き様〜(2015年5月31日、BSフジ) バラエティ [ ]• (2002年、日本テレビ)• (2011年、NHK総合) CM [ ]• オクト(1988年) のにてサッカー少年とパスの交換をする、という変わったシチュエーションのCM• ユーハのど飴 プロポリスラボ(2009年)• リョウシンJV(2018年)• (2019年) 音楽 [ ] シングル [ ]• ちなみにデビュー前、テイチクのオーディションに落ちている(「」出演時にコメント)。 若き特攻隊員の挽歌(コロムビア 1970年5月 )• 戦火の母に捧げる歌(コロムビア 1970年9月 )• なやみ - 杉良太郎(CBS・ソニー 1975年10月21日 25AH-718)• 着流し艶歌(CBS・ソニー 1975年12月5日 )• すきま風 - 杉良太郎(CBS・ソニー 1977年6月1日 )• ザ・ベストヒット全曲集(CBS・ソニー 1977年11月1日 25AH-319)• あゆみ - 杉良太郎名場面集(CBS・ソニー 1977年11月21日 )• ファーストリサイタル(CBS・ソニー 1978年6月1日 )• ザ・ベストヒット全曲集II(CBS・ソニー 1978年11月1日 )• ライブインフェスティバルホール 夢のステージ(CBS・ソニー 1979年7月1日 )• ザ・ベストヒット全曲集III(CBS・ソニー 1979年11月1日 ) 著書 [ ]• 「媚びない力」 2014年• 「いいってことよ」 出版 2001年• 「これこそわが人生」 社 1991年• 「人生すきま風のごとく 愛に生き、愛に傷ついて」 1984年• 「杉良太郎 芸能生活15周年記念 愛蔵版 果てしなき旅路」(写真集) 1980年• 「南ヨーロッパからの微風 杉良太郎写真集」CBSソニー出版 1984年 パチンコ [ ]• 、「杉さまのこれにて大当り」()で機のモデルとなる。 、「CR大江戸捜査網」() 芸能活動以外での肩書 [ ]• 日ベトナム特別大使 兼 ベトナム日本特別友好大使• 法務省 特別矯正監• ハワイ州ホノルル市 名誉市長• シンガポール日本文化協会名誉会長• 肝炎対策国民運動特別参与 (、) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 系テレビドラマ「」主題歌。 テレビ東京系テレビドラマ「」主題歌。 系テレビドラマ「」主題歌。 テレビ東京系テレビドラマ「」主題歌。 系テレビドラマ「」主題歌。 テレビ朝日系テレビドラマ「」主題歌。 系テレビドラマ「」ED主題歌。 日本テレビ系テレビドラマ「新五捕物帳」OP主題歌。 再発売盤。 フジテレビ系テレビドラマ「」主題歌。 とのデュエット。 フジテレビ系テレビドラマ「」主題歌。 日本テレビ系テレビドラマ「」主題歌。 系テレビドラマ「」主題歌。 テレビ東京系テレビドラマ「」主題歌。 とのデュエット。 の「」のカバーだが、歌詞が一部変更されている。 BeeTV テレビドラマ『医師 問題無ノ介』主題歌。 本作以後カセットテープでの発売はなくなる。 出典 [ ]• 中日新聞・東京新聞『この道』第30回(2010年8月9日付夕刊)にて写真掲載あり。 時事ドットコム. 時事通信社. 2016年10月28日. 2016年10月28日閲覧。 (なし)• 時代劇専門チャンネル『瓦版』第311回• 2011年3月11日放送の「」のに初出演した際のトークなど• 2011年6月22日. 2014年7月10日閲覧。 「」『週刊ポスト』2014年5月23日号、小学館、2014年5月13日、 2014年5月27日閲覧。 (サイト)、(外務省プレスリリース)• 防災情報のページ. 2014年5月24日閲覧。 2011年4月3日. の2014年4月4日時点におけるアーカイブ。 2014年5月24日閲覧。 2011年4月3日. の2012年12月4日時点におけるアーカイブ。 2014年5月24日閲覧。 2019年4月12日閲覧。 2011年9月28日. の2011年9月30日時点におけるアーカイブ。 2014年5月24日閲覧。 デイリースポーツ. 2012年4月27日. の2012年4月27日時点におけるアーカイブ。 2014年5月24日閲覧。 外務省 2013年2月25日. 2014年2月11日閲覧。 2014年2月10日. の2014年2月11日時点におけるアーカイブ。 2014年5月24日閲覧。 1983年発売の写真誌『』の記事• 『裏本時代』、1996年、p. 234• 講談社編『メーキング・オブ・東映ヒーロー ラディカルヒーローの世界2』講談社X文庫、1987年、p. 東映の許諾を得ている同書でもケムマキは杉良太郎とされている。 2019年6月7日. 2019年6月7日閲覧。 オリコン. 2015年9月6日. 2015年9月6日閲覧。 シネマトゥデイ. 2014年12月5日. 2014年12月4日閲覧。 杉良太郎のペンネーム。 - 外務省• (閲覧) 外部リンク [ ]• - 「杉友」スタッフによるブログ• - (英語)• - -• - - 厚生労働省 () 主要キャスト 期間 水戸光圀 佐々木助三郎 渥美格之進 風車の弥七 八兵衛 かげろうお銀 疾風のお娟 柘植の飛猿 松平頼常 山野辺兵庫 徳川綱吉 柳沢吉保 ナレーション 第1部 なし なし なし なし 第2部 なし 第3・5部 第6部 なし 第7部 なし 第8部 第9部 なし 第10部 第11部 なし 第12部 第13部 なし 第14部 なし 第15部 なし 第16部 第17部 第18部 第19部 なし 第20部 第21部 なし 第22部 - 第24部 第25部 第26部・第27部 なし なし 第28部 なし 第29部・第30部 第31部 なし 第32部 第33部・第34部 なし 第35話 第36部 - 第37部・10話 なし なし 第37部・11話 - 第38部 第39部 第40部 第41部 なし 第42部 第43部(完) なし 2015年SP なし BS版 なし なし なし なし.

次の

杉良太郎が前妻と離婚した理由!子供は俳優?嫁は伍代夏子!噂?

杉良太郎 伍代夏子

メニュー• 伍代夏子さんって? 本名:山田 輝美(旧姓、中川) 出身:東京都渋谷区 夫:杉良太郎(すぎさま)1999年から 学歴:鴎友学園女子高等学校卒業 生年月日: 1961年12月18日 55歳 生まれ: 東京都 東京 渋谷区 身長: 160 cm アルバム: 伍代夏子 全曲集2016、 伍代夏子 最新ヒット全曲集2011、 海峡の宿 お得盤 、 霧笛橋 お得盤 夫、杉良太郎(すぎさま)の別荘が豪邸すぎる件 2015年のメレンゲの気持ちで、すぎさまの青森の別荘が紹介されていました。 すぎさまの別荘ということは、伍代夏子さんの別荘でもあるということですよね?? 温泉もあり、敷地はディズニーランドの数倍もあるんだとか。 スゴすぎません〜!! 7LDKなんだそうです! リビングには暖炉も。 本格的〜 すぎさまのアトリエが 極めつけは、家に温泉!ひえーーー! 夫、杉良太郎(すぎさま)との馴れ初めは?略奪婚なの? 旦那の杉良太郎さんと年の差はなんと17歳。 さらにすぎさまは、再婚です。 スピード婚でしたから、略奪婚なのでは?という噂がたくさん流れましたよね? 二人の馴れ初めは、伍代夏子さんの踊りの師匠が杉良太郎さんの楽屋へ連れて行って挨拶を交わしたたことがきっかけで、次回の公演を見に行く約束をしたそうです。 何度か公演を見に行くうちに連絡先を交換したようです。 それから二人は意気投合。 毎日のように連絡をし合い、1ヵ月後に結婚を決めたそうです。 この時は既にすぎさまは離婚していたようで、略奪婚ではないようです。 世間はこんなタイミングの結婚を詮索したくなるものですよね。 スポンサードリンク 今後のスケジュール 今週末、4月9日に、伍代夏子演歌まつりということでイベントがあるようです。 お近くの方はぜひ美声を聞きに行かれてください〜。 藤あやこさんは料理上手ですし、こんな美女が3人も集まるとさぞ華やかでしょうね!今日のナカイの窓はペアがたくさん出るようですから、楽しみですね! はじめまして、気になるよのなか を運営しておりますpineです! このサイトは「誰かのお役に立つこと」をモットーにpineが「あれってなんだっけ?」とちょっと気になったことを調べてシェアして行きます。 なるべく分かりやすく、読んでくださる方に少しでも有益な情報を楽しく読めるように記事を更新できればと思っています! 〈カテゴリー〉• 196• 2 <これまでの記事>•

次の