あく せい リンパ腫。 成人T細胞性白血病について

悪性リンパ腫 人気ブログランキングとブログ検索

あく せい リンパ腫

リンパを構成するさまざまな細胞が悪性腫瘍化して腫瘤となる病気を悪性リンパ腫といいます。 悪性リンパ腫はおもにリンパ節から発生しますが、皮膚や脳、鼻腔(びくう)、消化管、肺などのリンパ節以外の組織からも発生することがあります。 悪性リンパ腫は、病理組織像からホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に大別され、病気のひろがりかた、治療薬の反応性などに違いがあります。 日本ではホジキンリンパ腫は1割程度で、非ホジキンリンパ腫が9割程度と圧倒的に多いです。 治療方針が大きく異なるため、腫大したリンパ節の生検検査、特殊な染色で染めた組織のスライドを顕微鏡で見ることで組織型を診断することが重要です。 非ホジキンリンパ腫は、腫瘍化したリンパ球の性質により、B細胞リンパ腫、T細胞リンパ腫に分けられます。 リンパ腫によるリンパ節の腫脹は痛みが出ないのが特徴です。 からだの表面から触れる部位(くび、鎖骨上、わきの下、足の付け根)のリンパ節がはれることで発見されることがあります。 また、リンパ腫が進行し、からだの中の腫瘍量がふえてくると、全身症状として発熱・寝汗・体重減少がみられることがあります。 リンパ腫は全身のリンパ節への進展度合いやリンパ組織以外への浸潤の有無で進行度が分けられ、進行度によって治療の方法が変わるため、CT検査、MRI検査、FDG-PET検査などの画像検査や消化管内視鏡検査、骨髄(こつずい)検査などもおこなってリンパ腫のひろがりを治療開始前に調べる必要があります。 [治療] ホジキンリンパ腫はその進行度により放射線治療、化学療法の組み合わせで治療します。 一般的にはABVD療法と呼ばれるドキソルビシン、ブレオマイシン、ビンブラスチン、ダカルバジンの4種類の抗がん薬を組み合わせた多剤併用治療法がおこなわれることが多く、進行期でも完全寛解率80%、5年生存率70%程度の成績が得られています。 最近では、ブレンツキシマブ・ベドチンという新しい薬も使われるようになりました。 非ホジキンリンパ腫はその組織型から非常に多くの分類がされており、分類によって治療方針は異なります。 組織型によって腫瘍の増殖速度などが異なることが知られており、低悪性度・中等度悪性度・高悪性度、またはインドレント・アグレッシブという分類もされます。 治療としては、放射線治療と化学療法を単独または組み合わせておこないます。 化学療法は、一般的にはCHOP療法と呼ばれるシクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾロンの4種類の薬剤を組み合わせる方法がおこなわれます。 B細胞リンパ腫では、これらにリツキシマブと呼ばれる抗体医薬を加えます。 この治療は2~3週間ごとに4~8回くり返します。 回数や放射線療法を組み合わせるかどうか、ほかの化学療法に変更するかどうかなどについては組織型や進行度合いにより異なります。 インドレントのタイプには、ベンダムスチンとリツキシマブの組み合わせが使われることがあります。 これらの治療後に再発した場合、もしくは再発のリスクが高いと考えられる場合には、大量の抗がん薬を併用して自家末梢血幹細胞移植がおこなわれることもあります。 自家末梢血幹細胞移植は、自分の造血幹細胞をあらかじめ連続成分採血装置を用いて末梢血から大量に集め冷凍保存しておき、時期をみて大量の抗がん薬治療をおこなったのち、集めておいた造血幹細胞を体内に戻すという治療です。

次の

悪性リンパ腫の生存率・完治・再発に関する情報まとめ

あく せい リンパ腫

更新日 : 2020年5月18日 公開日:2014年4月28日 患者数が少なく、「まれ」ながんを希少がんといいます。 代表的な希少がんの概要、診断、治療などを解説しています。 領域別もくじ 脳・脊椎領域• 眼領域• 頭頸部領域• 呼吸器・縦隔領域• 消化器領域• 肝胆膵領域• 内分泌領域• 泌尿器・生殖器領域• 腟がん・外陰がん• 後腹膜領域• 皮膚領域• 血液・リンパ領域• 原発不明• 小児の腫瘍• その他• 50音別もくじ あ• (あくせいきょうまくちゅうひしゅ)• 悪性骨巨細胞腫(あくせいこつきょさいぼうしゅ)• 悪性末梢神経鞘腫瘍(あくせいまっしょうしんけいしょうしゅよう)• (あくせいふくまくちゅうひしゅ)• (あくせいりんぱしゅ)• アダマンチノーマ(あだまんちのーま)• 横紋筋肉腫(おうもんきんにくしゅ) か• 外陰がん(がいいんがん)• (かいちょうがん)• 滑膜肉腫(かつまくにくしゅ)• (がんかにくしゅ)• (がんけんしゅよう)• (がんしゅよう)• がんないりんぱしゅ)• (がんふぞくきりんぱしゅ)• 希少がん(きしょうがん)• (きゅうしんけいがさいぼうしゅ)• (きょうせんがん)• (きょうせんしゅ)• (くうちょうがん)• 血管肉腫(けっかんにくしゅ)• (げんぱつふめいがん)• (こうくうがん)• (こうふくまくのにくしゅ)• (こうもんがん)• 骨巨細胞腫(こつきょさいぼうしゅ)• 骨原発の血管肉腫(こつげんぱつのけっかんにくしゅ)• 骨原発の線維肉腫(こつげんぱつのせんいにくしゅ)• 骨原発の平滑筋肉腫(こつげんぱつのへいかつきんにくしゅ)• 骨軟骨腫(こつなんこつしゅ)• 孤立性線維性腫瘍(こりつせいせんいせいしゅよう) さ• (しきゅうのにくしゅ)• (ししんけいしゅよう)• (じすと)• 脂肪腫(しぼうしゅ)• 脂肪肉腫(しぼうにくしゅ)• (じゅうにしちょうがん)• (しょうかかんかんしつしゅよう)• (しょうちょうがん)• (しょうにのけつえき・りんぱのがん)• (しょうにのこけいあくせいしゅよう)• (しょうにのにくしゅ)• 神経鞘腫(しんけいしょうしゅ)• 神経線維腫(しんけいせんいしゅ)• (しんけいないぶんぴつがん)• (しんけいないぶんぴつしゅよう)• 脊索腫(せきさくしゅ)• 線維肉腫(せんいにくしゅ)• (せんようのうほうがん) た• (たいかんのにくしゅ)• 単純性骨嚢腫(たんじゅんせいこつのうしゅ)• (たんめいさいぼうにくしゅ)• 腟がん(ちつがん)• (ちょうきがん)• (ですもいどしゅよう)• (とうけいぶのにくしゅ)• 動脈瘤様骨嚢腫(どうみゃくりゅうようこつのうしゅ) な• 内軟骨腫(ないなんこつしゅ)• 軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)• (なんぶのにくしゅ)• (にくしゅ)• (にゅうぼうがいぱじぇっとびょう)• (にょうまくかんがん)• 粘液線維肉腫(ねんえきせんいにくしゅ)• (のうしゅよう) は• (はいさいぼうしゅよう)• (はいしんけいないぶんぴつしゅよう)• (ひふしゅよう)• 皮膚隆起性線維肉腫(ひふりゅうきせいせんいにくしゅ)• (ふくじんがん)• (ふくまくがん)• 平滑筋肉腫(へいかつきんにくしゅ)• (ほうそうじょうなんぶにくしゅ)• (ほねのにくしゅ) ま• 慢性リンパ性白血病(まんせいりんぱせいはっけつびょう)• 未分化多形肉腫(みぶんかたけいにくしゅ)• (みゃくらくまくあくせいこくしょくしゅ)• (めいさいぼうにくしゅ)• (めるけるさいぼうがん)• (もうまくがさいぼうしゅ) や• ユーイング肉腫(ゆーいんぐにくしゅ)• (ゆうきょくさいぼうがん) ら• 類上皮肉腫(るいじょうひにくしゅ)• (るいせんがん).

次の

さまざまな希少がんの解説

あく せい リンパ腫

ステージについて がんの生存率や完治・再発について語るためには、がんのステージについて知っておく必要があります。 ステージ I がんが、1か所のリンパ節に留まっている状態です。 ステージ II 横隔膜を境界として、上半身側・下半身側のどちらか一方に留まっている状態です。 がんは、2か所以上のリンパ節に広がっています。 ステージ III がんが横隔膜の上半身側・下半身側の両側のリンパ節にも広がってる状態です。 ステージ IV がんが、リンパ節以外の臓器や骨髄、血液に広がっている状態です。 また、最初にできた部位から遠いリンパ節にまで、がんが転移しています。 悪性リンパ腫の生存率 悪性リンパ腫には、 ホジキンリンパ腫と 非ホジキンリンパ腫があり、それぞれ生存率・完治率・再発率が異なります。 ここでは、5年生存率という数値を基にしています。 ですが、ステージ I-IIの場合、放射線治療によって患者の約半数が完治できるとされています。 また、ステージ III-IVであっても、適切な処置を行うことで 平均生存率は10年となっています。 スポンサードリンク 完治について がんの種類やステージによって、基準は変わりますが、一般的には、手術や化学療法が成功し、退院した後で5年間がんが発生・再発しないことを 完治と呼びます。 悪性リンパ腫の完治率については、先ほど紹介した 生存率 =5年生存率 と同じ数値だと思っていただいて構いません。 また、以前は「不治の病」として恐れられていましたが、現在では、十分に治療が可能な病気となっています。 再発について 悪性リンパ腫は、ほぼ完治した状態であっても、 治療後3年は再発の可能性が高いとされています。 逆に3年間再発しなければ、再発の可能性は非常に低くなり、ほぼ完治しているとみなしても問題ありません。 また、ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫など、がんの種類によっても異なりますが、再発を予防するために定期的に 抗がん剤の投与が必要となります。 さらに、 血液検査や CT検査などの定期検診も必要になってきます。 まとめ 今回は、悪性リンパ腫の生存率と完治と再発についての情報をまとめてきました。 いずれの項目についても、がんのどのステージにあるかや、どの種類のがんを発病しているかが関係してきます。 もし、知りたい情報がある場合は、それらの情報を基に調べるようにしてください。

次の