マチ 付き トート バッグ 作り方。 手作りトートバッグの作り方・アイデア集23選!簡単にカバン作り!

幼稚園カバン作り方|指定サイズで切り替えマチ付きレッスンバックを手作り

マチ 付き トート バッグ 作り方

バッグの中にいつも1つ、コンパクトにたためるエコバッグを入れておくと安心ですね。 マチ無しだとちょっと物足りない(かさばる野菜を買うともうパンパン…)、底マチだとかさばって畳みにくい・・。 というわけで、nunocoto fabricがおすすめするのが「横(だけ)マチタイプ」。 容量は大きいのに、たたむととってもコンパクトになるんです! 手のひらサイズが嬉しい…! しかも、袋縫いで仕上げるので、布製なのに仕上がりがとても丈夫。 ブロッコリーや1リットルの牛乳パックも安心して(?)入れられますよ! 簡単にできちゃうので、ぜひ作ってみてくださいね。 たたむ前提なので、 コットン100%やリネンなど、薄手の生地がおすすめです。 オックス生地なら丈夫で縫いやすいので最適です。 横マチつきエコバッグの作り方 1.ポケットを作る まずはポケットから作っていきます。 この部分がポケット口になります。 三つ折りステッチしたポケット口が下になるように置いて裏返したら、下から上に中表で折り上げます。 折ったら両脇をぬいしろ1cmで縫い合わせます。 これでポケットができました。 2.持ち手を作る 持ち手を作ります。 持ち手用パーツの長辺を内側に1cmずつ折り、アイロンをかけます。 パタンと半分に折り、アイロンをかけます。 ステッチします。 これで持ち手ができました。 3.本体を縫う 本体の両脇を袋縫いで縫い合わせます。 まず、本体用パーツの柄の方向をそろえて外表で合わせ、両脇をぬいしろ5mmで縫い合わせます。 中表に返してアイロンをかけたら、今度は両脇をぬいしろ1cmで縫い合わせます。 横マチを作ります。 再び本体を表に返したら、写真のように縫い目から6cmずつM型に折り、アイロンで折り目をつけます。 底を袋縫いします。 横マチを折った状態のまま、ぬいしろ5mmで底を縫い合わせます。 中表に返してアイロンをかけたら、底をぬいしろ1cmで縫い合わせます。 横マチの折ってある部分はどちらに倒しても良いですよ。 4.ポケットと持ち手を縫い付けて袋口を縫う 本体を表に返し、上の辺の中央にポケットの上の辺の中央を合わせ、まち針でとめます。 この時、袋口のある面と本体表を合わせるようにします。 ポケットの両側に持ち手を本体にとめ、反対側の同じ位置にも持ち手をとめたら、端にステッチをかけてポケットと持ち手を本体に縫い付けます。 袋口付近のぬいしろは斜めに折って、ぬいしろを反対側に倒すようにします。 三つ折りした袋口にステッチをかけます。 ポケットと持ち手を巻き込まないように気を付けましょう。 持ち手に補強のステッチをします。 横マチつきエコバッグの完成! これで完成!でも良いのですが、ちょっとしたポイントを。 横マチの折り目に端ミシンをかけておくと、マチがしゅっときれいに出て、折りたたむときにも楽ですよ。 袋口から向かい側の袋口まで、端から1~2mmのところをぐるっと一気に縫いましょう。 さあ、これで横マチつきエコバッグの完成です! かさばりがちな野菜やフルーツを入れてみますよ~。 どのぐらい入るかな。 当サイトnunocoto fabricで販売している 生地はすべて商用利用可能です。 催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。 また、サイト内で紹介している 無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。 ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。 こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、 無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。 nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。 申し訳ございません。

次の

簡単トートバックの作り方(マチあり、裏地なし)

マチ 付き トート バッグ 作り方

トートバッグの作り方は直接縫いのみなので、ソーイング初心者さんも簡単にトライできます。 特に、無地やドットなど柄に上下のない布は、両サイドを縫うだけでもステキなトートバッグができます。 持ち手はカバンテープを利用すれば、縫い付けるだけでOKです。 これは手芸店や100均などで安く購入できます。 帆布生地は丈夫で水にも強いので、買い物バックとして使うのにぴったりです。 帆布は、作る前にアイロンをかけておくことが重要です。 しわを伸ばして置いたり、縫い目のポイントを付けておけば作業がしやすくなります。 また、生地が厚くて硬いので厚地用のミシンの針や糸を準備しましょう。 帆布のトートバックは生成りでもオシャレに見えるのがうれしいポイントです。 まずはマチ付きや、裏地付きでないシンプルなものから初めて見ましょう。 生地のほつれが心配な場合は、最初にジグザグミシンやロックミシンをかけておけば大丈夫です。 また、ポケットは先に縫い付けておきましょう。 キルティング生地を使った簡単なトートバッグの作り方 キルティング生地を使用しての作り方をご紹介しましょう。 キルティングのバックは、幼稚園や小学校でのレッスンバックによく使われます。 トートバック作りをこのタイプからスタートする方も多いのではないでしょうか。 まずはマチ付き裏地付きでないシンプルなものから作ってみましょう。 キルティング生地のバックは使っていると生地の糸や中の綿がはみ出て来ます。 縫い始める前に、生地の端にジグザグミシンをかけておきます。 また、キルティング生地は厚くてキレイに縫えないことがあります。 こういった場合は、バイアステープを利用すると楽です。 バイアステープは手芸店や100均で安く購入できます。 キルティング生地も、光沢のあるものを選ぶと大人っぽい雰囲気に仕上がります。 暖かみがあるので、秋冬シーズンのお出かけによく似合います。 また、マチ付きやファスナー付けをマスターすれば、トートバックの作り方を応用してポーチも手作りできます。 ポケット付きトートバックの作り方 まずは、袋口全部にファスナーを付ける作り方をご紹介します。 そうするとマチのある無しが関係ないので簡単です。 裏地付きにする場合はその分、手間が増えますが基本的に作り方は同じです。 ミシンに片側抑えがあるとファスナーに当たらず楽に縫えます。 余ったファスナーは3センチくらいの余裕を持たせてカットします。 100均ショップでも帆布など、トートバッグ作りに利用できる生地がたくさん売られています。 最近では色柄や大きさのパリエーションがとっても豊富になりました。 クッションカバーの布を利用しても面白いですよ。 この記事を参考に自分なりのデザインでトートバッグを手作りして見ましょう。 書類などが入る大きめのサイズは、通勤にも便利です。 秋冬はフェイクファーを使ってブーツなどと合わせてもオシャレです。 また、持ち手をチェーンに変えればドレッシーなファッションにも合わせられ、工夫次第でどんなシーンでも活躍できます。 トートバックは生地やデザインよって、様々な表情が出せます。 この記事を参考に自分の好みとニーズに合ったバックを手作りして見ましょう。 手作りトートバッグでオシャレ度アップ! トートバッグがこんな簡単に手作りできるなんて、驚きですよね。 手持ちの端切れや、古着なども活用できるのもメリットです。 気に入って捨てれない洋服も裏地に活用して見ましょう。 サイズやデザインを工夫すればいろんな種類のトートバッグが出来上がります。 自分だけのオシャレなトートバックを手作りして見ましょう。

次の

幼稚園カバン作り方|指定サイズで切り替えマチ付きレッスンバックを手作り

マチ 付き トート バッグ 作り方

トートバッグの作り方は直接縫いのみなので、ソーイング初心者さんも簡単にトライできます。 特に、無地やドットなど柄に上下のない布は、両サイドを縫うだけでもステキなトートバッグができます。 持ち手はカバンテープを利用すれば、縫い付けるだけでOKです。 これは手芸店や100均などで安く購入できます。 帆布生地は丈夫で水にも強いので、買い物バックとして使うのにぴったりです。 帆布は、作る前にアイロンをかけておくことが重要です。 しわを伸ばして置いたり、縫い目のポイントを付けておけば作業がしやすくなります。 また、生地が厚くて硬いので厚地用のミシンの針や糸を準備しましょう。 帆布のトートバックは生成りでもオシャレに見えるのがうれしいポイントです。 まずはマチ付きや、裏地付きでないシンプルなものから初めて見ましょう。 生地のほつれが心配な場合は、最初にジグザグミシンやロックミシンをかけておけば大丈夫です。 また、ポケットは先に縫い付けておきましょう。 キルティング生地を使った簡単なトートバッグの作り方 キルティング生地を使用しての作り方をご紹介しましょう。 キルティングのバックは、幼稚園や小学校でのレッスンバックによく使われます。 トートバック作りをこのタイプからスタートする方も多いのではないでしょうか。 まずはマチ付き裏地付きでないシンプルなものから作ってみましょう。 キルティング生地のバックは使っていると生地の糸や中の綿がはみ出て来ます。 縫い始める前に、生地の端にジグザグミシンをかけておきます。 また、キルティング生地は厚くてキレイに縫えないことがあります。 こういった場合は、バイアステープを利用すると楽です。 バイアステープは手芸店や100均で安く購入できます。 キルティング生地も、光沢のあるものを選ぶと大人っぽい雰囲気に仕上がります。 暖かみがあるので、秋冬シーズンのお出かけによく似合います。 また、マチ付きやファスナー付けをマスターすれば、トートバックの作り方を応用してポーチも手作りできます。 ポケット付きトートバックの作り方 まずは、袋口全部にファスナーを付ける作り方をご紹介します。 そうするとマチのある無しが関係ないので簡単です。 裏地付きにする場合はその分、手間が増えますが基本的に作り方は同じです。 ミシンに片側抑えがあるとファスナーに当たらず楽に縫えます。 余ったファスナーは3センチくらいの余裕を持たせてカットします。 100均ショップでも帆布など、トートバッグ作りに利用できる生地がたくさん売られています。 最近では色柄や大きさのパリエーションがとっても豊富になりました。 クッションカバーの布を利用しても面白いですよ。 この記事を参考に自分なりのデザインでトートバッグを手作りして見ましょう。 書類などが入る大きめのサイズは、通勤にも便利です。 秋冬はフェイクファーを使ってブーツなどと合わせてもオシャレです。 また、持ち手をチェーンに変えればドレッシーなファッションにも合わせられ、工夫次第でどんなシーンでも活躍できます。 トートバックは生地やデザインよって、様々な表情が出せます。 この記事を参考に自分の好みとニーズに合ったバックを手作りして見ましょう。 手作りトートバッグでオシャレ度アップ! トートバッグがこんな簡単に手作りできるなんて、驚きですよね。 手持ちの端切れや、古着なども活用できるのもメリットです。 気に入って捨てれない洋服も裏地に活用して見ましょう。 サイズやデザインを工夫すればいろんな種類のトートバッグが出来上がります。 自分だけのオシャレなトートバックを手作りして見ましょう。

次の