座右の銘 面白い。 座右の銘について考えてみた~有名人の座右の銘も紹介~

面白い座右の銘・ことわざ一覧!印象に残るインパクトのある言葉集

座右の銘 面白い

吉田松陰について 幕末に活躍した長州藩士。 伯父の私塾である松下村塾を引き継ぎ、初代総理大臣の伊藤博文や、日本の徴兵制度を整えた山県有朋らを育てました。 列強の接近にともない、幕末期の幕府の頼りなさに危機感を抱き、日本を変えるために奔走。 ペリーの黒船に乗り込もうとした逸話も残されています。 吉田松陰は日本を変えるために志を行動で示しましたが、彼の行動は幕府を批判するものであり、彼は時の大老井伊直弼の安政の大獄の一環で幽閉されてしまいます。 その理由は、日本を変えるために時の老中の暗殺を企てたからでした。 彼は安政の大獄で死刑となりましたが、彼が抱いた変革の志は弟子らに受け継がれ、弟子の多くが明治期の新しい日本で躍動しました。 吉田松陰の格言 過ちがないことではなく、過ちを改めることを重んじよ。 失敗を恐れず、失敗から学ぶ大切さを謳った格言。 行動こそが重要といえます。 大器をつくるには、いそぐべからず。 現在の日本はどうも急ぎすぎている気がします。 じっくり時間をかけてこそ、優秀な人間が生まれるのだと改めて考えさせられます。 夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。 故に夢なき者に成功なし。 果たしてどれだけの人間が夢を追いかけて生活できているでしょう。 夢を持つことの大切さを改めて感じさせる格言です。 小人が恥じるのは自分の外面である。 君子が恥じるのは自分の内面である。 人間たる者、自分への約束を破るものが最もくだらぬ。 死生は度外に置くべし。 世人がどう是非を論じようと迷う必要はない。 武士の心懐はいかに逆境に遭おうとも爽快でなければならぬ。 心懐爽快ならば人間やつれることはない。 自分に嘘をついて生きても得るものは少ないです。 信じた道を最後まで貫くことが大切だと思い出させてくれます。 志定まれば、気盛んなり。 目標をしっかり定めることで気力が溢れ、人生にハリが出ます。 気力こそが日々の活力です。 吉田松陰は明治という新しい日本を作り上げた偉人たちの師。 そんな大偉人であるからこそ、彼の教えがこれからの日本を変革し、新たな生きやすい社会を創り上げていく指針になるはずです。 com」で公開していた記事の転載です。

次の

座右の銘のランキング一覧(かっこいい・笑顔・努力・面白い・有名人)

座右の銘 面白い

もくじ• 短めの座右の銘 頑張れる一言編 努力しているのに、なかなか結果が無い時や、今頑張らないといけないという時に偉人たちの短くても心に響く名言は、とても人気があります。 ここでは、頑張りたい時にあとひと押し欲しいという時に、座右の銘にもしたい言葉をピックアップしてみました。 井上靖の短めの座右の銘にしたい名言 「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」 英語訳:Those who work hard talk about hope, and those who are lazy talk about dissatisfaction. いつの時代でも、努力している人、頑張っている人の言葉はポジティブなものです、逆に努力を怠る人や結果を残さない人はネガティブな事を言います。 「8:2の法則」があるように、全体の結果を創っているのは実は2割の人だったり、8割の人は結果を出していない事も、研究から分かっています。 井上靖さんの名言は、いかなる状況でも「 希望溢れる言葉を使う」事を思い出させてくれる名言です。 坂本龍馬の短めの座右の銘にしたい名言 「時勢に応じて自分を変革しろ」 英語訳:Transform yourself according to the times 時の移り変わりは、常にあります。 激動の時代を生き抜いた坂本龍馬らしい、常に自分を変革させ続け、時代の変化に対応できるだけの力を身に着けていく必要性を説いています。 本田宗一郎の短めの座右の銘にしたい名言 「失敗することを恐れるより、何もしないことを恐れろ」 英語訳:Afraid to do nothing, rather than fear to fail 人生で一番恐ろしい事は「普通」であるという事です、不幸であれば、幸せになるにはどうすれば良いのか?をひたすらに考え行動すれば良いだけです。 しかし、何もしないという事は、普通の人生を歩む事に何の疑問も感じず、流されるまま日々を過ごす事になります。 失敗を考えるよりも、とにかくチャレンジし、普通から脱却する事を思い起こさせて頂ける名言です。 高橋歩の短めの座右の銘にしたい名言 「夢は逃げない。 I always run away. 私の座右の銘にしている高橋歩さんの言葉ですが、夢や目標が叶わないのは、目標設定が高すぎたからというわけではありません。 結局のところ、肝心なところで逃げたり、手を抜いたりする甘さがあって失敗するのです。 諦めたり、逃げたりするのはいつでも出来ますが、あと一歩頑張っていれば金脈に届いた可能性があるのに、そこで諦めるのはあまりにもったいない話です。 人生一度は、本気で取り組む期間があっても良いはずです、逃げずに最後までやりきってみてはいかがでしょうか。 それは学校へ行かなかったこと、健康に優れなかったこと、決断に弱かったことだ。 だから、人が教えてくれたり、助けてくれたりして成功した」という事も言っています。 松下幸之助さんは、 短めの座右の銘 努力や勝負の時編 ここぞと勝負をかけたい時に、偉人の名言は、あなたの背中をきっと押してくれるはずです。 ここでは、努力や勝負に出た時に結果を出したい!という方に、短いながらも座右の銘にも出来る名言を集めてみました。 ウィリアム・ジェイムズの短めの座右の銘にしたい名言 「苦しいから逃げるのではない。 逃げるから苦しくなるのだ。 今苦しい状況かもしれませんが、逃げると精神的に楽になると思ったら間違いで、余計に逃げた事を後悔し、苦しい立場に追い込まれていきます。 今苦しい状況だったとしても、そこで一人で悩まずに、誰かの力を借りるとか、状況を打開するのにどうすれば良いのか?を考えてみてはいかがでしょうか? 山本寛斎の短めの座右の銘にしたい名言 「夢を叶えるコツは狂ったように欲しがること。 」 英語訳:The trick to fulfilling your dreams is to be crazy. 夢や目標を叶えるコツは至ってシンプルです、ひたすらに「 熱中して取り組む」事です。 周りが見えないくらいに、ひたすらに夢や目標の事を考え続け、この夢や目標が叶った時に喜んでいる方々の顔を思い浮かべて取り組めば、必ず叶います。 夢を大きく描き、夢を現実にするまで、ひたすらに行動しましょう。 ウェイン・グレツキーの短めの座右の銘にしたい名言 「満足しない事は、スキルを上げる一番のテクニックだ。 」 英語訳:Not satisfied is the best technique to improve your skills. どれだけ努力しても、満足せず、さらに上を目指し続けるのは、自分自身を成長させるために必要です。 お金持ちの中には、どれだけお金をもらっても仕事を続ける人がいますが、お金をもらう事が仕事の価値観ではなく、仕事をする事が自分の価値観になっているものです。 現状維持は衰退しているのと同じという気持ちで、常に取り組み続けましょう。 この言葉も大好きです、そのため一記事の特集でまとめました。 短めの座右の銘 スポーツ選手の名言編 偉人だけでなく、スポーツ選手はインタビューの時に心に残る名言を残し、感動を与えてくれます。 ここでは、スポーツ選手の残した短めの名言を集めましたので、座右の銘にも出来る言葉をお楽しみ下さい。 長嶋茂雄の短めの座右の銘にしたい名言 「努力してます」と練習を売り物にする選手は、一流とはいえない。 ショーザ・スピリットの塊と言っても過言ではない、長嶋茂雄さんですら、努力している姿は売り物にすらならないという事を語っています。 太陽のような明るさ、天真爛漫な姿とは裏腹に、人の見ていないところで努力してきた長嶋さんだからこその心に響く名言と言えそうです。 イチローさんは、他人と競い合うスポーツの世界の中でも、自分と向き合い、自分にも打ち勝つ大切さも伝えてくれているのかもしれませんね。 本田圭佑の短めの座右の銘にしたい名言 「世界一になるには世界一の努力が必要だ」 英語訳:To be the best in the world requires the best effort in the world 常に前向きな本田圭佑選手らしい言葉です、一流のメンタリティと何者にも屈しない姿は、人に感動を与えてくれます。 もし、叶えたい夢や目標があるのであれば、誰よりも努力する事です、結果が出ていないのであれば、まだ努力をしているとは言えないと認識するくらいでちょうど良いかと思います。 津田恒実の短めの座右の銘にしたい名言 「弱気は最大の敵」 英語訳:Bearish is the biggest enemy 広島東洋カープの炎のストッパーとして人気の津田恒実さんが、高校時代にカーブでかわそうと思って投げた失投を捉えられ打たれたことを教訓に、座右の銘とした言葉です。 何よりも、敵は自分の中にいて、弱気な自分と向き合い打ち勝つ必要があることを教えてくれる名言です。 短めの座右の銘 アニメの名言編 座右の銘にしたい名言は、何も偉人の言葉ばかりではありません。 時にはアニメの世界からも名言は生まれてくるものです、ここでは短くても心に響く座右の銘にもできるアニメの名言を集めてみました。 この一言に、私自身も何度も救われましたが、松下幸之助さんの「無いものを嘆くな、あるものを活かせ」や「足るを知る」という言葉にも通ずるところがあります。 スラムダンク短めの座右の銘にしたい名言 「諦めたらそこで試合終了だよ」 英語訳:If you give up, the game will end there. 名作スラムダンクの安西先生の一言です。 中学のスーパースターだった三井選手の回想シーンで、全国制覇目前で諦めかけていた時、奇跡を起こし逆転勝利を収めたシーンです。 諦めるのは簡単かも知れませんが、人生もそこで終了してしまう・・それくらいの気合を持って、最後まで取り組みたいものですね。 鬼滅の刃短めの座右の銘にしたい名言 「失っても失っても 生きていくしかないんです どんなに打ちのめされようとも」 英語訳:Even if I lose it, I have no choice but to live, no matter how hard I am beaten. 主人公の竈門炭治郎が、鬼殺隊に入隊したはじめての仕事で、鬼に婚約者を殺された青年にかけた言葉がこの名言です。 炭治郎の言葉は、禰豆子の愛に溢れた言葉だけでなく、自分自身を鼓舞する言葉だったり、敵にも優しさ溢れる言葉を送ったり、とても共感が持てます。 他の炭治郎の言葉で好きなのが、 「頑張れ炭治郎頑張れ!! 俺は今までよくやってきた!! 俺はできる奴(やつ)だ!! そして今日も!! これからも!! 折れていても!! 俺が挫(くじ)けることは絶対に無い!!」 という言葉です。 漫画とは思えないほどのリアリティさが溢れているセリフは、人気コミックである事を裏付けるのに十分な説得力がありますね。 短めの座右の銘 面白い名言編 座右の銘にしたい名言は、バラエティに出るお笑い芸人やドラマのセリフから生まれる事もあります。 ここでは、タレントが使った短い言葉の中で、座右の銘にしたいと思う名言を集めてみました。 明石家さんま短めの座右の銘にしたい名言 「生きてるだけで丸儲け」 英語訳:Making a profit just by living 明石家さんまさんらしい、前向きかつとても分かりやすいセリフですね。 今では日常会話でも使われる言葉ですが、座右の銘にしても違和感がありませんし、むしろ当たり前の事に気付き、感謝する事に繋がるという点では、日本中の皆さんが持っても良いと思えるほどの名言ですね。 短めの座右の銘にしたい面白い名言 「なんくるないさ」 英語訳:Nothing comes 沖縄の方言ですが、大西ライオンさんのネタにもなった言葉で、どこか心配事が吹き飛んでしまう力を秘めているような言葉ですね。 何か心配事や不安な事があった時は、口癖のように「なんくるないさ~」と言ってしまうだけでも、少しは気が紛れるのでは無いでしょうか。 何よりも学びがあるのは「実践する事」です。 博多華丸大吉短めの座右の銘にしたい名言 「スピーチとスカートは短い方が良い」 英語訳:Short speeches and skirts are better 結婚式のスピーチでも使われる言葉ですが、スピーチは短めが印象に残り、相手の時間を奪わないので良しとされます。 この一言で場が和み、注目を集める事が出来るますので、効果的な言葉ですね。 アントニオ猪木短めの座右の銘にしたい名言 「元気があれば何でもできる」 英語訳:You can do anything if you are fine. アントニオ猪木さんの言葉は、耳に残り、記憶に残るフレーズです。 どんなに絶望の淵に立たされようとも、苦しい事があっても、元気さえ失わなければ失敗する事はありません。 短いけど座右の銘にも使えるかっこいい名言を集めてみました! まとめ いかがでしょうか? 他にもたくさんの名言や座右の銘にできる短くても心に響く魔法の言葉は、たくさんあると思いますが、これらの言葉を使って自分の奮い立たせるだけでなく、他人にも力を与える事に繋がります。 座右の銘を持っているだけでな、あなた自身のブランディングにする事も出来ます。 過去の偉人たちが残してくれた素晴らしい名言を座右の銘にして、あなたの望む人生を叶えるための背中を押してくれる言葉になってくれると幸いです。 2011年3月の東北大震災、2011年10月の母の余命宣告10ヶ月をきっかけに人生観が180度転換、サラリーマンとして死んだように生きるのではなく、 「自由な時間と経済を手に入れて、大人にも子供にも憧れられる存在、独立自尊人になる」 事を目標に起業しました。 NLP(神経言語プログラミング)や東証一部上場企業に10年勤務し培った人財マネジメントに関するコーチングやマインドフルネス導入によるメンタルトレーニングといたった人財育成コンサルティング アフィリエイトで培ったマーケティング力を活かしたWEBプロモーション事業を活かしたWEB導入コンサルティング で世の中のお役に立てるよう、日々ビジネスマインド大学で情報発信をしてまいります。

次の

うそこの「座右の銘メーカー」が面白い

座右の銘 面白い

座右の銘になるポジティブなことわざをしりたい• 前向きで明るくなりたい ネガティブを克服したい• ツラい時に頑張れることわざをしりたい 今回はこのような方の望みを叶える記事となっております。 なぜなら、 有名なものからあまり知られていないものまで、全部で84つのことわざをご用意しているからです。 記事ではこれら84のことわざを、5つのセクションに分けてご紹介しています。 目次を使って必要な部分を読むことで、あなたにマッチしたことわざを見つけやすいようになっています。 この記事を読めば、お気に入りのことわざを見つけることができて、座右の銘にしたり辛い時の心の支えにすることができます。 ポジティブになり、今よりも少しだけ人生を明るく楽しく過ごすことができるようになります。 備えあればうれしいな。 なんてギャグがありましたね 案ずるより産むが易し 案ずるより産むが易し(あんずるよりうむがやすし)とは、あれこれ考える前に行動をしてしまえば、意外とカンタンにできてしまうという意味のことわざです。 個人的には、このことわざとても好きですね。 日頃から大切なものは「思考力」と「行動力」と説いていますが、行動がまず先にこないといけないんですよね。 経験がないうちは良いアイデアなんか浮かびませんから!まずは行動して経験する。 コレに尽きますね。 疑心暗鬼を生ず 疑心暗鬼を生ず(ぎしんあんきをしょうず)とは、疑った目でモノゴトを見れば、なんでもないことでも疑わしく思える様子をあらわしたことわざです。 免許も必要ですし、法制度しっかりしてますからフグ食べても大丈夫! ある程度のリスクはあっても行動しましょう! 幽霊の正体見たり枯れ尾花 幽霊の正体見たり枯れ尾花(ゆうれいのしょうたいみたりかれおばな)とは、幽霊だと思ってよくみたら枯れ尾花(枯れたすすきの補)であったという逸話から、恐怖をもってみればなんでもないことでも恐ろしく見えてしまうという意味のことわざです。 危険やリスクばかりみて行動をしない人は、枯れたすすきに怯える人生をおくっているのかもしれませんね。 杯中の蛇影 杯中の蛇影(はいちゅうのだえい)とは、杯に写った弓を蛇の影と勘違いして蛇を呑んだと思い込み病気になった男が、真相を知りたちまち病気がなおったという逸話から、なんでもないことでも疑う心があれば悩みごとになってしまうということをあらわしたことわざです。 遠慮なければ近憂あり 遠慮なければ近憂あり(えんりょなければきんゆうあり)とは、遠い将来のことを慮る(遠慮)ことがなければ、目前に心配事がおこる(近優)といういみのことわざです。 しっかりと将来のビジョンをもって人生を歩みたいものですね。 ポジティブなことわざは努力をして積み重ねることの大切さを教えてくれます ポジティブで前向きなことわざとして、努力や忍耐力の大切さに関することわざを15つご紹介します。 継続は力なり 継続は力なり(けいぞくはちからなり)とは、続けることがどれだけ重要かを説いたことわざです。 千里の道も一歩から 千里の道も一歩から(せんりのみちもいっぽから)とは、どんなに大きなことでも、目の前にある課題をクリアし続けることで成し遂げることができるという意味のことわざです。 石の上にも三年 石の上にも三年(いしのうえにもさんねん)とは、冷たい石の上でも三年間座り続けることであたたまるということから、どんなことでも忍耐強く取り組むことが大切であると説いたことわざです。 ここでいう三年とは、三年間という月日を具体的に示しているわけではなく長い年月ということのたとえです。 あなたの努力を神様は天の上から見てくれています 雨垂れ石を穿つ 雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)とは、雨の滴が長い年月をかけて石に穴をあけることができるという様子から、たとえ小さな努力でもコツコツ積み重ねることで成功できるという意味をあらわしています。 玉磨かざれば光なし 玉磨かざれば光なし(たまみがかざればひかりなし)とは、どんなに美しい玉でも磨かなければ光らないことから転じて、どんなに優れた才能を持っていても努力しつづけなければ才能を活かすことはできないという意味。 転がる石には苔が生えぬ 転がる石には苔が生えぬ(ころがるいしにはこけがはえぬ)とは、もとはイギリスのことわざ「A rolling stone gather no moss」が由来。 イギリスでは、「職や住まいを転々とするものはおカネも地位も得ることはできない」という悪い意味のことわざでした。 しかし、アメリカにこのことわざがわたり、「いつも活動し続ける人間は能力が錆びつかない」という良い意味をもつようになりました。 冬来たりなば春遠からじ 冬来たりなば春遠からじ(ふゆきたりなばはるとおからじ)とは、つらい時期を耐え忍べば、必ず幸せな時期が訪れるというたとえ。 またいづれ冬が来るかもしれませんが、春も必ず来ますね。 悪い時がくれば、いづれ良い時がくる。 人生はその繰り返しなのかな。 ポジティブで前向きなことわざ3. 挑戦・行動・決断 ポジティブなことわざは、挑戦・行動する力を与えてくれます ポジティブで前向きなことわざとして、挑戦する気持ちや、行動力・決断力に関することわざを26つご紹介します。 当たって砕けろ 当たって砕けろ(あたってくだけろ)とは、成功するかわからないが思い切ってやってみようという教え。 恋愛なんかでよく使われる言葉ですね。 善は急げ 善は急げ(ぜんはいそげ)とは、良いことはためらわずに行動するべきだという意味のことわざ。 一刀両断 一刀両断(いっとうりょうだん)とは、一太刀で真っ二つにする様子から、モノゴトをためらわずに決断することを意味することわざです。 一か八か 丁半博打の用語で、漢字の上部をとって一は丁を、八は半を意味します。 一か八か(いちかばちか)とは、丁がでるか半がでるかわからないが、天に身を任せてやってみようという意味のことわざです。 後ろ髪を引かれる 後ろ髪を引かれる(うしろがみをひかれる)とは、未練が残っている様子。 後ろ髪を引かれないようにきっぱりと決断していきたいですね。 思い立ったが吉日 思い立ったが吉日(おもいたったがきちじつ)とは、何かをしようと決意をしたらその日が行動を起こすのに良い日であるという意味のことわざです。 快刀乱麻を断つ 快刀乱麻を断つ(かいとうらんまをたつ)とは、よく切れる刀で絡んだ麻を切る様子から、複雑なモノゴトや事態を見事に解決するさまを意味したことわざです。 人生のターニングポイントでは、快刀乱麻を断つ決断をしたいものです。 虎穴に入らずんば虎子を得ず 虎穴に入らずんば虎子を得ず(こけつにいらずんばこしをえず)とは、虎の巣穴に入らなければ、入手が難しい虎子を手に入れることはできないというたとえから転じて、なにか大きな成功を成し遂げるためには危険をおかすことも必要という意味。 ちなみに虎の子に高い価値があったというわけではなく、あくまで入手することが難しいモノのたとえです。 川を渡り船を焼く 川を渡り船を焼く(かわをわたりふねをやく)とは、自ら退路を断って決死の覚悟で挑むことのたとえ。 ユリウス・カエサルが敵国に侵入し、退却のために必要な舟を焼いて部下に勝利か死かを覚悟させた逸話が由来です。 背水の陣と同じ意味ですね。 肯綮に中る 肯綮に中る(コウケイニアタル)とは、肯綮とは骨と肉と筋肉の結び目を意味し、モノゴトの急所やかなめの大事な部分、つまり要点をおさえるという意味。 清水の舞台から飛び降りる 清水の舞台から飛び降りる(きよみずのぶたいからとびおりる)とは、京都の清水寺にある高い崖に張り出した舞台から飛び降りれば命の保証がないことから、決死の覚悟で挑む様子を表したことわざです。 大勇は勇ならず 大勇は勇ならず(たいゆうはゆうならず)とは、本当に勇気のある人間は、小さなことで争わないので一見すると弱虫にみえるという意味のことわざです。 かっこいいですね。 (ワンピースで)山賊に絡まれても争わなかったシャンクスを思い出します。 君子は豹変す 君子は豹変す(くんしはひょうへんす)とは、人徳の高い人間は己の過ちに気づいた時ただちに改めて正しい道に戻るという意味のことわざです。 義を見て為ざるは勇なきなり 義を見て為ざるは勇なきなり(ぎをみてせざるはゆうなきなり)とは、人として正しい行為をわかり目の前にしていながら、それを行わないのは臆病者であるという意味のことわざです。 水火を辞せず 水火を辞せず(すいかをじせず)とは、水に溺れたり火に焼かれたりするような苦痛や困難をいとわずにモノゴトを行うさま。 断じて行なえば鬼神も之を避く 断じて行なえば鬼神も之を避く(だんじておこなえばきしんもこれをさく)とは、断固とした態度でモノゴトを実行すればその気迫に押されて鬼も逃げていくという意味のことわざです。 背に腹は代えられぬ 背に腹は代えられぬ(せにはらはかえられぬ)とは、せなかを守るために内蔵のつまった腹を犠牲にはできないことから、本当に大切なモノのために他の犠牲はやむを得ない状況を表したことわざです。 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ(みをすててこそうかぶせもあれ)とは、決死の覚悟があってこそ活路を見出すことができる様子。 伸るか反るか 伸るか反るか(のるかそるか)とは、矢を作る際に長く伸びるか後ろに曲がるかという様子をあらわしたことわざで、天に運をまかせて思い切って行動するという意味。 時の用には鼻を削げ 時の用には鼻を削げ(ときのようにははなをそげ)とは、緊急の時には自分の鼻を削ぎ落とすようなこともやむを得ないということから、緊急時にはどんな手段を使ってもやむを得ないという意味のことわざです。 乗りかかった船 乗りかかった船(のりかかったふね)とは、いちど関わっているからには途中でやめることはできないという意味。 千万人と雖も吾往かん 千万人と雖も吾往かん(せんまんにんといえどもわれいかん)とは、自分の良心に恥じることがなければ千万人の敵にも立ち向かっていこうという教え。 匹夫の勇 匹夫の勇(ひっぷのゆう)とは、深い考えがなく勢いや血気だけで行う勇気のこと。 匹夫の勇になっていないか自分を顧みてみよう。 臍を固める 臍を固める(ほぞをかためる)とは、決心を固める、覚悟を決めるという意味。 ちなみに臍(ほぞ)とは、おヘソのことです。 御輿を上げる 御輿を上げる(みこしをあげる)とは、仕事に取り掛かる様子。 暴虎馮河の勇 暴虎馮河の勇(ぼうこひょうがのゆう)とは、素手で虎に立ち向かったり、徒歩で黄河を渡ろうとする様子から、無謀で命知らずな振る舞いを意味します。 ポジティブで前向きなことわざ4. 自信 ポジティブなことわざは、あなたに自信を与えてくれます。 ポジティブで前向きなことわざとして、自信に関することわざを9つご紹介します。 自画自賛 自画自賛(じがじさん)とは、自分で書いた絵を自分で褒める様子から、自分のことや自分の行ったことを褒めたり、自慢すること。 手前味噌を並べる 手前味噌を並べる(てまえみそをならべる)とは、自分や身内を得意げに褒めたり自慢すること。 天上天下唯我独尊 天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)とは、お釈迦様が生まれた時に言った言葉といわれています。 天の上も下も含めたこの世のすべて(天上天下)で、ただ我々人間だけが(唯我)なすことのできるたったひとつの尊い目的(独尊)があるという意味です。 人間に生まれただけであなたは尊い。 ということを教えてくれています。 誤った意味で使われることが多いことわざですね 鬼の首を取ったよう 鬼の首を取ったよう(おにのくびをとったよう)とは、大したことでもないのに大きな手柄を立てたように喜ぶ様子。 人後に落ちない 人後に落ちない(じんごにおちない)とは、他人に負けない。 ひけをとらないという意味。 仰いで天に愧じず 仰いで天に愧じず(あおいでてんにはじず)とは、心に少しもやましいことがないという意味のことわざです。 昔取った杵柄 昔取った杵柄(むかしとったきねづか)とは、若い頃に身につけた技術や知識のこと。 また、それが衰えていないこと。 将来、昔取った杵柄だと言えるくらいに学びたいですね。 遼東の豕 遼東の豕(りょうとうのいのこ)とは、ごく当たり前のことを世間知らずが故に得意になること。 独りよがりのようす。 細工は流々仕上げを御覧じろ 細工は流々仕上げを御覧じろ(ざいくはりゅりゅしあげをごろうじろ)とは、十分に工夫をしているから仕上がりをまってから批判をしろという意味。 自分の仕事に自信があるから、途中で評価や批判をせずにまずはできるまで待てという自信を表すことわざです。 ポジティブで前向きなことわざ5. 幸運・チャンス ポジティブなことわざは、幸運やチャンスに対する気づきを与えてくれます。 ポジティブで前向きなことわざとして、幸運やチャンスに関することわざを24つご紹介します。 犬も歩けば棒に当たる 犬も歩けば棒に当たる(いぬもあるけばぼうにあたる)とは、元来犬が歩いていたら人に棒で叩かれてしまうことから、何かと災難似合うことを意味していましたが、現在では、逆に意味になり行動をすれば幸運にめぐりあうこととして使われています。 笑う門には福来る 笑う門には福来る(わらうかどにはふくきたる)とは、笑顔で過ごしていれば幸運が訪れるという意味のことわざです。 地獄で仏 地獄で仏(じごくでほとけ)とは、地獄のような過酷な状況で仏様のような救世主にめぐりあうことを意味します。 怪我の功名 怪我の功名(けがのこうみょう)とは、失敗したことが思わぬ良い結果をもたらすという意味のことわざです。 果報は寝て待て 果報は寝て待て(かほうはねてまて)とは、人間のちからでは運はどうにもできないので焦らず時期を待つのが良いという教訓です。 追い風に帆を上げる 追い風に帆を上げる(おいかぜにほをあげる)とは、勢いの乗って実力を思う存分発揮するさま。 モノゴトが順調に進んでいる様子。 棚からぼた餅 棚からぼた餅(たなからぼたもち)とは、苦労せずして思いがけない幸運を手に入れること。 盆と正月が一緒に来たよう 盆と正月が一緒に来たよう(ぼんとしょうがつがいっしょにきたよう )とは、非常に忙しい様子。 良いことと悪いことが重なること。 お盆休みと正月休みが重なったら休み減るじゃん!(サラリーマン) 寝耳へ小判 寝耳へ小判(ねみみへこばん)とは、思いがけない幸運を意味することわざです。 残り物には福がある 残り物には福がある(のこりものにはふくがある)とは、誰かが取り残したものの中には思いがけない価値のあるものがあるという意味。 他人との競争で消耗せず、マイペースに後を追って福を得よう。 待てば海路の日和あり 待てば海路の日和あり(まてばかいろのひよりあり)とは、待っていれば穏やかな海の良い日がやってくるという意味。 出船に船頭待たず 出船に船頭待たず(でぶねにせんどうまたず)とは、出向する時良い風が来たら船頭を待っていられないということから転じて、チャンスが来たら直ちに行動を起こすこと。 取り残された船頭になるのは避けたいところ。 チャンスは逃すな。 鴨が葱を背負って来る 鴨が葱を背負って来る(かもがねぎをしょってくる)とは、カモの肉にネギまでついてきてすぐに鴨鍋ができることから、都合が良いこと。 有卦に入る 有卦に入る(うけにはいる)とは、ラッキーに恵まれ良いことが続くこと。 有卦とは陰陽道でいい運勢の年回りのことを意味します。 スーパーラッキータイム! 窮すれば通ず 窮すれば通ず(きゅうすればつうず)とは、最悪の窮地に立たされた時に案外活路がみいだせるということ。 物には時節 物には時節(ものにはじせつ)とは、どんなことにも時期というものがあり、時期がはずれていれば上手くいかないという意味。 運根鈍 運根鈍(うんこんどん)とは、成功するために必要なものは、幸運と根気と、鈍いくらいの粘り強さであるという意味のことわざです。 俎上の魚 俎上の魚(そじょうのうお)とは、生殺与奪の権を奪われ相手に身を任せるしかない運命のこと。 まないたの鯉と同じ意味ですね。 奇貨居くべし 奇貨居くべし(きかおくべし)とは、珍しいものをとっておけば後で大きな利益になることをたとえて、良いチャンスは逃さずにしっかりと掴み利用しなくてはいけないというおしえ。 笑って損したものなし 笑って損したものなし(わらってそんしたものなし)とは、いつも笑顔ですごしていれば幸運が訪れるということ。 得手に帆を揚げる 得手に帆を揚げる(えてにほをあげる)とは、絶好のチャンスが訪れた時にはりきって行動すること。 渡りに船 渡りに船(わたりにふね)とは、河を渡ろうとした時に舟がちょうどある様子。 必要なものや欲しいものが都合良く揃うこと。 禍いも幸いの端となる 禍いも幸いの端となる(わざわいいもさいわいのはしとなる)とは、悪いことも時には幸運を招くヒントになるかもしれないということ。 好機逸すべからず 好機逸すべからず(こうきいっすべからず)とは、チャンスは逃してはいけないというおしえ。 ポジティブで前向きなことわざを座右の銘にしよう 今回は84つのことわざを、5つの視点でまとめてご紹介しました。 お気に入りのことわざを座右の銘にすることで、あなたの心は今までよりも少しだけ強くなり人生を前向きに楽しく過ごすことができるようになります。

次の