サカナクション 曲。 【サカナクション】ファンが選ぶ、聞くべきサカナクションの名曲11曲をご紹介!

サカナクション

サカナクション 曲

若者を中心に人気を集めているロックバンド 「サカナクション」。 数年前人気に火がつき、メジャーデビュー以来数々のヒット曲を生み出しています。 サカナクションが製作する楽曲の特徴は、完成度の高さと独特な世界観を発揮する歌詞やメロディ。 技術力の高さに裏付けされた楽曲のレベルの高さは、ファンだけでなく他のアーティストからも折り紙付きで、日々人々を魅了し続けています。 また映画・CMソングとしての起用も多いので、若者だけに限らず知名度も高いです。 そんなサカナクションの楽曲のなかで、 盛り上がる定番曲やおすすめアルバム曲を紹介します。 サカナクションを聴いたことがない人も、ぜひチェックしてみてください。 サカナクションとは 「サカナクション」とは2005年に結成されたロックバンドです。 ボーカル・ギターを担当する山口一郎、高校の同級生でギターの岩寺基晴、音楽仲間であったベースの草刈愛美、仕事の同僚であったキーボードの岡崎英実、知人の知り合いであったドラムスの江島啓一の男女5人のメンバーで構成されています。 2007年にメジャーデビューし、数々のヒット曲を生み続けています。 比較的スタンダードな楽器を使用してはいるものの、確かな技術力と最先端の音を取り入れ、 常に進化を続けているのが特徴です。 またバンド名の「サカナクション」は 「魚」と「アクション」を混合した造語で、変化を恐れない彼らの思いが込められています。 そんな彼らの想いが体現された楽曲の数々を紹介します。 思わず体が動く!? ライブで盛り上がり必須の曲 ヒット曲が多いサカナクションですが、そのなかでもライブ映えするような 「盛り上がり必須の曲」が多数存在します。 ダンスにぴったりの楽曲が多いので、ライブでの盛り上がりはひとしおです。 また今回ご紹介する曲は、カラオケでもよく歌われるナンバーなので、ぜひ聴いてみてください。 新宝島 次とその次とその次と線を引き続けた 次の目的地を描くんだ宝島 このまま君を連れて行くと 丁寧に描くと 揺れたり震えたりした線で 丁寧に描く と決めていたよ 2015年にリリースされた楽曲「新宝島」。 原作漫画・アニメで人気を博した『バクマン。 』の映画版主題歌に起用されており、人気を集めた1曲です。 一度聴くと耳から離れないイントロが特徴のおすすめのナンバーです。 新鮮なサウンドが目立つサカナクションにしては、異色のレトロ感が漂っていますが、そのギャップがファンの人気を集めています。 ポップでキャッチーな歌詞がアニメらしい1曲。 アイデンティティ 取りこぼした十代の思い出とか掘り起こして気づいた これが純粋な自分らしさと気づいた どうして時が経って 時が経って そう僕は気がついたんだろう? どうして見えなかった自分らしさってやつが解りはじめた どうしても叫びたくて 叫びたくて 僕は泣いているんだよ どうしても気づきたいて 僕は泣いているんだよ 2010年にリリースされた楽曲「アイデンティティ」。 リリース当時から大変な人気を集めてたので、 「アイデンティティが生まれない」というフレーズを聞いたことのある方も多いのではないでしょうか? ライブでは定番の1曲で、映画の主題歌としても起用されました。 サカナクションの代表曲のひとつといえる楽曲で、幅広い層からの支持を集めています。 アルクアラウンド 悩んで僕らはまた知らない場所を知るようになる 疲れを忘れて この地で この地で 今始まる意味を探し求め また歩き始める 2010年にリリースされた楽曲「アルクアラウンド」。 疾走感溢れるサウンドが魅力で、サカナクションの世界観を楽しめる MVは必見です。 また、詩的な歌詞とリフレインされたフレーズが際立っており、独特の世界観を楽しむことができます。 夜の踊り子 行けるよ 行けるよ 遠くへ行こうとしてる イメージしよう イメージしよう 自分が思うほうへ 雨になって何分か後に行く 今泣いて何分か後に行く 今泣いて何分か後の自分 今泣いて何分か後に言う 今泣いて何年か後の自分 笑っていたいだろう 2012年にリリースされた7thシングル曲「夜の踊り子」。 サカナクションを代表するヒットナンバーです。 サウンドの盛り上がりと、詩的で切なさを感じさせる歌詞とのギャップにも注目です。 多分、風 知らないあの子と自転車で すれ違ったその瞬間 風走らせたあの子にやや熱い視線 焦らせたその仕草に 風走らせたあの子にやや熱い視線 焦らせたこの季節に 連れて行かれたら 2016年にリリースされた楽曲「多分、風」。 複雑なリズム構成でありながら、 テンポやノリが良く思わず踊りだしたくなるような1曲です。 ライブでの披露も多く、ファンにとっては欠かせない楽曲といえるでしょう。 青春の甘酸っぱさを詰め込んだ、 サカナクションにはちょっと珍しいテイストのナンバーです。 言葉選びがハイセンス!歌詞に注目 サカナクションの特徴といえば、 個性的で独特の「言葉選び」です。 他には真似できない個性が発揮され、オリジナリティ溢れる世界観を持った楽曲の制作を可能にしています。 そのなかでもおすすめの曲を紹介します。 作り込まれた歌詞と、耳に馴染む心地の良いフレーズにご注目ください。 セントレイ 1000と0と線と点の裏 重なる世界 僕と君が繋がる世界 このままここに居て 何も変わらず 何も言わず さよなら世界 2008年にリリースされた楽曲「セントレイ」。 ポップな印象が強く、 シンセサイザーの音が全体を通して使われています。 一見すると 哀愁を漂わせるような歌詞ですが、その奥には前に進む力強さがあり、テンポの良さをさらに盛り上げています。 気になった方は、ぜひ通しで聴いてみてください。 エンドレス 誰かを笑う人の後ろにもそれを笑う人 それをまた笑う人 と悲しむ人 悲しくて泣く人の後ろにもそれを笑う人それをまた笑う人 と悲しむ人 2011年にリリースされた楽曲「エンドレス」。 5thアルバムに収録されており、リリース当初から人気を集めています。 歌詞は 人間の心理に深く切り込んだもので、サカナクションならではの言葉選びが光ります。 気づいてはいるけどなかなか口には出せない、そんなシーンをストレートに表現してしまう 圧倒的な言葉のパワーを感じることができます。 ナイトフィッシングイズグッド 去年と同じ服を着ていたら 去年と同じ僕がいた 後めたい嘘や悲しみで 汚れたシミもまだそのまま 2007年にリリースされた楽曲「ナイトフィッシングイズグッド」。 約6分とやや長めの曲で、 2つの曲の合体によって誕生しました。 サカナクション独自のサウンドが色濃く表れています。 このような独特の楽曲がきっかけで、サカナクションにハマる人も少なくはありません。 約2曲分が1曲に集約された世界観を、贅沢に味わい尽くしましょう。 グッドバイ どうだろう 僕には見ることができないありふれた幸せいくつあるだろう どうだろう 僕らが知ることのできないありふれた別れもいくつあるだろう グッドバイ世界から何を歌うだろう 2014年にリリースされた楽曲「グッドバイ」。 鮮烈なメロディラインに乗せた複雑な言葉の集まりが、若者の心をつかむポップソングです。 大人になりきれない若者の「どうだろう」という問いが、胸に刺さります。 人の心の中にある不安や焦りを、見事に表現した歌詞は圧巻のクオリティです。 目が明く藍色 制服の染みみたいな嘘をついて 泣いた 知りたいけど知りたくないことを知って 泣いた 藍色 いや青い色した ずれて重なる光 探して 探して 2010年にリリースされた楽曲「目が明く藍色」。 シングル曲ではありませんが、 約9年という年月をかけて作成された渾身の1曲です。 その制作エピソードからもファンの間で人気を集めています。 「知りたいけど知りたくないことを知って泣いた」という、子供から大人への転換期を表すような歌詞に、かつての青春を重ねる方も多いのではないでしょうか。 知る人ぞ知るアルバム曲!サカナクションの隠れた名曲 シングル曲はタイアップ起用がもっとも多いため、代表曲になる傾向があります。 しかし、アルバム収録曲のなかにも名曲がたくさんあります。 ひとつひとつクオリティにこだわって制作されたアルバム曲は、 シングル曲にも引けを取らない出来栄えです。 とくにこれだけは聴いてほしいオススメの隠れた名曲をピックアップしました。 代表曲は一通り聴き終えてしまったというあなたにおススメの、サカナクション珠玉のアルバム曲です。 雨は気まぐれ 雨は気まぐれ 心変わりはこの雨のせいだとして 雨は気まぐれな僕のようで、僕そのもののようだ 離れられない夜はすぐに過ぎて、すぐに過ぎ去っていくけど 疲れた心の糸を流す 糸を流す雨の川 2ndアルバムに収録された楽曲「雨は気まぐれ」。 サカナクションならではの独特の歌詞が光る1曲で、この曲からサカナクションの世界観にハマる人も少なくありません。 抽象的かつ象徴的な歌詞は、一体何を訴えかけているのかとつい頭を悩ませてしまう、 サカナクションワールド全開の人気ソングです。 インナーワールド 思い込んで合図した 指差す先はインナーワールド 噛み砕いて吐き出した 言葉は汗は月のよう 1stアルバムに収録された楽曲「インナーワールド」。 アルバム曲ではありますがライブでの披露も多く、ファン必聴の1曲です。 歌詞もサカナクションらしく、 人の内面の薄暗い部分について掘り下げられています。 白波トップウォーター スパンコールな波際で浮かび続けるんだフローター 上の空で漂う 誘惑 罠全てがぐるぐる回り続けているんだ 悲しい夜が明ける 1stアルバムに収録された楽曲「白波トップウォーター」。 シングル曲ではありませんがMVが制作されており、話題を呼んだナンバーです。 ポップさが目立つアニメーションと歌詞のリンクに注目です。 気になった方はぜひMVもチェックしてみてください。 フクロウ 旅立つ人の足跡で 映し出してくれ機械の音 思い出して最高の日を 戸惑うような坂道で かき消してしまう悲しい雨 薄い傘に涙の音 1stアルバムに収録された楽曲「フクロウ」。 メンバーの1人が「1番好きな曲」にあげるほど、魅力たっぷりなナンバーです。 ひたすら切ない歌詞が心に突き刺さります。 夜の東側 さよならする夜の東側 ゆっくり そう ゆっくり暮れる 隣り合わせの明日を待つだけ 頼りない僕は左に右に揺れる そうゆっくり揺れて 月と僕との秘密を話しておきたいんだ 1stアルバムに収録された楽曲「夜の東側」。 サカナクションらしい 文学的な言葉選び、比喩表現が面白い1曲です。 「月と僕との秘密を話しておきたいんだ」など詩的な表現が魅力的で、ファンからも高い人気を獲得しています。 中毒性高めな曲多し!聴けば聴くほどハマるサカナクションの楽曲 サカナクションはデビュー以来、人気曲ランキングや売り上げランキングなどのミュージックシーンで、高記録をあげているロックバンドです。 また、カラオケランキングでも上位にランクインしており、不動の人気を誇っています。 緻密に組み上げられた繊細な楽曲と、詩的で独特な雰囲気と味わいをそなえ持った歌詞は、真似できない力強い個性を放っています。 そして、新たな試みを取り入れ続ける姿勢にも、 音楽を進化させ続けるセンスと才能を感じさせます。 今回紹介していない「ネイティブダンサー」や「三日月サンセット」など、他にもおすすめの魅力的なナンバーが多数あります。 サカナクションの人気楽曲を一度に網羅したい!という方には、ベストアルバム「魚図鑑」がおすすめです。 近年の活躍がめざましいサカナクションの楽曲を、ぜひ聴いてください。 こだわりのMV、動画も必見です!.

次の

サカナクションのアルバム。ベストアルバム「魚図鑑」のニッチなおすすめ曲をファンが紹介

サカナクション 曲

このブログ記事が、もっとも万人受けする可能性のある 非常に練られた納得のランキングなのでオススメです。 それでは自分のランキングへ参ります。 先に断っておきます。 ほんとはベスト10にしたかったのですが… 10曲じゃ足りない(断言) そのため ベスト15にさせて頂きます。 いやでもさっき貼った記事だってベスト12にしてるから絶対選びきれなかったパターンでしょ…同志… 気を取り直して15位からスタート! 15位:『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。 』 同名の5thシングル、5thアルバム『DocumentaLy』収録 壁が鳴り痺れるチェロ すぐに忘れてしまうだろう まずは有名曲から。 自分がサカナを好きになったきっかけの曲です。 Mステで異様な存在感を放ってたなぁ… この曲から落ちたせいか、自分は サカナクションのコーラスに弱い と自信を持って言えます。 分厚いコーラスで盛り上げられるのは男女混成バンドの強みですよね。 (この女性コーラス良いなぁ…と思っていたら ギターの岩寺さんの裏声だったこともよくあります) 14位:ボイル 6thアルバム『sakanaction』収録 遠くに 遠くに 投げ捨てた夜の言葉よ 歌詞が書けなくてどうしようもなくなっている夜を歌った曲。 音数が少ない曲の始まりが、静かな夜をよく表現していると思います。 ピアノがまるで悩む一郎さんの繊細な感情のようで超好き。 それから、なんと言っても 息継ぎほぼ無しの怒涛のボーカルパート! あそこを歌いきったあとの一郎さんの 「ハッ」という吐息で恋に落ちたのは自分だけじゃないはず。 があるのですが、自分は こちらのショートバージョンのほうが好きです。 リアレンジでは後半で盛り上がりますが、この曲の 透明ではかない雰囲気は壊してほしくないんですよね…。 あと「 短い曲ほど歌詞が良い」ってのもサカナクションに関して言えると思います。 限られた音の空間に魂を込めている様が伝わってきます。 12位:years 5thシングル『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。 』、5thアルバム『DocumentaLy』収録 years この先に待ち受けてる時代の泥が years 僕らを染めてしまうかは分からないけど 変わらないことひとつはあるはずさ DocumentaLyで聞いていたときは、そんなに耳に残ることもなく、アルバム中の単なる1曲として消化されていました。 ですが、カップリング集に収録される記念に作られたこのMVを観て、 なんでこんな名曲を素通りしていたんだ…とその良さに愕然としました。 「僕たちは薄い布だ」 「この先に待ち受けてる時代のハサミは 多分この帆を切り刻みバラバラにするけど」 これらの詞にちりばめられた言葉を大胆に表現したミュージックビデオは本当に素晴らしい出来だと思います。 「時代」という珍しく大きなものを歌った、一郎さんの覚悟が伝わってくる一曲。 11位:ネイティブダンサー 3rdアルバム『シンシロ』収録 いつかあの空が僕を忘れたとして そのときはどこかに雪が降るのを待つさ これも名曲ですね。 冒頭のピアノからなぜこんなにも惹き込まれる曲を作れるのか… 他にも「染み付いた汚れ 落ちてしまえ」の" ぉおちてしまえ"って歌い方とか、「そう雪になって」と「そういう気になって」の 押韻とか、「僕はいたって最後方」の後ろに下がっていく感じとか、好きなポイントが有り過ぎる。。 もちろんこちらの特徴的なMVも、この曲とは切っては切り離せません。 この曲に限りませんが、サカナのMVは視覚的に非常に強いので、観ると 一気にその曲のイメージが固まってしまうのは難点かもしれませんね。 10位:mellow 6thアルバム『sakanaction』収録 まるで君は夜の海月 超チルい。 正直、「チルい」の意味がよく分かっていないけど、もしこの形容詞が当てはまる曲があるとしたらこの曲しかない!と思います。 前はそんなに好きってほどじゃなかったのですが、最近歳をとったせいか、こういったダウンテンポのゆ〜ったり揺れる感じの曲が刺さるようになってきました。 それこそ カラオケで揺れながら歌うと超気持ちいいんですよ、最近の発見です。 9位:夜の東側 1stアルバム『GO TO THE FUTURE』収録 さよならする夜の東側 この文章を読んでいる皆さんには一つだけでも覚えて帰ってほしい。 サカナは1stアルバム『GO TO THE FUTURE』こそ至高 だと。 いや『シンシロ』が名盤だとか『DocumentaLy』は最高傑作だとか各々言いたいことはあるでしょうが、わたしはあくまで1stを推します。 一つ一つの曲の強さで言えば他に軍配があがると思いますが、 アルバムとしてのまとまりは1stが一番好きです。 ロックとテクノミュージックの融合がサカナの代名詞ですが、初期はどちらかと言えばロック、それも 静かで簡素な音に寄った曲が多い印象があります。 そうした曲のひとつがこの「夜の東側」。 さすがに デビューアルバムのラストを飾るだけあって、風格のある名曲です。 「テレビの明かりだけで夜を読んでた」とか「立ち止まった夜に話しておこうか」など、独特の言い回しも最高。 夜に執着し続けるサカナクションの原点が詰まっています。 8位:enough 3rdアルバム『シンシロ』収録 たまに正直な君のことを想ってさ 話すようにするよ 直喩のまま 直喩のまま この曲を聴くときはいつも 部屋の電気を消し、真っ暗な状態で曲に浸ります。 …いつもってわけじゃありませんが、理想的には毎回そうしたいイメージの曲です。 「嘘です が嘘です」から始まる 文学的な歌詞に、初聴のひとを驚かせる 起伏に富んだ展開。 一郎さんの、そしてサカナクションのセンスと技巧を感じられる曲です。 「アンダーグラウンドとオーバーグラウンドを自由に行き来したい」 「メジャーシーンのなかで良い違和感を醸す存在でいたい」 大衆とコアの間での立ち位置をデビューから強く意識してきたサカナクションにとって、紅白は大きなチャンスであり、またチャレンジングな分岐点でもあったでしょう。 そんな大イベントのすぐあと、注目を浴びる中で発表した新曲がこの"ユリイカ"。 まずMVのクセがすごい。 並び立つ女性の裸体を東京の街並みに喩え、それを一郎さんが手でなぞっていく。 公開当時、純粋な中学生だった自分は単純に「いくら芸術とは言え、こんなことしてもいいんだ」と衝撃を受けたものです。 曲もどちらかと言えばコアな音楽聴き向けの、一般受けしなさそうな曲調。 紅白で新規ファンを一気に取り込むチャンスで、わざわざ ライト層を突き放して選別するようなこのような曲を公開するのがサカナクションです。 案の定それほど売上は良くなかったらしいですが、自分は本当に大好きな曲です。 まず 暗鬱さを抱えながらも滑るように進んでいくイントロが超好き。 サカナで特に好きな曲はだいたいイントロで勝負が決まっている感があります。 それから「いつ永遠終わるかな」といっているように聞こえるサビ。 実は「永遠」の部分は歌詞に無く、一郎さん自身も「yeah yeah」のつもりで歌っていたらしいのですが、ファンの解釈ツイートを見て「それ超良いね!歌詞変えようかな」となったそう。 (ガバガバかよ…でもそんなところも好き) 北海道出身のサカナクションには、メジャーデビューして移り住んだ 「東京」を歌った曲が幾つかあります。 (「仮面の街」「モノクロトーキョー」「表参道26時」など) その中でも、ユリイカはひときわお気に入りの曲です。 東京へ出かけたときには、電車に揺られビル群を眺めながら 必ず一度はこの曲を聴くようにしています。 同じような地方住みのサカナファンは多いはず。 6位:目が明く藍色 4thアルバム『KikUUiki』収録 制服の染みみたいな 嘘をついて泣いた 前述のハッシュタグ「サカナクションのこれ一曲」の、他でもない 一郎さん自身が選んだ一曲であり、15周年ライブの ファン投票で一位に輝いた曲。 つまり、サカナクションを歌う側も聞く側もいちばん大事にしている、 文句なしにこのバンドを象徴する曲であると言えるでしょう。 たしかに、個人的により好きな曲はありますが、「 サカナの中で後世に残す曲をひとつだけ選べ」と言われたらおそらく自分もこの曲を選ぶと思います。 この曲を完成させたとき、一郎さんは「 もう音楽をやめてもいい」とまで思ったそう。 そんなに凄い曲なの?とお思いの皆さん、まずは一度、最後までじっくり聴いてみて下さい。 自分にとってこの曲は、インターネット上の人間関係に疲れたり、他人の黒い感情を垣間見たりしたときに逃げ込む、安全シェルターような存在です。 この曲を聞けば、いくら他人に腹が立っても人間に絶望しても、割り切って自分が集中すべきことに目を向けることが出来ます。 「終わらせるひと」は誰でしょうか。 4位:スローモーション 4thシングル『ルーキー』、カップリング集『懐かしい月は新しい月』収録 淋しいのは雪から雨に変わったせいで 意味はないけど シングルのB面、カップリング曲で手を抜かないどころか 屈指の名曲を生み出してしまうのがサカナクション。 形容しにくい独特なイントロからの、冬の寒さと虚しさが伝わってくるAメロ。 後半から いい味を出すアコギも加わり、徐々に躍動的になっていきます。 からのカラオケで歌えない 超高音のサビ。 高すぎてライブでなかなか歌ってくれないのが悔やまれます。 そして間奏の轟音ギターからの ラスサビの盛り上がり。 「だんだん減る未来」というコーラスを間に挟んで更に盛り上げるのが最高に好き。 ここのコーラスはずるい。 カップリング集に入るタイミングでMVが作られ、B面として隠れた名曲がより多くの人の耳に届くのは本当に喜ばしいことなのですが、このMVは特に奇抜なので 出来ればまずは動画を見ないで聴いてほしいです。 自分の中でこの曲のイメージを十分に作り上げてからMVを観て、 存分に塗り替えられて下さい。 自分はそうでした。 3位:シーラカンスと僕 4thアルバム『kikUUiki』収録 曖昧な若さを 無理に丸め ゴミだとした どうか僕が僕のままあり続けられますように 上に書いたのは曲のラストの歌詞です。 自分はこの部分の詞が本当に、おそらくサカナクションの詞のなかで いちばん好きです。 アルバム限定曲なので今すぐ聴かせられないのが本当に残念ですが、この曲は深夜に自分を見つめて悩む若者を、都市を泳ぐシーラカンスに見立てて歌っています。 リバーブがふんだんにかかったボーカルは、深海の雰囲気を助長します。 一番うしろで小刻みに打つ乾いた ドラムは、水面からまばらに差す光でしょうか。 サビでは「青い目とウロコでうろうろする僕はシーラカンス」なんて、少し 気の抜けた洒落もあったりして。 そうしてたどり着く、最も盛り上がる曲の最後でこの歌詞です。 「どうか僕が僕のままあり続けられますように」という祈りは、 絶対に叶うことのない祈りなんですよね。 だって「曖昧な若さを無理に丸めゴミだとし」ているから。 自分でもう手放してしまっているんです。 それでも祈る。 祈るしかないんです。 決して叶わず、それでも切実に本気で祈っているからこそ、この祈りは尊いのだと私は思います。 2位:白波トップウォーター 1stアルバム『GO TO THE FUTURE』収録 通り過ぎて行く人が 立ち止まってる僕を見て 何も知らないくせに 笑うんだ 笑うんだ イントロが好き。 サカナクションの全ての曲の中で、というより今まで聞いてきた あらゆる曲のなかでもいちばん好きなのではないか、というくらい好き。 正直イントロが好きすぎて、あまり歌詞覚えてないし他の部分に対して語れませんが、とにかくイントロが好きです。 でもよく考えてみれば、イントロって歌が始まれば終わり、じゃなくて、その後も 曲のずっといちばん下で鳴り続けているんですよね。 だから全部好き、とも言えるかもしれない。 まぁとにかくイントロが大好き過ぎて、ここまで上り詰めた曲です。 以上 1位:ミュージック 8thシングル『ミュージック』、6thアルバム『sakanaction』収録 振り返った季節に立って 思い出せなくて嫌になって 文句なし、予定調和、何があろうと揺らぐことはない、僕がいちばんサカナクションで好きな曲は「ミュージック」です。 初披露のMステで初めて聞いて、いきなり刺さったわけではありませんでした。 それでも、なんと言ってもあの コーラスが入るラスサビでしょうか、その盛り上がり方にやられてみるみるうちに中毒になっていきました。 サカナクションの曲には総じて中毒性がありますが、この曲のそれは中でも群を抜いていると思います。 生活の端々で、とにかく"聞きたくなる"。 聞いている間ひとを虜にするのはありふれた名曲ですが、聞いていない間までこちらの心をひしと掴んで離さない曲はなんと形容すればいいのでしょう。 そして、そんな音楽の一線を越えた曲に冠された名が「ミュージック」。 この曲は、自分にとっての精神安定剤です。 「盛り上がりたいときに」「泣きたいときに」「昼どきの町を歩きながら」…ある曲を聞きたいと思うタイミングは曲ごとに違います。 しかし、この曲はいつどんなときでも聞ける。 聞きたくなるんです。 サカナクションに出会って、この曲に出会って以来、自分という存在の多くの部分はこの曲によってつくられています。 あまりに好きすぎて、20歳の誕生日を迎える瞬間、いてもたってもいられず家を飛び出し夜道を歩きながら、ラスサビで日付を跨ぐようにこの曲を再生しました。 「だらしなくて弱い僕だって歌い続ける」とこの曲は歌ってくれます。 だらしなくて弱い僕だって、これからもこの曲を聴き続けながら生きていくのでしょう。 生きていきます。

次の

【天才的な音楽性】出会えてよかった!サカナクションの人気曲特集 — News

サカナクション 曲

若者を中心に人気を集めているロックバンド 「サカナクション」。 数年前人気に火がつき、メジャーデビュー以来数々のヒット曲を生み出しています。 サカナクションが製作する楽曲の特徴は、完成度の高さと独特な世界観を発揮する歌詞やメロディ。 技術力の高さに裏付けされた楽曲のレベルの高さは、ファンだけでなく他のアーティストからも折り紙付きで、日々人々を魅了し続けています。 また映画・CMソングとしての起用も多いので、若者だけに限らず知名度も高いです。 そんなサカナクションの楽曲のなかで、 盛り上がる定番曲やおすすめアルバム曲を紹介します。 サカナクションを聴いたことがない人も、ぜひチェックしてみてください。 サカナクションとは 「サカナクション」とは2005年に結成されたロックバンドです。 ボーカル・ギターを担当する山口一郎、高校の同級生でギターの岩寺基晴、音楽仲間であったベースの草刈愛美、仕事の同僚であったキーボードの岡崎英実、知人の知り合いであったドラムスの江島啓一の男女5人のメンバーで構成されています。 2007年にメジャーデビューし、数々のヒット曲を生み続けています。 比較的スタンダードな楽器を使用してはいるものの、確かな技術力と最先端の音を取り入れ、 常に進化を続けているのが特徴です。 またバンド名の「サカナクション」は 「魚」と「アクション」を混合した造語で、変化を恐れない彼らの思いが込められています。 そんな彼らの想いが体現された楽曲の数々を紹介します。 思わず体が動く!? ライブで盛り上がり必須の曲 ヒット曲が多いサカナクションですが、そのなかでもライブ映えするような 「盛り上がり必須の曲」が多数存在します。 ダンスにぴったりの楽曲が多いので、ライブでの盛り上がりはひとしおです。 また今回ご紹介する曲は、カラオケでもよく歌われるナンバーなので、ぜひ聴いてみてください。 新宝島 次とその次とその次と線を引き続けた 次の目的地を描くんだ宝島 このまま君を連れて行くと 丁寧に描くと 揺れたり震えたりした線で 丁寧に描く と決めていたよ 2015年にリリースされた楽曲「新宝島」。 原作漫画・アニメで人気を博した『バクマン。 』の映画版主題歌に起用されており、人気を集めた1曲です。 一度聴くと耳から離れないイントロが特徴のおすすめのナンバーです。 新鮮なサウンドが目立つサカナクションにしては、異色のレトロ感が漂っていますが、そのギャップがファンの人気を集めています。 ポップでキャッチーな歌詞がアニメらしい1曲。 アイデンティティ 取りこぼした十代の思い出とか掘り起こして気づいた これが純粋な自分らしさと気づいた どうして時が経って 時が経って そう僕は気がついたんだろう? どうして見えなかった自分らしさってやつが解りはじめた どうしても叫びたくて 叫びたくて 僕は泣いているんだよ どうしても気づきたいて 僕は泣いているんだよ 2010年にリリースされた楽曲「アイデンティティ」。 リリース当時から大変な人気を集めてたので、 「アイデンティティが生まれない」というフレーズを聞いたことのある方も多いのではないでしょうか? ライブでは定番の1曲で、映画の主題歌としても起用されました。 サカナクションの代表曲のひとつといえる楽曲で、幅広い層からの支持を集めています。 アルクアラウンド 悩んで僕らはまた知らない場所を知るようになる 疲れを忘れて この地で この地で 今始まる意味を探し求め また歩き始める 2010年にリリースされた楽曲「アルクアラウンド」。 疾走感溢れるサウンドが魅力で、サカナクションの世界観を楽しめる MVは必見です。 また、詩的な歌詞とリフレインされたフレーズが際立っており、独特の世界観を楽しむことができます。 夜の踊り子 行けるよ 行けるよ 遠くへ行こうとしてる イメージしよう イメージしよう 自分が思うほうへ 雨になって何分か後に行く 今泣いて何分か後に行く 今泣いて何分か後の自分 今泣いて何分か後に言う 今泣いて何年か後の自分 笑っていたいだろう 2012年にリリースされた7thシングル曲「夜の踊り子」。 サカナクションを代表するヒットナンバーです。 サウンドの盛り上がりと、詩的で切なさを感じさせる歌詞とのギャップにも注目です。 多分、風 知らないあの子と自転車で すれ違ったその瞬間 風走らせたあの子にやや熱い視線 焦らせたその仕草に 風走らせたあの子にやや熱い視線 焦らせたこの季節に 連れて行かれたら 2016年にリリースされた楽曲「多分、風」。 複雑なリズム構成でありながら、 テンポやノリが良く思わず踊りだしたくなるような1曲です。 ライブでの披露も多く、ファンにとっては欠かせない楽曲といえるでしょう。 青春の甘酸っぱさを詰め込んだ、 サカナクションにはちょっと珍しいテイストのナンバーです。 言葉選びがハイセンス!歌詞に注目 サカナクションの特徴といえば、 個性的で独特の「言葉選び」です。 他には真似できない個性が発揮され、オリジナリティ溢れる世界観を持った楽曲の制作を可能にしています。 そのなかでもおすすめの曲を紹介します。 作り込まれた歌詞と、耳に馴染む心地の良いフレーズにご注目ください。 セントレイ 1000と0と線と点の裏 重なる世界 僕と君が繋がる世界 このままここに居て 何も変わらず 何も言わず さよなら世界 2008年にリリースされた楽曲「セントレイ」。 ポップな印象が強く、 シンセサイザーの音が全体を通して使われています。 一見すると 哀愁を漂わせるような歌詞ですが、その奥には前に進む力強さがあり、テンポの良さをさらに盛り上げています。 気になった方は、ぜひ通しで聴いてみてください。 エンドレス 誰かを笑う人の後ろにもそれを笑う人 それをまた笑う人 と悲しむ人 悲しくて泣く人の後ろにもそれを笑う人それをまた笑う人 と悲しむ人 2011年にリリースされた楽曲「エンドレス」。 5thアルバムに収録されており、リリース当初から人気を集めています。 歌詞は 人間の心理に深く切り込んだもので、サカナクションならではの言葉選びが光ります。 気づいてはいるけどなかなか口には出せない、そんなシーンをストレートに表現してしまう 圧倒的な言葉のパワーを感じることができます。 ナイトフィッシングイズグッド 去年と同じ服を着ていたら 去年と同じ僕がいた 後めたい嘘や悲しみで 汚れたシミもまだそのまま 2007年にリリースされた楽曲「ナイトフィッシングイズグッド」。 約6分とやや長めの曲で、 2つの曲の合体によって誕生しました。 サカナクション独自のサウンドが色濃く表れています。 このような独特の楽曲がきっかけで、サカナクションにハマる人も少なくはありません。 約2曲分が1曲に集約された世界観を、贅沢に味わい尽くしましょう。 グッドバイ どうだろう 僕には見ることができないありふれた幸せいくつあるだろう どうだろう 僕らが知ることのできないありふれた別れもいくつあるだろう グッドバイ世界から何を歌うだろう 2014年にリリースされた楽曲「グッドバイ」。 鮮烈なメロディラインに乗せた複雑な言葉の集まりが、若者の心をつかむポップソングです。 大人になりきれない若者の「どうだろう」という問いが、胸に刺さります。 人の心の中にある不安や焦りを、見事に表現した歌詞は圧巻のクオリティです。 目が明く藍色 制服の染みみたいな嘘をついて 泣いた 知りたいけど知りたくないことを知って 泣いた 藍色 いや青い色した ずれて重なる光 探して 探して 2010年にリリースされた楽曲「目が明く藍色」。 シングル曲ではありませんが、 約9年という年月をかけて作成された渾身の1曲です。 その制作エピソードからもファンの間で人気を集めています。 「知りたいけど知りたくないことを知って泣いた」という、子供から大人への転換期を表すような歌詞に、かつての青春を重ねる方も多いのではないでしょうか。 知る人ぞ知るアルバム曲!サカナクションの隠れた名曲 シングル曲はタイアップ起用がもっとも多いため、代表曲になる傾向があります。 しかし、アルバム収録曲のなかにも名曲がたくさんあります。 ひとつひとつクオリティにこだわって制作されたアルバム曲は、 シングル曲にも引けを取らない出来栄えです。 とくにこれだけは聴いてほしいオススメの隠れた名曲をピックアップしました。 代表曲は一通り聴き終えてしまったというあなたにおススメの、サカナクション珠玉のアルバム曲です。 雨は気まぐれ 雨は気まぐれ 心変わりはこの雨のせいだとして 雨は気まぐれな僕のようで、僕そのもののようだ 離れられない夜はすぐに過ぎて、すぐに過ぎ去っていくけど 疲れた心の糸を流す 糸を流す雨の川 2ndアルバムに収録された楽曲「雨は気まぐれ」。 サカナクションならではの独特の歌詞が光る1曲で、この曲からサカナクションの世界観にハマる人も少なくありません。 抽象的かつ象徴的な歌詞は、一体何を訴えかけているのかとつい頭を悩ませてしまう、 サカナクションワールド全開の人気ソングです。 インナーワールド 思い込んで合図した 指差す先はインナーワールド 噛み砕いて吐き出した 言葉は汗は月のよう 1stアルバムに収録された楽曲「インナーワールド」。 アルバム曲ではありますがライブでの披露も多く、ファン必聴の1曲です。 歌詞もサカナクションらしく、 人の内面の薄暗い部分について掘り下げられています。 白波トップウォーター スパンコールな波際で浮かび続けるんだフローター 上の空で漂う 誘惑 罠全てがぐるぐる回り続けているんだ 悲しい夜が明ける 1stアルバムに収録された楽曲「白波トップウォーター」。 シングル曲ではありませんがMVが制作されており、話題を呼んだナンバーです。 ポップさが目立つアニメーションと歌詞のリンクに注目です。 気になった方はぜひMVもチェックしてみてください。 フクロウ 旅立つ人の足跡で 映し出してくれ機械の音 思い出して最高の日を 戸惑うような坂道で かき消してしまう悲しい雨 薄い傘に涙の音 1stアルバムに収録された楽曲「フクロウ」。 メンバーの1人が「1番好きな曲」にあげるほど、魅力たっぷりなナンバーです。 ひたすら切ない歌詞が心に突き刺さります。 夜の東側 さよならする夜の東側 ゆっくり そう ゆっくり暮れる 隣り合わせの明日を待つだけ 頼りない僕は左に右に揺れる そうゆっくり揺れて 月と僕との秘密を話しておきたいんだ 1stアルバムに収録された楽曲「夜の東側」。 サカナクションらしい 文学的な言葉選び、比喩表現が面白い1曲です。 「月と僕との秘密を話しておきたいんだ」など詩的な表現が魅力的で、ファンからも高い人気を獲得しています。 中毒性高めな曲多し!聴けば聴くほどハマるサカナクションの楽曲 サカナクションはデビュー以来、人気曲ランキングや売り上げランキングなどのミュージックシーンで、高記録をあげているロックバンドです。 また、カラオケランキングでも上位にランクインしており、不動の人気を誇っています。 緻密に組み上げられた繊細な楽曲と、詩的で独特な雰囲気と味わいをそなえ持った歌詞は、真似できない力強い個性を放っています。 そして、新たな試みを取り入れ続ける姿勢にも、 音楽を進化させ続けるセンスと才能を感じさせます。 今回紹介していない「ネイティブダンサー」や「三日月サンセット」など、他にもおすすめの魅力的なナンバーが多数あります。 サカナクションの人気楽曲を一度に網羅したい!という方には、ベストアルバム「魚図鑑」がおすすめです。 近年の活躍がめざましいサカナクションの楽曲を、ぜひ聴いてください。 こだわりのMV、動画も必見です!.

次の