貸していただきありがとうございました。 見学会ご来場ありがとうございました

見学会ご来場ありがとうございました

貸していただきありがとうございました

より丁寧にお礼を述べるときには、「ご教示いただきありがとうございます」を使用します。 教えることをより丁寧にしたい場合、ご教示という敬語を使用します。 ビジネス会話では「教えていただき」でも問題ありませんが、ビジネスメールでの改まった場ではこちらを使用しましょう。 ビジネスメールは対面と異なり、言葉でのみ自分の気持ちを表現する必要があります。 よってなるべく丁寧な敬語を使い、自分の誠意を示す必要があります。 例えば、「早速ご教示いただきありがとうございます」、「ご多忙中ご教示いただきありがとうございます」と使用します。 教えていただきよりも丁寧で誠実な印象を与えますので、正式なビジネスの場ではこちらを使用しましょう。 お答えいただきありがとうございます 「お越しいただきありがとうございます」は、ビジネスシーンで客が自分の会社に来た時に使うことが多いです。 主に客が自社に来た時の挨拶やメールで使われます。 また、来たことに対するお礼のメールを送る場合は、過去形である「お越しいただきありがとうございました」を使うのが基本です。 例えば、「先日は弊社までお越しいただき、ありがとうございました」と使用します。 こちらはよく使われるフレーズですので、覚えておきましょう。 「お忙しい中お越しいただき」もよく使われます。 客が来た時の挨拶としてよく、「本日はお忙しい中お越しいただきありがとうございます」を使用します。 遠方から来た客に対しては、「遠路はるばるお越しいただきありがとうございます」がふさわしいです。 「お・ご〇〇いただく」のフレーズを覚えよう!.

次の

敬語の使い方

貸していただきありがとうございました

すると「お貸しいただきありがとうございます」の意味は… 「貸してもらい、ありがとう」となります。 のように解釈できます。 敬語の種類 つづいて「お貸しいただきありがとうございます」の敬語の種類について。 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「お貸しいただきありがとうございます」の敬語 繰り返しにはなりますが「お貸しいただきありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語 「貸す」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」で 「お貸しいただく」• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「貸す」に謙譲語「お・ご」で 「お貸し」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「お貸しいただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 会議日程の ご連絡• 忘年会開催の お知らせ• 販売状況の ご報告• 転勤の ご挨拶• 貴社ご訪問の お願い こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お(ご)」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お(ご)」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お(ご)」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 いっぽうで尊敬語の「お(ご)」は、「部長が お戻りになりました」などのようにして、相手の行為をうやまって使う敬語です。 お(ご)〜する お(ご)〜します• お(ご)〜いたす お(ご)〜いたします• お(ご)〜いただく お(ご)〜いただきます• お(ご)〜差し上げる お(ご)〜差し上げます• お(ご)〜申し上げる お(ご)〜申し上げます• たとえば「了承」「教示」「承諾」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。 私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。 使い方 つづいて「お貸しいただきありがとうございます」の使い方について。 お礼ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 例文「お貸し いただきましてありがとうございます」 とするとなお丁寧な敬語になります。 まぁ「お貸しありがとうございます」だけでも十分ではありますが…丁重なメールに仕上げたいときにどうぞ。 とくに上司・目上や取引先にいちじるしく負担をかけたときには以下の例文をつかうと好感度UP。 たとえば、• お貸し+恐縮(申し訳なく思うこと) 「お貸しいただき誠に恐縮です」 「お貸しいただきまして誠に恐縮でございます」 「お貸しくださいまして誠に恐縮でございます」• お貸し+恐れ入る(申し訳なく思う) 「お貸しいただき大変恐れ入ります」 「お貸しいただきまして誠に恐れ入ります」 「お貸しくださいまして誠に恐れ入ります」 こんな感じでつかうと丁寧なビジネスメールになります。 他にもある丁寧な「お貸し」の例文 あとは「ありがとう」だけでなく「感謝申し上げます」「深謝いたしております」などとしても丁寧です。 お礼の敬語フレーズは本当にいろいろありますが、代表的な例文だけを紹介しておきます。 例文「お貸し頂き感謝申し上げます」• 例文「お貸し頂きお礼申し上げます」• 「お貸し」の前置きにはそえるクッション言葉や、相手を気づかうフレーズをもってくるとなお丁寧です。 たとえば「ご多忙にも関わらず」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずお貸しいただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずお貸しいただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずお貸し〜」• 目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 (株)転職・ノマドでございます このたびはご融資いただき誠にありがとうございます。 お貸しくださった100億円は、大切にギャンブルに使わせていただきます。 今後とも何卒よろしくお願い致します。 略儀ながら、お礼かたがたご挨拶申し上げます。 さて首記の件、総務部のプロジェクターが足りておらず、宜しければ貴部署のプロジェクターを拝借したく存じます。 大変恐縮ではございますが、4月10日13:00-17:00でお貸しいただけますでしょうか。 ご確認いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 使い方に迷ったときのご参考にどうぞ。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずお貸しいただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずお貸しいただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずお貸し〜」• 「 お貸しいただきありがとうございます」と似たような表現には 「 お貸しくださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認。 お貸しいただきありがとうございます 意味は「貸して もらいありがとう」 敬語は「~して もらう」の 謙譲語「お(ご)~いただく」を使用。 お貸しくださいましてありがとうございます 意味は「貸して くれてありがとう」 敬語は「~して くれる」の 尊敬語「お(ご)~くださる」を使用。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「お貸しいただく=貸していただく」なのか「お貸しくださる=貸してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 お貸しいただきありがとうございます」「 お貸しくださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご了承 くださいますようお願い致します」 「ご了承 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご利用 くださりありがとうございます」 「 ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。

次の

見学会ありがとうございました

貸していただきありがとうございました

この記事の目次• お力添えいただきありがとうございます の意味 「お力添えいただきありがとうございます」は「力を貸してもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 すると意味は「力を貸してもらい~」と解釈できます。 「ご連絡いただく=連絡してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「お力添え」の「お(ご)」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 力添え = 力を貸すこと、手助けすること• すると「お力添えいただきありがとうございます」の意味は… 「力を貸してもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 「お力添えいただきありがとうございます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「お力添えいただきありがとうございます」の敬語 繰り返しにはなりますが「お力添えいただきありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「力添え」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「力添え」に謙譲語「お・ご」で 「お力添え」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「お力添えいただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ややこしければ「お・ご〜いただく」セットで謙譲語と覚える 謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「了承」「連絡」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 お力添えいただきありがとうございます の使い方 つづいて「お力添えいただきありがとうございます」の使い方について。 ビジネスシーンではとくに、お願いメールにたいして返信がきたときのお礼として「返信の返信メール」に使います。 書き出しのお礼に使うとよいでしょう。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「お礼ビジネスメール」 「お力添えいただきありがとうございます」はお礼ビジネスメールに使います。 とくに目上や上司・取引先から何かしら手伝ってもらった、協力してもらったときのお礼メールに使います。 具体的にはたとえば、上司に昇進試験についていろいろとアドバイスをもらったとき。 -ビジネスメール例文- お疲れ様です。 このたびは小職の昇進試験に際して お力添えいただき誠にありがとうございました。 改めまして感謝申し上げます。 (中略) 大変略儀ではございますが、まずはメールをもちましてお礼ならびにご報告申し上げます。 のようにしてビジネスメールに使うとよいでしょう。 あるいは 「お力添えくださり、ありがとうございます」としてもOK。 あるいは単に「お力添えありがとうございます」としてもまぁ問題はありません。 結論としてはどれを使っても丁寧な敬語です。 「お力添えくださいまして~」の「ください」は「くれる」の尊敬語「くださる」を使っています。 どちらを使っても結局は同じことを述べています。 「お力添えいただき vs お力添えくださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 「 お力添えいただきありがとうございます」と似たような表現には 「 お力添えくださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくお力添え。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形• 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「お力添えいただく=力を貸していただく」なのか「お力添えくださる=力を貸してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 お力添えいただきありがとうございます」「 お力添えくださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 「お力添え」のいろいろな使い方・例文 あとは「お力添えいただきありがとうございます」だけでなく、いろいろ使える「お力添え」の例文を紹介しておきます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 依頼・お願いビジネスメール結びに使う「お力添え」 お礼シーンだけじゃない「お力添え」の使い方。 おもに問い合わせや質問・仕事のお願い・依頼をともなうビジネスメール結び締めとして使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「お力添えくださいますようお願い申し上げます」 意味は「力を貸してくれるようお願いします」• 例文「お力添えのほどお願い申し上げます」 意味は「力を貸してくれるよう、どうかお願いします」• 例文「お力添えいただければ幸いです」 意味は「力を貸してもらえたら嬉しいです」• 例文「お力添えいただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「力を貸してもらいたいと思います」• 例文「お力添えいただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「力を貸してもらえたらと思います」 のようにして質問すると丁寧です。 「お力添えいただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするに「力を貸してね!よろしく」という意味なのです。 ほかにも色々ある「お力添え」の例文 敬語の種類というのは本当にいろいろあります。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「お力添えくださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! 「お力添え」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがお力添え〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがお力添え〜」 「たびたび恐縮ではございますがお力添え〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがお力添え〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがお力添え〜」 「たびたび恐れ入りますがお力添え〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがお力添え〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがお力添え〜」•

次の