りう くん。 クーゲルのギア構成・ギア考察

Xパワー2900を記録したプレーヤーまとめ【スプラトゥーン2】

りう くん

苔の無断採取は違法です。 採取する際には管理機関・地権者等の許可を得てから行ってください。 また天然苔の過度の採取・乱獲は止めましょう。 天然の苔を採取場合は袋の中に入れて密閉します。 そして 24時間、直射日光の当たらない場所に置いておきましょう。 こうしておくことで、虫がいた場合にも環境変化に這い出してきます。 殺虫剤の使用に抵抗がなければ、 ビニール袋の内側に少量吹きかけてから苔を入れておくと効果的です。 苔を丁寧に洗う 自生している苔には虫や虫の卵がくっついている場合があります。 肉眼で確認できるものは全て取り除きます。 その後は丁寧に水で洗い、 最後は流水で表面を流します。 こうすることで、苔の表面についた汚れや土がキレイになります。 一応、私が100均以外で苔用の用土を作る時の割合もご紹介しますね。 基本の配合は 赤玉土:川砂=7:3です。 私はそれに赤玉土:川砂:くん炭=6:2:1にしたものをよく使用します。 くん炭はカビ対策や土臭さを緩和してくれる効果があります。 苔は根から栄養を吸収しないから、排水性と保水性のバランスがよい土を選びます。 苔によっては乾燥気味のものがよかったり水浸しくらいな方がいいものもあります。 それぞれの苔の種類による管理は以下の苔図鑑から詳細をチェックしてください。 ガラス容器• ミズゴケ• ピンセット• ミニスコップ• 接着剤(ミニチュア用) 全て、セリアで揃えたものです。 今回使用する苔はこちら ビロードのような柔らかい見た目と質感の山苔「 ホソバオキナゴケ」と、 雪の結晶を思わせる繊細な三角形の葉が特徴の「 シノブゴケ」をメインに使います。 使用するミニチュアはこちら 苔テラリウムのイメージに合うようなミニチュアやフィギュアを選びましょう。 ジオラマを先に決めてから苔テラリウムのデザインを考えるのもよしです。 100均にもミニチュアやフィギュアはありますが、いまいちサイズが合わないかもしれません。 これは土台になる上に、 排水と通気のためです。 石は最終的に苔の高さがどこまでになるかをあらかじめ頭に入れながら量を決めていきます。 くん炭をパラパラと石の上にまく くん炭は100均か、ホームセンターで販売しています。 もみ殻を炭にしたもので、 土の保水性と通気性をよくします。 下石の上に撒くことで、苔特有の土臭さを和らげる効果があります。 土に混ぜてもOKです。 炭を削り、その粉末もくん炭の代用になります。 ろ過材(ミズコケ)を薄く敷く ミズコケを入れておくことで 、一番下に敷いた石に土が落ちるのを予防できます。 水で軽く濡らしたミズコケをぎゅっと絞ります。 それをほぐして、ピンセットで石の上に敷き詰めればOKです。 土を用意しよう 上記したように、苔に使う土の基本は 赤玉土:川砂=7:3でOKです。 漏斗を使って瓶にサラサラと入れてもOKですが、今回は高低差をボトルの中で表現したかったので、先に少し湿らせて使います。 また高低差を出す時に ケト土を少し混ぜると粘土のように扱いやすくなります。 ガラス容器に土を入れる 苔テラリウムに土を入れていきます。 中央に小山を作る要領で入れて行き、編み棒の裏で土を平に均していきます。 この時点では高低差は作りません。 次に高低差を作りたいので必要な場所にさらに土を盛っていきます。 編み棒の裏で馴染ませたら、いよいよ苔を入れる番です。 苔の厚みを調整します シノブゴケのように平たく覆土していく性質のものはいいのですが、ホソバオキナゴケのようにコロニーを形成して厚みを出していく苔の場合、苔を置く場所によっては厚みを調整してあげる必要があります。 苔をひっくり返した時に茶色く変色している部分は ハサミでカットしてOKです。 ちょうどよい厚さになったらメインとなる苔から先にボトルに入れていきます。 両サイドにシノブゴケをピンセットで入れていく 小さなテラリウムの中に高低差を付けると、 立体感が出て面白い空間になります。 今回はシノブゴケのボリュームをサイドに使いました。 苔を入れたら綿棒でガラスについた土をオフします。 ジオラマフィギュアを差し込む ジオラマを入れる前に比べて、ぐっと苔の魅力が引き立ち、そこに世界観が生まれました。 楽しいので色んなフィギュアを入れたくなってしまいます。 こちらがミニチュアを入れる前の苔テラリウム。 背景にはシノブゴケをたっぷり使い、高さをオン。 ちなみに瓶の大きさはこれくらいです。 苔テラリウムの作り方・まとめ いかがですか? 苔テラリウムの魅力が伝わりましたでしょうか? 苔テラリウムの管理方法については別記事にまとめます。 管理も本当に簡単です。 個性的なプレゼントとしてもおすすめの苔テラリウム。 ぜひ、 あなただけのオリジナルを作ってみませんか?.

次の

100均グッズでOK!おしゃれな苔テラリウムの作り方♪

りう くん

クーゲルヒューのサブ(ビーコン)について説明してください ビーコンは結構クーゲルにかみ合ってると思います。 無印持っていた時、抑えの最初のあたりとかあまりやることがなかったので。 これから抑えるぞっていう時に、ビーコンを色々なところに置いておいて味方の復帰を助けられるのは、地味に大きいですね。 相手が打開をスタートするまでに、スペシャルを貯める為の時間があるので、その間に3つ置くようにしています。 置く場所も出来るだけ間隔をかえて、左右真ん中と置くことが多いですね。 一つの場所に集中しておくと、一気に破壊されてしまうので、左右に散らばるように設置しています。 相手の打開タイミングをきちんと把握しておかないと、インクがかつかつになってしまうので 相手が打開に来る前には全部置き切っておきたいですね。 相手が打開してきそうな時に、どうしてもビーコンを置きたいと思う時は ビーコン設置してアメフラシして、インク回復して抑えにはいる、ということもあります。 クーゲルヒューのスペシャル(アメフラシ)について説明してください アメフラシは自分が動かなくてもいいのが強いですね。 投げるだけで発動してくれるので。 クーゲルはメインが強いのでかみ合っているなと思います。 抑えの時 抑えの時は、自分の位置から見て敵が多そうな場所、もしくは味方がここで抑えるんだろうなっていう場所の足場作りに使いますね。 後は、相手の打開ルートに投げること、そして塗りあいの時に投げる感じです。 アメフラシって、敵のを浴び続けるとすぐ死ぬので、敵を一時的にどかすには最適です。 今230塗りポイントなのですが、これでも結構たまりやすいので、抑えの時にも打開の時にも1発ずつは使えますね。 打開の時 打開の時は、ほぼほぼエリアの方向に向かって投げます。 エリアの近辺で、敵が多い方向に向かって投げたりしています。 あと、 味方の前線がここから打開をスタートしたいんだろうなっていう場所にむかってなげたりもしますね。 均衡時 盤面が動くときに使うので、均衡時にはあまりぽいぽい使わないですね。 230ポイントだと、さすがに即座に溜まるっていうわけではないので 打開と抑え、あとはどうしてもどかしたいプレイヤーがいる時になげてます。 りうくん(クーゲル)のインタビューは4ページ構成です。 1. 2. 3.クゲヒューのサブ(ビーコン)・スペシャル(アメフラシ)について りうくん(クーゲル) 4. -, ,.

次の

個性派チームインタビュー!「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」オフライン選考会レポート②

りう くん

苔の無断採取は違法です。 採取する際には管理機関・地権者等の許可を得てから行ってください。 また天然苔の過度の採取・乱獲は止めましょう。 天然の苔を採取場合は袋の中に入れて密閉します。 そして 24時間、直射日光の当たらない場所に置いておきましょう。 こうしておくことで、虫がいた場合にも環境変化に這い出してきます。 殺虫剤の使用に抵抗がなければ、 ビニール袋の内側に少量吹きかけてから苔を入れておくと効果的です。 苔を丁寧に洗う 自生している苔には虫や虫の卵がくっついている場合があります。 肉眼で確認できるものは全て取り除きます。 その後は丁寧に水で洗い、 最後は流水で表面を流します。 こうすることで、苔の表面についた汚れや土がキレイになります。 一応、私が100均以外で苔用の用土を作る時の割合もご紹介しますね。 基本の配合は 赤玉土:川砂=7:3です。 私はそれに赤玉土:川砂:くん炭=6:2:1にしたものをよく使用します。 くん炭はカビ対策や土臭さを緩和してくれる効果があります。 苔は根から栄養を吸収しないから、排水性と保水性のバランスがよい土を選びます。 苔によっては乾燥気味のものがよかったり水浸しくらいな方がいいものもあります。 それぞれの苔の種類による管理は以下の苔図鑑から詳細をチェックしてください。 ガラス容器• ミズゴケ• ピンセット• ミニスコップ• 接着剤(ミニチュア用) 全て、セリアで揃えたものです。 今回使用する苔はこちら ビロードのような柔らかい見た目と質感の山苔「 ホソバオキナゴケ」と、 雪の結晶を思わせる繊細な三角形の葉が特徴の「 シノブゴケ」をメインに使います。 使用するミニチュアはこちら 苔テラリウムのイメージに合うようなミニチュアやフィギュアを選びましょう。 ジオラマを先に決めてから苔テラリウムのデザインを考えるのもよしです。 100均にもミニチュアやフィギュアはありますが、いまいちサイズが合わないかもしれません。 これは土台になる上に、 排水と通気のためです。 石は最終的に苔の高さがどこまでになるかをあらかじめ頭に入れながら量を決めていきます。 くん炭をパラパラと石の上にまく くん炭は100均か、ホームセンターで販売しています。 もみ殻を炭にしたもので、 土の保水性と通気性をよくします。 下石の上に撒くことで、苔特有の土臭さを和らげる効果があります。 土に混ぜてもOKです。 炭を削り、その粉末もくん炭の代用になります。 ろ過材(ミズコケ)を薄く敷く ミズコケを入れておくことで 、一番下に敷いた石に土が落ちるのを予防できます。 水で軽く濡らしたミズコケをぎゅっと絞ります。 それをほぐして、ピンセットで石の上に敷き詰めればOKです。 土を用意しよう 上記したように、苔に使う土の基本は 赤玉土:川砂=7:3でOKです。 漏斗を使って瓶にサラサラと入れてもOKですが、今回は高低差をボトルの中で表現したかったので、先に少し湿らせて使います。 また高低差を出す時に ケト土を少し混ぜると粘土のように扱いやすくなります。 ガラス容器に土を入れる 苔テラリウムに土を入れていきます。 中央に小山を作る要領で入れて行き、編み棒の裏で土を平に均していきます。 この時点では高低差は作りません。 次に高低差を作りたいので必要な場所にさらに土を盛っていきます。 編み棒の裏で馴染ませたら、いよいよ苔を入れる番です。 苔の厚みを調整します シノブゴケのように平たく覆土していく性質のものはいいのですが、ホソバオキナゴケのようにコロニーを形成して厚みを出していく苔の場合、苔を置く場所によっては厚みを調整してあげる必要があります。 苔をひっくり返した時に茶色く変色している部分は ハサミでカットしてOKです。 ちょうどよい厚さになったらメインとなる苔から先にボトルに入れていきます。 両サイドにシノブゴケをピンセットで入れていく 小さなテラリウムの中に高低差を付けると、 立体感が出て面白い空間になります。 今回はシノブゴケのボリュームをサイドに使いました。 苔を入れたら綿棒でガラスについた土をオフします。 ジオラマフィギュアを差し込む ジオラマを入れる前に比べて、ぐっと苔の魅力が引き立ち、そこに世界観が生まれました。 楽しいので色んなフィギュアを入れたくなってしまいます。 こちらがミニチュアを入れる前の苔テラリウム。 背景にはシノブゴケをたっぷり使い、高さをオン。 ちなみに瓶の大きさはこれくらいです。 苔テラリウムの作り方・まとめ いかがですか? 苔テラリウムの魅力が伝わりましたでしょうか? 苔テラリウムの管理方法については別記事にまとめます。 管理も本当に簡単です。 個性的なプレゼントとしてもおすすめの苔テラリウム。 ぜひ、 あなただけのオリジナルを作ってみませんか?.

次の