まさか 偶然。 日向坂46『まさか 偶然…』の歌詞の意味を解釈

「まさか 偶然…」は、富田鈴花と松田好花の努力が報われた証に

まさか 偶然

どうも。 せふぃるです。 いやあ、つい最近買った情報商材があって、 私が最初に買った情報商材を勧めたネットビジネスの先輩がいるんですが、 その人づてに、高額商材にもかかわらず、偶然同じ日に購入された人が いたらしいんですよ。 まさかの偶然に遭遇した事実を知った時、とても衝撃を受けましたね笑 なにか、運命めいたものも感じました。 たまたま買った日付が被っただけなんですけどね。 その人はブログを書き始めたばかりだったんですが、 紹介してくれた先輩の勧めで見せてもらうと、 自分より、 見やすい部分がちょくちょくある・・・ おお!この機能はまだ自分も使ってないなという発見もありました。 ネットビジネスにおいて、他人と自分を比較しまくって、 相手より稼ぐぞ!!っていう考えは、NGで、 自分をいかにして超えられるか?の戦いだって先輩に教わりました。 よく他人と比較してしまうという、 自分の悪い癖もあるので気を付けたい部分でもありますね。 これも何かの縁かな?と思い、これからたまーにその人のブログを 覗きに行ってみようかあと思いましたね。 ちょくちょく見に行っていたら、時間ももったいないし モチベーションの維持や、そんなことする暇あったら 稼ぐ仕組みをどんどん作ってしまえというかんじです。 笑 でも、ほどほどなら近況を知るというのは、 いささか悪いことでもない気がしますね。 ちなみに、買った商材がですね、 前回の記事でも言ったかもしれませんが、 外注をメインに教えている情報商材になりますね。 ちょうどその人も、外注さんを雇おうと考えていたらしいんですよね。 お互い応募が来たので、進行ペースとしては順調です。 その人も、ネットビジネスが上手く行くことを願いつつ、 今回はこの辺で終わりたいと思います。 それでは、失礼します。

次の

”まさか 偶然...” by 日向坂46

まさか 偶然

3rdシングル収録『まさか 偶然…』を歌うのは富田鈴花さんと松田好花さん。 アニメーションのエンディングを思わせるようなサウンドの『まさか 偶然…』。 この曲を歌うのは富田鈴花さんと松田好花さんです はなちゃんず。 3拍子のしっとりしたメロディーに乗せて、語り手の男の子は終わった恋を思います。 工事で渋滞している246号線が語り手の目に映ります。 毎年、年度終わりに工事が多くなってこの道は渋滞しているのでしょうか、その光景は語り手にとって春の訪れを知らせるようなものになっています。 春が来るということはどういうことか。 語り手にとってそれは、「君」とお別れをしてもう1年になるということのようです。 BメロとCメロ サビ。 日常の中で出くわした「君」の記憶。 「深緑と茶色のタータンチェック」は「君」のイメージを語り手に思い出させる以上に、「ハッとした」「曲がったらまさか」などの表現から、「君」と見紛うほどの効果を持ったと言えます。 そのコートを認めた瞬間。 「君」のこと。 「君」があのコートを着て一緒に歩いた道。 「君」が言った言葉。 そんな記憶がフラッシュバックしてきます。 換喩表現 この曲の肝になっている「深緑と茶色のタータンチェック」という表現。 これは柄を指しているのではなく、この柄のコートを指しています。 A 桜はまだまだか 風は冷たいな いつか僕たちが歩いた道を 今は一人で… 日向坂46 『まさか 偶然…』 1番のサビ終わり後のメロディーのようでもありながら2番のAメロのようにも機能している部分です。 この後ブリッジを経て改めてAメロがありますが、何度も聞いていくと2番のAメロにも聞こえてきます。 この効果はサビの最後が終止ではなく後ろのAメロにつながっていること メロディーはレの音で終わる やAメロが最後に終止で終わることが生んでいます。 実は2回目のサビの後にも、転調後大サビの後にも同様に後奏Aメロが登場します。 この曲はサビを挟み込むAメロの使われ方が独特の浮遊感を生んでいるように感じさせます。 そのため意図的に1番、2番の表記をやめました。 「どこかのショップ」という表現は、「君」の様子が具体的に浮かび上がって来るのに全くつかめない、という個人的なお気に入りの表現です。 2回目のサビもことばは変わりません。 循環型の楽曲ではよくあるパターンで、何度も聴き手が噛み締めたいサビや、他の部分の効果で意味が少し変わる場合にこのような構成になります。 「奇跡は起きないとわかっているのに僕はいつだってこの道順選んでしまう」の「道順」という表現は、「君」の影を求めてエピソードのある街並みを歩いてしまうという意味を伝えます。 同時に1度の恋愛を長く引きずりすぎてしまうという語り手のタイプを匂わせることになってもいますが、あくまでもそれは副次的なイメージです。 D 忘れたつもりでも忘れてない 君との思い出に足が向く 日向坂46 『まさか 偶然…』 「忘れたつもりでも忘れてない」。 お別れしてから、「君」のことを懸命に忘れよう忘れようとしてきました。 そして意識の中では吹っ切れたような気がしていました。 なんとはなしに「君」のことを思い出し、ばったり会ったりしないか、とか思ってみたり。 文脈的に、これらの行動・思考はサビに描かれた場面の前から行われていたと考えられます。 それが意識的か無意識かは別として。 「深緑と茶色のタータンチェック」に身を包んだ影は「君」だったのか。 語り手にはわかりませんでした。 しかし、人違いだったらいい、きっと人違いだった、と結論づけています。 女々しく片思いを続ける語り手にとって、「君」にばったり会うということは、嬉しいことでありつつ、また現実を知ることです。 そんな状況に語り手は身を置いているのでしょう。 「君」の断片を見つけて、ハッとしたという胸の高まりだけで胸の内のある「君」への思いを反芻し、思い出し、恋しく思うという営みに慣れ、満足しています。 「君」に会うことはそこから無理やり引っ張り出されることに他なりません。 「君」を思い出させるコートの季節は終わりを告げようとしています。 それでもまた冬、コートの季節になったら、246号線が渋滞しだしたら、「君」をエピソードとともに思い出すのかもしれません。 物語は季節情報から美しくまとめられます。 191003 公開.

次の

まさかの偶然連発!居酒屋「八千萬ず」の奇跡

まさか 偶然

3rdシングル収録『まさか 偶然…』を歌うのは富田鈴花さんと松田好花さん。 アニメーションのエンディングを思わせるようなサウンドの『まさか 偶然…』。 この曲を歌うのは富田鈴花さんと松田好花さんです はなちゃんず。 3拍子のしっとりしたメロディーに乗せて、語り手の男の子は終わった恋を思います。 工事で渋滞している246号線が語り手の目に映ります。 毎年、年度終わりに工事が多くなってこの道は渋滞しているのでしょうか、その光景は語り手にとって春の訪れを知らせるようなものになっています。 春が来るということはどういうことか。 語り手にとってそれは、「君」とお別れをしてもう1年になるということのようです。 BメロとCメロ サビ。 日常の中で出くわした「君」の記憶。 「深緑と茶色のタータンチェック」は「君」のイメージを語り手に思い出させる以上に、「ハッとした」「曲がったらまさか」などの表現から、「君」と見紛うほどの効果を持ったと言えます。 そのコートを認めた瞬間。 「君」のこと。 「君」があのコートを着て一緒に歩いた道。 「君」が言った言葉。 そんな記憶がフラッシュバックしてきます。 換喩表現 この曲の肝になっている「深緑と茶色のタータンチェック」という表現。 これは柄を指しているのではなく、この柄のコートを指しています。 A 桜はまだまだか 風は冷たいな いつか僕たちが歩いた道を 今は一人で… 日向坂46 『まさか 偶然…』 1番のサビ終わり後のメロディーのようでもありながら2番のAメロのようにも機能している部分です。 この後ブリッジを経て改めてAメロがありますが、何度も聞いていくと2番のAメロにも聞こえてきます。 この効果はサビの最後が終止ではなく後ろのAメロにつながっていること メロディーはレの音で終わる やAメロが最後に終止で終わることが生んでいます。 実は2回目のサビの後にも、転調後大サビの後にも同様に後奏Aメロが登場します。 この曲はサビを挟み込むAメロの使われ方が独特の浮遊感を生んでいるように感じさせます。 そのため意図的に1番、2番の表記をやめました。 「どこかのショップ」という表現は、「君」の様子が具体的に浮かび上がって来るのに全くつかめない、という個人的なお気に入りの表現です。 2回目のサビもことばは変わりません。 循環型の楽曲ではよくあるパターンで、何度も聴き手が噛み締めたいサビや、他の部分の効果で意味が少し変わる場合にこのような構成になります。 「奇跡は起きないとわかっているのに僕はいつだってこの道順選んでしまう」の「道順」という表現は、「君」の影を求めてエピソードのある街並みを歩いてしまうという意味を伝えます。 同時に1度の恋愛を長く引きずりすぎてしまうという語り手のタイプを匂わせることになってもいますが、あくまでもそれは副次的なイメージです。 D 忘れたつもりでも忘れてない 君との思い出に足が向く 日向坂46 『まさか 偶然…』 「忘れたつもりでも忘れてない」。 お別れしてから、「君」のことを懸命に忘れよう忘れようとしてきました。 そして意識の中では吹っ切れたような気がしていました。 なんとはなしに「君」のことを思い出し、ばったり会ったりしないか、とか思ってみたり。 文脈的に、これらの行動・思考はサビに描かれた場面の前から行われていたと考えられます。 それが意識的か無意識かは別として。 「深緑と茶色のタータンチェック」に身を包んだ影は「君」だったのか。 語り手にはわかりませんでした。 しかし、人違いだったらいい、きっと人違いだった、と結論づけています。 女々しく片思いを続ける語り手にとって、「君」にばったり会うということは、嬉しいことでありつつ、また現実を知ることです。 そんな状況に語り手は身を置いているのでしょう。 「君」の断片を見つけて、ハッとしたという胸の高まりだけで胸の内のある「君」への思いを反芻し、思い出し、恋しく思うという営みに慣れ、満足しています。 「君」に会うことはそこから無理やり引っ張り出されることに他なりません。 「君」を思い出させるコートの季節は終わりを告げようとしています。 それでもまた冬、コートの季節になったら、246号線が渋滞しだしたら、「君」をエピソードとともに思い出すのかもしれません。 物語は季節情報から美しくまとめられます。 191003 公開.

次の