英語勉強サイト。 無料で手軽に利用できる‼TOEICの勉強に役立つの英語学習サイト13選

毎日英語を勉強するためのおすすめウェブサイト30選+α【目的別】

英語勉強サイト

初心者が無料で英語学習出来るサイト 全17選 英語初心者の方が、 「無料で英語学習が出来るこんな便利なサイトがあったんだ!」ということを、このページを見れば、発見できるようになっています。 おすすめサイトは、 英単語・リスニング・総合・文法・発音の5ジャンルに分けて、全部で 17サイトを厳選しました。 当サイトでは、それらで紹介されている学習サイトも全てチェックし、実際に利用してみました。 その上で、当サイト独自で調べた英語無料学習サイトと比較検討し、 特におすすめしたい「17サイト」に絞ってご紹介しています。 あなたの取り組みたいジャンルの中でのおすすめサイトを、ぜひ利用してみてください。 以前は、「アルク英辞郎 on the WEB」が第一候補だったのですが、無料版の場合、weblioの方が例文数が豊富に表示されるので、調べた単語の使用法のいろいろなパターンが知れて、記憶にも残りやすいんです。 WEB上でも単語の音声再生もできます(アルク英辞郎はアプリでのみ)ので、weblioの方がお気に入りです。 時間的余裕がるときは、weblioとアルク英辞郎の両方を使って英単語を調べることもあります。 weblioには無料版と有料版があります。 有料版はプレミアムサービスという名前で、月額300円で利用できます。 有料版にすると、広告が表示されない、単語登録が出来る等の機能が加わります。 ただ、 機能的には無料版で十分なので、筆者は常に無料版のみ利用しています。 アルク英辞郎 on the WEB 英語通信講座などでお馴染みのアルクが運営しているオンライン辞書が、アルク英辞郎 on the WEBになります。 筆者のオンライン辞書のメインの利用はweblioではありますが、アルク英辞郎の方が、 表示結果が見やすいこともあり、併用して使っています。 アルク 英辞郎は、3種類のサービスに分かれています。 英辞郎 on the WEB(通常版) 無料 登録不要 英辞郎 on the WEB Pro Lite 無料 登録要 英辞郎 on the WEB Pro 月額300円 登録要 以前までは無料版でも、検索単語の例文が豊富に見れたのですが、現在は無料版は、ほんの僅かだけで、例文表示はPro版にしないと見れません。 Pro Liteも通常版と大差ない印象なので、筆者は基本、 無料通常版の英辞郎 on the WEBを主に使用しています。 リスニングが学べる無料サイト NHK ゴガク NHKのテレビ番組・ラジオ番組で放送された過去1週間分の英語講座番組が、いつでも視聴出来るサイトです。 NHKは語学講座が豊富です。 NHK ゴガクで視聴できるラジオ番組は、基礎英語0から3、ラジオ英会話、ボキャブライダー、エンジョイ・シンプル・イングリッシュ、英会話タイムトライアル、入門&実践ビジネス英語、ニュースで仕事術など。 テレビ番組では、基礎英語0やボキャブライダーon TV、おもてなし即レス英会話などがあります。 テキストブックがなくても、聞いているだけで英語の勉強になります。 NHKがまさか、無料でこんなサービスをしているなんて知らない人も多いハズ。 もし興味があればですが、英語以外にも、フランス語、イタリア語、スペイン語、中国語、韓国語なども同様に視聴できます。 NHK ニュースで英語術 上記のNHK ゴガクの中のコンテンツのひとつです。 ただ、 NHK ゴガクの中でもこの「ニュースで英語術」は特におすすめなのです。 ニュースで英語術を受講したことがある人はご存知かと思いますが、講義の内容は、ニュースや時事ネタです。 扱っている中身はけっして初心者向けではないにもかかわらず、初心者でもトライし易いような工夫がしてあります。 1つのトピックは、 わずか5分間で完結します。 ニュースで英語術のコンテンツは、大きく分けて、視聴とスクリプトの2つに別れています。 視聴の方では、NHK ゴガクの他の講座のように、英文を音声で聞くことができます。 スクリプトの方では、ニュース・時事ネタの英文が文字として確認できます。 便利だと感じるところは、スクリプト中の各英文をクリックすると、和訳と、単語や熟語の説明、あと様々な役立つアドバイスなどが載っているんです。 なので多少難しい時事ネタでも、ただリスニングするだけでなく、意味を理解しながら学習を進めていくことが出来るんです。 1本5分で、 毎週新しい内容が5本登場するので、負担少なく、日々の学習を継続させることが出来るのがいいと思います。 News in Levels こちらのサイトも、無料で英語リスニング学習が出来る おすすめのサイトです。 海外のサイトですが、シンプルなサイトの作りなので、迷うこともありません。 リスニングのトピックは、ニュース系です。 「英語で時事ネタは難しそう.. 」と心配する必要もありません。 1トピックの音声時間は1分弱です。 レベル音声スピードが異なるということだけでなく、使用している単語レベルも変えてくれています。 レベル1は基本語彙1000語レベル、レベル2は2000語レベル。 レベル3は3000語レベルとなっています。 同じトピックでも、それぞれ異なる表現で、英文を用意してくれてるなんて、なんて良いサイトなんでしょう。 リスニング(挑戦してみる価値あり) 無料リスニング学習サイトで、初心者向けではないけれども、 「挑戦」してみる価値があるサイトをご紹介します。 English Central English Centralというのは、厳密にはオンライン英会話スクールです。 でも、筆者はEnglish Centralを英会話スクール目的では利用していません。 英会話スクール目的でなければ、English Centralの全ての優良コンテンツを無料で使用することができます。 どういうことか説明しますね。 English Centralの学習は、1つのコンテンツに対し、1. 動画視聴、2. 単語学習、3. スピーキング学習、4. 講師との英会話レッスンの、4ステップで学習を進めていきます。 このうち、ステップ1が無料で利用できるのです。 「ステップ1だけ?」と思うかもしれませんが、 English Centralの最大の魅力は、ステップ1の「動画視聴」に詰まっています。 English Centralで使用されている動画コンテンツは、YouTube系の抜粋動画です。 動画視聴では、リスニング再生機能と字幕機能が付いています。 リスニング再生機能では、 センテンスごとに細切れ再生させたり、 スロー再生させることもできます。 同時に 英語字幕が流れてきて、意味がわからない単語があれば、その単語をクリックすると 意味(英英辞典)が表示され、 発音の確認もできます。 あなたの英語レベルをあらかじめ登録しておくことが出来ます(レベルは7段階)。 動画一覧画面には、あなたに合った英語レベルの動画が表示されるようになっています。 普段、英語のYouTube動画を観ても、何を言っているかチンプンカンプンでも、English Centralを利用すれば、何を言っているかも確認できるし、その 動画を通じて、体系立てた英語学習まで出来てしまうという優れもの。 会員登録しないと1日1本しか動画視聴できないのですが、無料会員登録すると、何本でも無制限に観れます。 無料でこんな機能が使えるのは凄いです。 以前は、同じようなサービスが利用できるVoiceTube(ボイスチューブ)もおすすめだったのですが、 現在VoiceTubeは、無料だと1日3本までしか視聴できなくなってしまいました。 ESL bits 英語のオーディオブック、小説、ショートストーリー等を、たくさん聞くことができるサイトです。 外国のサイトなので、ちょっと利用に躊躇する人がいるかもしれませんが、利用方法は難しくはありません。 視聴してみたい音声のタイトルを選び、聞きたいチャプターを選んでクリック、再生ボタンを押すだけ。 ESL bitsの最大の特徴は、再生スピードを標準を100とすると、65~125の間で選んで再生できることです。 スピードを落としても、英語としての違和感があまりないのも、とてもいいです。 ESL bitsは、スピード調節をすれば、英語初級者から上級者まで、幅広い層の英語学習者が使える無料サイトです。 スクリプトも同時に画面上に表示されていますので、目で活字を追いながら、視聴することが可能です。 NHK WORLD-JAPAN NHK WORLD-JAPANは、NHKが世界に向けて日本のニュースを発信しているサービスです。 基本は海外にいる人がラジオや有料テレビで視聴するものなのですが、日本でもケーブルテレビやインターネットで視聴出来るんです。 しかも、ケーブルテレビだと有料だけど、 インターネットなら無料で視聴可能でお得です。 NHK WORLD-JAPANの番組をライブ視聴したり、オンデマンドで観たい番組を視聴することも出来ます。 初心者にはちょっと難しいかなとは思うのですが、扱っている内容が日本関連のことなので、ある程度馴染みがある事柄かと思います。 そういう意味では、海外のニュースよりも、理解し易いかと思います。 有料級のドキュメンタリー番組も豊富なので、英語初級者の人も、ものは試しにトライしてみる価値はあります。 TED TEDは現代社会において世界的に超有名なメディアですよね。 TEDは、Technology Entertainment Designの略で、世界のカンファレンス(講演)を無料で動画配信してくれています。 動画コンテンツとしての価値が非常に高くて、英語ネイティブの人たちも数多く視聴しています。 ただ、ネイティブ向けのコンテンツなので、せっくのいい話も、初心者には理解することが困難なのが残念な点。 でも、知ってましたか? TEDは日本語字幕表示をさせることが出来るんです。 全部の動画ではないのですが、多くの動画で、画面下部の「subtitles」をクリックすると字幕表示出来る言語が表示されます。 そこで、「日本語」を選択すればOK。 動画画面に日本語訳が表示されます。 目で日本語訳を見ながら、耳で英語を聞くことは、英語の勉強にもなります。 また、もう少しレベルの高い英語学習者は、ENGLISH(英語)字幕にしながら視聴するという方法もあります。 さらにレベルの高い英語上級者は、字幕無しで視聴してもいいわけです。 ただ、これらの方法でも、英語が難し過ぎるという人は、 日本語字幕と英語字幕が同時に表示されるTED動画を公開してくれているサイトがあります。 これは、日本のデジタルキャストというサイトで、 「TED日本語」として、多数の動画を視聴可能にしてくれています。 この「TED日本語」は、英語学習者にとって、 メチャメチャ利用価値があると言えます。 無料の英語学習総合サイト VOA Learning English Voice of America(ボイス・オブ・アメリカ)というアメリカから世界に向けて発信していうニュースステーションがあります。 そのVOAによる、 英語が母国語でない人向けにニュース発信しているサイトが、VOA Learning Englishです。 VOA Learning Englishでは、時事問題の記事をスクリプト付きで視聴することが出来ます。 本日の学習単語を太文字表示にして、最後に意味一覧を用意し、学んでいけるようにもなっています。 英語レベルは、Beginner(初級)、Intermediate(中級)、Advanced(上級)が設定されていて、レベル別にニュースや英語学習の動画や音声を選ぶことが可能です。 英語がネイティブでない、英語学習者を対象にしたメディア(サイト)なので、無料英語学習サイトとして、かなり活用することが出来ます。 BBC Learning English VOAがアメリカであるのに対し、BBCはイギリスの放送局。 BBCは、British Broadcasting Corporationの略です。 そして、 BBCの英語第二言語話者向けの放送が、BBC Learning Englishになります。 BBC Learning Englishは、VOA Learning Englishよりも さらに充実している印象を受けます。 筆者も英語初中級の頃は、BBC Learning Englishを連日視聴してました。 特に、BBC Learning English内のコンテンツのひとつ、6 Minute Englishには特にお世話になりました。 6 Minute Englishは、6分という時間のリスニングになるので、英語初心者にはちょっと大変ですが、英語を聞く良い練習になります。 今振り返れば、やってよかったなと実感しています。 BBC Learning Englishには他にも、6 Minute Grammar、6 Minute Vocabularyなど、6分を基準にした英語コンテンツがあります。 総合英語無料学習サイトであるBBC Learning Englishを使い倒せば、かなりの英語力アップにつながると思いますよ。 Learn English, British Council ブリティッシュ・カウンシルが運営する無料英語学習サイトです。 日本語版もあるのですが、そちらは英語学習の要素は少ないです。 英語学習に使えるのは、英語版の方になります。 学べるスキルは幅広いです。 リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング、英文法、英単語はもちろんのこと、ビジネス英語、IELTS試験対策の無料オンラインコースまであります。 ビジネス英語では、英語での就活、働き方、それと英語での Eメールの書き方講座も役に立ちます。 無料の総合英語学習サイトとしては、VOAとBBCがニュース関連が主なのに対し、British Councilのサイトは、より普遍的な英語学習内容になっています。 レベル別に学習教材が揃えてありますので、一度試してみるのもいいと思います。 文法が学べる無料サイト 英語喫茶 英文法の英語学習サイトは、あまりおすすめできるサイトがない中で、 英語喫茶はわりと良いと感じています。 文法説明も丁寧ですし、文法内容も幅広くカバーしています。 そもそも、英文法というのは、学ばなければならない内容も深いですし、どうしても文章量が多くなってしまいます。 また、文字が主体となるので、オンラインの特徴を活かしにくい。 従って、 英文法の勉強は、基本は書籍の参考書を使ったほうが勉強しやすいと思います。 復習する時も、参考書の方が、学習したい場所がすぐに見つけられるし、学習効率も良いです。 でも、どうしてもお金をかけたくない場合には、オンラインの無料学習サイトを利用するのも悪くはありません。 そんな際に利用できるのが、英語喫茶です。 発音が学べる無料サイト 英語発音入門 甲南大学 国際言語文化センターの教授陣が作成した、アメリカ英語とイギリス英語の発音入門サイトです。 大学が制作したサイトなので、信頼度も高いと思います。 「英語の発音を勉強したけど、英語の発音に自信がない」という人のために作られた内容なので、英語が苦手な初心者の人が、発音を覚えていくのに最適なサイトだと言えます。 わりとシンプルなサイトではありますが、必要な要点をしっかりとおさえた良い内容だと思います。 英語独特のリズムから、英語の様々なイントネーションも学べます。 音が省略されたり、変化したり、繋がったり、消えたりといった音声変化についても、理解できます。 子音の発音と母音の発音についても、音声で違いが分かるようになっています。 全てにおいて、音声波形が表示されるのが、英語発音の理解を助けてくれます。 READING BEAR 子供向けに作られた発音学習サイトかと思いますが、筆者のような大人でも、十分に使える、 とても良質の英語発音学習サイトです。 完全無料で利用可能です。 メンバー登録出来るようになっていますが、有料ではなく、あくまでも無料での会員登録です。 会員登録すると、学習履歴が残せます。 学習内容は、 フォニックスによる発音ルールを学んでいけるようになっています。 別に「フォニックス」ということは特別に意識はしなくていいと思います。 「こういう音は、実際こういう音として発音されるんだ」ということがわかればOKです。 英語オンリーのサイトなんですが、子供向けということもあってか、 非常にわかりやすいです。 あいうえおフォニックス 今まで、フォニックスの発音学習は、READING BEARが最強かなと思っていたのですが、そんな最中に出会ったのが、あいうえおフォニックスという発音学習サイト。 READING BEARはアメリカのサイトでしたが、あいうえおフォニックスは 日本のサイトなので、その分さらに分かり易い。 しかも、こちらも子供でも理解できるような説明になっているので、 英語初心者でも安心して取り組める。 アリーとファジーという可愛いキャラクターが動画で英語の発音の説明をしてくれるんだけど、すっごい可愛い日本語の声なのに、英語の発音が妙に大人っぽい時がたまにあって、はっとする。 ネイティブですから、当然ですね(笑)。 【『あいうえおフォニックス』英語発音】という名前のYouTubeチャンネルもあって、こちらもなかなか面白いです。 学習する発音は、アメリカ英語になります。 400以上の動画を使って、ものすごく分かりやすくアメリカ英語の発音を解説してくれています。 発音もクリアで聞き取りやすい英語ではあるのですが、日本語解説はなく、100%英語での説明なので、もしかしたら英語初心者にはちょっとハードルが高いかもしれません。 ただ、英語のリスニング練習としても、とても良い教材として使えます。 英語聞き取りの練習にもなって、同時に発音の勉強も出来るという、一石二鳥のメリットもありますので、是非トライして欲しいです。 まとめ 「できればお金をかけずに節約して英語の勉強をしたい。 」「無料でも英語の勉強ができるサイトがあるって聞いたんだけど。 」という声に応えるために、筆者は、いろいろな無料英語学習サイトを試してみました。 従来から利用していたサイトもあるし、調査中に新たに出会った素晴らしいサイトもありました。 その中から厳選した17サイトをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 調査当初に参考にした、や、には、僅かながらではありますが、敬意を示したいのでリンクを付けておきます。 よかったら覗いてみてください。 最後に、「厳選サイトと言っても。 17サイトあると、まずどれを試したら良いのかわからない。 」という人のために、 筆者が特にお気に入りの初心者向けの3つのサイトを選んでみました。

次の

英語ニュースサイトおすすめ10選【初心者から上級者まですぐ始められる!】

英語勉強サイト

be動詞• 練習問題 スマホ・pc用問題 一般動詞• 練習問題 スマホ・pc用問題 疑問文否定文• 練習問題 スマホ・pc用問題 疑問詞• 練習問題 スマホ・pc用問題 命令文• 練習問題 スマホ・pc用問題 三人称単数現在• 練習問題 スマホ・pc用問題 現在進行形• 練習問題 スマホ・pc用問題 can• 練習問題 スマホ・pc用問題 一般動詞の過去• 練習問題 スマホ・pc用問題 名詞の複数形• 練習問題 スマホ・pc用問題 代名詞• 練習問題 スマホ・pc用問題 その他• 練習問題 スマホ・pc用問題 be動詞過去• 練習問題 スマホ・pc用問題 過去進行形• 練習問題 スマホ・pc用問題 未来• 練習問題 スマホ・pc用問題 動名詞• 練習問題 スマホ・pc用問題 不定詞• 練習問題 スマホ・pc用問題 助動詞• 練習問題 スマホ・pc用問題 比較• 練習問題 スマホ・pc用問題 there is• 練習問題 スマホ・pc用問題 接続詞• 練習問題 スマホ・pc用問題 受け身• 練習問題 スマホ・pc用問題 その他• 練習問題 スマホ・pc用問題 現在完了• 練習問題 スマホ・pc用問題 不定詞• 練習問題 スマホ・pc用問題 分詞• 練習問題 スマホ・pc用問題 間接疑問• 練習問題 スマホ・pc用問題 関係代名詞• 練習問題 スマホ・pc用問題 形容詞副詞• 練習問題 スマホ・pc用問題 その他• 中学校で習った単語は確実に覚えて書けるようにすることが大切です。 そのために、毎日練習する習慣をつけましょう。 中学1年生の2学期くらいから本格的に文法の単元がはじまります。 この文法でつまづいてしまうと英語に苦手意識ができてしまうので、1年生の後半から2年生にかけては特に意識して文法を勉強しましょう。 英語はまず「毎日の積み重ね」がもっとも大切な教科です。 毎日コツコツやっていれば、数学や理科にくらべてそれほど難しいわけではありません。 できるだけ早い時期に学習習慣がつけば英語は得意教科になってくれるでしょう。

次の

中学・学習サイト

英語勉強サイト

通勤、通学の時間を有効に使って、英語学習に当てませんか? 初心者でも今すぐ読み始められる英語ニュースサイトをまとめました。 英語学習において、本を読むことは昔から推奨されています。 しかし、本だと文字数も多く、続かず途中でやめてしまうケースや、購入費用がかかってしまうことから、挫折しやすい英語学習法だと言えるでしょう。 一方、英語ニュースサイトは、無料で文字数もトピックごとに限られており、スキマ時間で読み切れること、そして、自分の興味のある分野のニュースを読むことができます。 初心者にはメリットの多い英語ニュースでの学習法を始めてみましょう。 初心者向け英語ニュースサイト 初心者にやさしい英語ニュース 日本国内外の英語ニュースを、日本語訳や、単語の解説・文法の解説・学習法も交えながら読める、全く英語が読めない状態からも英語ニュースに触れられるサイトです。 また、記事カテゴリーも充実しているので、興味のあるニュースから読み進めることが出来ます。 まさに、今日から始めたい!という方におすすめしたい英語ニュースサイトです。 The Japan Times ST 英字新聞社ジャパンタイムズによる、英語学習サイトです。 ニュースや、物語、リスニング音声まで、無料で提供しています。 辞書無しで読めるニュース、というコンテンツもあるため、本当に今日からすぐに読み始められるサイトです。 NHKニュースで英会話 NHKが提供している日本語訳のニュースです。 最新のニュースを英語で読むことができ、音声もついているので、読んだその日からその話題を英語で話すことが出来ます。 文章も1000文字程度と長くなく、5分以内で読めるため、サクッと通勤通学中のスキマ時間に読むには最適です。 中級者向け英語ニュースサイト Japan Real Time 最新の日本の情報を、世界に発信するために、「The Wall Street Journal WSJ 」を提供するダウ・ジョーンズ社が開設した、英語ブログです。 初心者向けのニュースサイトとの違いは、翻訳がないことです。 1つのニュースの文字数もそこまで多くないので、翻訳なしの英語ニュースにチャレンジしたくなった中級者にオススメの英語ニュースです。 Time For Kids アメリカのTime誌が子ども向けにニュースを提供している学習教材です。 難しい単語は少ないですが、文字数は少し多めなので、英語の文章に読み慣れて、読むスピードが上がってきた中級者におすすめの英語ニュースサイトです。 トピックも幅広く、政治のことから、エンタメまで読むことができます。 BuzzFeed 真面目な話題から、笑ってしまう話題まで、幅広い話題を取り扱っている雑誌感覚で読める英語サイトです。 各トピックの文字数も長すぎず、読んでいた英語ニュースサイトに少し飽きた方にオススメしたいメディアです。

次の