デイ ブレイク フロント ライン。 サンデー・フロントライン

Silk Blaze【シルクブレイズ】

デイ ブレイク フロント ライン

概要 [ ] 1989年4月から21年間放送された『 』(以下サンプロ)に替わる、日曜朝の新たな報道番組として2010年4月4日に放送開始。 放送開始前のの時点で番組の概要とキャスター、放送時間が発表されており、当時『』のメインキャスターを務めていたが当番組のメインキャスターに就任することが決まっていた。 初期はサンプロ同様10時台に討論コーナー、11時台にVTR中心の特集コーナーという構成は継承、討論コーナーには『フロントラインFOCUS』、特集コーナーには『特集フロントライン』のコーナー名がついていた。 また、『サンプロ』にはなかったニュースコーナーが10時台冒頭に新設された。 2010年10月改編以降討論色は薄まり、『』()や『』()等と同様に最新ニュースと1週間に起きたニュースを中心とした番組構成に軸足を移す。 大学教授、新聞論説委員、局コメンテーターら20名の有識者で構成された「これがニュースだ! 選定委員会」により選ばれた1週間のニュースをランキング形式で伝える。 なお、スポーツ・芸能情報、天気予報は『サンプロ』同様に取り扱わなかった。 『サンプロ』を共同制作していたは共同制作に加わらず(スポンサーセールス上は朝日放送枠をテレビ朝日に献上する形となる)、「制作協力:」の1社として参加するのみになった。 番組開始からわずか1年半後の2011年9月末で終了。 同時にこれをもって、10月からの『』以来続いてきた小宮の(テレビ朝日での)レギュラー番組シリーズは終止符を打つことになり、テレビ朝日との専属契約も解除となった。 後番組は『』の日曜版という位置づけの『 』となる。 出演者・キャスター [ ] メインキャスター(MC)• (元) メインコメンテーター 2人同時に出演することは稀であった一方、どちらか一人のみが出演する例が多かった。 (教授)• (同上) ゲストコメンテーター• (編集委員〈当時〉)• (編集委員)• (政治コラムニスト、元編集局長) など 以下のキャスターは2011年4月10月から担当。 サブキャスター• (テレビ朝日アナウンサー〈当時〉)• (テレビ朝日アナウンサー) ほか 過去の出演者 [ ] いずれも開始当初より2011年4月3日まで担当。 サブキャスター• (テレビ朝日アナウンサー)• (テレビ朝日アナウンサー〈当時〉、前番組『サンデープロジェクト』から続投) 放送時間 [ ]• 系列各局(フルネット24局)• 日曜 10:00 - 11:45()• 2010年、・では10:00から高校野球各県予選の準々決勝の中継放送があったため、12:00からの『』とともに当番組が休止となり、双方とも振り替え放送は行われなかった(いずれも生放送番組のため、ただし後者はローカルセールス扱い)。 番組テーマ曲 [ ]• 「Come fly with me」(アルバム『』に収録) 特番などによる放送休止 [ ]• 2010年6月20日は「3日目」(9:00 - 11:57. 45)の中継のため放送休止。 2010年11月7日は「」(8:00 - 13:40)の中継のため放送休止。 2011年1月2日は「新春特別番組」のため放送休止。 2011年3月13日は「」によるのため放送中止(当番組の時間帯で放送したANN報道特別番組の司会は、小宮・小川が担い、平石も中継で出演している)。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ロゴには中点の「・」はないが、正式な番組名は『サンデー・フロントライン』。 『サンプロ』ではワイドショー路線だった開始初期のみ扱っていた。 後番組の『報道ステーション SUNDAY』ではスポーツを時折扱っている。 11時台は引き続きローカルセールスであり、そちらにおける最後の提供読み上げも各ネット局のアナウンサーが担当している(提供がない場合は読み上げ無し)。 このほか当時9:00からの『』も3 - 4試合予定されている場合は例年、当番組と同様の措置を取っていたが、当番組の1つ手前、すなわち9:30からの『』については朝日放送制作であるため、同局では後日(主に平日午前)に臨時枠移動とし、テレビ朝日をはじめとする通常編成の系列局へで本来の放送日時にとしていた。 また準々決勝または準決勝が日曜日に開催された場合は、同じ朝日放送制作で昼間に放送している『』『』の2番組についても『冒険JAPAN! なお地元出場校が第1試合に登場するか、あるいは本番組の枠で高校野球の予選を放送する予定がある地方系列局における対応はその地方局の判断に委ねられ、中継する際は当番組の放送はなかった。 出典 [ ].

次の

【公式】フロントライン スポットオン|犬・猫のノミ予防・マダニ駆除薬・退治

デイ ブレイク フロント ライン

使用者に対する注意• 内容液を直接手で触らないこと。 喫煙や飲食をしながら投与しないこと。 本剤投与後、完全に乾くまで(通常4時間程度)は投与部位に直接触れないこと。 また、投与したことを知らない人も触れないように注意すること。 特に、小児がいる多頭飼いの家庭で複数の犬に同時に本剤を投与する場合は、投与した犬と小児との接触を避けること。 本剤は、投与後の犬と小児との接触を避けるよう大人が注意を払える時間帯に投与すること。 特に、3歳以下の幼児が投与後の犬に触れた場合、その手を口に持っていく可能性があり、体重あたりの薬剤曝露量も大人より大きくなるので、3歳以下の幼児がいる家庭で本剤を使用する場合は、投与部位が完全に乾くまで投与した犬と幼児との接触を完全に避けること。 また、その後も幼児が投与した犬に触れた場合は、必ず石けんで手をよく洗うこと。 衰弱、高齢、妊娠中あるいは授乳中の犬に対する投与については獣医師と相談し、投与の適否を慎重に決定すること。 本剤は外用以外に使用しないこと。 本剤は1回投与すると通常ノミに対し1~3ヵ月間、マダニに対し約1ヵ月間新規の寄生を防御することができる。 更に本剤は、ノミの全ての発育ステージ(卵、幼虫、蛹)を最大3ヵ月間阻害する作用を有する。 次回の投与は、これらの寄生虫を防御する期間を考慮して行うこと。 本剤使用後1日間は、水浴あるいはシャンプーを控えることが望ましい。 副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けること。 もし、動物が舐めた場合、溶媒の性状のため一過性の流涎が観察されることがある。 そのため、滴下部位を他の動物が舐めないように注意すること。 まれに、他の外用殺虫剤と同様に本剤の使用後、個体差による一過性の過敏症(投与部位の刺激によるそう痒、発赤、脱色、脱毛)が起こることがある。 もし、症状が持続または悪化する場合は、直ちに獣医師に相談すること。

次の

【公式】フロントライン スポットオン|犬・猫のノミ予防・マダニ駆除薬・退治

デイ ブレイク フロント ライン

概要 [ ] 1989年4月から21年間放送された『 』(以下サンプロ)に替わる、日曜朝の新たな報道番組として2010年4月4日に放送開始。 放送開始前のの時点で番組の概要とキャスター、放送時間が発表されており、当時『』のメインキャスターを務めていたが当番組のメインキャスターに就任することが決まっていた。 初期はサンプロ同様10時台に討論コーナー、11時台にVTR中心の特集コーナーという構成は継承、討論コーナーには『フロントラインFOCUS』、特集コーナーには『特集フロントライン』のコーナー名がついていた。 また、『サンプロ』にはなかったニュースコーナーが10時台冒頭に新設された。 2010年10月改編以降討論色は薄まり、『』()や『』()等と同様に最新ニュースと1週間に起きたニュースを中心とした番組構成に軸足を移す。 大学教授、新聞論説委員、局コメンテーターら20名の有識者で構成された「これがニュースだ! 選定委員会」により選ばれた1週間のニュースをランキング形式で伝える。 なお、スポーツ・芸能情報、天気予報は『サンプロ』同様に取り扱わなかった。 『サンプロ』を共同制作していたは共同制作に加わらず(スポンサーセールス上は朝日放送枠をテレビ朝日に献上する形となる)、「制作協力:」の1社として参加するのみになった。 番組開始からわずか1年半後の2011年9月末で終了。 同時にこれをもって、10月からの『』以来続いてきた小宮の(テレビ朝日での)レギュラー番組シリーズは終止符を打つことになり、テレビ朝日との専属契約も解除となった。 後番組は『』の日曜版という位置づけの『 』となる。 出演者・キャスター [ ] メインキャスター(MC)• (元) メインコメンテーター 2人同時に出演することは稀であった一方、どちらか一人のみが出演する例が多かった。 (教授)• (同上) ゲストコメンテーター• (編集委員〈当時〉)• (編集委員)• (政治コラムニスト、元編集局長) など 以下のキャスターは2011年4月10月から担当。 サブキャスター• (テレビ朝日アナウンサー〈当時〉)• (テレビ朝日アナウンサー) ほか 過去の出演者 [ ] いずれも開始当初より2011年4月3日まで担当。 サブキャスター• (テレビ朝日アナウンサー)• (テレビ朝日アナウンサー〈当時〉、前番組『サンデープロジェクト』から続投) 放送時間 [ ]• 系列各局(フルネット24局)• 日曜 10:00 - 11:45()• 2010年、・では10:00から高校野球各県予選の準々決勝の中継放送があったため、12:00からの『』とともに当番組が休止となり、双方とも振り替え放送は行われなかった(いずれも生放送番組のため、ただし後者はローカルセールス扱い)。 番組テーマ曲 [ ]• 「Come fly with me」(アルバム『』に収録) 特番などによる放送休止 [ ]• 2010年6月20日は「3日目」(9:00 - 11:57. 45)の中継のため放送休止。 2010年11月7日は「」(8:00 - 13:40)の中継のため放送休止。 2011年1月2日は「新春特別番組」のため放送休止。 2011年3月13日は「」によるのため放送中止(当番組の時間帯で放送したANN報道特別番組の司会は、小宮・小川が担い、平石も中継で出演している)。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ロゴには中点の「・」はないが、正式な番組名は『サンデー・フロントライン』。 『サンプロ』ではワイドショー路線だった開始初期のみ扱っていた。 後番組の『報道ステーション SUNDAY』ではスポーツを時折扱っている。 11時台は引き続きローカルセールスであり、そちらにおける最後の提供読み上げも各ネット局のアナウンサーが担当している(提供がない場合は読み上げ無し)。 このほか当時9:00からの『』も3 - 4試合予定されている場合は例年、当番組と同様の措置を取っていたが、当番組の1つ手前、すなわち9:30からの『』については朝日放送制作であるため、同局では後日(主に平日午前)に臨時枠移動とし、テレビ朝日をはじめとする通常編成の系列局へで本来の放送日時にとしていた。 また準々決勝または準決勝が日曜日に開催された場合は、同じ朝日放送制作で昼間に放送している『』『』の2番組についても『冒険JAPAN! なお地元出場校が第1試合に登場するか、あるいは本番組の枠で高校野球の予選を放送する予定がある地方系列局における対応はその地方局の判断に委ねられ、中継する際は当番組の放送はなかった。 出典 [ ].

次の