獨協 医科 大学 病院。 獨協医科大学越谷病院(越谷市)の口コミ・評判12件【MEDIRE】

獨協医大病院前

獨協 医科 大学 病院

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 0 開設者 学校法人獨協学園 管理者 平田 幸一(病院長) 開設年月日 (49年)7月14日 所在地 目次• 沿革 [ ] 以下は(2019年11月8日閲覧)を基に記載校正• (昭和47年)7月27日:医科大学設置許可• (昭和48年)4月23日:医科大学開学式• (昭和49年)• 4月26日:大学病院開設許可(病床数850床)• 7月14日:大学病院開院式• 7月17日:大学病院診療開始• (昭和53年)7月13日:病床数変更(864床)• (昭和54年)• 3月30日:大学院設置• 8月1日:病床数変更(856床)• (昭和56年)9月26日:病床数変更(928床)• (昭和57年)• 3月29日:病床数変更(976床)• 5月9日:病床数変更(980床)• (昭和60年)• 4月8日:健康管理科設置• 4月10日:病床数変更(993床)• (昭和61年)7月4日:病床数変更(1,002床)• (昭和62年)8月1日:指定• (昭和63年)• 4月1日:病床数変更(1,005床)• 7月1日:指定• (平成6年)• 3月1日:の承認• 6月1日:リハビリテーション総合施設承認および臨床工学部設置• (平成7年)6月3日:社団法人移植施設指定• (平成8年)• 8月5日:病床数変更(1,105床)• 8月8日:新館(新病棟)竣工。 8月19日:病床数変更(1,155床)• 11月29日:の指定(地域災害医療センター)• 12月27日:病床数変更(1,161床)• (平成9年)• 1月1日:総合設置• 11月25日:本館リニューアル工事竣工• (平成10年)6月1日:連携医療部設置。 (平成11年)• (平成11年)• 3月17日:稼働• 4月1日:第一内科を心血管・肺内科、第二内科を消化器内科、第三内科を血液内科、内分泌内科を内分泌代謝内科、アレルギー内科を呼吸器・アレルギー内科に改称• (平成12年)• 4月1日:管理室設置• 9月17日:救急患者用設置• (平成13年)• 1月1日:認定施設承認• 4月1日:事務部医事課を医事保険課、入院課、外来課に組織変更• 10月1日:光学医療センター設置(部門・部門)• 11月1日:救急医療センター設置、設置、救急部を時間外救急部に改称• (平成14年)• 4月1日:救急医療センターを救命救急センターに組織変更• 10月1日:医療安全管理部(医療安全対策課、感染防止対策課)設置、臨床研修センター設置• (平成15年)• 5月15日:病床数変更(1,167床)• 7月1日:(DPC)導入• 11月17日:財団法人 病院機能評価認定• 12月5日:栃木県地域拠点医療機関指定• (平成16年)4月1日:とちぎ子ども医療センター設置• (平成17年)• 3月1日:(PET)センター設置• 5月31日:肺実施施設認定• 9月20日:新オーダリングシステム稼動• 10月1日:睡眠医療部設置• (平成18年)• 1月30日:老人性痴呆疾患センターをセンターに改称• 4月1日:医療情報センター設置• 10月1日:センター設置• 11月1日:入院会計クレジットカード払い運用開始• (平成19年)• 1月31日:地域指定• 4月1日:光学医療センターを消化器内視鏡センター、呼吸器内視鏡センター、超音波センターに組織変更• 6月1日:施行• 10月15日:外来系電子カルテシステム本稼動• (平成20年)• 3月5日:病棟系電子カルテシステム本稼動• 4月1日:事務部栄養課を中央部門栄養部に組織変更• 10月1日:睡眠医療部を睡眠医療センターに改称• 12月15日:財団法人日本医療機能評価機構 病院機能評価認定(Ver. 0)修得• (平成21年)• 4月1日:老人性認知症センターを認知症疾患医療センターに改称• 6月1日:心血管・肺内科を心臓・血管内科に改称• 7月1日:耳鼻咽喉科を耳鼻咽喉・頭頸部外科に改称• 11月1日:栃木県指定病院の指定• (平成22年)• 1月20日:栃木県運航開始(基地病院)• 4月1日:地域がん診療連携拠点病院指定。 血液内科を血液・腫瘍内科に改称。 胸部外科を廃止し、心臓・血管外科、呼吸器外科を設置• 11月1日:臨床検査医学を感染制御・臨床検査医学に改称• (平成23年)• 4月1日:ハートセンター、リウマチセンター設置。 医療安全推進課を医療安全推進センターに改称。 感染防止対策課を感染制御センターに改称。 臨床検査部を臨床検査センターに改称。 女性医師支援センター設置。 7月1日:ドクターヘリ広域連携運用開始(・栃木県・)。 排泄機能センター設置• 9月1日:乳腺センター設置• 11月1日:形成外科を形成外科・美容外科に改称• (平成24年)• 3月16日:ドクターヘリ1,000回出動達成• 4月1日:前立腺センター、再生医療センター、放射線治療センター設置• (平成25年)• 4月1日:連携医療部・医療相談部を統合し、地域医療連携センターを設置。 循環器内科を循環器・腎臓内科に改称• 7月2日:栃木県内初の両側生体肺葉移植手術実施• 9月24日:栃木県内初の埋込型補助人工心臓(非拍動流型)手術実施• 11月29日:深圳医院との相互交流協定書の締結• (平成26年)• 1月20日:新自動支払機運用開始(領収書・明細対応型)• 3月4日:「とちまるネット 」との運用開始• 3月26日:に基づく指定地方公共機関指定• 4月1日:救急科を標榜• 7月1日:等による指定医療機関の更新• 11月1日:血液浄化センター設置(透析部を改称)• (平成27年)3月31日:教育医療棟(新棟)竣工。 (平成28年)• 4月1日:「とちまるネット」他医療機関への情報開示拡大(放射線画像)。 総合診療科、乳腺科、リウマチ・膠原病内科設置。 総合診療教育センター設置。 臨床遺伝診療室設置• 4月15日:雙和醫院との連携協定書の締結• 6月1日:放射線治療品質管理室設置• (平成29年)• 3月1日:臨床研究支援センター設置(治験管理室を改称)• 4月1日:歯科、小児歯科、矯正歯科を標榜• (平成30年)• 3月31日:総合診療教育センター廃止• 4月1日:医療法施行規則の一部改正に伴う既存病床数の変更(一般病床:1,153床)。 脳卒中センター設置• 4月3日:バースセンター(院内)開設• 5月1日:センター設置• 6月1日:センター設置• 7月1日:腫瘍センター内に、がん診療支援室を設置。 地域医療連携センターを地域連携・患者サポートセンターに改称• 8月1日:アレルギーセンター設置• 10月1日:神経内科を脳神経内科に改称• 4月1日:心臓・血管内科を心臓・血管内科/循環器内科、循環器・腎臓内科を腎臓・高血圧内科に改称• 7月1日:腫瘍センターを総合がん診療センターに改称 診療科 [ ]• 認知症疾患医療センター• 総合周産期母子医療センター• とちぎ子ども医療センター• 消化器内視鏡センター• 呼吸器内視鏡センター• 超音波センター• 救命救急センター(集中治療室)• PETセンター• 総合がん診療センター• 睡眠医療センター• ハートセンター• リウマチセンター• 臨床検査センター• 乳腺科(乳腺センター)• 前立腺センター• 再生医療センター• 放射線治療センター• 血液浄化センター• 脳卒中センター• 糖尿病センター• ロボット手術支援センター• アレルギーセンター• 放射線部• 病理部• 手術部• 麻酔部(ペインクリニック)• 診療記録管理部• 時間外救急部• 材料部• 輸血部• 臨床工学部• 栄養部• 臨床遺伝診療室• 放射線治療品質管理室• 肝疾患相談室 診療協働部門• 薬剤部• 看護部• 事務部• 医療安全推進センター• 感染制御センター• 臨床研究管理センター• 臨床研修センター• 医療情報センター• 女性医師支援センター• 地域連携・患者サポートセンター• 経営情報分析室 医療機関の指定等 [ ]• 栃木県肝疾患診療連携拠点病院• の名称承認• 地域がん診療連携拠点病院指定• 栃木県脳卒中地域拠点医療機関• 地域型• 救命救急センター(3次救急医療)• 病院群輪番制病院(2次救急医療)• DMAT指定医療機関• 臓器移植登録施設(肺・腎臓)• 栃木県ドクターヘリ基地病院 交通アクセス [ ] も参照• 「」下車 徒歩10分• 「獨協医大病院前」下車すぐ• 2019年10月1日より「獨協医大学病院前」を通る ・・壬生町広域連携バス「ゆうがおバス」の実証運行が始まった• JR石橋駅からタクシーで15分• 「」から3分• 「」から20分 脚注 [ ] []• 獨協医科大学病院. 2019年11月8日閲覧。 獨協医科大学病院. 2019年11月8日閲覧。 獨協医科大学病院. 2019年11月8日閲覧。 獨協医科大学病院. 2019年11月8日閲覧。 2019年11月8日閲覧。 とちまるネット協議会事務局. 2019年11月8日閲覧。 獨協医科大学病院. 2019年11月8日閲覧。 獨協医科大学病院. 2019年11月8日閲覧。 下野新聞 SOON. 2019年8月16日. 2019年9月28日閲覧。 関連項目 [ ]• - 死去前日の2008年10月4日に当院に搬送、手術を受けたものの、その翌日に死去する 外部リンク [ ]•

次の

獨協医科大学病院

獨協 医科 大学 病院

診療科目 腎臓内科 病名 ネフローゼ症候群 症状 たんぱく質が尿で排出されてしまう為、浮腫みが起こる病気。 ステロイドにて治療中 待ち時間 90分(予約時) 診療時間 5分 処方薬 プレドニン、ボナロン、タケプロン 検査 血液検査、尿検査 費用 4690円(薬代含む) 症状と来院までの経緯 甲状腺癌の治療後の経過観察で、甲状腺機能と肺機能をチェックする為に30年近く通院中で、5年程前に別の病院からの紹介で当院に移りました。 その後、3年前に「ネフローゼ症候群」を発症し当院に入院、ステロイド投与で症状が収まった為、1ヶ月半後に退院。 浮腫は取れ、徐々に薬を減らすも、昨年再発しその後の経過を診て頂いています。 看護師や受付・スタッフの対応について 入院時に特に感じましたが、ここの看護師さんは20歳~40歳前後の女性と若いですが、相手が誰であろうと、躊躇せずはっきり物を言う雰囲気がありました。 恐らくそう教育されているのでしょう、非常にプロ意識は高いと感じました。 スタッフも全員女性ですが、きっちりと対応してくれて親切です。 診察までの待ち時間や混雑度 毎回予約時間通りに受診出来た試しがありません、1時間2時間は当たり前、3時間待つ事もざらです。 大学病院だからと諦めました、今では予約は午前で入るのですが受付と同時に順番を確認し、人数次第で先に昼食を取る様にしています。 空腹で待つのは尚更イライラして衛生上に良くありません。 施設の清潔感・充実度 5年以上前から通院していますが、大学病院だけあって様々な施設、設備は整っています。 唯一、不便を感じるのはATMが栃木銀行しかない事です。 せめて郵便貯金のATMぐらいは置いて欲しいと思っています。 入院し1ヶ月半滞在しましたが、掃除の行き届いた感じで不衛生な状況を確認した事はありません。 医師の診断・治療法・説明について いつも血液検査の数値表をA4サイズの紙で渡され、それぞれの数値の高低で状態を説明して頂きます。 治療法は現在服用しているステロイドの量を徐々に減らす作業及び、骨が弱くなる為骨粗鬆症予防薬の投与等です。 当院は若い先生が多く、1度担当が変わっていますが、とても慎重な判断をする方で信頼できます。 実施した検査や処方薬について 毎回そうなのですが、診察前に採血と尿を採取し、その検査結果を元に診察しますので結果が出るまで1時間程待ちます。 処方して頂いているのはプレドニン、ボナロン、タケプロンで腎臓内科以外に、呼吸器、血液内科、眼科と診て頂いています。 他の科で貰い忘れたり、足らなかったりした時にすぐ対応してくれるので助かります。 今回の診察は定期健診の為、特に変化はありませんでした。 症状は安定しており、年明けに薬を止めるか否かを判断するという話でした。 診療を受けての全体的な感想など 本院ではなく、分院なので標準的な大学病院より少し敷地が狭いです。 先生方も栃木なまりの人が居たりして、親しみやすい雰囲気があります。 医療技術、設備、スタッフも一定のレベルはクリアしているので合格点と思います。 入院時に看護師さんが看護計画書を毎週いちいち作成したりするのです。 「患者の知る権利・その他2つ程、内容は忘れました」がポスターで貼ってあったりして、看護に対する意識は他病院より高いと感じました。 私個人の判断ですが、以前通院していたつくば大学病院よりはレベルが上かなと思います。 看護師や受付・スタッフの対応について 手術明けに看護師さんがつきっきりで様子を見てくれて本当に感謝している。 初めての大きな手術だったがこちらの要望に出来る限り応えてくれたので、感謝してもしきれない。 診察までの待ち時間や混雑度 初診のときは診察まで結構長い間待つことになった。 平日でも相当な混雑だったので仕方ないと思う。 評判が良い病院だということだと認識していたのでそれほど苦ではなかった。 施設の清潔感・充実度 手術、入院をしたのだがとても綺麗で部屋の融通を利かせてくれた。 毎日ベッドの周りの清掃をしてくれてありがたかった。 検査のマシーンも最新のものが揃っており遠方から来る方も多いようだ。 医師の診断・治療法・説明について 最初正確な診断は受けることは出来なかったが、現時点で危険な部位を取り除いていただき応急処置を迅速にしていただいた。 組織を病理検査にまわしても分からなかったが、世界の文献や症例等を調べていただき何とか病名が判明した。 非常に感謝している。 実施した検査や処方薬について 採血は10人ほどの看護師さんが流れ作業で行っています。 私は注射が極度に苦手なので不安でしたが、その旨を伝えると「横になりながらすることも出来ますが、いかがいたしますか?」と気を使っていただき安心して終えることが出来ました。 プライバシーへの配慮について 個人情報の扱いに関しては、正直特に意識していなかったので分からない。 ただこちらが不安に思ったり、不満を持ったことはなかったので特に問題はなかったと思う。 診療を受けての全体的な感想など 診察の際に何事もはっきりと言ってくれるところが良くもあり、怖いところでもあった。 私の場合は結果的にかなりの難病だったので、「治療方法が確立されていない、特効薬はない」と本当のことを言ってくれたので逆にスッキリした。 様々な情報網を使い、病名の判明と出来る限りの処置をしてくれたところは本当に感謝している。 この病院を利用してよかった。 看護師や受付・スタッフの対応について 来院前に電話予約が必要なのですが、電話で応対してくれた方がとても親切でしたし来院してわからないことがあっても病院のスタッフに聞けばきちんと教えてくれます。 大きな病院なのでわからないことは聞きましょう。 診察までの待ち時間や混雑度 大学病院なので全国から来院されているようなのでやはり混雑しています。 診察までの待ち時間は25分から40分ぐらいだと思います。 椅子には座れると思います。 本を読むかスマホで時間をつぶすしかないと思います。 施設の清潔感・充実度 とてもきれいな病院です。 中にはコンビニからスタバまであります。 待合室は大変混雑しています。 支払いにクレジットカードも使えるので現金をもっていなくても安心だと思います。 医師の診断・治療法・説明について 患者が多くて忙しいのはわかるのですが、なにかと時間がかかり過ぎるかもしれません。 大学病院だからすべて安心というのも難しいところだと思います。 薬をやたらに出さないところが良いです。 実施した検査や処方薬について 精神障害で投薬をしないことで有名な病院です。 2名ぐらいの専門医とのカウンセリングが中心になると思います。 なるべくお話し出来ることは事前にメモしておくとよいと思います。 プライバシーへの配慮について 大学病院だけありプライバシーの保護などを含めしっかりしていると思います。 医者も人間なので人格者であるとかそういう細かい部分は別だと思います。 診療を受けての全体的な感想など 発達障害の二次障害でうつになる人多いようです。 最初に個人病院で診察してセカンドオピニオンとして大学病院などに足を運ばれて細かな診察を受けることも大切だと思います。 病気とは『自分と向き合うこと』だと思います。 看護師や受付・スタッフの対応について 子供の入院も含め長期間利用したが、特に嫌な対応などはなかったと記憶している。 逆に目立って良い対応をしてくれた印象もないが、受診したのは10年以上前のため定かではない。 診察までの待ち時間や混雑度 混雑が酷い科もあるが、皮膚科はその中でも比較的空いていた。 しかし、会計は混雑しており、待つスペースもあまりなく、大学病院にしては会計受付が小さかった。 施設の清潔感・充実度 大学病院なので、施設の充実度は高い。 待合室も広く入院病棟も広い。 案内表示もわかりやすかったように思う。 トイレは古さが感じられるが、清潔さに欠ける印象はなかった。 医師の診断・治療法・説明について 足の指への麻酔は麻酔の方が痛いため、麻酔なしでの処置だった。 覚悟を決める余裕もなくいきなり切られたのはどうかと思うが、迷わす隙を与えないのは医師として良いと思った。 実施した検査や処方薬について 診察のみで巻き爪による化膿と判明。 その場でペンチのようなもので爪を切り、消毒を受けた。 炎症を抑える抗生物質と傷口に付ける塗り薬が処方された。 プライバシーへの配慮について 巻き爪での受診ではわからなかった。 子供が退院後に、夜間救急で受診することがあった。 夜間ということもありスタッフが少なかったからか不明だが、他の患者のカルテとX線画像を見ており、完全に患者を勘違いしていた。 プライバシー保護等危険な病院と感じた。 診療を受けての全体的な感想など あっという間に処置をしてもらえ、予後は良好であった。 巻き爪にならないための爪の切り方の指導もあり、その後繰り返すこともなかった。 診察等も丁寧で受診して良かったと思う。 看護師や受付・スタッフの対応について 看護師さんたちは技術があり自身に満ち溢れている様です。 患者さんに対する態度もむらがなく、よく教育が行き届いている印象です。 事務スタッフも皆さんやさしいし、わからない時でも丁寧に説明してくれます。 診察までの待ち時間や混雑度 大学病院なのである程度はしょうがないと思います。 血液検査の結果をもとにしての診察なので、結果がでないと予約をしても診察の順番がきません。 この病院は予約制でもいつも混んでいます。 施設の清潔感・充実度 施設内は綺麗です。 常に清掃の手が入り、清潔感で満ちています。 ゴミが落ちている事もなく、捨てる人も患者の中にはいません。 モラルが保たれています。 医師の診断・治療法・説明について 今の医師の変わってからまだ日が経っていない為手探りの状態です。 前の医師の検査結果を電子カルテで確認しながらの診察ですが、よくわからないという仕草をするので近日再度検査をする事になりました。 実施した検査や処方薬について 薬が余っていた事もあり、今回は処方なしでお願いしましたが、10年程前から処方内容は変わっていません。 血液検査は当日すぐに結果がわかるので、結果をもとに診察室で話がなされます。 待ち時間は長いですが、良いシステムだと思います。 プライバシーへの配慮について プライバシーの保護に関しては完璧だと思います。 患者は番号で呼び出され名前を呼ばれるときでもフルネームで呼ばれる事はありません。 清算なども番号制で名前は一切外に出る事はありません。 診療を受けての全体的な感想など 高度医療を売りにしているだけあって、新薬の話をしていただきました。 副作用についてはあまり詳しく教えてもらえませんでしたが、後日検査の後で再度話す事になり、少し希望がもてそうです。 看護師や受付・スタッフの対応について 看護スタッフの方と直接お話しをする機会はありませんでしたが、テキパキとしていて対応が速そうな感じでした。 先生も看護スタッフは専門職なので簡単には手伝いを頼みません。 診察までの待ち時間や混雑度 婦人科は常に混んでいます。 それでも予約患者の合間を縫うようにして定期的に診察をしてくれるのでありがたいと思っています。 病棟で急変があれば診察は中断するのである程度待つのは仕方ないと思います。 施設の清潔感・充実度 院内は常にきれいです。 清掃の方は良く確認に来られていて雨などが降った日は傘を持っている人に2重のビニールを薦めたりしています。 フロアは綺麗で、座る場所なども汚いと感じたことはありません。 医師の診断・治療法・説明について まず、問診とアンケートに答えて最初に処方されたのは中程度のうつ症状の為リフレックスというお薬でした。 しかし、リフレックスが日を追う毎に効き目が弱くなってきているので再度受診し、現在はホルモン補充療法でエストラジオールを服用し2種類の薬を服用しています。 夜に何度も目覚める事はなくなりました。 実施した検査や処方薬について 検査はホルモン値を計るためとホルモン補充療法を行う前に肝機能や腎機能に異常がないかを見るためにおこなわれました。 薬は現在抗うつ薬のリフレックスにホルモン補充療法としてエストラジオールを処方されました。 様子を見て次からはプロゲステロンの補充も行うとの事でした。 プライバシーへの配慮について プライバシーは完全に守られていると思います。 患者は予約番号で管理されているので名前はわかりません。 通常は予約番号か受付番号での呼び出しになります。 診察室から呼ばれる時は回りに聞こえないような小さなボリュームで呼び出しがあります。 診療を受けての全体的な感想など 大学病院だけあって設備が整っています。 検査の結果も当日すぐに確認できるので薬の処方の変更などすぐに出来ます。 先生は患者を大勢抱えていても常に笑顔絶やさず優しく接してくれます。 コメントのみの評価• とにかく産科の助産師・看護士さん達がすばらしく、妊産婦の心のケアにも気を配ってくださり、お産に前向きに取り組めたので、お勧めします。 交通利便な場所(近所にたまたま住んでいるだけであるが)。 診察がとても丁寧で、的確なアドバイスをくれる。 診断と治療が的確で、親身になってくださる。 担当医が非常に良くしてくれました。 母は末期癌でしたが、延命治療に関しては私たち家族と同じように本人の生活の質をとても大切に考えてくれる先生でもあり、痛みや苦しみに対する処置には積極的でした。 大学病院はまれに患者を実験台のように扱うと聞きますが、この先生はとても人間的で、最後には家族の私たちに深々と頭をさげて「非常に残念です」と声をかけて下さいました。 母も先生を信頼しているようで、それだけでも家族にとっては安心できました。 心臓検査をする場合、その後手術をする事を想定し循環器内科・心臓血管外科のある病院を選ぶと手術前後のケアがスムーズである。 この病院は内科外科があり、最寄駅からも近く病棟内もかなり清潔である。 又、手術説明も分かりやすくかつ丁寧であり、看護師の対応も良い。 しかし、大学病院は、患者の中の一人にすぎない為か主治医との時間が少ない気もする。 この点をふまえても十分お勧めできる病院である。

次の

獨協医科大学の評判はやはり、金さえあれば入学でき、学生的にも医者の...

獨協 医科 大学 病院

ごあいさつ 2020年4月、獨協医科大学呼吸器・アレルギー内科へ主任教授として赴任した仁保誠治(にほせいじ)と申します。 初代石崎達教授、牧野荘平教授、福田健教授、石井芳樹教授の後を継ぎ、私が5代目となります。 当科は呼吸器疾患全般、アレルギー疾患の診療、教育、研究に携わっています。 呼吸器疾患には肺癌、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎、呼吸器感染症、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)などがありますが、科学の進歩に伴い、様々な分野で新しい治療薬が開発されています。 私が専門としている肺癌の治療薬には、細胞傷害性薬剤(いわゆる抗がん剤)のほか、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬があります。 分子標的薬にはEGFRをはじめ、ALK、ROS1、BRAF、METなどの阻害薬が承認されており、さらなる新薬の開発も進んでいます。 がん細胞におけるドライバー遺伝子変異の有無を適格に診断し、適切な分子標的薬を使って治療することで長期に渡って病気をコントロールすることが可能になります。 当科の診療においては、すべての医療スタッフと協調して、チーム医療による安全かつ適切な診療を進めていきます。 また、分かりやすい説明に基づき、十分納得頂いた上で治療を行うことを重要視しています。 何か疑問な点がありましたら、我々医療スタッフにお尋ね下さい。 我が国では高齢化社会が進み、呼吸器疾患の患者が増加しており、呼吸器内科医の役割は増しています。 総合的な内科の臨床能力を基盤として、呼吸器、気管支鏡、アレルギーなどの専門医資格を取得することが可能です。 また、固形がんの中で肺癌は有効な薬物治療薬が最も多い癌腫です。 肺癌の診療を通じて、固形がんに対する薬物治療を学ぶことができます。 医学生や若手の先生方には、是非、呼吸器、アレルギー疾患に興味を持って頂き、我々とともに診療、研究を行っていきませんか。 何か不明なことがありましたら、遠慮なく私どもにご連絡下さい。 皆様、今後ともご指導、ご支援のほど宜しくお願いします。 【略歴】 1993年 広島大学医学部医学科卒業 1996年 国立がんセンター東病院 呼吸器内科 レジデント 1999年 国立がんセンター東病院 呼吸器内科 がん専門修練医 2001年 国立がんセンター東病院 呼吸器内科 医員 2010年 国立がん研究センター東病院 呼吸器内科 病棟医長 2020年 獨協医科大学 内科学(呼吸器・アレルギー)主任教授.

次の