簡単 スイーツ。 七夕スイーツを作ろう。ゼリーやケーキ、クッキーなど簡単に手作りできるデザートレシピ|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

簡単スイーツ作り!キャンプのデザートレシピ10選

簡単 スイーツ

出典: 大人も子供も大好きなチョコケーキ、キャンプで出てきたら最高かも!?家で作るようにはうまくいかないかもしれませんが、それもまたアウトドアスイーツづくりの醍醐味です。 混ぜて焼くだけなので、簡単!ぜひ挑戦してみてくださいね。 【材料】 ・チョコレート 100g ・お好みのナッツ 100g ・卵 3個 ・砂糖 170g ・サラダ油 100ml ・薄力粉 80g ・ココア 65g 【作り方】 1. チョコレート&ナッツは刻み、薄力粉、ココアはあわせてふるっておく。 ボウルに卵を割り入れてほぐし、砂糖を加えてよく混ぜたら、サラダ油を加えてドロッとするまで混ぜる。 ふるっておいた粉類を加え、ゴムベラで切るように混ぜ、チョコとナッツも加えて混ぜる。 ぜひ自分の好みに合わせた焼きリンゴを作りましょう。 【材料】 ・リンゴ お好きな数 ・砂糖 りんご1個につき大さじ1 ・バター りんご1個につき大さじ1 ・シナモン 適量 【作り方】 1. リンゴの芯を抜き取り、リンゴの中央に穴をあけます。 半分に切ってもいいです。 くりぬいた穴の中に、シナモンひとふり、砂糖大さじ1、バター大さじ1を詰め込みます。 アルミホイルに包み、網の上に乗せて30〜50分ほど焼きます。 箸がささるほどになったら完成です。 ホットケーキミックス粉、卵、牛乳を混ぜ合わせます。 スキレットにマーガリン小さじ1を入れて、火にかけます。 マーガリンがスキレットに馴染んだら手順1で混ぜ合わせたものを半分流し入れ、パインを乗せて弱火で焼きます。 表面の生地がプツプツしてきたら、グリルに入れて2〜3分くらい弱火で焼きます。 生地に火が通ったら完成です。 高級感溢れる。 抹茶のどら焼き 出典: 和のお菓子「どら焼き」。 Aをよく混ぜます。 振るったBの粉類をAに混ぜたら、生地は少し休ませておきます。 熱したスキレットにバターを溶かし、とろ火で焼き、あんこを挟んでどら焼きにします。 Cを合わせ、ピンと角が立つくらいに鮮やかな色のクリームに泡立てます。 どら焼きにお好みのアイス、抹茶クリーム、あんこ、ミントを飾って完成です。 フライパンで作るデスイーツレシピ 大人の味。 フランスパンを1cmの厚みになるように輪切りします。 Aを混ぜ合わせます。 混ぜ合わせたAに、フランスパンを5分浸します。 5分経ったらまたひっくり返して浸します。 フライパンの上に置き、様子を見ながら焼きます。 焼き上がったら完成です。 サクサクした食感が最高。 このクランブルを使った、バーベキューでも簡単に作れるお洒落なホットデザートをご紹介します。 薄力粉50g、砂糖25g、無塩バター25g ・りんご 1個 ・バナナ 1本 ・レモン汁 少々 ・バター 20g 【作り方】 1. まずはクランブル生地を作ります。 Aの材料をボウルで混ぜて手で潰しながら粉々にしたら、鍋に入れてほんのり茶色くなるまで焼きます。 りんごとバナナにレモン汁を絞り、バターを溶かしたスキレットかフライパンでじっくりと焼きます。 お好みでミントや他のフルーツも乗せたら美味しいかもしれませんね。 ぜひ試してみてください! 【材料】 ・フルーチェ ミックスピーチ 1箱 ・黄桃 1缶 ・ラズベリー 適量 ・牛乳 200g 【作り方】 1. 黄桃をくし形に切ります。 ボールにフルーチェを入れ、冷えた牛乳200gを入れ、とろっとなるまでスプーンでかき混ぜる。 器にフルーチェを盛り、上に黄桃とラズベリーを飾ります。 完成です。 キャンプを盛り上げる!スイカのフルーツポンチ 出典: スイカのフルーツポンチは子どもでも簡単に作ることができる、盛り上がること間違いなしのデザートです。 写真とは違いますが、スイカ本体を使った「スイカのフルーツポンチ」の作り方を紹介します。 スイカの中心に向かって、包丁をジグザグに一周入れます。 中身をくり抜き、種を取ります。 カットした桃缶とミカン缶とスイカの実を一部入れます。 サイダーを注いだら完成です。 ぜひ、試してみてください。 【材料】 ・ホットケーキミックス 800g ・牛乳 500cc ・卵 3個 ・バター 100g ・砂糖 75〜100g 【作り方】 1. バターを溶かし、砂糖、卵、牛乳、ホットケーキミックスを混ぜ合わせます。 太めの竹にアルミホイルを巻き付け、生地にまんべんなくかけます。 炭火で回しながら焼きます。 初めはなるべく早く回転させながら焼きます。 表面に焼き色がついたら、また生地をかけて焼きます。 これを生地がなくなるまで繰り返します。 焼きあがったら、真中の竹をそっとはずして完成です。 様々な楽しみ方ができる「スモア」。 手軽にできるのでアウトドアにぴったりですね。 ぜひ試してみてください! 【材料】 ・マシュマロ ・マシュマロをさす棒 【作り方】 1. マシュマロを棒にいくつかさして火であぶります。 焦げないように注意します。 焼けたらそのまま食べるか、ビスケットなどに包んで食べます。 まとめ 夏に食べたい涼しいデザートから冬に食べたい暖かいデザートまで紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

次の

夏にぴったり!2020年はこれが流行る!子どもが喜ぶ簡単スイーツはこの5つ!|まるpukin

簡単 スイーツ

com 1. お好みのジュースなどに熱湯で溶かした粉ゼラチンを入れて混ぜます。 冷蔵庫で冷やして固めます。 ゼリーをフォークなどでくずし透明のカップやグラスに盛り付けます。 星型にくり抜いたリンゴやスイカのフルーツをトッピングして完成です。 ゼリーは固めに作ってからフォークなどでくずすと、きらきらして見えるクラッシュゼリーになるようです。 三日月をイメージして缶詰のミカンをトッピングに使うのもよさそうですね。 七夕の夜空の色を思わせるゼリーを作るために、ぶどうジュースやブルーハワイのかき氷シロップを使うのもよいかもしれません。 七夕ドームゼリー 1. 缶詰を果実とシロップに分けて、シロップに熱湯で溶かした粉ゼラチンを入れて混ぜ合わせます。 ボウルや大きめのデザート型にゼリー液を流し込み、フルーツを入れます。 冷蔵庫で一晩冷やして固め、お皿にひっくり返して完成です。 ドームゼリーのなかに入れる食材は、果物のほかにも市販されている一口サイズのカップゼリーや星型のアラザンなどを使うのもよさそうですね。 ゼリーをゆっくりと混ぜ、とろみがついてきてからフルーツを入れると全体にバランスよく散らばるようです。 七夕スイーツのケーキレシピ iStock. プレーンなケーキ生地を作り、色を変えて模様をつけるための生地を少量を取り分けます。 取り分けた生地に食紅などで色をつけて、コルネなどを使ってオーブンシートに星の模様を描き、オーブンでおよそ1分焼いて固めます。 プレーン生地を流し込んでさらに焼き、粗熱が取れたらクリームを塗って巻きます。 クリームを流れるような形にデコレーションして完成です。 ロールケーキの上には、クッキーやフルーツをトッピングするのもかわいいかもしれませんね。 天の川をイメージして、青や紫に色づけしたクリームでデコレーションすると、より七夕らしくなるかもしれません。 七夕チーズケーキ 1. 細かく砕いたクッキーに溶かした無塩バターを混ぜ、ケーキ型の底に敷き詰めて土台にします。 クリームチーズ、生クリーム、レモン汁と熱湯で溶かした粉ゼラチンを混ぜてからケーキ型に入れて冷蔵庫で冷やして固めます。 ゼリー液を作り、チーズケーキの上に流し入れ冷やし固めると、2層のチーズケーキの完成です。 星型のアラザンなどで飾りつけると七夕らしいスイーツになりそうですね。 ゼリー液はブルーハワイのシロップや食紅を使って青く色づけすると、七夕らしいアレンジにすることができそうです。 七夕スイーツのクッキーレシピ 星のステンドグラスクッキー 1. ホットケーキミックスに室温に戻したバターを入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜ、クッキー生地を作ります。 生地をめん棒などで伸ばしてから型を抜き、型抜きしたクッキーより小さめの型やストローで穴を開け、予熱したオーブンで焼きます。 一度オーブンから取り出して、穴の部分に細かく砕いた飴を入れ、さらに2分から5分ほど焼きます。 溶けた飴が固まるまで冷まし完成です。 クッキーに開けた穴に飴を入れて冷やし固めることで、透き通ったステンドグラスのように見えるスイーツができ上がります。 食べる前にラッピングして笹に飾ると、七夕らしいかわいい飾りつけが楽しめるかもしれません。 織姫と彦星のアイシングクッキー 1. クッキー生地を作り、人形型を使って型抜きをしてオーブンで焼きます。 粉砂糖と卵白、アイシングカラーを使ってアイシングを作ります。 オーブンシートなどでコルネを作り、焼けたクッキーにベースとなる色を塗って表面が乾いてから織姫と彦星のイラストを描いて完成です。 アイシングを作るのが大変なときは、少量の水を混ぜるだけで簡単にアイシング液が作れる専用の材料を使うと簡単にできそうですね。 ベースを塗るときとイラストを描くときで、アイシング液の固さを変えると作りやすいかもしれません。 子どもとデザートを作るときのポイント iStock. 子どもが扱いやすい道具や食材を選ぶ 「子どもの小さな手でも扱いやすいサイズのクッキー型を用意しています。 子ども用の道具を用意したことで、手作りの時間を楽しんでくれているようです」(30代ママ) 「包丁を使わせるのが心配だったので、カットしてあるフルーツの缶詰やアラザンなどを用意して飾りつけを手伝ってもらいました」(20代ママ) 飾りつけに使うフルーツを子どもといっしょに選ぶことで、最後まで飽きずにお手伝いしてくれたというママの声もありました。 簡単なことでも、自分でできることがあると子どもも喜ぶかもしれませんね。 子どもから目を離さない 「子どもが包丁を使うときは、私が必ず見ているようにしました。 切りにくい食材は大人が切るようにしてます」(20代ママ) 「ケーキやクッキーをよく手作りするのですが、焼き上がってオーブンから出してすぐはとても熱いので、子どもに手を出さないように声をかけています」(30代ママ) お菓子を作るときは、熱湯やオーブンを使うこともあるので、子どもがやけどをしないように気をつけているというママの声がありました。 子どもから目を離さないようにしながら、楽しく子どもとデザート作りが楽しめるとよいかもしれませんね。 子どもといっしょに七夕スイーツを作ろう.

次の

夏にぴったり!2020年はこれが流行る!子どもが喜ぶ簡単スイーツはこの5つ!|まるpukin

簡単 スイーツ

com 1. お好みのジュースなどに熱湯で溶かした粉ゼラチンを入れて混ぜます。 冷蔵庫で冷やして固めます。 ゼリーをフォークなどでくずし透明のカップやグラスに盛り付けます。 星型にくり抜いたリンゴやスイカのフルーツをトッピングして完成です。 ゼリーは固めに作ってからフォークなどでくずすと、きらきらして見えるクラッシュゼリーになるようです。 三日月をイメージして缶詰のミカンをトッピングに使うのもよさそうですね。 七夕の夜空の色を思わせるゼリーを作るために、ぶどうジュースやブルーハワイのかき氷シロップを使うのもよいかもしれません。 七夕ドームゼリー 1. 缶詰を果実とシロップに分けて、シロップに熱湯で溶かした粉ゼラチンを入れて混ぜ合わせます。 ボウルや大きめのデザート型にゼリー液を流し込み、フルーツを入れます。 冷蔵庫で一晩冷やして固め、お皿にひっくり返して完成です。 ドームゼリーのなかに入れる食材は、果物のほかにも市販されている一口サイズのカップゼリーや星型のアラザンなどを使うのもよさそうですね。 ゼリーをゆっくりと混ぜ、とろみがついてきてからフルーツを入れると全体にバランスよく散らばるようです。 七夕スイーツのケーキレシピ iStock. プレーンなケーキ生地を作り、色を変えて模様をつけるための生地を少量を取り分けます。 取り分けた生地に食紅などで色をつけて、コルネなどを使ってオーブンシートに星の模様を描き、オーブンでおよそ1分焼いて固めます。 プレーン生地を流し込んでさらに焼き、粗熱が取れたらクリームを塗って巻きます。 クリームを流れるような形にデコレーションして完成です。 ロールケーキの上には、クッキーやフルーツをトッピングするのもかわいいかもしれませんね。 天の川をイメージして、青や紫に色づけしたクリームでデコレーションすると、より七夕らしくなるかもしれません。 七夕チーズケーキ 1. 細かく砕いたクッキーに溶かした無塩バターを混ぜ、ケーキ型の底に敷き詰めて土台にします。 クリームチーズ、生クリーム、レモン汁と熱湯で溶かした粉ゼラチンを混ぜてからケーキ型に入れて冷蔵庫で冷やして固めます。 ゼリー液を作り、チーズケーキの上に流し入れ冷やし固めると、2層のチーズケーキの完成です。 星型のアラザンなどで飾りつけると七夕らしいスイーツになりそうですね。 ゼリー液はブルーハワイのシロップや食紅を使って青く色づけすると、七夕らしいアレンジにすることができそうです。 七夕スイーツのクッキーレシピ 星のステンドグラスクッキー 1. ホットケーキミックスに室温に戻したバターを入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜ、クッキー生地を作ります。 生地をめん棒などで伸ばしてから型を抜き、型抜きしたクッキーより小さめの型やストローで穴を開け、予熱したオーブンで焼きます。 一度オーブンから取り出して、穴の部分に細かく砕いた飴を入れ、さらに2分から5分ほど焼きます。 溶けた飴が固まるまで冷まし完成です。 クッキーに開けた穴に飴を入れて冷やし固めることで、透き通ったステンドグラスのように見えるスイーツができ上がります。 食べる前にラッピングして笹に飾ると、七夕らしいかわいい飾りつけが楽しめるかもしれません。 織姫と彦星のアイシングクッキー 1. クッキー生地を作り、人形型を使って型抜きをしてオーブンで焼きます。 粉砂糖と卵白、アイシングカラーを使ってアイシングを作ります。 オーブンシートなどでコルネを作り、焼けたクッキーにベースとなる色を塗って表面が乾いてから織姫と彦星のイラストを描いて完成です。 アイシングを作るのが大変なときは、少量の水を混ぜるだけで簡単にアイシング液が作れる専用の材料を使うと簡単にできそうですね。 ベースを塗るときとイラストを描くときで、アイシング液の固さを変えると作りやすいかもしれません。 子どもとデザートを作るときのポイント iStock. 子どもが扱いやすい道具や食材を選ぶ 「子どもの小さな手でも扱いやすいサイズのクッキー型を用意しています。 子ども用の道具を用意したことで、手作りの時間を楽しんでくれているようです」(30代ママ) 「包丁を使わせるのが心配だったので、カットしてあるフルーツの缶詰やアラザンなどを用意して飾りつけを手伝ってもらいました」(20代ママ) 飾りつけに使うフルーツを子どもといっしょに選ぶことで、最後まで飽きずにお手伝いしてくれたというママの声もありました。 簡単なことでも、自分でできることがあると子どもも喜ぶかもしれませんね。 子どもから目を離さない 「子どもが包丁を使うときは、私が必ず見ているようにしました。 切りにくい食材は大人が切るようにしてます」(20代ママ) 「ケーキやクッキーをよく手作りするのですが、焼き上がってオーブンから出してすぐはとても熱いので、子どもに手を出さないように声をかけています」(30代ママ) お菓子を作るときは、熱湯やオーブンを使うこともあるので、子どもがやけどをしないように気をつけているというママの声がありました。 子どもから目を離さないようにしながら、楽しく子どもとデザート作りが楽しめるとよいかもしれませんね。 子どもといっしょに七夕スイーツを作ろう.

次の