長崎 梅雨 明け いつ。 九州の梅雨入りと梅雨明け予想!2019年の時期や降水量は?

梅雨入りと梅雨明け 2020(速報値)

長崎 梅雨 明け いつ

今週水曜日は広く強雨のおそれ 7月10日雨と高気圧の予想(ウェザーマップ) 週明けにかけて晴れ間の広がる西日本ですが、今週水曜日頃になると一気に梅雨前線が北上する予想です。 これは弱まっていた太平洋高気圧が沖縄付近で強まるためですが、さらに前線に向かって、高気圧の縁を回るように非常に湿った空気が流れ込むため、前線の活動が活発となるでしょう。 先日、記録的な大雨に見舞われた鹿児島など九州でも雨脚が強まり、雷を伴った激しい雨が降るかもしれません。 ただ先日と違って、今回は梅雨前線が同じような位置に停滞するような感じではないので、何日も大雨が降り続くということはないと思いますが、場合によっては非常に激しい降り方をするおそれもあり、注意・警戒が必要です。 今度の3連休は太平洋高気圧が消滅? 7月15日雨と高気圧の予想(ウェザーマップ) 沖縄付近で強まる太平洋高気圧ですが、今週末からの3連休は再び衰弱傾向となり、7月15日、海の日の頃には最も弱まってしまう予想です。 画面上では太平洋高気圧を確認することが出来ません。 このため、本州付近は夏空とは程遠く、各地で曇雨天傾向の本格的な梅雨空が続いてしまうでしょう。 梅雨前線の活動具合によっては、引き続き、激しい雨が降り、大雨となるおそれもありそうです。 来週後半に太平洋高気圧は盛り返す? 7月17日雨と高気圧の予想(ウェザーマップ) 3連休が終わると再び沖縄付近で太平洋高気圧の勢力が復活してくる予想です。 この太平洋高気圧が本州付近へ張り出してくれば関東以西でも夏空が広がり、梅雨明けにつながることになるのですが、今のところ、そうなるのは、早くても7月20日頃になるのではないかとみられます。 早ければというのは、この頃にどれ位張り出してくるのかはまだ予想がばらばらとみられ、もしかしたら7月下旬になってもだらだらと梅雨空が続く可能性も考えられます。 16日予報では? 16日予報(ウェザーマップ) ウェザーマップが発表した16日予報をみると、関東から九州にかけて、3連休は雨が降りやすく、その後来週いっぱいは曇雨天の傾向が続く見込みです。 7月20日頃からはようやく晴れ間のみられる予報となっており、早ければ、この頃に梅雨明けとなる可能性はあります。 ところが天気の確率をみると、晴れ傾向と曇りや雨傾向でかなりばらつていることがうかがえます。 つまり高気圧の張り出し、あるいは梅雨前線の挙動次第などでは、7月下旬になってもまだまだ曇雨天の傾向が続く可能性も十分に考えられるということです。 梅雨明けは年による差が大きく、特にこのところ顕著で、例えばに関して言えば、平年値は7月21日ごろですが、2018年は6月29日ごろ、2017年は7月6日ごろ、2016年は7月29日ごろ、2015年は7月10日ごろといった具合に、非常にばらついています。 今年はもう早い梅雨明けというのはほぼ可能性がなくなり、早くても平年前後、もしかしたら2016年のように7月末までずれ込む可能性も否定できないでしょう。

次の

【2020年】九州の梅雨入り・梅雨明け時期を徹底予想!

長崎 梅雨 明け いつ

関東・甲信地方の2020年の梅雨入り時期を予想! ショッピングはもちろん、ライブや美術展など年中沢山のイベントが行われる関東地方。 定期的に遊びに行くという方も多いのではないでしょうか。 できれば傘を持たずにお家を出たいですよね。 おでかけの計画を立てるのにぴったりな関東・甲信地方の2020年の梅雨入り予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、 関東・甲信地方の最も早い梅雨入りは1963年の5月6日、 最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日でした。 また過去68年間の関東の梅雨入りの平年時期は6月8日となっていますので、屋外でのイベントや、結婚式などの大切な予定は5月中に済ませておくと良さそうですね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨入りを予想すると、 2020年は6月1日から6月14日くらいとなるでしょう。 関東・甲信地方の2020年の梅雨明け時期を予想! 1度梅雨の期間に入ってしまうと、とっても待ち遠しい梅雨明け。 からっと晴れた空や温かい日差しが恋しくなりますね。 じめじめとした梅雨が明けるといよいよ夏本番。 2020年の関東・甲信地方の梅雨明け予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、 関東・甲信地方の最も早い梅雨明けは2018年の6月29日、最も遅い梅雨明けは、1982年の8月4日でした。 最も早いと言っても6月中に梅雨明けをしたのは過去68年間でたった1回のみなので、6月中の梅雨明けの確率はかなり低いと言えるでしょう。 また8月に入ってからの梅雨明けは過去68年間で4回と、8月の梅雨明けになる確率も低そうです。 また68年間の関東の梅雨明け時期は7月21日となっており、中旬と下旬の境目である18日~22日頃に梅雨明けすることも多いようですね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨明けを予想すると、2020年は7月15日から7月29日くらいとなるでしょう。 関東・甲信地方の2020年の梅雨期間の傾向は? 梅雨入り・梅雨明けの時期が早くなったり遅くなったりするのは、近年のように異常気象が発生する前からある梅雨の大きな特徴ですが、梅雨の期間に影響はあるのでしょうか。 2020年の関東・甲信地方の梅雨期間の傾向を予想してみましょう。 気象庁の1951年~2018年までの過去データによると、関東・甲信地方の最も短い梅雨期間は1978年と2018年の23日間でした。 過去68年間で25日以内だったのはこの2度のみですので、これはとても短いと言えますね。 ただし30日以内だった年は13回ほどありますので、近年のような集中豪雨が発生するような気候が続けば今年も十分ありえるかもしれません。 また最も長い梅雨期間は1963年の79日でした。 これはとても珍しいケースで、過去68年間で70日以上だったのはこの1度きりです。 平均が41日のところ、次いで長かった1998年の61日とも10日以上の差がありますで、70日以上続く年は滅多にないと言えますね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨期間を予想すると、2020年は33日~43日くらいとなるでしょう。 まとめ 2020年の関東・甲信地方の梅雨入りと梅雨明け、梅雨期間の予想はいかがでしたか? 過ごしやすい気候の春から夏に向かう季節は、遊園地や公園でもイベントが盛りだくさんです。 ぜひおでかけの計画の参考にしてみてくださいね。

次の

気象庁|過去の梅雨入りと梅雨明け

長崎 梅雨 明け いつ

スポンサードリンク 梅雨はいつからいつまで? 今年も暑い夏がやってきます。 季節が春から夏に変わる前、 訪れるのが 梅雨の時期です。 梅雨に入るとひと月くらいは、 ジメジメした天気が続いてイヤになっちゃいますよね。 外出も気になりますし、洗濯物も乾かない。 靴は濡れるし、髪の毛は広がる(笑)。 「梅雨の時期がいつからいつまでとわかっていれば、 それなりの準備や心構えもできるのに!」 と思うんですが、 意外なことに、 気象庁は梅雨入り・梅雨明けの予想はしないのです。 気象庁は梅雨入り・梅雨明けしてから発表するのが通例です。 「今日、九州地方が梅雨入りしたとみられます」 「九州地方が梅雨明けしました」 といった天気予報やニュースを聞いたことがあるかと思いますが、 「来週、九州南部地方が梅雨入りをしそうです」 という言い方は聞いたことがないはず。 ちなみに、 気象庁が地方気象情報等で使用する分類は• 九州南部 奄美を除く :宮崎県、鹿児島県の本土、種子島、屋久島• 九州北部 山口県を含む :山口県、福岡県、大分県、佐賀県、長崎県、熊本県 となります。 一般の区分とは少し違うので、注意してくださいね。 実は、「 梅雨入り」について、 明確な定義というものはありません。 梅雨入りの判断は 気象庁任せです。 そもそも梅雨というのは、 晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる気象現象で、 また、その期間を指すものです。 梅雨入りとは、梅雨の期間に入ること。 春の終わり、 天気の良い日が続いてから比較的雨が多くなり、 日照時間が少ない時期に突入するまで、 移り変わりの時期があります。 雨が続くような天気に移行したあと、 気象庁が今までの天候データとこれからの天候を予想して判断します。 天候の予想というのは、• 曇りや雨が1週間以上続くと予報がされた時• 曇りや雨が1週間以上実際に続いた時• 梅雨をもたらす梅雨前線がその地域に到達した時 と言われています。 梅雨入りは、数日から1週間程度の天候の予想にもとづいて、 各地方の予報中枢官署が発表します。 各地方の予報中枢官署というのは、 たとえば、関東地方なら東京管区気象台、 近畿地方なら大阪管区気象台のことです。 梅雨入りも梅雨明けも、各気象台の発表となります。 仙台管区気象台(東北地方)• 東京管区気象台(関東地方)• 新潟地方気象台(北陸地方)• 名古屋地方気象台(東海地方)• 大阪管区気象台(近畿地方)• 広島地方気象台(中国地方)• 高松地方気象台(四国地方)• 福岡管区気象台(九州北部地方)• 鹿児島地方気象台(九州南部地方)• 沖縄気象台(沖縄地方) 梅雨明けはどのように決める? 梅雨明けとは、梅雨の期間が終わること。 梅雨入りと同様に、 数日から1週間程度の天候の予想にもとづき、 各地方予報中枢官署が発表します。 梅雨入りと同じく、 「梅雨明け」についてもはっきりした定義はありません。 目安としては、• 晴れが1週間以上続くと予報がされた時• 晴れが1週間以上実際に続いた時• 梅雨をもたらす梅雨前線が南下した、戻らなくなった時 とされています。 なお、 後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、 その結果、梅雨入り及び梅雨明けの期日が変更となる場合があります。 近年では、2017年の東北地方が、 梅雨明けの日が速報値として発表されたものの、 その後も天気が長いことぐずついたため、 最終的に梅雨明けの日が特定されませんでした。 確定するのは、梅雨がとっくに過ぎ去った9月です。 データを再検討し、 修正された後に決まります。 梅雨そのものがハッキリしない天候なので、 すぐに確定できないのも頷ける気がしますね。 スポンサードリンク 2019年九州の梅雨入り時期の予想は? 気象庁では1951年から2018年までの梅雨入りの時期を公開しています。 1951年からのデータを見ていくと、 平年値と実際の梅雨入り、梅雨明けの間には、 年によってばらつきがあるのがわかります。 平年値の「平年」というのは、 2010年(平成22年)までの 過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。 なぜ2010年までなのかというと、 それはそういう規定があるからです。 30年間というのは世界気象機関(WMO)の規定で、 10年経つごとに更新なので、 次は2021年に改訂されて、 1991年~2020年の30年間となります。 梅雨入りからおおよそ、 40~50日間ほど梅雨の時期が続きます。 というわけで、 過去のデータから梅雨入りの時期を予想してみますね。 九州南部の梅雨入り時期は? 奄美地方を除く九州南部 宮崎県、鹿児島県の本土、種子島、屋久島 の梅雨入り時期のデータを見てみます。 気象庁で公開されている1951年から2017年までの九州南部の梅雨入り時期のデータを見ると、• 最も早い梅雨入りは、1956年の5月1日ごろ• 最も遅い梅雨入りは、翌年1957年の6月21日ごろ です。 ゴールデンウィークの真ん中、 5月1日の梅雨明けはとても早い気がしますが、 最も遅い6月21日とは、 なんと一ヶ月半以上の開きがありますね。 九州南部の直近5年間のデータを見ると、 2014年:6月2日ごろ 2015年:6月2日ごろ 2016年:6月4日ごろ 2017年:6月20日ごろ 2018年:6月5日ごろ 「 平年」:6月5日ごろ となります。 近年の傾向として、 5月下旬から6月の初旬には梅雨入りしているのが分かります。 これらのデータから予想すると、 2019年の九州北部の梅雨入りは5月31日前後から6月11日前後のあいだになりそうです。 2019年九州の梅雨明け時期の予想は? 梅雨明けの予想も梅雨入りと同様に、 気象庁で公開されている1951年から2017年までのデータを見ていきます。 九州南部の梅雨明け時期は? 奄美地方を除く九州南部 宮崎県、鹿児島県の本土、種子島、屋久島 の梅雨明け時期のデータを見てみます。 最も早い梅雨明けは、1995年の6月24日ごろ• 最も遅い梅雨明けは、1957年の8月8日ごろ です。 九州南部の直近5年間のデータを見ると、 2014年:7月16日ごろ 2015年:7月14日ごろ 2016年:7月18日ごろ 2017年:7月13日ごろ 2018年:7月9日ごろ 「 平年」:7月14日ごろ が梅雨明けとなっています。 これらのデータから予想すると、 2019年の九州南部の梅雨明けは7月10日前後から7月18日前後のあいだになりそうです。 九州北部の梅雨明け時期は? 前述のように、 九州北部は福岡県、大分県、佐賀県、熊本県、長崎県に加えて山口県が含まれます。 九州北部の1951年から2017年までの九州南部の梅雨明けの時期のデータを見ると、• 最も早い梅雨明けは、1994年の7月1日ごろ• 最も遅い梅雨明けは、2009年の8月4日ごろ です。 九州北部の直近5年間のデータを見ると、 2014年:7月20日ごろ 2015年:7月29日ごろ 2016年:7月18日ごろ 2017年:7月13日ごろ 2018年:7月9日ごろ 「 平年」:7月19日ごろ となります。 データを参考にすると、 2018年の九州北部の梅雨明けは7月13日前後くらいから7月22日ごろのあいだになりそうです。 2019年九州の梅雨入り梅雨明けの時期予想!平年はいつからいつまで?まとめ 2019年の九州南部の梅雨入り時期は、 5月29日前後から6月7日前後のあいだ、 九州北部の梅雨入りは、 5月31日前後から6月11日前後のあいだ、 となりそうです。 梅雨明けは九州南部が、 7月10日前後から7月18日前後のあいだ、 九州北部が、 7月13日前後くらいから7月22日ごろのあいだ、 と予想します。 平年のデータから九州の梅雨入りから梅雨明けの時期を見ると、• 九州南部: 5月31日ごろ~7月14日ごろ• 九州北部: 6月5日ごろ~7月19日ごろ となります。 気象庁は梅雨入り・梅雨明けを予想することはなく、 梅雨入り・梅雨明けしてから発表します。 梅雨入り・梅雨明けともに明確な定義はなく、 その判断は気象庁任せです。 梅雨入り・梅雨明けは、 数日から1週間程度の天候の予想にもとづいて、 各地方の予報中枢官署(気象台)が発表します。 関東の梅雨は他の地方の梅雨に比べると、 比較的安定しており、降水量も全国平均です。 最近の梅雨入りのデータを見ると、 6月の初旬には梅雨入りすることが多いので、 5月中には梅雨に備えておきたいところ。 衣替えや家の中の整理は、 湿っぽくなる前に済ませておくほうがいいですね。 じめじめと蒸し暑く、 雨が続く梅雨の時期はいやなものですが、 農作物にとっては恵みの雨になり、 雨が降らなければ水不足にもなります。 農作物にとっても、 わたしたちの生活にとっても、 梅雨の時期はないと困るものなのです。 梅雨時に雨が降るのは自然の恵みだと割り切って、 なるべく快適に過ごせるように工夫したいものですね。

次の