ブレソル 極 武 の 回廊。 穿界門SELECTION

CFYOWガチャ

ブレソル 極 武 の 回廊

グルバトのリニューアルに伴い、 新たなガチャシリーズが展開される。 グルバトSELECTIONを評価する。 先に結論 『グルバト勢も見送るべき』 グルバトの状況判断が必要。 暫くは手探り感が続くだろう。 よって現状では、見送るのを奨める。 結論の理由 1、記念パックと被る2体 リサ&ひよ里。 刷新記念パックと2体が被っている。 パック購入時は先にチケットを消費しよう。 パック内容とガチャ内容が被る。 こういうケースは珍しい。 見方を変えれば、この2体が推しと取れる。 闇鍋常連で所持済みの人も多いだろう。 所持済みなら、尚更ガチャは見送ろう。 2、配布チケットの存在 先日配布された2種類のチケット。 確実ではないが、獲得チャンスはある。 目的達成の観点では、 代替候補を含めることも出来る。 このガチャに霊玉を使う必要性は低い。 配布チケットでは得られない、 千年血戦篇、小説に備えた方が良い。 3、グルバトの報酬 グルバト報酬の調整も発表済み。 だが、目玉報酬一覧に変化はない。 必殺技の極意などは追加されなかった。 グルバトへの霊玉投下を回収できる、 その公算は変わらず低いだろう。 今までと変わらず、 手持ちの戦力でグルバトに挑戦していく。 霊玉は新ガチャに集中させる方が無難だ。 キャラ別3要素 (4周年無月)• 強ヒット数UP• 虚・無所属キラー• 極武の回廊6階・試練の塔1階 グリムジョー(ハロウィンver)• 強ヒット数UP• 強攻撃クール14%短縮• 極武の回廊8&17階 スンスン(番傘ver)• 強ヒット数UP• 強攻撃クール12%短縮• 手薄な技属性虚キラー (カカオver)• フィールド進入時25%回復• 強ヒット数UP• 強2がバフ 矢胴丸リサ(技)• 強ヒット数UP• 虚所属• 極武の回廊13階 猿柿ひよ里(技)• 通常ヒット数UP• 虚所属• 極武の回廊13階 弓親(技)• 致死生存率100%• 強ヒット数UP• 戦記クト2篇ボーナス指定 (速)• 強攻撃クール12%• 強ヒット数UP• 戦記クト2篇ボーナス指定 絶対引くのをやめるべき人 「月末へ貯蓄が必要な人」 月末に何が来るかは判らない。 だから、極力貯めておく。 2周目のステップ10には2200個。 何れにしろ、結構な霊玉数だ。 小説のピックアップも続く。 何よりも限定を優先した方が良い。 手許の配布チケットを活かそう。 5段階ガチャ評価 「2点」 明確な目玉が2体用意されている。 最低限の評価は出来ると思う。 だが、ガチャの登場タイミングだ。 現在、小説ピックが進行中。 月末の新ガチャも意識する時期。 更には配布チケットもあるなかで、 このガチャの評価には限界がある。 sakanadefish.

次の

グルバトSELECTIONは引きなのか?

ブレソル 極 武 の 回廊

CFYOW7弾のピックアップ。 初実装の山田清之介が登場する。 冷静な表情で展開する鬼道が魅力的。 先に結論 「速属性強化なら引くべき」 初登場の限定性も然る事ながら、 配置された属性に注目すべき。 相対的に層が薄い速属性を補う存在。 結論の理由 1、主要キラー 速属性強化の理由。 清之介は速属性の破面キラー。 主要キラーで確実に出番はある。 性能面でも最新キャラに相応しい。 CFYOW7弾の3キャラの中で、 清之介だけが共闘即戦力の位置付け。 2、20年前半の流れ 速属性強化の理由。 20年前半は速属性に流れが来ている。 麒麟寺・バンビエッタなど、 良質の速属性キャラクターが排出。 山田清之介も流れを汲む。 速属性強化を狙うならば、 現在の潮流に便乗すべき。 3、共闘戦力3体 ガチャをお奨めする理由。 清之介・白哉・恋次が該当。 ソウル特性がクール短縮であり、 強攻撃範囲UPも備えている。 今シリーズのピックアップで、 最も共闘戦力に特化したガチャ。 共闘キャラを獲得しやすい状況だ。 キャラ別3要素 1、山田清之介(CFYOW Truths)• 無所属• 無所属キラー• 極武の回廊20階・試練の塔12階 3、京楽春水• 通常攻撃ダメージ20%UP• ヒット数UPなし• 体力最大時全ダメージ20%UP• 死神キラー・破面キラー• 極武の回廊14階 5、阿散井恋次(共刀ver)• 虚キラー・破面キラー• 極武の回廊6階・試練の塔24階 最速撤退目安 「50連まで」 霊玉を使い過ぎない観点での目安。 50連の確定で撤退を一度考えよう。 5周年を意識するならば撤退。 速属性補強が優先ならば継続。 個人的な意見では補強に1票。 開眼を狙う人は引き際に要注意。 2月中旬リリースのCFYOW5弾、 約3ヵ月で復刻している。 復刻スピードを踏まえたうえで、 どこまで開眼を進めるか判断しよう。 引くべきではない人 「完璧を求める人」 「5周年が優先の人」 性能的な完全性を求めるならば、 清之介は見送るべき。 高性能キャラではあるが、 同属性キラーの完成体とは言い難い。 完成体が排出される時期は不明だが、 それまで待てる人は見送ろう。 5周年を優先する場合、 今回のガチャは見送るべき。 清之介に限った話ではない。 5周年は1ヵ月後に迫っている。 5周年に全力を掛けるならば、 6月戦線は我慢で乗り切ろう。 5段階ガチャ評価 「3点」 今シリーズの最良ピックアップ。 共闘キャラの補強を狙うなら最適。 手許にあれば必ず役に立つだろう。 戦力補強に繋がる確率は3%。 霊玉投下の意味は十分にある。 sakanadefish.

次の

グルバトSELECTIONは引きなのか?

ブレソル 極 武 の 回廊

最終的に獲得できるのはランダムの1体。 だからこそ、10人の候補選定が重要だ。 自分次第でチケットの価値が大きく変わる。 これらを引く可能性があれば要注意だ。 現在のガチャ傾向では、 『過去2年分のキャラが闇鍋に入る』 闇鍋で入手可能なら、候補から除外すべき。 開眼目的の場合は、 該当ガチャを待って権利行使が理想だ。 期間は3ヵ月に限定して良いと考える。 選べるキャラは時間経過と共に増えない。 最新キャターの排出が進むほど、 ガチャチケットの鮮度は低下する。 必要な戦力を決断し、次の展開に備えよう。 もし貴方がキャラパック購入者ならば、 パックの対象となり得る旧キャラを 候補に含める選択は回避すべき。 資源投下の対象を重複させてはいけない。 非効率になってしまう。 10人の候補を明確な役割の下で選出する。 どれが抽出されても、意義のある結果だ。 推しキャラ、見栄えの良いキャラで選ぶ事は否定しない。 だが、そこにプラス要素を付加できているかどうか。 それだけでガチャへの安心感、 結果への満足感は段違いになる。 ここで1枚上乗せ出来ればリーチが掛かる。 ここで1枚上乗せ出来れば完成する。 今後の開眼育成や狙いのガチャなど、 次の目的が定まるのも建設的で素晴らしい。 高難易度の穿界門ではその傾向が顕著。 手詰まりの階層、時間を要する階層。 シーズナルキャラで解決できるなら、候補に入れよう。 戦記は開眼のため、やらざるを得ない。 効率的な周回にボーナスキャラは不可欠。 だが、定期で開催される戦記ガチャに霊玉は絶対使いたくない。 無料で貰えたチケットで補えるなら納得だ。 転生可能の未所持なら霊玉200個が確定。 もし5大指針に該当する目的があれば、 霊玉200個を放棄しても実現しに行く価値がある。 そう判断したので、指針には含めなかった。 霊玉優先のプレイヤーもいる。 その場合、になるキャラでも未所持を選択すべきだ。 でも、候補が10体以上になってしまう。 又は、候補が10体も選択できない。 この様な場合は目的を絞り込んで欲しい。 前者の場合は解り易いと思う。 後者の場合を説明する。 「同目的キャラを複数選定して欲しい。 」 目的達成可能なキャラが複数存在する場合がある。 具体例として、水着織姫と正月マユリだ。 目的が「極武の回廊19階」ならば、 どちらのキャターでも達成可能だ。 よって、候補2枠を消費すれば良い。 1つの目的=1キャラとは限らない。 3ヵ月以内にプランが定まれば良い。 チケットの権利行使時期も腕の見せ所だ。 このキャラが必要だと思える時、 それは目的が明確化された瞬間である。 ガチャ仕様まとめ• キャラ一覧から10体を選択。 10体が確定したら「ガチャる」。 2019年10月16日までが対象。 選択可能キャラの追加は無し。 選択の解除方法は候補欄をタップ。 鰤ノ活〆語録 「先ずは紅茶でも」 「淹れようか」 by惣右介to十刃諸君 最大の醍醐味は キャラを選定するところ 先ずは紅茶を淹れよう ゆっくり楽しもう 貴方は誰を座らせる? PlayApartTogether sakanadefish.

次の