みる ぷん ぐん。 密豊君(イ・タン)は李麟佐の反乱で担がれ処刑された

密豊君(イ・タン)は李麟佐の反乱で担がれ処刑された

みる ぷん ぐん

密豊君(イ・タン)の史実 いつの時代の人? 生年月日:1698年 没年月日:1728年 名前:李坦(イ・タン) 称号:密豊君(ミルプングン) 父:臨昌君 母:凝川郡夫人咸陽朴氏 妻:郡夫人淸風金氏 側室:郡夫人林川趙氏 子供 長男:觀錫 次男:商原君、粛宗の息子・延齡君(イ・フォン)の養子になったものの、父が李麟佐の乱に参加したため処刑されました。 三男:恒錫 四男:謙錫 五男:益錫 彼は朝鮮王朝(李氏朝鮮)の主に19代粛宗~21代英祖の時代です。 日本では江戸時代になります。 8代将軍・徳川吉宗の時代です。 おいたち 1698年(粛宗24年)に生まれました。 父は臨昌君。 昭顕世子の孫です。 つまり、密豊君は昭顕世子と殯宮姜氏のひ孫です。 密豊君は昭顕世子の子孫 昭顕世子は16代国王・仁祖の長男でした。 清で人質生活をおくったあと朝鮮に戻りましたが帰国直後に死亡しています。 昭顕世子の死には謎が多く暗殺説もあります。 昭顕世子の死後。 妻の殯宮姜氏は仁祖を毒殺しようとしたという罪を着せられて処刑されます。 昭顕世子について詳しく知りたいかたはこちらを読んでください。 ・ 殯宮姜氏について詳しく知りたい方はこちらを読んでください。 ・ 昭顕世子と殯宮姜氏には息子が三人いました。 すべて流罪になりました。 長男と次男は流刑先で死亡しました。 しかし三男の慶安君だけは生き残りました。 慶安君は18代国王・顕宗の時代に許されて王族として暮らし、結婚もして子供も生まれました。 慶安君は1665年に死亡しました。 しかし家が貧しく葬儀をだせないほどでした。 気の毒に思った顕宗は慶安君の子らのために家を建て土地を与えました。 その慶安君の孫が密豊君 李坦(イ・タン)です。 つまり密豊君は昭顕世子のひ孫です。 本来なら正当な王族として優遇されていてもおかしくない血筋です。 密豊君の系譜 嬪宮姜氏の名誉回復 1718年。 姜氏の扱いは既に王族の身分を回復していた密豊君にとって最後の不安材料でした。 祖父・慶安君の母・嬪宮姜氏の名誉回復が実現しました。 このとき密豊君は20歳でした。 もともと西人派や老論は昭顕世子の一族の名誉回復には熱心でした。 この時代に名誉回復されたのも老論の働きかけがあったからでしょう。 慶安君や父・臨昌君も顕宗が建てた家で暮らしました。 しかし粛宗の時代に土地を没収されてしまいます。 原因は不明。 不祥事があったのかもしれません。 外交使節になって清に行く 1723年(景宗3年)。 密豊君は謝恩使になって清に行きました。 1726年(英祖2年)。 謝恩兼冬至使になって清に行きました。 清に使節として行くなど、王族の一員として働いていたようです。 景宗の時代まではとくに反乱を起こそうとか、王位継承問題に関わろうとした様子はありません。 反乱に担ぎ出された密豊君(イ・タン) 1728年(英祖4年)。 英祖に不満を持つ少論派と南人派たちが反乱を起こしました。 首謀者は少論派の中でもとくに過激な李麟佐(イ・インジャ)です。 李麟佐は「英祖は粛宗の息子ではない。 景宗を暗殺した」などと言って英祖が正統な王ではないと主張しました。 そして「密豊君が正当な王」といって担ぎ出して王にしようとしたのです。 密豊君は昭顕世子の子孫。 粛宗の時代には過去に不当な扱いをうけた王族の名誉回復がされた時機でした。 昭顕世子の子孫は由緒正しい王族と思われていたのです。 反乱には密豊君の長男・觀錫も参加しました。 密豊君がどの程度王座に興味があったのかはわかりません。 しかし李麟佐の乱は鎮圧されます。 密豊君は捕まって英祖のもとに送られました。 密豊君の最期 しかし密豊君を待っていたのは賜死 (しし)。 つまり毒を飲んで命を断つことです。 謀反ですから斬首になってもおかしくはありません。 事実、李麟佐は斬首になっています。 ですが密豊君は王族です。 英祖としても王族にそのような不名誉な死に方をさせるわけにはいかなかったでしょう。 王族らしく死ねたのがせめてもの情けでしょうか。 また、ある説では自決したともいいます。 密豊君は悲劇の王族の末裔から一転して謀反者になってしまいます。 謀反者になった密豊君の息子も処刑されました。 こうして細々と続いていた昭顕世子の家系は途絶えてしまいます。 しかし、1864年(高宗1年)。 密豊君の名誉が回復しました。 高宗の時代はすでに朝鮮国王の権威は落ちていました。 そこで祖先の地位を高くしてその子孫の自分も地位を高めようとしたのです。 TVドラマ テバク SBS、2016年 演:ソ・ドンウォン ヘチ SBS、2019年 演:チョン・ムンソン ドラマではテバクとヘチに登場しています。 どちらもドラマのクライマックスでは「李麟佐の乱」が、大きな事件になっています。 どちらも「李麟佐の乱」にむけて物語が進んでいくのですが、テバクとヘチでは視点が全く違います。 テバクでは反乱の首謀者は李麟佐(イ・インジャ)。 ドラマの中心はイ・インジャとペク・デギル(英祖の兄)です。 史実通り、イ・インジャが反乱の中心人物になって密豊君(ミルプングン)を担ぎ出します。 ところがヘチでは密豊君(ミルプングン)反乱の中心にいます。 密豊君は野心あふれる人物として描かれ、英祖が王になる前から対立しています。 歴史上の密豊君がむやみに人を殺したり、自分から進んで王になろうとしたという記録はありません。 ドラマを面白くするための脚色です。 ヘチとテバクは同じ事件がもとにしていても、描かれ方が全く違うのです。

次の

昭顕世子は不審な死をとげた悲劇の王子

みる ぷん ぐん

混迷する後継者争い 朝鮮王朝13代王・明宗(ミョンジョン)には跡継ぎがいなかったため、自身の跡継ぎを11代王・中宗(チュンジョン)の孫の中から選出する。 こうして、王となったのが14代王・宣祖(ソンジョ)である。 自身の出自をとても気にしていた宣祖は、自分の跡継ぎには正室から生まれた嫡男を指名したいという気持ちを強く持っていた。 しかし、 正室の懿仁(ウィイン)王后は子供を産まなかった。 王の後継者がいつまでも不在なのは問題だったため、宣祖は側室の息子の中から跡継ぎを選ぶ必要にかられた。 その候補になったのが、長男の臨海君(イムヘグン)と二男の光海君だ。 本来、朝鮮王朝では「長男が後継ぎとなる」という原則があり、臨海君が後を継ぐのが当然だった。 しかし、臨海君は性格が粗暴で王の資質に欠けていた。 1592年、後継者選びが決まる前に豊臣秀吉による朝鮮出兵が起きた。 朝鮮王朝は圧倒的な軍事力をもつ豊臣軍の前に敗北が続き、王である宣祖は都を捨てて逃げ出して、臨海君も捕虜にされてしまう。

次の

王の夫婦生活 9人の女性に囲まれて!?

みる ぷん ぐん

この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2015年4月) サザエさん症候群(サザエさんしょうこうぐん)とは、の夕方から深夜、「翌日()からまたやをしなければならない」「月曜日の休み=タブーである・ガックリする・罪悪感を感じる」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の、における俗称である(後述するように、テレビアニメ『』は日本国内の多くの地域で日曜日夕方に放映される)。 実際に月曜日(マンデー)に仕事や学業が始まってからの憂鬱さ、また交代制勤務において月曜日の休みを敬遠する・嫌うことを含めた、同じような症例の ブルーマンデー症候群 Blue Monday についても取り扱う。 概説 [ ] 主にやなど、月曜日(連休の時は翌日の火曜日)から学校や勤務が始まる人に起こりうる症状とされる。 また交代制勤務において月曜日(連休の時は翌日の火曜日)の休みを敬遠する・嫌う人にも起こりうる症状とされる(土日に出勤した場合や仕事柄で月曜日が閑散日にあたるため月曜日が定休日になっている業種以外で業務や学業が輻輳する週の中で最も忙しい月曜日(連休の時は翌日の火曜日)に休むことはごくつぶしと思われる・休みことに罪悪感を感じる(月曜日に休むこと=タブーである)風潮があるため、月曜日(連休のときは翌日の火曜日)に続けざまに休みを入れられると暗に「戦力外通告」「仕事を辞めろ」的なニュアンスに感じる)。 月曜日(連休のときは翌日の火曜日)になるごく軽度の又はの一種とする説もある。 ただし、夏休み中や冬休み中などの長期休暇の場合や、・日曜日が学校や勤務でが休日の場合は翌日の月曜日も休みのため、なる人があまりいないこともある。 ブルーマンデー [ ] 世界的には Blue Monday(ブルーマンデー、「憂鬱な月曜日」)と言われ、休日明けの物憂い月曜日(月曜固定祝日・月曜強制休日を含む(連休の時は翌日の火曜日))として広く認識されている。 日本のによる調査(2018年2月に働く男女と専業主婦の各400人に実施)では、「憂鬱に感じる曜日」は月曜日が各層とも最多だった。 の上田路子らによる人口動態調査票の分析では、男性のが最多なのは月曜午前であった。 予防や軽減には「金曜日までに仕事を片付けたうえで翌週の予定を立てておく」「週末は趣味などに没頭する」ことなどが有効とされる。 月曜(連休の時は翌日の火曜)の始業を午後にすることを認めたり、休日を日・月曜日にしたりするなどの対策を行う企業も一部にある。 交代制勤務に従事する者は業務が輻輳する月曜日(連休の時は翌日の火曜日)に休日を入れないようにしてもらう・通常の配置より増配置をして負担を軽減する。 もしくは月曜日(連休の時は翌日の火曜日)に休日指定されている場合に休日出勤の要請を募集している場合は積極的に出勤するなどが有効とされる。 名前の由来 [ ] この名前の由来は、『』が日曜日の終わりの代名詞となっていることである。 休日の終わりを自覚する最も多いパターンが、で毎週日曜日18:30 - 19:00()にで放送されているアニメ『』の放送時間帯であることから、この名称がつけられたとされる。 『サザエさん』は50年を超えるであり、世代にかかわらず認知度が高く、放送開始時刻・終了時刻が固定されており、プロ野球中継などで放送休止になる例が非常に少ないことから、日曜夕方の代名詞となったといわれる。 は自身のシングル『NIPPONのサザエさん』でサザエさん症候群を表現している。 この症例はの終わり、仕事の始まりを実感し憂鬱になるものであり、それらを概して呼ぶために比較的認知されやすい語を用いて説明しているに過ぎないため、警察・自衛隊・製鉄所など交替勤務を要するものや、平日に定休日を設ける商店など、必ずしも日曜日が休日とならない職種の人、『サザエさん』を他の曜日および日曜日の早朝にで放送している地域(フジテレビ系列の置局がない・・・では系列外局で放送) の人が覚える休日の終わりによる憂鬱感でも、こう呼称して問題は無い。 脚注 [ ] [].

次の