天気の子 ネタバレ 感想。 天気の子(映画)のネタバレあらすじとラスト結末は?感想も

天気の子の結末ネタバレや感想は?号泣シーンや面白いつまらないラスト賛否も紹介

天気の子 ネタバレ 感想

2019年の日本アニメ映画 「天気の子」。 2020年5月末、VOD配信がされました。 さっそく見てみたんですが、 ごめんなさい。 酷評します。 新海誠監督のことは『ほしのこえ』から知っていますが、 この作品は無理。 流れは『君の名は』と同じで、『彗星の危機』が『止まない雨』に変わっただけだと思ってもいい。 多分次回作もきっとこういう流れなんだろうなーって思うほど同じ流れ。 だけど、表現というか、演出がやりすぎ。 『愛』の一言ですべて片付くと思ったらおお間違い。 愛を『美しいもの』であるかのように書くのは良いんだけど、『都合のいいもの』で書くのは間違い。 それでは、ここから 『天気の子(アニメ映画)』のあらすじ・ネタバレ・見どころ感想を紹介していきます。 Contents• 映画『天気の子』 のあらすじネタバレ 高校1年生の帆高は、離島から東京へ家出して来たが働き口を見つけられず困窮していた。 だが離島から抜ける際の船で出会った男を頼り、男が経営するオカルト記事のライターの仕事にありつく。 陽菜はお金に困窮しており、帆高は陽菜の天気を晴らす力をビジネスにしようと提案。 雨続きの東京は陽菜の力によってわずかだが晴れ間をとりもどしていく。 依頼はどんどん増えるのだがある依頼でその姿がテレビで中継されてしまう。 これでこの仕事はいったん辞めようということになるのだが、 拳銃を所持していたことで警察から追われるようになり、帆高、陽菜、そして陽菜の弟の凪と3人で逃亡するようになる。 だがあるホテルに泊まった際、陽菜は忽然と姿を消してしまう・・・ 雨を止めるか、そのままにするかを選択する物語。 物語開始時点で天気はずっと雨です。 物語が進むと、晴れ女という都市伝説があり、晴れ女は天気を晴らす能力があるということが分かりますが、 本質は晴れ女が生贄になると雨は止むというものです。 それは晴れ女である陽菜がこの世界から消えることを意味しており、 陽菜を愛してしまった帆高は消えてしまった(生贄になった)陽菜を探しだし、 この世界は雨のままでいいと言います。 つまり、 『自分はあなたが好きです。 だからみんなのために生贄になるな』ということです。 これが結末ですね。 天気の子(映画)の見どころと感想 ごめん・・・新海誠監督。 これつまんない・・・。 いや、つまらないだけならまだいい。 監督の 世間への影響を考慮すると害悪だとすら思う。 ほしのこえからずっと応援してたけど これはない。 家出少年、身分詐称、銃砲刀剣類所持等取締法違反、公務執行妨害、逃走罪、線路侵入(罪名わからん) パッと思いつくだけでもかなりの問題、犯罪があります。 おまけに帆高にあてられて 大人でさえ帆高の逃走をほう助。 信号無視 、危険走行、スピード違反。 刑事に暴行を加え、公務執行妨害を行います。 愛のためなら何をしてもいいとでも思っているのか? 新海監督、大丈夫か? 自分のワガママを押し通すためなら犯罪を起こしてもいいと思ってるの? 髪型はともかく、まっとうな仕事をしているはずの 警察の人が本当に可哀想。 これがたとえば、 世界滅亡とか、君の名はでの 『彗星の破片落下衝突による大量死』とか、 超究極的な事態であるならば話は分かるし理解できる。 ですが今回は『人間一人の命』がかかってるとはいえ、 警察は主人公の行動を邪魔する悪役のように描写するのはいかがなものか。 どう見ても間違ってるし、狂っている。 表現の自由にも限度があるぞ。 そもそも穂高は拾った拳銃で一般人(スカウト)に対して発砲(威嚇射撃)しています。 法律の専門家ではありませんが、殺人未遂罪の適用を受けてもおかしくないと思います。 これだけやって 保護観察処分って嘘でしょ? おまけに流れてくる RADWIMPSの曲が嫌悪を助長させる・・・。 映像は本当に美しいものだったんですが、それ以外に見どころは感じません。 映画を見てて顔をしかめたのは初めてかもしれません・・・。 タイトル 天気の子 ジャンル クライムラブストーリー 制作国 日本 上映時間 112分 日本公開 2019年7月19日 監督 新海誠 脚本 新海誠.

次の

天気の子の評価が低い理由は?高いという感想と海外の反応も

天気の子 ネタバレ 感想

ネタバレ! クリックして本文を読む 家出して東京に出てきた少年の前に立ちはだかる「東京」という壁。 屹立する大都会を映像に落とし込んだ密度に圧倒される。 つまり、情報量がやたらと多い美術の厚みは、そのまま少年には太刀打ちできない現実の重みとなるのだ。 しかし、少年に若き日の自分を見たやさぐれた大人や、大人に頼ることなく生きたいという想いを共有する少女との交流によって、少年はかろうじて「東京」に対抗する術を手にする。 映画はやがて、東京を(拡大すれば世界そのものを)守るべきか否かという選択の物語になっていくのだが、少年が選んだ道を100%支持したい。 現実という枷をぶち破ることこそが、フィクションが与えられた自由と希望だと思うから。 にしても、明るくライトな『君の名は。 』の東京とは真逆の印象であることが興味深く、これまで不勉強でよく知らなかった新海誠という人の視点に今更ながら興味を持ちました。 基本的にジブリ以外のアニメは見ない自分ですが、『君の名は』が大ヒットしたのでテレビで見てみたら非常に面白かったのと、映像がとても綺麗で感動したこともあり、『天気の子』はぜひ映画館で観たい、と遅ればせながら劇場に足を運びました。 いろいろ意見はあるようですが、個人的には『君の名は』と同じくらい面白かったです。 『ラピュタ』もそうですが、若い子の切なく、一途で、淡い恋模様は見ているだけで癒され、こちらの情動に訴えかける強さがあります。 設定的に細かい突っ込みどころはあるにはありますが、全体として見ればよく作りこまれた展開で、要所要所に緊迫する場面や、ほんわかする場面が織り込まれていて、最後まで飽きることなく楽しめました。 同日に評価4.0の『ストーリーオブマイライフ』も観たのですが、個人的には『天気の子』のほうがストーリーの抑揚が効いてて面白かったです。 ネタバレ! クリックして本文を読む 主人公があまりに常識を知らず矮小な価値観で動いているので、行動の意味が理解できない、全く共感を感じることが出来ず終始イライラしてしまった。 自分が信じた感情や想いは自分だけが正確にわかっている、またそのために誰がどのような犠牲をうけても構わない、それがみなが見えていない正義であるから、という青年期特有の突っ走る言動に加え、自分自身は特別な存在で世の中や世界を大きく変えることが出来る存在なのではないかという子供ながらの我の強い承認欲求が終始目立っていた。 それらを若く生き生きとした子供らしい描写と共感を感じられるかどうかでこのアニメの判断は大きく分かれる。 個人的には展開が最初から最後まで突っ込みどころ満載すぎていちいち書ききれないが、特に気になったのは彼女は15歳だと発覚したのになぜラストの三年後にまだ田端に住んでいたのか?制服だったから高校生だと思うが児童相談所はどうした?? 児童相談所田端にあるの? また、拾ったとはいえ本物の銃を複数の人に向けたり 実際一度発砲している 線路を走ったり警察を振り切ったり殴ったりと様々な違反行為を繰り返しておきながら、ただの保護観察で済むのか?全ては丸く収まり地元に帰って無事高校を卒業しましたとはどういうことか?? この映画にはちゃんとした大人は出てこないのか?そう思うこと自体ナンセンスであれば私はこの映画をみる資格はなかったようだ そもそも権利を主張するのであれば義務を果たす必要がある。 彼は何一つの義務を果たさず嫌なことから逃げだし、自分よがりな心地いい世界を作ろうとして失敗し、最後は親の庇護を引き続きうけ無事高校を卒業し上京、憧れの彼女と再会を果たす。 子供ながらにやりたいことだけやって大冒険の結果子供として受けられる享受は全て受けて終わるのである。 あまりに幼稚で子供ぽい発想。 天気云々がなんらかのメタファーだとしてもここまで共感を感じないストーリーは初めてだった。 子供と一緒に見ていたので止めることが出来ず最後まで観てしまったが一人ではとても無理だった。 同じ青年期の突っ走る話なら三島由紀夫の春の雪を思い起こさせるが、深い描写や葛藤というものが皆無でまさに『清々しい』ほどの安直な浅い未熟さであった。 彼女を救いだす際の『もう晴れなくてもいい』には絶句した。 もっと周囲を観て、本当は誰に守られ、愛されていたのか知ってほしい。 あと歌舞伎町で拳銃を拾ったら警察に届けるくらいの常識は持っていてほしい。 中高生には受けそうでしたが個人的には時間の無駄でした。 秒速5センチメートルがやや良かっただけにがっかりでした。 残念ながら不快だったためもう二度と観ることはありません。 演出とか展開は「君の名は」のテンプレのように 感じたけど、楽しく観れた。 台詞やストーリーの盛り上げ方、語りの入りや 音楽のかかり方は「君の名は」で観たよこれ! と何度も突っ込めたけど、 キャラが生き生きしてて魅力的だったし、 16歳の自分がこうと信じたら疑わない真っ直ぐな力が おじさんには眩しく感じました。 大人になった僕には、そこに行ってもどうにもならんよ。 どうなるか分からないじゃん。 ってところを そこに行ったら変わる筈なんだ!と100%信じて走る 主人公に10代の自分が重なったりもした。 自分さえ自分と好きな人さえ良ければ良いというラストも 10代らしくて良いんじゃないかと思う。 だけど、おじさんになった自分は刑事と一緒で「うぜぇ!」 とも思ってしまった。 小栗旬さんは演技も上手いのね。 キャラは良かったけど、もうこの演出はお腹いっぱい。 次回作でどうなるのか? 同じなのか引き出しがあるのか、やはり注目です。 ネタバレ! クリックして本文を読む 前作「君の名は。 」の記録的大ヒットの後とあって、今度はどんな作品が見られるのかという期待と、あの非現実的とさえいえるほどのヒット作を上回ることができるのかという不安とがぼくの中にはあった。 結果は、本当に驚かされたいい映画だった。 少年が少女と出会い、救われ、彼女を守り助けるために一人戦い、最後に少女を救う。 その大筋は「君の名は。 」と同じに感じるかも知れない。 けれどこの二つの作品には大きな違いがあった。 前作君の名は。 では、主人公瀧がヒロインの三葉を救うことがそのまま糸守という町を救う事とつながる。 彼らの行動は全ての人を救い、全ての人から感謝され、称賛される。 二人は数年の時を経て運命的に再会し、幸せに結ばれる予感を残して観客から祝福されて幕が下りる。 しかし今作はそうではない。 天気が狂い雨が降り続く世界で主人公帆高はヒロイン陽菜と出会う。 祈るだけで天気を晴れにできる陽菜は「天気の巫女」であり、やがて彼女は世界を晴れにすることと引き換えに生贄となって消える。 その運命にあらがって帆高は陽菜を救い出し、それによって世界は再び雨に沈んでいく。 彼らの行動は、他の誰にも利益をもたらさないどころか不利益でしかないのだ。 それでも、たとえ世界を敵に回しても、自分の一番守りたいものを守ったっていいんじゃないのか? これこそがこの映画のテーマだ。 我々人間は社会的な生き物だ。 常に一定の我慢を要求され、公共の福祉に利することを求められる。 隣にならえの風潮強い我が国では特に、「同調圧力」という言葉に表されるように、時として自分の願望よりも大勢の利益を優先することが美徳とされる。 そんな社会や風潮に対して、ノーを貫いたっていいじゃないか、と呼びかけるのがこの作品だ。 彼らの行動で世界はなにもよくならない。 それでも主人公は最後に叫ぶ。 「ボクは選んだんだ。 あの人を、この世界を、ここで生きていくことを」 世界の全てを敵にしても貫きたい、守りたい大切なもの。 そのかわり、自分の選択の結果に責任をおわなければならないこと。 そういうことをこの映画から感じ取った。 エンターテイメントとして、見せ物としてはもしかしたら君の名は。 のほうが面白いかも知れない。 けれど、社会に対する挑戦的なメッセージ性という意味で、最高傑作の一つに数えられるべき名作であると僕は感じる。 ネタバレ! クリックして本文を読む 新海監督の作品は全て見てます。 個人的には新海監督の背景の書き方が変化していると感じた。 例えば過去作品の言の葉の庭、雨シーンが多いのだが現実なら淀んで見えるであろう風景が公園の緑が強調され新海マジックで美しい世界観に仕上がっていた。 どの色と光を強調することで美しい景色になるのかというところをあのときはうまく抑えていたと思う。 しかし今回は作画が綺麗なだけに感じた。 色々と手を加えすぎた感が迷走しているようにも感じそこは残念に思えた。 東京の夜景のシーンや空の背景や家の背景は素晴らしいが、 CGを取り入れすぎてるところは新海らしさを消してると個人的に思う。 魚のシーンは違和感を感じた。 話の内容についてだが、 元々新海誠は話作りに癖のあるパターンが多く 秒速が良い例 それが逆に視聴回数を重ねる毎に良い作品に変化する不思議な監督だった。 君の名は万人受けしたが今回は新海節が濃く好みは非常に分かれると思う。 話が進むにつれて主人公が好きになれない人もいるだろう。 しかし個人的に君の名はよりに今回の話は好きでした。 全てがハッピーエンドとは言えず、主人公が理想の世界観を周囲に押し付けた身勝手な選択は若く残酷で罪深い。 警察から逃げ切ったときヒロインと弟と三人笑って流しているのは若いなぁと大人目線で少しゾッとした。 彼らはあれだけ生活に困窮しているのに何も学ばない。 唯一の救いは主人公を取り囲む須賀や夏美初め良き大人に恵まれていたということ。 自分の立場を犠牲にしてでも立ち向かってくれる大人に出会えるなんてなかなかない。 終盤、主人公とヒロインが道を踏み外さなかったのはそこが大きいのではないだろうか? あと、少し中盤雨のシーンが多く少し眠くなった。 少しサクサク進んでもいいんじゃないかと思うシーンもちらほら。 スポンサーが沢山ついて嬉しい限りだ新海監督らしさを貫き通して作品づくりをしてほしい。 ネタバレ! クリックして本文を読む 映画「天気の子」 新海誠監督 から。 映画「君の名は。 」と比較しているレビュアーが多いが、 私は、映画「言の葉の庭」と似ているな、と感じた。 こんなフレーズがある。 「人の心って不思議だ。 例えば朝、窓の外が晴れているだけで元気になれてしまう。 空が青いだけで生きていてよかったって思えたり 隣にいる誰かをもっと愛おしく思えたりする。 雨ばかりの東京では皆が様々な理由で晴れを求めていた」 「言の葉の庭」では、雨の日にだけ会える設定なので 「夜眠る前、朝目を開く瞬間、気付けば雨を祈ってる」 同じ雨なのに、止んで欲しい、降って欲しい、と思う人がいる。 この対比が絶妙で、雨の描写も似ている、と感じた。 取材で訪ねたお寺の住職さんの一言、 「そもそも、天気とは、天の気分、 人の都合など構わず正常も異常も計れん」 「天気にとっては異常気象なんて知らん」ってことなんだろうな、 それにしても、この一言は、説得力があったな。 画面の美しさと演出の素晴らしさはさすが新海誠と言ったところ。 ただ、『星を追う子ども』を見たときと同じような感想になりますが、「新海誠がエンタメな作品を作ろうとするとやっぱこうなるんだ」という思い。 監督本人は『君の名は。 』だったり『天気の子』のようなエンターテインメントでファンタジーな物語でハッピーエンドな映画を作りたい(あるいはハッピーエンドの方がウケが良いのでお金を出してる人が新海誠の作風でそういう映画を作らせたい)のだと思うのですが、新海誠監督にはやっぱ拗れてて欲しいですよね。 ファンの一人としては『秒速』の方向性で行ってくれ、『言の葉の庭』は良かったぞ、といったお気持ちです。 作品を通してやりたいことは分かるんですけどね…私もオタクなので…。 穂高と須田さんの対比とかそういうこと、アニメ監督だったらやりたくなるよね……。 ネタバレ! クリックして本文を読む 天気を治す人柱たる陽菜が、最後は自分の人生を優先させるんですよね。 穂高に誘導されてそうなった面もあるけど、そこがどうも腑に落ちない。 その代償として、東京が水没しています。 穂高と陽菜のハッピーエンドが、それと引き換えに世界が破壊されています。 これじゃあ利己的なラブロマンスになってしまいかねない。 穂高に焦点を当てると、もっとそれが言えます。 自分の勝手な自我で親元を捨て、故郷を否定し、東京では世界を破滅させてまで、好きな女性と一緒にいたいのです。 この映画は見方によっては、穂高の利己主義を描いているのです。 曇天の隙間から太陽が輝く東京は神々しく、またおなじみのバンドによる優しい歌声が、そうしたシナリオを忘れさせてくれますが、それに騙されてはいけません。 君の名は、では、利己的な恋愛が犠牲になり、世界が救われました。 その上で、二人が東京で一瞬すれ違い、ハッとした。 その後は描かれない、だからこそ、観客は涙したのです。 新海さんはあえて、二つの作品を逆に描いたのかもしれません。

次の

『天気の子』ネタバレ感想、俺たちは本当に大丈夫なのか?

天気の子 ネタバレ 感想

天気の子をネタバレなしで見所紹介 天気の子は 登場人物の心の動き、それぞれの抱える辛さの克服と成長を描いた感動の物語です。 思春期の子どもたちの抱える辛さ、そしてそれに立ち向かう姿がまぶしかった。 小栗旬演じる須賀は大人なのですが彼も物語を通じて成長しておりこちらをメインにみるのも面白かったですよ! 天気の子のネタバレなしでキャラクター感想 魅力的なキャラクターにあふれている天気の子。 主人公の 帆高(ほだか)は 泥臭く一生懸命な青年で応援したくなる存在、ヒロインの 陽菜(ヒナ)は可愛くて頑張り屋さん。 そしてヒナの弟の 凪(ナギ)はめーちゃくちゃかわいい!君の名はの四つ葉と並んで最高のキャラでした! 須賀圭介(すがけいすけ)と夏美(なつみ)は子どもたちだけの世界にアクセントを入れる大人たち。 2人が大人の目線をしばしば入れてくれるので、アラサーの私にも感情移入しやすくなっていました。 天気の子のネタバレなしで声優の感想 全員バッチリ決まっていて、特に小栗旬はハマり役でした! 前評判では本田翼の声が合わないと言われていましたが、映画を実際に見てみると 本田翼と気づかないくらい自然でした。 ヒナ、保高がそれぞれ抱えていた辛さとそこからの成長に胸を打たれました。 ヒナは母を亡くし 中学生という若さで貧困と立ち向かいます。 弟のナギに良い生活をしてほしい、だれにも頼らず2人だけで生きていきたい、ヒナはおそらく過去に親戚のところをたらいまわしにされたりなど、辛い目を見てきたのでしょう。 誰にも頼らず、自分たちだけでも大丈夫と強く生きる姿に感動しました。 強く生きようとするヒナですが、幼さゆえの愚かさが所々に見られて、そこがまたリアルでした。 マクドナルドをクビになり、 体を売ってでも稼ごうとしたり、 体を犠牲にして天気を晴れにする能力を3000円という低価格で売ったりと、子どもだけで頑張ると搾取の対象になり自己犠牲が働きすぎてしまうのだと思うと胸がしめつけられました。 ヒナにとってほだかは救いでした。 弟の前ではお母さんの役割をたし、年相応の生活ができなかったヒナはほだかと一緒にいることで子どもらしい自分が取り戻せていました。 そして ほだかにとってもヒナは救いでした。 ほだかが家出をして東京に来てからは街をさまよい、ホテルからも仕事からも拒絶され、お金もなくなってしまいます。 ホームレス生活同然になり、家に戻った方が安全なはずなのにかたくなに家に帰ろうとしないほだか。 それほど家庭の状況は複雑で、島の社会も狭く逃げ出せなくなっていたのでしょう。 ボロボロに殴られて家出をして、ずっと息苦しい思いをしていた ほだかにヒナが居場所をくれたことが嬉しかったに違いありません。 東京の異常気象を治すか、ヒナをとるかという究極の選択で、ほだかはヒナを選びます。 お天気ビジネスをしていた2人は、天気を作ることがどれだけ人々の救いになるかを知っていました。 そんな事関係ないとヒナを選ぶ姿は、若さとエネルギーにあふれていました! ちなみに新海誠監督の過去作品、「秒速5cm」、「言の葉の庭」、「星を追う子ども、雲のむこう」、「約束の場所」は に初月無料で登録することで全て見ることができますよ.

次の