ブライトン の 奇跡 映画。 映画『ブライトン ミラクル』が示した二つの奇蹟(後)

映画「THE BRIGHTON MIRACLE(ブライトン・ミラクル)」

ブライトン の 奇跡 映画

まるで「最低 vs 最強」。 冒頭の扱いが苦々しい。 ワールドカップ史上最低の成績を残す日本が、優勝2回の南アフリカを破った試合を題材に取っている。 「スポーツ史上最大のアップセット」を描いた作品「ブライトン ミラクル THE BRIGHTON MIRACLE 」のリリースに伴って、プレミアム試写会が9月11日に都内でおこなわれた。 名将エディ・ジョーンズは、いかに苦境を乗り越え、不可能を可能にしたのか。 不屈の精神と勇気でボクスに立ち向かう男達に世界が震えた…。 見どころは、エディと日本ラグビー協会、エディと選手たちの葛藤。 骨きしむ身内のやりとりは、のちに強敵を倒す大きなエネルギーになっていく。 そしてより惹きつけられるのは、常軌を逸した厳格さとストイックさで突き進むエディ監督が抱えるバックグラウンドと、エディ自身との葛藤だ。 東洋人(日系アメリカ人)を母に持つことで家族もろとも受けるいじめや差別。 跳ね返した本人の気概は、母、父からもらった大きな愛情と知性に支えられていた。

次の

【映画が完成!】◯日本34

ブライトン の 奇跡 映画

準々決勝でアイルランドと対戦した時の オールブラックスは、あまりにも強くて 「オールブラックスに勝てるチーム なんてあるのかな?」 という感じがしました。 ところが、 イングランドには、コテンパンに。 オールブラックスの試合は 全て観戦しましたが、 こんなの初めてです。 イングランドのヘッドコーチは エディさんなので、わたしは イングランドを応援していました。 しかし、 「オールブラックスには 勝てないだろうなー」なんて 失礼なことを思っていました。 (イングランドの選手のことは あまり知らないので) ご存知の方もいらっしゃると思いますが、 イングランドは前回のW杯で、 開催国にもかかわらず、 予選リーグで敗退しました。 そこで、初めて外国人の ヘッドコーチとして エディ・ジョーンズ氏を迎え ました。 エディさんは、前回のW杯では 日本のヘッドコーチでした。 映画「ブライトンの奇跡」を見ると、 エディさんのファンになりますよ。 映画の中では、エディさんは 日本人とのハーフとなっていますが、 実際にはクォーターだそうです。 お顔は日本人ぽいですね。 映画では、お母様が日本人という 設定で、子供の頃イジメられます。 話は逸れましたが、お伝えしたいのは、 予選敗退だったイングランドが、 ヘッドコーチが変わると、 こんなに変わるということです。 日本のラグビーが強くなったもの、 エディさんが基礎をつくってくれた おかげです。 誰をコーチに選ぶかは、とても 大事なことですね。 「どうしても目標を達成したい」 「夢を叶えたい」 というのであれば、 誰にコーチングしてもらうかを まずは最初に考えるのが大事ですね。

次の

映画『ブライトン ミラクル』が示した二つの奇蹟(後)

ブライトン の 奇跡 映画

準々決勝でアイルランドと対戦した時の オールブラックスは、あまりにも強くて 「オールブラックスに勝てるチーム なんてあるのかな?」 という感じがしました。 ところが、 イングランドには、コテンパンに。 オールブラックスの試合は 全て観戦しましたが、 こんなの初めてです。 イングランドのヘッドコーチは エディさんなので、わたしは イングランドを応援していました。 しかし、 「オールブラックスには 勝てないだろうなー」なんて 失礼なことを思っていました。 (イングランドの選手のことは あまり知らないので) ご存知の方もいらっしゃると思いますが、 イングランドは前回のW杯で、 開催国にもかかわらず、 予選リーグで敗退しました。 そこで、初めて外国人の ヘッドコーチとして エディ・ジョーンズ氏を迎え ました。 エディさんは、前回のW杯では 日本のヘッドコーチでした。 映画「ブライトンの奇跡」を見ると、 エディさんのファンになりますよ。 映画の中では、エディさんは 日本人とのハーフとなっていますが、 実際にはクォーターだそうです。 お顔は日本人ぽいですね。 映画では、お母様が日本人という 設定で、子供の頃イジメられます。 話は逸れましたが、お伝えしたいのは、 予選敗退だったイングランドが、 ヘッドコーチが変わると、 こんなに変わるということです。 日本のラグビーが強くなったもの、 エディさんが基礎をつくってくれた おかげです。 誰をコーチに選ぶかは、とても 大事なことですね。 「どうしても目標を達成したい」 「夢を叶えたい」 というのであれば、 誰にコーチングしてもらうかを まずは最初に考えるのが大事ですね。

次の