運命 歌詞 髭男。 ヒゲダンの歌詞はなぜグッとくる? Official髭男dism「Pretender」を軸に特徴を読み解く

【Official髭男dism/宿命】歌詞の意味を徹底解釈!「熱闘甲子園2019」テーマソングに迫る!

運命 歌詞 髭男

楽曲名「運命」と「幻」は ひとつの恋愛をそれぞれの視点で描いたものです。 運命は男性目線、 幻は女性目線になっています。 この関連性も含め紹介していきます。 歌詞 偶然だった 最後の最後であの日と同じ服 僕は遅れて行った 見慣れない短い髪だった 気不味くて珈琲で流し込んだ でもなぜか味がしなかった 沈黙が続いていた その瞬間 僕は悟った きっと終わりだった ずっと分かっていた もう何も言わなかった ずっと怒鳴っていた じっと睨んでいた でも君は泣かなかった どうして 終わりだけわかってしまうんだよ 立ち上がる僕の手を掴んで その拍子にグラスが落ちた たった数秒が長すぎて たった一言も言えなくて 偶然か 必然か どちらでもいい ただ この縁が 破片が いま消えるのを待っていた 指に触れるだけで 胸が高鳴ってた そんな二人はいつが最後だったろう 今は触れるだけで 痛むほどに酷く腫れていた そして僕はそっと目を逸らして きっと終わりだった ずっと分かっていた ついにエンドロールだった 僕は店を出ると もう振り返るはずもなかった すぐに泣く君が嫌いだった 最後の最後で本当はね 聞きたかったよ 硝子の破片を拾いながら 床を拭く君の手に目を疑ってた どうして指輪、外してなかったの? 必然だった いつでも終わりは何かの始まりへ スポンサーリンク 幻との関連性は? 注目すべきキーワードは 両楽曲に描写されている 「指輪」 運命の 「でも君は泣かなかった」と 幻の 「もしもあの時泣いてたら」の場面です。 下で解釈の詳細は述べますが 一つのドラマから描かれる 男女のすれ違いが絶妙に 表現されています。 悪い癖との関連性は? 悪い癖とも関連性がある? という声をよく聞きます。 関連性を上げるとしたら 「最後の最後は喫茶店」 の部分でしょう。 でもその後に 「気付けばなぜか二人とも泣いていた」 とあるため、 関連性は低いと思います。 運命/幻での二人は 一緒にいるときに泣いていませんので。 歌詞の意味・解釈 1番 偶然だった 最後の最後であの日と同じ服 僕は遅れて行った 見慣れない短い髪だった 気不味くて珈琲で流し込んだ でもなぜか味がしなかった 沈黙が続いていた その瞬間 僕は悟った あの日とは、どんな日でしょうか? おそらく、 二人が出会った日や何かの記念日などといった、二人にとって 特別な日でしょう。 または、主人公の記憶に強く残っている、いつかの彼女の姿といったとこでしょうか。 彼女との最後の待ち合わせの約束。 そこで見たのは、髪を切った彼女の姿でした。 恋愛における 髪を切るという動作は 自分の気持ちに一区切りつけたい時の動作 という意味が込められています。 気まずくてから、待ち合わせ以前の二人の仲は ギクシャクしていたことがわかります。 コーヒーなんかでは、誤魔化しきれない 不穏な空気に 「あること」を主人公は悟ります。 サビ1 きっと終わりだった ずっと分かっていた もう何も言わなかった ずっと怒鳴っていた じっと睨んでいた でも君は泣かなかった どうして 終わりだけわかってしまうんだよ 悟った「あること」とは 「彼女との関係が終わること」です。 空気的にそれを悟った主人公は彼女の言葉 おそらく主人公が悪いことをして怒っていた? に対し、何も言い返しません。 彼女との終わりは 今更なにを言っても変えることのできない 運命だと悟っていたからでしょう。 「でも君は泣かなかった」 は女性目線の「幻」との関連ワードでもあり 幻では 「もしもあのとき泣いてたらどうしてた?」と表現されています。 普段なら涙を流す場面で泣かなかった彼女に 主人公は疑問を覚えていたようですが 幻と照らし合わせると 彼女は涙を必死でこらえていたことがわかります。 彼女もきっと 「最後だから」と思って 我慢していたのでしょう。 この我慢が「幻」では 後悔として描かれていますよね。

次の

「Official髭男dism」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】

運命 歌詞 髭男

歌詞中には、バッテリーや背番号といった高校野球を意識した単語も出てくるが、歌詞全体の表現を見てみても、球児たちの様子が目に浮かぶようだ。 青空の下、ブラスバンドの音が球場全体に鳴り響き、マウンドに立つ球児に声援を送る生徒たちの様子が伝わってくるようだ。 高校野球に出場するまでの日々 高校野球は、各都道府県大会を勝ち上がり、勝ち上がった高校が甲子園での大会に出場できるという流れになっている。 その為、甲子園に行くことを目標にして各都道府県大会での闘いに挑むのだ。 ---------------- 夢じゃない 夢じゃない 涙の足跡 嘘じゃない 嘘じゃない 泥だらけの笑顔 夢じゃない 夢じゃない 肩を組んで叫びたい 僕らの 想い 届け! 思うようにプレーできず、悔しさに涙を滲ませる日々のことを「涙の足跡」、チームが一致団結して、良い試合を行え勝利できた日に、皆で喜びを分かちあった「泥だらけの笑顔」。 イヤフォンをしているのに、音楽が流れていないことにも気づかないくらい悩んでいる様子が表現されているようだ。 「期待背負って立って重さに臆病になるけど」という歌詞からは、甲子園に立った時の心情を表しているように思う。 県の代表として甲子園に出場するのだから、県の期待を背負うことは当たり前ではあるのだが、球児たちにはプレッシャーになるのだろう。 ボールを打つ、ボールをキャッチする、マウンドを走るといった試合中の動作は1人で全てはこなせない。 チームの皆がいるから試合が成り立ち、野球ができるのだ。 タイトルが『宿命』になった理由とは? ---------------- 届け! 楽曲タイトルが『宿命』になったのは、生まれた時から存在する自分という人間を、自分自身で動かしていかなくてはならないということが描かれているからのように思う。 甲子園という舞台で、自分にどれだけのことができるか、悩み葛藤しながらも野球にかける情熱が描かれた歌詞が胸を打つ。 TEXT 蓮実 あこ あわせて読みたい記事.

次の

Official髭男dism「Pretender」歌詞を考察!別れを切なくドラマかのように描いた曲!

運命 歌詞 髭男

楽曲名「運命」と「幻」は ひとつの恋愛をそれぞれの視点で描いたものです。 運命は男性目線、 幻は女性目線になっています。 この関連性も含め紹介していきます。 歌詞 偶然だった 最後の最後であの日と同じ服 僕は遅れて行った 見慣れない短い髪だった 気不味くて珈琲で流し込んだ でもなぜか味がしなかった 沈黙が続いていた その瞬間 僕は悟った きっと終わりだった ずっと分かっていた もう何も言わなかった ずっと怒鳴っていた じっと睨んでいた でも君は泣かなかった どうして 終わりだけわかってしまうんだよ 立ち上がる僕の手を掴んで その拍子にグラスが落ちた たった数秒が長すぎて たった一言も言えなくて 偶然か 必然か どちらでもいい ただ この縁が 破片が いま消えるのを待っていた 指に触れるだけで 胸が高鳴ってた そんな二人はいつが最後だったろう 今は触れるだけで 痛むほどに酷く腫れていた そして僕はそっと目を逸らして きっと終わりだった ずっと分かっていた ついにエンドロールだった 僕は店を出ると もう振り返るはずもなかった すぐに泣く君が嫌いだった 最後の最後で本当はね 聞きたかったよ 硝子の破片を拾いながら 床を拭く君の手に目を疑ってた どうして指輪、外してなかったの? 必然だった いつでも終わりは何かの始まりへ スポンサーリンク 幻との関連性は? 注目すべきキーワードは 両楽曲に描写されている 「指輪」 運命の 「でも君は泣かなかった」と 幻の 「もしもあの時泣いてたら」の場面です。 下で解釈の詳細は述べますが 一つのドラマから描かれる 男女のすれ違いが絶妙に 表現されています。 悪い癖との関連性は? 悪い癖とも関連性がある? という声をよく聞きます。 関連性を上げるとしたら 「最後の最後は喫茶店」 の部分でしょう。 でもその後に 「気付けばなぜか二人とも泣いていた」 とあるため、 関連性は低いと思います。 運命/幻での二人は 一緒にいるときに泣いていませんので。 歌詞の意味・解釈 1番 偶然だった 最後の最後であの日と同じ服 僕は遅れて行った 見慣れない短い髪だった 気不味くて珈琲で流し込んだ でもなぜか味がしなかった 沈黙が続いていた その瞬間 僕は悟った あの日とは、どんな日でしょうか? おそらく、 二人が出会った日や何かの記念日などといった、二人にとって 特別な日でしょう。 または、主人公の記憶に強く残っている、いつかの彼女の姿といったとこでしょうか。 彼女との最後の待ち合わせの約束。 そこで見たのは、髪を切った彼女の姿でした。 恋愛における 髪を切るという動作は 自分の気持ちに一区切りつけたい時の動作 という意味が込められています。 気まずくてから、待ち合わせ以前の二人の仲は ギクシャクしていたことがわかります。 コーヒーなんかでは、誤魔化しきれない 不穏な空気に 「あること」を主人公は悟ります。 サビ1 きっと終わりだった ずっと分かっていた もう何も言わなかった ずっと怒鳴っていた じっと睨んでいた でも君は泣かなかった どうして 終わりだけわかってしまうんだよ 悟った「あること」とは 「彼女との関係が終わること」です。 空気的にそれを悟った主人公は彼女の言葉 おそらく主人公が悪いことをして怒っていた? に対し、何も言い返しません。 彼女との終わりは 今更なにを言っても変えることのできない 運命だと悟っていたからでしょう。 「でも君は泣かなかった」 は女性目線の「幻」との関連ワードでもあり 幻では 「もしもあのとき泣いてたらどうしてた?」と表現されています。 普段なら涙を流す場面で泣かなかった彼女に 主人公は疑問を覚えていたようですが 幻と照らし合わせると 彼女は涙を必死でこらえていたことがわかります。 彼女もきっと 「最後だから」と思って 我慢していたのでしょう。 この我慢が「幻」では 後悔として描かれていますよね。

次の