アレクサ 出前 館。 出前館&アレクサ騒動のメモ

Amazon Echoが“突然笑い出す”怪現象とは何だったのか

アレクサ 出前 館

「料理のデリバリーサービスが外出自粛生活の強い味方になっている」という方も少なくないだろう。 デリバリーと言えば米国発のUber Eatsが注目を集めているが、日本の企業が提供する「出前館」も忘れてはいけない。 そこで本記事では、出前館アプリを使うメリットとUber Eatsとの使い分け方法を紹介する。 出前館とは? 出前館は、株式会社出前館が提供する日本最大級のデリバリーサービス。 定番のピザや寿司だけでなく、お酒や食材などの宅配も行う。 2000年に本格的にサービス開始となり、月間で18億円ほどの出前が行われているという。 アプリで料理を注文するステップはたったの3つで、1)配達先を指定し、2)お店とメニューを選び、3)届くのを待つだけ。 Tポイントを貯めたい方、頻繁に利用する方には、会員登録をしてアプリから注文する方法をおすすめしたい。 iPhoneの場合はApp Storeから、Androidの場合はGoogle Playから「出前館」と検索しダウンロードしてみよう。 App Store: Google Play: 出前館は会員登録をしなくても利用できる。 ただし、アプリからはその「ゲスト注文」はできない点は覚えておこう。 日本のサービスとだけあり、Uber Eatsにはない嬉しい特徴もある。 ぜひチェックしてほしい。 対応範囲が広い 近年爆発的な人気を誇るUber Eatsは、まだ地域が限定されており、利用できない地域も多い。 一方、出前館の提携店はなんと日本全国で20,000店以上。 47都道府県で利用できる。 広範囲で利用できるのは、日本最大級のサービスならではのメリットと言えるだろう。 Tポイントが貯まる、使える 出前館では、200円の利用につき1Tポイントが付与される。 (店舗によっては100円で1ポイント)料金の支払いにもTポイントが利用可能だ。 ただし、Tポイントを貯める、利用するには出前館の会員登録後、ログイン後にTカードの番号登録が必要。 また、一部の店舗はTポイント対応していないため注文時にはTポイントのマークの表示を確認しよう。 配達手数料が安い、もしくは無料 Uber Eatsには、配送料・サービス料・(700円未満の場合)最低注文手数料が掛かる。 一方、出前館で掛かるのは配送料のみ。 しかも1,500円以上の注文なら、配送料無料のお店がほとんどだ。 (1,500円以下から無料のお店もあり)同じお店であれば、Uber Eatsで注文するよりも、出前館を利用した方が安くなるケースもある。 【参考】 支払い方法の選択肢が多い Uber Eatsの支払い方法は、クレジット・デビッドカード、現金、Apple Pay、LINE Pay、PayPayに対応しているが、出前館はそれよりも多くの支払い方法が可能だ。 【出前館の支払い方法】 ・代金引換(現金払い) ・クレジットカード(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners) ・Amazon Pay ・Apple Pay ・LINE Pay ・キャリア決済(auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い) ・請求書払い ・ポイント決済 Amazon Pay、キャリア決済、請求書払い、ポイント決済もできるため、あらゆるシーンで重宝する。 会員ランク制度「出前にゃんクラブ」 出前館では、注文回数に応じたランク制度が用意されている。 ランクは上から、ゴッド・ゴールド・シルバー・ブロンズ・レギュラーの5段階。 Alexa(アレクサ)に対応 出前館は、AmazonのIDと連携することで音声サービス「Alexa」から出前ができる。 「アプリを使うのも面倒」という時は、ぜひ試してほしい。 Uber Eatsとの使い分け方 大手チェーン店は出前館、小さなお店はUber Eats? 大手チェーン店の料理を注文する場合は、手数料の関係から出前館を利用した方がお得になるケースもある。 どちらで注文すると安いかを比較してから注文するのがポイントだ。 また、出前館の提携店数は20,000万店以上あるものの、Uber Eatsのみ提携している飲食店も多い。 特に個人経営の飲食店などでは出前館にはなく、Uber Eatsを使っているケースもあるようだ。 出前館にないお店を開拓してみたい時には、Uber Eatsを活用してみるのもいいだろう。 文/oki.

次の

出前館&アレクサ騒動のメモ

アレクサ 出前 館

「料理のデリバリーサービスが外出自粛生活の強い味方になっている」という方も少なくないだろう。 デリバリーと言えば米国発のUber Eatsが注目を集めているが、日本の企業が提供する「出前館」も忘れてはいけない。 そこで本記事では、出前館アプリを使うメリットとUber Eatsとの使い分け方法を紹介する。 出前館とは? 出前館は、株式会社出前館が提供する日本最大級のデリバリーサービス。 定番のピザや寿司だけでなく、お酒や食材などの宅配も行う。 2000年に本格的にサービス開始となり、月間で18億円ほどの出前が行われているという。 アプリで料理を注文するステップはたったの3つで、1)配達先を指定し、2)お店とメニューを選び、3)届くのを待つだけ。 Tポイントを貯めたい方、頻繁に利用する方には、会員登録をしてアプリから注文する方法をおすすめしたい。 iPhoneの場合はApp Storeから、Androidの場合はGoogle Playから「出前館」と検索しダウンロードしてみよう。 App Store: Google Play: 出前館は会員登録をしなくても利用できる。 ただし、アプリからはその「ゲスト注文」はできない点は覚えておこう。 日本のサービスとだけあり、Uber Eatsにはない嬉しい特徴もある。 ぜひチェックしてほしい。 対応範囲が広い 近年爆発的な人気を誇るUber Eatsは、まだ地域が限定されており、利用できない地域も多い。 一方、出前館の提携店はなんと日本全国で20,000店以上。 47都道府県で利用できる。 広範囲で利用できるのは、日本最大級のサービスならではのメリットと言えるだろう。 Tポイントが貯まる、使える 出前館では、200円の利用につき1Tポイントが付与される。 (店舗によっては100円で1ポイント)料金の支払いにもTポイントが利用可能だ。 ただし、Tポイントを貯める、利用するには出前館の会員登録後、ログイン後にTカードの番号登録が必要。 また、一部の店舗はTポイント対応していないため注文時にはTポイントのマークの表示を確認しよう。 配達手数料が安い、もしくは無料 Uber Eatsには、配送料・サービス料・(700円未満の場合)最低注文手数料が掛かる。 一方、出前館で掛かるのは配送料のみ。 しかも1,500円以上の注文なら、配送料無料のお店がほとんどだ。 (1,500円以下から無料のお店もあり)同じお店であれば、Uber Eatsで注文するよりも、出前館を利用した方が安くなるケースもある。 【参考】 支払い方法の選択肢が多い Uber Eatsの支払い方法は、クレジット・デビッドカード、現金、Apple Pay、LINE Pay、PayPayに対応しているが、出前館はそれよりも多くの支払い方法が可能だ。 【出前館の支払い方法】 ・代金引換(現金払い) ・クレジットカード(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners) ・Amazon Pay ・Apple Pay ・LINE Pay ・キャリア決済(auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い) ・請求書払い ・ポイント決済 Amazon Pay、キャリア決済、請求書払い、ポイント決済もできるため、あらゆるシーンで重宝する。 会員ランク制度「出前にゃんクラブ」 出前館では、注文回数に応じたランク制度が用意されている。 ランクは上から、ゴッド・ゴールド・シルバー・ブロンズ・レギュラーの5段階。 Alexa(アレクサ)に対応 出前館は、AmazonのIDと連携することで音声サービス「Alexa」から出前ができる。 「アプリを使うのも面倒」という時は、ぜひ試してほしい。 Uber Eatsとの使い分け方 大手チェーン店は出前館、小さなお店はUber Eats? 大手チェーン店の料理を注文する場合は、手数料の関係から出前館を利用した方がお得になるケースもある。 どちらで注文すると安いかを比較してから注文するのがポイントだ。 また、出前館の提携店数は20,000万店以上あるものの、Uber Eatsのみ提携している飲食店も多い。 特に個人経営の飲食店などでは出前館にはなく、Uber Eatsを使っているケースもあるようだ。 出前館にないお店を開拓してみたい時には、Uber Eatsを活用してみるのもいいだろう。 文/oki.

次の

Uber Eatsとどう使い分けてる?「出前館」を利用するならアプリがおすすめの理由|@DIME アットダイム

アレクサ 出前 館

日本初登場のAmazon Echo Showでも出前注文可能に! 夢の街創造委員会株式会社(代表取締役社長 中村利江、大阪府大阪市)が運営する日本最大級の宅配ポータルサイト『出前館』は、2018年10月下旬より、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」への対応を開始します。 同日より、音声で操作でき、常にハンズフリーで利用できるスクリーン付きスマートスピーカー「Amazon Echo Spot」に話しかけることで出前注文が可能になり、12月12日(水)からは日本初登場となる「Amazon Echo Show」でもご注文いただけます。 [画像1: ] 『出前館』は自宅やオフィスで食事をする際に便利な日本最大級の宅配ポータルサイトで、現在、全国 17,207以上のお店にオンラインで出前注文することが可能です。 これまで『出前館』では、様々なチャネルとの連携を積極的におこなってまいりましたが、オンラインでの出前注文の更なる利便性向上に向けて、10月下旬より、「Amazon Alexa」への対応を開始します。 常にハンズフリーで利用できるスクリーン付きスマートスピーカー「Echo Spot」や、今回日本初登場となる「Echo Show」に、「アレクサ、出前館をひらいて」と話しかけるだけで、それぞれの端末にカスタマイズされた『出前館』の注文画面が表示され、簡単に出前注文ができるようになります。 ご注文可能店舗は、Amazon Payを導入する『出前館』加盟店約12,000店舗で、お支払いもAmazon Payでスムーズに済ますことができます。 『出前館』は、スマートスピーカーの大きなメリットでもあるハンズフリーで音声操作できる点を活用することで、スマートフォンやPCなどの操作が苦手な方にも、気軽に『出前館』をご利用いただけると期待しております。 引き続き『出前館』では、お客様のライフスタイルに応じて便利に出前注文をしていただけるよう、サービス拡充を進めてまいります。 Alexaとは: Alexa - Amazon Echoを支える頭脳 Amazon Echoを支える頭脳であるAlexaは、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっています。 Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立ちます。 Echoの遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。 Echo Spotとは: Amazon Echo Spot(エコースポット)は、Echoの頭脳となるクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」を搭載した、2. 5インチのスクリーン付きスマートスピーカーです。 見て楽しめることにより、従来の機能に加えて、動画ニュースや、スクリーン上での天気予報の確認、スマートホームのコントロールなどが可能です。 また、Echo SpotとAlexaアプリの利用により家族や友達とのビデオや音声通話、メッセージ交換、呼びかけ機能により、外出先から部屋の様子をカメラで確認する機能も提供しています。 Echo Showとは: Amazon Echo Show(エコーショー)はEchoの頭脳となるクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」を搭載した、10. 1インチのHDスクリーン付きスマートスピーカーです。 大型スマートスクリーンとパワフルなDolby対応スピーカーを搭載し、Prime Videoなどの動画を音声で操作して楽しめます。 また、写真、歌詞、天気予報、予定の確認や、Alexa対応スマートホームのコントロールなども可能です。 さらに、大きな画面で見やすく、Echo ShowやEcho Spot、Alexaアプリを持つ家族や友達とのビデオや音声通話、メッセージ交換、呼びかけ機能や、外出先から部屋の様子をカメラで確認する機能も提供しています。 【『出前館』とは】 『出前館』はアクティブユーザー数271万人、17,372店舗以上(2018年9月末時点)の加盟店を有する、自宅やオフィスで食事をする際に便利な日本最大級の宅配ポータルサイトです。 サイトに訪れるユーザーは、ピザ・弁当・中華・寿司・洋・和食・エスニック・カレー・ハンバーガー・デザート・酒・ネットスーパーなど、多数のジャンルの出前サービス店舗から、メニューや"現時点でのお届けまでの待ち時間"等の情報を見て、特典付きで注文をすることができ、月間約52億円の出前が『出前館』を通じて行われております(2017年8月~2018年7月末までの平均値)。 注文してから最短20分で商品が届くというスピード感のあるインターネットショッピングサイトです。 プレスリリース提供:PR TIMES.

次の