スマイルゼミ チャレンジタッチ 比較 小学生。 チャレンジタッチとスマイルゼミ どっちがいい? 特徴、内容、受講費からタブレットまで徹底比較!おすすめポイントもご紹介

【2020年比較 チャレンジとチャレンジタッチ】紙とタブレット、どちらがいい?

スマイルゼミ チャレンジタッチ 比較 小学生

自動丸つけや、音声進行などにより、 子ども一人でも自主学習が可能なチャレンジタッチ。 我が家でも、小学1年から使っていますが、チャレンジタッチの不満な点の一つに、 「英語」が入っていないことが言われていました。 スマイルゼミは英語も入ってるらしいので、高学年になったらスマイルゼミってのもアリだと思います。 チャレンジタッチにもあるけど別料金だったと思う。 追加料金不要で学習いただけます。 「進研ゼミ 小学講座」では、新学習指導要領に対応した教材で、3年生~6年生のお子さまが英語の授業で活躍できることを目標としています。 1年生~2年生はお子さまの発達に合わせ、3年生からの授業に向けて英語に親しみ、興味関心を高めていく内容になっています。 引用元: 長年お世話になった進研ゼミのチャレンジタッチを退会して、スマイルゼミにしようかと思ってる。 体験会に行きたいけど、大学入学準備があってなかなか行けないなあ。 スマイルゼミどうなんやろ。 チャレンジは英語が別料金だし、英語も漢検も学べるスマイルゼミの方がお得なのかしら。 「チャレンジタッチ英語」と「スマイルゼミ英語」の内容比較 次は、どんな内容なのかを比較。 我が家は2年生からチャレンジタッチに「英語」が追加されましたので、 2年生をベースに比較。 この時期はどちらも、 英語とのふれあいを重視しているので、 大きな違いは感じられませんね。 チャレンジタッチの英語は「耳貯金」を重視 耳から英単語に親しめるアプリを使って、 英語に慣れさせることが目的。 ゲーム感覚もあって、しかし発音はネイティブ。 楽しみながら、本物の英語に触れられるって感じですかね。 アプリは、おもちゃ箱の中にあります。 例えば、 「えいごでどたばたクッキング」を開いてみると、 こんな感じ。 ネイティブの発音を聞き取り、 選択肢の中から正解を選ぶといった内容。 スマイルゼミの英語は「聞き取り、発音できること」が目標 スマイルゼミもだいたい同じ感じ。 単語を見て聞いて、体感しながら英語の音をインプット。 ゲーム性のある学習で、楽しく反復しながら英語を自然に身につけさせましょう、って感じ。 「チャレンジタッチ」と「スマイルゼミ」のオプション比較 低学年ということもあってか、標準の英語は、 どちらも「遊び」や「ゲーム」の要素が強め。 この年代からも「英語学習」の雰囲気を求めるパパママには、 どちらの教材にも 追加オプションがありますのでご検討を。 「チャレンジタッチ英語」と「スマイルゼミ英語」のオプション価格 チャレンジタッチの英語のオプションは 「Challenge English」 2019年4月から〈Challenge English〉サービス内容が変更になります! チャレンジタッチの有料オプションは<マンツーマントーク>になりました。 「チャレンジタッチ英語」と「スマイルゼミ英語」のオプション追加のポイント• スマイルゼミは学習量(英語との接触機会を増やす)のが目的• チャレンジタッチの<マンツーマントーク>は完全に会話力に特化した内容 ここでの最大のポイントは、 チャレンジタッチは、英会話能力の向上に特化したオプション内容ということ 以前より少し、チャレンジタッチ受講の基本価格が上がったんですが、 その分英語に「習熟度別学習」が加わりました。 英語を伸ばしたいお子さんは、どんどん学習を進めることも可能。 会話力も向上したい場合は、チャレンジタッチの「マンツーマントーク」をオプションで チャレンジタッチも国算英の3教科が標準になったことで、 タブレットが実質無料という面もあるので、 全体的なお得感はさらに向上。 しかし、チャレンジタッチの勉強内容に物足りなさを感じる パパママがスマイルゼミに乗り換える傾向があることを考えると、 オプション追加によって、価格がスマイルゼミを上回るのは、 好みが分かれるところかなと。 やはり、チャレンジイングリッシュ導入のカギは、 「オンライン会話レッスン」の活用にかかっているような気がします! ここら辺の要望に対応して、 進研ゼミ側もサービス内容を変えてきたのかもしれませんね! どれが良い悪いという評価だけでなく、 私たち側の使い方によってサービスを選ぶ時代になってきましたようですね。 あなたはタブレット学習に何を求めますか? 小学生になった息子。 チャレンジ紙、チャレンジタッチとスマイルゼミ比べてみた。 タブレット学習の点ではスマイルゼミ圧勝のよう。 捨て難いのがチャレンジイングリッシュの15分オンライン英会話。 講師は見た目アジア圏っぽい人多いけど、今時英語=白人というのも古いんだろう。 経験積むにはいい感じ。

次の

チャレンジタッチとスマイルゼミを簡潔に比較!2020年小学生の学習|のんびりはっぴー

スマイルゼミ チャレンジタッチ 比較 小学生

『スマイルゼミ』と 『チャレンジタッチ』の料金比較。 小学生対象一覧。 まず、『スマイルゼミ』と『チャレンジタッチ』の小学生向け講座を対象に料金の比較を一覧で紹介します。 スマイルゼミ チャレンジタッチ 対応教科 1・2年生 国語・算数・英語 1・2年生 国語・算数・英語 3~6年生 国語・算数・英語・理科・社会 3~6年生 国語・算数・英語・理科・社会 受講費(税込) 小学1年生 3,888円 3,343円 小学2年生 4,212円 3,343円 小学3年生 4,752円 4,062円 小学4年生 5,292円 4,865円 小学5年生 5,832円 5,632円 小学6年生 6,372円 5,779円 料金の比較をすると『チャレンジタッチ』の方が毎月の受講費は安いですね。 ただ、料金だけで子どもの道は決められません。 両社の講座内容等よく比較検討して決めたいと思います。 『スマイルゼミ』と『チャレンジタッチ』のタブレット比較 次に『スマイルゼミ』と『チャレンジタッチ』のタブレットについて料金やサービス等を比較してみます。 『チャレンジタッチ』のタブレット 料金:キャンペーンにより条件が違う。 無料でもらえることも多い。 6カ月以内に解約した場合、14,800円(税込)かかります。 故障サポートサービス:「チャレンジパッドサポートサービス」年額1,836円(税込)に加入すると、過失による故障時には、3,240円 税込 で端末交換できるサービスがある。 『スマイルゼミ』のタブレット 料金:初回に専用タブレット代「10,778円」(税込)が必要。 6か月未満で退会した場合はタブレット代として32,205円(税込)、6か月以上~12か月未満で退会した場合は7,538円かかる。 故障サポートサービス:「タブレットあんしんサポート」年額3,888円(税込)に加入すれば、過失による故障時に6,480円(税込)で端末交換できるサービスがある。 『スマイルゼミ』と『チャレンジタッチ』のメリットデメリットの比較 それでは、『スマイルゼミ』と『チャレンジタッチ』のメリットデメリットについて比較しましょう。 「赤ペン先生のもんだい」として紙の添削がついてきます。 郵送で送れば、「ゼミ」で受付後、約3日で「チャレンジパッド」に回答が返却されてきます。 作文なども採点してもらえて、書き込みの入った答案はタブレット上でも見ることができます。 今月どれぐらい学習したのか、1日の平均学習時間など、各教科の取り組み状況や学習記録、分析コメントなどがひと目でわかるWebシステム。 スマホからも見ることが可能なので、忙しく時間がない人にはかなり助かるサービスです。 アプリやパソコンからも仕事先などで、子どもがどこまで学習に取り組めているのか確認でき、Lineのようにスタンプでコメントを送れるのです。 おじいちゃんやおばあちゃんも参加できるグループ登録も可能で、家族のコミュニケーションツールとしても便利。 子どものモチベーションアップに繋がり、学習習慣の定着にも効果を発揮できます。 勉強した後に、ご褒美のゲームが出来るというしくみ。 子どもたちが勉強をしてスター(3つ以上必要)を集めると、ゲームができるような楽しいしくみになっています。 「聞く・話す・読む・書く」の4技能をバランスよく育てる工夫をしています。 さらに、英語プレミアム(オプション月額680円~)では、学習指導要領の範囲を超えて、「もっと英語を学ばせたい」「しっかりと英語に取り組ませたい」という方にはおすすめの講座も用意。 タブレットが壊れてしまった時の交換費用も、チャレンジタッチが14,364円(税込)に対して、スマイルゼミは29,160円(税込)かかります。 ですので、タブレット有償サポートの「タブレットあんしんサポート」年額3,888円(税込)への加入すべきでしょう。 まとめ 全体的なコスト面から言うと、『チャレンジタッチ』の方が安いですが、専用タブレットを中学生まで使えて、学習レベルが高く、アプリ等で飽きずに楽しみながら継続できそうな『スマイルゼミ』のタブレット通信講座に惹かれています。 仕事が忙しいので、仕事の合間にチェックできるのはありがたいです。 全額返金保証制度も利用できるし、 『スマイルゼミ』小学1年生の講座を受講させてみようと思います。 興味がある方は、資料請求からしてみましょう。

次の

【2020年比較 チャレンジとチャレンジタッチ】紙とタブレット、どちらがいい?

スマイルゼミ チャレンジタッチ 比較 小学生

スマイルゼミ中学生コースの資料請求をしてみた 当サイト、気になったGP編集部の編集長の子供はふたり。 2018年現在で高校生の息子と、小学生の娘です。 ふたりとも、これまで通信教育 「進研ゼミ」をメインに家庭学習を進めてきました。 比較的勉強が好きな 息子は 小学生のころからずっと通信教育で学力向上を図ってきました。 かたや 娘はというと、あまり勉強が好きではないのか、通信教育が家庭学習に結びつくのはなかなか難しいものがあります。 そこで 娘の通信教育を比較検討するため、各社から資料を取り寄せました。 息子の通信教育についても、本当にこのまま でいいのか確認するため、中学生コースがあるものは資料を取り寄せました。 スマイルゼミの内容を確認してみた感想 「 」について小学生コースの内容を確認した時は、なかなかいい通信教育だと感心しました。 「 」の封筒を開ける前に、小学生コースのイメージがあったため、とても楽しみにしていたのですが、結論から言ってしまえば特に目新しいものもなく 小学生コースに比べると影が薄れてしまいました。 「 」の口コミや評判を見ると、 タブレットで勉強するのが好評みたいですが、小学生コースから比べると他社との 差別化がなかなか図れていないようにも思います。 小学生のように、英語や新聞と言ったものは中学生になると特に目新しい材料でもなく、なかなか差別化を図るのも難しいのかな~と思います。 「 」はまだまだ教育産業に参入してきてからは、新しいサービスです。 特に、中学生コースは2013年から始まったコースのため、まだ 6年しか経過していません。 小学生のコースとは違って、中学生の場合は必ず クリアしなければいけない目標が存在します。 受験であり、定期テストでありと小学生とは違った、ノウハウが必要になります。 そういった意味で、「 」はまだまだこれからの展開次第となるのではないでしょうか。 しかし、歴史は浅いものの、 使い勝手は満足できるものとなっています。 また、 全額返金保証制度があるので、試してみてよくなかったら、 期間内であれば返金してもらえるのは嬉しいですよね。 資料請求も無料で、頻繁にセールスも来ることもありませんので、試しに中身を確認するためにもカタログで確認してみることをお薦めします。 進研ゼミ中学講座について 「進研ゼミ中学講座」の特徴 進研ゼミ中学講座は、通信教育の老舗であるベネッセコーポレーションが提供している強みが売りですね。 会員数も昔からシェアを占めている教材なので情報が豊富です。 また、中学3年生で行われる、 学力テストの問題を作成しているところも今のところはベネッセコーポレーションが独占している状態です。 そういった面で問題の質はいいと思います。 また、 は「 」より 歴史が古く1972年から名称は違うものの、ベネッセコーポレーションで出しているサービスです。 そのため、情報量は豊富で電話でのサポートサービスは、高校入試情報のみならず、日ごろの授業についての対策など 多岐多様にわたって情報を聞き出すことが可能です。 この情報は昔からシェアが高い ベネッセコーポレーションならではの質と量だと思います。 塾に通わなくとも、塾で得られる情報はほとんど得られますので、利用の仕方では受験対策など有利に進められると思います。 進研ゼミはノウハウが多く蓄積されているため、 主要5教科以外の副教科の体育や美術、技術の対策にも力を入れてくれます。 高校受験は、定期テストの点数はもちろんですが、内申書の点数も上げなくてはいけません。 そのため、副教科の内心対策も必要になります。 これは、 学習塾に行っても上がるものではありません。 しかし、進研ゼミでは電話サポートで、どういった点に注意をしたらいいのか、 先生にどう接するといいのかしっかりとアドバイスが貰えます。 歴史が長く、全国の公立学校の学力テストなどをベネッセコーポレーションが担当しているということもあり、 多くのノウハウを持っているというのは進研ゼミの強みではないでしょうか。 進研ゼミも資料請求は無料となっていますので、一度は目をとおしてみることをおすすめします。 「進研ゼミ中学講座」の会費 まず、ジャストシステムの「 」の検討をする前に、まずは についておさらいをしておきます。 一番気になる会費からみていきましょう。 は、 テキストのみのオリジナルスタイル、 専用タブレットとテキストを使用するハイブリットスタイルの2種類の学習方法から選択することができますが、受講料はどちらも同じ金額が設定されています。 通信教育では専用タブレットやiPadなどを使用し、デジタル教材を使う学習スタイルを取り入れるところが増えてきました。 進研ゼミも同じで、 専用タブレットを使用した学習スタイルを選ぶことができます。 またiPadを保有しているのであれば、そのiPadを利用して学習することも可能です。 ハイブリッドスタイルではタブレットを使用したデジタル授業ですが、定期テスト対策の暗記ブックや厳選予想問題は従来通りテキストで送付されてきます。 デジタル授業は講義や演習をiPadで行い、学習計画や赤ペンもすべてiPadで行います。 また、定期テスト対策で出る順・ニガテ度で優先順位をiPadが選択してくれて、復習するところを効率よくできるようにしています。 スマイルゼミ中学生コースについて スマイルゼミ中学生コースの会費 「 」はジャストシステムが作っている教材です。 ジャストシステムと言うと、わたしは一太郎でしょとしか思えないのです。 わたしの学生のころは、ワープロと言えばジャストシステムの一太郎で、漢字変換ソフトはATOKでしょって感じでした。 ですので初めて「 」を知った時は、何でジャストシステムなのよ!と思いました。 一括払い 9,980円• そのため、12カ月未満で途中退会した場合はタブレットについて差額代を支払うことになります。 「 」を継続する場合は最低9,980円で購入できます。 「 」を継続する場合は最低9,980円で購入できます。 なお、「 」のタブレットは専用タブレットです。 あんしんサポートを付けると年額3,600円(月額300円)(税抜)で修理交換費が6,000円となっており、サポート期間中、1回まで修理、交換が可能であります。 安心サポートは万が一のためつけておいた方がよさそうです。 タブレットの保証の他、セキュリティ(ウィルスバスター)が付いています。 「スマイルゼミ中学生コース」の特徴 と「 」を比較検討しはたしてどっちを選ぶかはタブレットの機能だけではありません。 やはり小学講座同様に教材そのものがどういったものであるかがどっちを選ぶかのメインとなります。 中学講座は小学講座と違い受験を見据えなければいけません。 小学生で受験をする子は、小学生で受験を見据えた教材を選ばなければいけませんが、小学生は主に家庭学習の習慣をつけるための教材選びになるので、そこが大きな違いとなります。 あるドラマではありませんが、「受験は情報をいかに得るかだ」だと思います。 だから塾と言う存在があり、塾ではその情報を売っているのです。 塾に通っていない子供は、 その点でハンデがあります。 まあ、ハンデと言ってもテストでしっかりと点数さえ取れる学力があれば問題はないのですが、希望する高校によってはこの情報と言うのはとても大事になると思います。 ですので、教材の内容の良し悪しも大事ですが情報の良し悪しも大事だと思います。 内容についてはどの通信教育を使ってもしっかりと勉強さえしていれば、学力は伸びると思います。 ですので情報という点で言えば「 」は、出来て日も浅いため弱点と言えます。 また、「 スマイルゼミ小学生コース」のよにジャストシステムならではの情報技術を生かしきれていないと感じます。 やはり、この点は受験対策についてまだまだ発展途上であることがうかがえる教材と思います。 勉強をすると、親の携帯電話にメールが届き、親がそこから子供の勉強の進捗などをチェックできて、なおかつ返信ができるので「みまもるトーク」機能は健在です。 しかし、これは小学生コースだからこそとてもいい機能だと思ったものの、どっちかというと中学生コースでは特別にいい機能だとは思いませんでした。 思春期の時期の子供であるため、関わりに個人差があると思うからです。 最後に と「 」の毎月払いの比較を記載しておきます。 教材名 スマイルゼミ チャレンジ 受講費 1年生 6,980円 1年生 6,336円 2年生 6,980円 2年生 6,336円 3年生 7,980円 3年生 6,665円 料金も のほうが安く、情報の質量も がノウハウが蓄積されているでしょう。 やはり、一朝一夕で得たノウハウではないので、中学生の通信教育は は料金の割にはしっかりとしたサービスだと思います。 しかしながら、タブレットを使った教材と言うことでは「 」はおススメです。 資料請求は無料ですので、一度「 」の資料を請求してその内容をご自身で確認してみてください。 に資料請求をしてみる。 やはり、 は歴史が古く、「 」同様に頭一つ出ている感じがします。 なお、イード社のアワードでは中学生部門の顧客満足度を「 」がほぼ総なめにしています。

次の