ワイモバイル データ増量オプション 2年後。 【ワイモバイル】データ増量オプションを解約する方法

Y!mobile(ワイモバイル)の通信制限について解説!

ワイモバイル データ増量オプション 2年後

ワイモバイルの通信制限とは? の通信制限とは、YouTubeやSNSなどのインターネットの利用で契約しているプランのデータ容量を使い切ってしまい、速度が制限されて通信が低速化することです。 通信制限時のワイモバイルの 通信速度は送受信ともに最大128Kbpsです。 通信制限がかかってしまうと、ウェブ閲覧やオンラインゲームのプレイ、動画再生など、あらゆる場面で読み込みが遅くストレスがたまります。 通信制限がかからないようにするためには、ひと月に使う大まかなデータ容量を把握し、それに見合った容量のプランを契約することが重要です。 ワイモバイルの通信制限はいつ解除される? ワイモバイルを利用していて通信制限がかかって低速になってしまった場合、いつ解除されるのか気になりますよね。 通信制限の解除は翌月1日です。 ワイモバイルでは、契約しているデータ容量を使い切ると制限がかかり、月末まで通信速度の低速化が続きます。 ワイモバイルは128Kbpsの低速でどれくらい使える? 128Kbpsの低速通信になった場合は、どれだけのサービスが利用できるのでしょうか?目安を表にしてみました(利用状況によって変わります)。 低速通信時のサービス利用目安 利用サービス 128Kbps低速時の可否 メール ほとんど問題なし LINEメッセージ(スタンプ含む) Facebookメッセージ ほとんど問題なし LINE通話 ほとんど問題なし Googleマップ かなり時間がかかる Twitter 時間がかかる ウェブサイト閲覧 時間がかかる YouTube ほぼ不可 音楽ストリーミング 厳しい 上記表の通り、データ容量の大きい写真や動画などを添付しなければ、 EメールやLINEメッセージなどはさほど問題なく利用可能なケースが多いでしょう。 LINE通話に関しても途切れたりすることはあるものの、大きな支障なく使えるため許容範囲内といえそうです。 128Kbpsでとくに利用が難しいサービスは、マップ機能や動画ストリーミングサービスです。 多くの通信を要するので、低速通信では読み込みが追いつかず快適に利用するのは困難になります。 また、Twitterも読み込みにかなり時間がかかるため、利用にはストレスを感じるでしょう。 ワイモバイルのデータ増量オプションを利用する ワイモバイルには、データ増量オプションがあります。 このオプションに加入すれば、実質的にひと月に使える高速データ容量が増量されます。 データ増量オプション 月間データ容量 月間データ容量 (データ増量オプション適用時) スマホプランS 2GB 3GB スマホプランM 6GB 9GB スマホプランL 14GB 21GB オプション利用料は通常月額540円ですが、現在は 「データ増量オプション2年間無料キャンペーン」を実施中なので、これからワイモバイルを新規契約、機種変更を検討している方はこのオプションに加入しておきましょう。 ワイモバイルのパケットマイレージでデータ容量と交換する パケットマイレージとは、申し込み不要で月額料無料のサービスです。 Yahoo! へのログインやYahoo! ショッピング、LOHACO、ヤフオク! での買い物、食べログなどの提携サービスの利用やくじでマイルが貯まり、 貯まったマイルのランクに応じて、翌月のデータ容量の追加料金が無料になります。 パケットマイレージはスマホプランS/M/L、ケータイプランSSで利用できます。 出典: スマホ版Yahoo! JAPANトップページにログインするだけで毎日マイルが貯まるので、ブックマークするなどしてログインを習慣化するのがおすすめです。 Yahoo! JAPANログインによる獲得マイル数• スマホプランS:1日につき1マイル• スマホプランM:1日につき3マイル• スマホプランL:1日につき7マイル ワイモバイルのオートチャージ(快適モード)なら通信制限がかからない オートチャージ(快適モード)は、通信量を使い切ったときに自動で500MBの容量をチャージをしてくれるサービスです。 オートチャージは、My ワイモバイルの設定からON(快適モード)とOFF(制限モード)を選ぶことができ、快適モードに設定することで利用できます。 ただし、1回のチャージごとに料金が発生します。 容量追加を自動で行うため手間はかかりませんが、気付かないうちに月額料金が高額になってしまう可能性があるので、通信量を定期的に確認することも大切です。 オートチャージの上限回数の設定変更から上限回数を決められるので快適モードを利用するときは必ず設定しましょう。 ワイモバイルの通信制限が解除できないときの原因と対処法 追加料金を支払っても通信制限が解除されない、そんな場合の原因と対処法を紹介します。 3日制限がかかっている 3日制限とは前日までの3日間の通信量が一定を超えたユーザーへの通信の制御です。 スマホプランには3日制限はありませんが、Pocket WiFiプランやデータプランを契約している場合には制限がかかることがあります。 3日制限がされるとデータプランでは通常の通信制限と同様に最大128Kbps、Pocket WiFiプランでは最大1Mbps程度に通信速度が低速化します。 3日制限では 追加料金を支払っても速度は戻りません。 通信速度を戻すには規定の時間が経つのを待つしかありません。 対処法としては支払いの遅れがないよう気を付けるしかありません。 料金支払いの確認がとれれば通信制限の解除手続きができるので、解除したい場合は早めに支払いを済ませましょう。 なお、支払いの確認が取れるタイミングは支払い場所によって異なるので注意が必要です。 急ぎの場合はワイモバイルのショップで支払いをするといいでしょう。 支払い場所 当日入金扱いになる時間帯 確認が取れるタイミング コンビニ 8:00~22:00 3~5営業日後 Y! 通信制限の解除には 反映まで最大6分程度かかるので、少し待ってみましょう。 それでも通信速度が戻らない場合は、SIMカードの入れ直しを試しましょう。 ワイモバイルで通信制限がかからないようにするには ワイモバイルでは通信制限の解除ができますが、もちろんその分の料金が発生します。 安く利用したいなら通信制限にかからないようにすることが大切です。 こまめにワイモバイルの通信量を確認する 特に容量が少ない スマホプランS(2GBプラン)では、データ容量を使い切らないようにこまめに使用量をチェックしましょう。 通信量は自動音声応答サービスかMy ワイモバイルから確認できます。 データ残量を把握していれば使いすぎを防げ、通信制限を避けることができるでしょう。 ワイモバイルの料金プランを見直す 通信制限がかかってしまうことが多い方は料金プランを見直しましょう。 よく通信制限がかかる場合は契約しているプランが合っていない可能性があります。 追加料金を都度支払って通信制限を解除するのは容量あたりの料金が割高になってしまいます。 毎月追加しているのであれば、契約しているプランの容量を増やしたほうがお得に高速データ通信を利用できます。 ただし、使い切らなかった データ容量の繰り越しはできませんので無駄なく使えるプランを選ぶように気をつけましょう。 WiFiを利用する 自宅でWiFiを使って通信量を抑えるのと同様に、外出先でもできるだけWiFiを利用すれば通信量の節約になります。 WiFiに接続していれば、ウェブ閲覧、動画、アプリやゲームを利用してもデータ容量は消費されません。 また、大容量データのダウンロードもWiFiに接続してから行たほうがよいでしょう。 出典: ワイモバイルでは、「ソフトバンクWiFiスポット」を利用できます。 「ソフトバンクWiFiスポット」は全国にあり、公式サイトからWiFiスポット検索もできるので、見つけやすいでしょう。

次の

UQモバイルは2年後にデータ容量が半減する罠に注意!対策方法発見|UQ mobile

ワイモバイル データ増量オプション 2年後

ワイモバイル Ymobile はこれまで「2年間だけ」月額料金が安かったのですが、この度、「2年以降も」ずっと割引が続くようになりました! docomo、auからワイモバイル Ymobile にMNPで番号そのまま乗り替えると、乗り換えたユーザー限定で月額料金が1,000円割引なるのが、この割引は実は契約してから2年間限定の特別割引だったんです。 だとすると、 「2年間しか割引が効かないんなら、2年経ったら、他の携帯電話会社にまた乗り換えてしまう!」 って考えちゃいますよね! 私だったらそう考えます! ということで、おそらくそういうユーザーが多かったのか、契約してから2年以降もずっと月額料金から1,000円の割引きを続けることになりました! 正直、ワイモバイル Ymobile は月額2,980円!とか1,980円!というイメージが強いのですよね。 「ニャンきゅっぱ!」 とか 「スマホ、1980円の時代へ」 なんていうコピーで、CMがんがん売っているんで、当然月額2,980円とか月額1,980円とかの印象が強いはず。 でも、それって実は2年間だけだったんです! 私も最初その事実を知ったとき、 「2年間だけやったんかい!」 と思ってしまいましたが、今回新しくできた長期利用者向けの割引で、ようやく2年以上保有しても月額料金が上がらないようになりました。 今回は、そんな長期利用者でもおトクになる割引について、解説していきたいと思います。 Contents• ワイモバイル Ymobile の長期利用者向け割引って? そもそも、ワイモバイル Ymobile のスマホの月額料金は、• でもこれだと、 「せっかくワイモバイル Ymobile が安い!と思ってワイモバイル Ymobile に乗り替えたのに、これだったら2年経ったら他社にもう一度乗り替えた方がトクでしょ」 と思われるのが普通だと思います。 そこで、ワイモバイル Ymobile は以下のように2年後も、2年以内の月額料金と同じ金額で、利用できるように長期利用者向け割引を始めました。 つまり、 docomo、auから乗り換えの方だったら永年同じ月額料金で、ワイモバイル Ymobile を利用し続けることが出来るんですね。 【データ容量は2年間2倍になるキャンペーン実施中】 確かに1GBだと、5時間くらいYoutubeを見ると、速度制限にかかってしまうので、基本的にはLINE、メール、ウェブサイトを軽く使う程度しか出来ないですね。 でも、ワイモバイル Ymobile には、データ容量2倍キャンペーンをやっていて、こちらは2年間限定になりますが、それぞれのプランで、• もちろんそれぞれのプランの月額料金は元のままです。 月額料金が割り引かれて、データ容量は増量されているので、スマホを沢山使う方とってはよりおトクになっているんですね。 ワイモバイル Ymobile で購入した端末を3年目以降も使い続ける場合、ワイモバイル Ymobile を継続しても全く損はありません。 でも、3年目以降で、途中で機種が壊れたり、他社で良い端末が発売されたら、乗り換えれば、端末代金をそれほど負担せずに新しい機種に乗り替えることが出来ます。 長期利用者向け割引によって、3年目以降、ワイモバイル Ymobile を継続するも良し、他社に乗り替えるのも良し、と選択肢が広がったんですね。 【それでもやっぱり2年経ったら乗り替えたほうがおトク】 ワイモバイル Ymobile を2年以内に解約すると、割引がなくなって残りの端末代金の残債を支払う必要があり、解約違約金も1万円程度は払わないといけません。 最低2年は使わないとかなり損です。 さらに、解約違約金を回避する場合は、2年毎に来る契約更新月に解約する必要があります。 いわゆる2年自動更新という仕組みですが、2年を超えても使い続けると、次に解約違約金が発生しない月は4年後にならないと訪れません。 スマホを4年も使い続けとバッテリーの持ちも悪り、操作スピードも遅くなるので、できれば2年のタイミングで他社に乗り替えた方が安全でしょう。 また、ワイモバイル Ymobile もUQモバイルの2年間はデータ容量が2倍になるキャンペーンをしているので、3年以降も同じ携帯電話会社を利用していると、データ容量がガクッとへってしまいます。 2年経ったタイミングで、他社乗り替えた方が、端末、料金、データ容量の観点でおトクだと言えます。 まとめ ワイモバイル Ymobile の長期利用者向け割引って? 2年以降も月額料金の割引が継続する仕組みです。 結局、2年経ったら辞めない方がいい? 長期利用者向け割引によって3年以降使い続けても、損はないのですが、乗り替えた方がトクかどうかと言われると、2年経ったら他社に乗り替えた方がおトクです。 特にUQモバイルは、ワイモバイル Ymobile と同様の料金プラン、端末を揃えているので、UQモバイルから新機種が出たら、2年後はUQモバイルに乗り替える方が、月額料金、端末、データ容量の観点でおトクになるでしょう。 長期利用者向け割引によって、ワイモバイル Ymobile を3年目以降使い続けても、それほど損ではなくなりました。 端末を4年、6年と使うという方は、ワイモバイル Ymobile をそのまま継続していても、それほど無駄はなくなりましたが、最もおトクな方法はワイモバイル Ymobile を2年使ったら、UQモバイルなどの格安スマホ MVNO に乗り替えるやり方ですね。 ワイモバイル Ymobile には、2年間は端末代金と端末代金の割引があって、一括で購入すると5万円程度もするiPhoneが、月々割引を受けられて実質2万円程度で持てるんです。 なので、 少なくとも2年間利用するには、端末代金を負担してくれるワイモバイル Ymobile はかなりおトクです。 おっしゃる通りです。 ワイモバイルの「GB増量」「キャッシュバック」「ワンキュッパ割」を適用させるには、2年後に解約をして、新規契約をし直すしかありません。 ただ、ご認識の通り、電話番号が変わってしまうのが難点です。 2年後、電話番号を変えずに、同じような特典を受けるには、他の格安SIMに乗り換えるしかないと思います。 すでにご検討されているかもしれませんが、ワイモバイルとほぼ同様の条件で契約ができる楽天モバイルの「スーパーホーダイ」に、MNP 電話番号そのままで乗り換え をするのも選択肢かと思います。 コメントする.

次の

ワイモバイル・UQモバイル・楽天モバイル、超過後速度1Mbpsプランの比較

ワイモバイル データ増量オプション 2年後

そして2年目にあたる26ヶ月目以降について、 以前はスマホプランSの場合だと1000円あがって3980円となっていましたが現在はお値段据え置きの2980円で使えるようになっています。 現在はここにスマホプラン割引と同額の1000円が26ヶ月目から永年割り引かれる長期利用割引ができたので2年後も据え置きの料金で使えるという風に仕様が変わりました。 『長期利用割引なんて聞いてない!』という人も安心してOK 長期利用者割引ができる前に契約したかもしれない、そんな割引の話をされた覚えはないという方でも大丈夫。 長期利用者割引は割引ができる前に契約した人にも自動で適用になるので、焦ってショップに駆け込む必要はありません。 じゃあ長期利用者割引ができる前に2年経過していたユーザーは損なのかと言うと、ワイモバイルのサービス開始から2年以内に長期利用者割引ができたのでそんな人は存在しません。 安心してください。 2年後に変わること 『そっか、料金自体は変わらないのか、じゃあ安心だね』と思いたいところですが、 基本使用料は上がらなくてもそれ以外の部分が変わるので結果的に料金が高くなる場合もあります。 人によっては対策が必要になることもあるので説明していきますね。 データ容量2倍CPの終了 まず 2年で終了するキャンペーンの代表格はデータ容量2倍キャンペーンです。 このCPはスマホプランSなら1GBが2GB、Mなら3GBが6GBと使えるデータ通信量が倍になるというキャンペーンですが、これは25ヶ月目で終了します。 終了すると元のデータ通信量に戻るのでSプランは1GB、Mプランは3GB、Lプランは7GBとなるので、人によっては『データ通信量が足りない!』となってしまいますよね。 そんな場合は データ容量2倍オプションというオプションを付ければデータ通信量の2倍は維持されますが、月額500円のオプション料がかかってしまいます。 ちなみにデータ容量2倍キャンペーン期間中にデータ容量2倍オプションを付けても、残念ながらデータ通信量は4倍にはなりませんので。 本体代金の分割払いが終了 スマホの本体代金を分割で払いいている人は契約から25ヶ月目で本体代金の分割払いが終了します。 本体代金を分割払いしていた人は26ヶ月目以降は基本使用料だけになるのでその分安くなりますが、 本体代金を一括で払っている人は25ヶ月目で月々割引という割引が終わるので、その分月額料金が上がります。 ヤング割 学割特典 が終了 ワイモバイルの学割であるヤング割 1000円の割引が14ヶ月目から25ヶ月目まで適用になる割引 も25ヶ月目で終わります。 『子供のスマホだから2980円じゃちょっと高いな』という親御さんは更新月のタイミングでもっと安く使えるサービスを探す必要がありますね。 10分かけ放題は変わらない 10分かけ放題は2年後もかわりません。 安心して今と同じようにたくさん電話しちゃってください。 更新月にすべきこと まずはあなたの契約だと2年目以降の料金がどうなるのか、適用が終了になるキャンぺーンがあるのかを確認しましょう。 そしてワイモバイルの今の機種をそのまま使い続けるなら、 データ通信量の2倍が終わっても問題なく使えるか 使えるデータ通信量が半分になるので! の確認も必要です。 加えて データ容量2倍キャンペーンが適用になっている方は、データ通信量がプラン上限に達した場合に任意の回数を自動買い足しする設定の快適モードに気を付けてください。 もしデータ通信量2倍が終わっているのに快適モードのまま使い続ければ、500MBを1回追加するたびに500円かかってしまいますからね。 他社に乗り換えるなら更新月 またワイモバイルで機種変更を考えているのであれば更新月は関係なくどのタイミングで機種変更しても違約金はかかりませんが、 他社に乗り換えるとなれば更新月でないと違約金がかかってしまいますので逃さないようにしましょう。 例え他社に積極的に乗り換える意志がなかったとしても次の更新月はまた2年後なので、情報収集するくらいはしてもいいと思いますよ。 ワイモバイル更新月は契約してから25ヶ月目と26ヶ月目の2ヶ月間です。 そのままの機種で使い続ける ワイモバイルの快適なネット速度やかけ放題のサービスが気に入っているなら今のまま使い続けるのもいいと思います。 データ通信量2倍CPが終わるので、必要であればデータ容量2倍オプションを付けてくださいね。 またスマホの機種変更は特に更新月にこだわる必要はありません。 『今のスマホまだ使えそうなのよ』ということであれば機種変更は更新月でなくても違約金はかかりませんので、使えるところまで使ってから機種変更することもできます。 ワイモバイルで機種変更する 正直なところ、ワイモバイルで機種変更しても料金が高くなってしまうのであまりおすすめではありません。 同じ機種で同じデータ通信量で1年目に至っては1500円も毎月料金が高くなるんですよ! どこの携帯会社も既存顧客への還元は後ろ向きだといいますが、ワイモバイルにももう少し既存顧客を大切にして欲しいですよね。 『なんとかワイモバイルでお得に機種変更したい!』ということであれば、ワイモバイルオンラインストア限定のアウトレットスマホを契約するという方法があります。 2018年5月の段階では下記3機種がアウトレット特価となっており、スマホの本体代金を割安で契約することができます。 Android One S1 が本体一括7560円 税込• Android One S2 が本体一括7560円 税込• ソフトバンクへの乗り換えで激安に 実は ワイモバイルユーザーはソフトバンクスマホへの乗り換えが優遇されているのをご存知でしょうか。 現在ソフトバンクでは ワイモバイルユーザーに対してソフトバンクへの番号移行プログラムというキャンペーンをやっていて、条件を満たせば下記の特典を受けてソフトバンクに乗り換えることが可能です。 新型 iPhone の登場で iPhone8 が非常にお求めやすくなってますので、興味のある方はコチラの記事をご覧ください。 2年後の料金は変わらない• ただし終了するキャンペーンがある• 更新月には自分の契約を見直そう•

次の