医療事務 給料。 【医療事務のボーナス事情】平均はいくらなの?何ヶ月分もらえるの?

30歳男性医療事務員の給料・年収

医療事務 給料

医療事務の給料ってどれくらい? 医療事務の人たちのお給料とはどれくらいなのでしょうか? 以下に、医療事務職の収入の目安をご紹介します。 収入金額に開きがある理由としては、以下のようなものが挙げられます。 <雇用形態によって違う> 正社員として雇用されているのか、派遣社員なのか、バイトなのかによって、支給される給料の金額も変わってきます。 派遣やバイト・パートタイムだと時給換算になり、目安は1時間当たり1050円~となります。 <役職・立場で違う> 主任クラスでは17万円のところ、部長クラスになると30万円を超えるなど、経験や立場など、役職によっても給料は変わります。 また、同じ正社員でも勤続年数や経験、役職などで給料額に差が生じます。 <ボーナスや残業代は出るの?> 雇用形態や働く医療機関の規定によって異なりますが、出るところもあります。 ボーナスが出る場合、正社員雇用であれば、概ね年間で4ヶ月分の賞与と記載している求人情報が多いです。 ここまで、医療事務の給料事情についてまとめました。 では、医療事務の待遇面はどうなのでしょうか? 次項でご紹介します。 医療事務の待遇はどうなの? 医療事務として働く場合、有給は取れるのでしょうか? 社会保障はどうなのでしょう。 ここでは、医療事務の勤務形態や休暇、社会保障などの労働環境面での待遇をピックアップします。 <勤務体制> 雇用形態や勤務先の規定によって出勤日や勤務体系は異なります。 シフト制の場合もあれば、病院の休日に合わせた勤務日程のところもあり、求人を見る際に確認しておきましょう。 <休日・有給休暇> 年間の休日数や産休や育休などのその他の休暇の有無は、病院によって異なります。 前もって求人情報や、医療機関が公開している情報をよく確認することが重要です。 個人の開業のクリニックよりは総合病院などの大きな医療機関の方が、有給休暇などが充実している場合が多いです。 <社会保障> 健康保険や雇用保険などの各種保障の有無は、フルタイムの場合であれば法律にのっとって付与されることが多いです。 アルバイトやパートなどの短時間勤務や派遣社員の場合は、勤務先の病院や医療機関により保障がつかないこともありますので、注意してください。 医療事務の待遇についてまとめましたが、勤務先や雇用形態によって異なることが多いため、まずは各医療機関の情報を確認してください。 医療事務の仕事の内容とは? ここまで医療事務の給料や待遇についてご紹介しましたが、最後に、あらためて医療事務の仕事内容について確認しましょう。 医療事務は医療機関での事務全般を行っています。 医療事務の資格がなくても働くことはできますが、具体的にはどんな仕事をするのか、ここからご紹介します。 <レセプト業務> 医療事務のメイン業務であり、毎月月末から翌月の頭までかかる大事な仕事です。 患者さんの医療費の自己負担金以外の金額を計算し、国などに請求するための業務です。 <受付・窓口業務> 来院した患者さんの対応や入退院の手続きも医療事務の大切な業務です。 <医療費の会計処理> 診察や検査が終わった患者さんの医療費を計算し、会計まで医療事務が行います。 <書類の整理・管理> 受付や保管庫にあるカルテなどの記入や並び替えなどの整理や管理を行うのも医療事務の業務に含まれます。 いかがでしたか?今回は、医療事務の給料などの待遇を中心にご紹介しました。 この記事が、医療事務としての就職や転職を目指している人の参考になれば幸いです。

次の

医療事務職員の年収を知る(2014年)|給料.com

医療事務 給料

医療事務が人気の理由を整理してみよう 『 』でもお話していますが、医療事務にとって最大のメリットは、 給料ではなく「 経験を生かすことができ将来性がある」という点です。 今回はまだお話していないメリットについて簡単に触れておこうと思います。 学歴による給料の差が少ない 「医療事務の最大のメリットは給料ではない」と言っておきながら恐縮ですが、学歴による給料の相場を見たときに、その差が少ないのは医療事務の大きな特徴の1つです。 少々前のデータになりますが、日本医療労働組合連合会による2009年賃金実態調査を見ると、下記のような記載があります。 このデータは 「学歴より経験と実力が評価される」ということを物語っていますが、初任給ではなく先々のことまで考えたとき、医療事務の仕事は低水準でしょうか? 雇用形態の選択肢が広い 医療事務として仕事を行う場合、正社員以外にも、契約社員、アルバイトなどの選択肢があります。 どの雇用形態が良いかはライフスタイルを始めとするご状況によると思いますが、雇用形態を選んで勤務時間を調整できるので、 子育てをしながら仕事を行うことができます。 ただしパート勤務で希望通りの時間に働くとなると、そのほとんどは経験者ですので、未経験者でパートで平日のみといった働き方を認めてくれるクリニックは非常に少ないと思います。 医療事務のパート勤務に関しては下記の記事にまとめます。 時給が高く転職のハードルが低い 時給は一般事務に比べると高めです。 東京都23区内で医療事務のアルバイトを見ていると、 3年程度のご経験があれば時給1,200円~1400円程度の募集があります。 即戦力であることが条件なのは言うまでもありませんが、特にクリニックでは過去クリニックの医療事務を経験されてきた方が重宝されます。 また、「過去の医療事務経験が評価されるので、転職のハードルが低い」のも人気の理由でしょう。 未経験から就業するまでのハードルはやや高いですが、 就業後に経験を積んで実力を上げれば、キャリアを評価されての転職が可能ですので、 一般的な事務職と比べると転職のハードルは低いと言えます。 勤務地を選ばない&復帰しやすい 取得した資格や培った経験は全国どこでも有効です。 地域や診療科により仕事内容に多少の違いはありますが、医療制度の基本は全国で統一されているので、他のお仕事と比べると共通部分は多いですし、 経験したことのある科目であれば、比較的地域差による仕事内容は小さいといえるでしょう。 ご家族の事情等で勤務地を変更しなくてはならなくなっても、その土地で仕事を見つけることは難しくありませんし 、 仕事を離れなくてはならない事情ができてても復帰しやすいといった点もあります。 こういった点から特に女性に支持される傾向にあります。 「1つのクリニックで勤続20年」というスタッフは珍しいかもしれませんが、 転職をしながら、長く医療事務として仕事をされている方はわりと多くお見かけします。 医療事務は特別給与が高い職ではありませんが、勤務年数を重ねることでスキルを向上させていけば、を得ている人がいるのもまた事実です。 医療事務になるハードルが下がっている 以前に比べると医療事務になるハードルは下がっているように感じます。 長い目で見ると資格は取得しておいた方がよいですが、現状 資格の有無で就職がきまるわけではなく、過去医療事務経験がない方が医療事務として就職する例も増えており、以前に比べると医療事務になるハードルは下がっていると言えます。 さらに、医療業界は一般的な株式会社と比べると安定しているイメージがあるので、一般事務より医療事務の方が良いとお考えの方もいらっしゃるのでしょう。 なぜ医療事務の給料の相場は安いのか 「給料が安くても医療事務が人気の職業である理由」はご理解いただけたと思います。 ではなぜ医療事務の給料の相場は安いのでしょうか ここには「医療事務が人気の職業である」という理由が大きく関係します。 人気の職業だから給料が安い!? 人気の理由の最後にも挙げましたが、医療事務になるハードルが下がっているため、人気になった分だけ医療事務になりたい人が増えたことが、給料の相場が安い1つの理由と考えられます。 本来医療事務は専門職ですので、医療事務経験があったり、資格を取得するなどのトレーニングを積んだ方が就く職業でしたが、現在この状況はかなり変化しており、医療事務になるハードルは大きく下がりました。 ハードルが下がると希望者が増えます。 皆さんが同じお仕事ができるのであれば、給料が安くても求人を出せば申し込みがくるので、安い給料のまま雇われることになるのです。 そのため、 今後は長い医療事務の経験とそのスキルのみで、高い給料を得ることは難しくなるでしょう。 『』にもあるように、医療事務のスキルと平行して、クリニックに役立つスキルを身につける努力を忘れないでください。 電子カルテ・レセコンの普及 電子カルテやレセコンが登場する前は、レセプトの作成は誰でもできるものではありませんでしたので、レセプトを手作業で行う医療事務には熟練された専門技術が必要で、技術を持つスタッフは重宝されました。 ところが、現在では、知識が豊富ではない医療事務でも、電子カルテやレセコンを使用することで最低限の仕事ができるようになっていますし、 電子カルテやレセコンの機能向上により、操作を覚えれば大方の仕事がこなせるようになっており、未経験で入職しても、戦力になるまでの時間が短くなっています。 電子カルテやレセコンの普及が悪いのではなく、他の医療事務ができないことを身に着けることで初めて給与交渉ができるということです。 「人気の職業だから」だけで選んではいけない 「人気の職種」と聞くと良いところばかりが目に映りますが、それだけで選んでしまわないように、医療事務に転職されて「こんなじゃずじゃなかった」とお考えの部分を見てみましょう。 残業が多いことは理解しよう クリニックの医療事務は主にレセプトの残業が発生するケースが多く、これが医療事務として働いてみて「こんなじゃずじゃなかった」の第1位ではないでしょうか。 医療事務の残業は全体的に今後の改善に期待ですが、意識しなければ改善できません。 今後さらに人気の職業になるためには、この残業問題を何とかする必要があります。 参考:『』.

次の

一般事務と医療事務の違い!目指すならどちらが将来性があるのか

医療事務 給料

もくじ• 業務内容の違い 医療事務、調剤薬局事務ともに共通しているのが、患者応対や受付・会計業務、そして月に一度のです。 またどちらもレセプトコンピュータ(レセコン)という専用のパソコンに入力することが主な業務になります。 入力業務では、保険情報や患者情報の他に 医療事務の場合は医師のカルテを、 調剤薬局事務の場合は処方箋を読んで入力します。 さらに医療事務では、カルテの作成および管理、検査や受診科、診察室への案内、入院施設のある病院における入退院の手続きや面会の応対などを行います。 対して調剤薬局事務は一般的な事務作業はもちろん、一般用医薬品を取り扱っている薬局ではその販売を任されたり、医薬品の発注や検品、入庫などを行ったりします。 医療事務は医療機関の種類や規模、診療科によって 業務内容に大きな差があります。 しかし、調剤薬局事務は薬局の規模などによって業務内容に大きな差はありません。 ただし、仕事内容の煩雑・複雑なのは医療事務。 単純なのは調剤薬局事務。 専門知識の違い 医療事務と調剤薬局事務は 共通して医療保険や各種制度の知識が必要になりますが、それ以外の必要な知識については違いがあります。 したがって、カルテに載っている指示や薬品名などの略語、略称を覚える必要がある他、基本的な人体構造や名称などの医学知識も求められます。 さらに、診察・検査・レントゲン・注射などの医療行為一つ一つに点数が決められている上に、診療科ごとに処置や検査は異なるため、 医療事務は多くの知識が必要となります。 なぜなら薬局で行う医療行為は「調剤と投薬」だけだからです。 扱う分野の比較図 扱う範囲が狭いからこそ、短期間で資格が取れるってメリットもあるわ。 患者さんの違い 同じ患者さんでも、病院やクリニックなどの医療機関と薬局では対応や態度が違うことがあります。 どういうことかご説明しましょう。 病院やクリニックを訪れる患者さんは、 心身に抱えた健康上の問題を解決して欲しい方が来院されます。 したがって、保険証の提示や新患アンケートの記入に協力的な人が多いです。 それに対して薬局を訪れる患者さんには機嫌が悪い人が多いです。 なぜなら、具合の悪い中さんざん待たされた病院の診察が終わったと思ったら、次は別の場所へ行って薬をもらわなければならないからです。 そんな患者さんに保険証の提示やアンケートの記入をお願いすると、怒り出す人もいます。 薬局としても、処方箋に記載されている保険情報が正しいかどうか確認する必要がありますし、現在服用している薬は何か・過去服用していた薬でが出た薬はあるかなどを知るためにも問診が必要なのですが、面倒に感じる患者さんは少なくありません。 もちろん、大半の患者さんは協力的ですが、中には注意して応対しなければならない患者さんがいることも事実です。 けど日本にはの考え方が基本になっているわ。 仕方がないのよね。 職場やキャリアアップの違い 医療事務と調剤薬局事務では、当然のことながら働く場所も違います。 調剤薬局事務の主な職場は調剤薬局や処方箋を受け付けている一部のドラッグストアです。 対して医療事務は、病院や診療所、介護施設や歯科医院などのさまざまな場所で働くことができるため、調剤薬局事務よりも 活躍の場が広いと言えるでしょう。 また、総合病院などの規模の大きい医療機関では働く医療事務の数も多く、医療事務をまとめるリーダーとしての役職や管理職が存在します。 したがって、調剤薬局事務に比べて 医療事務のほうがキャリアアップの可能性がある職業です。

次の