里芋 イカ 大根 煮物。 ポイントは下ゆでと味付け?「里芋の煮物」基本のレシピ

そのいかワタ捨てないで!里芋と大根とイカの煮物

里芋 イカ 大根 煮物

イカを買ったらぷっくり美味しそうないかワタが〜 今日は大根と里芋の煮物に加えて、酒飲みさんにオススメの一品です。 いかワタ〜 つやつやぷっくり美味しそう。 イカワタとはイカの内蔵(肝)で、旨味がたっぷり。 捨てるなんてもったいない〜 いかのゴロ焼きなんてお酒の肴に最高です。 塩辛もいかワタでいかを和えたものですね〜。 煮物にしたら、煮汁に旨味が凝縮されて、飲めるくらい美味しい。 大根と里芋のいかワタ煮の作り方はこちら〜 大根は柔らかくなるまで下茹でします。 里芋は塩水につけたあと2、3分下茹でしておきます。 イカをさばきます。 こんな感じ。 いかワタは、手をつっこんで、やぶけないように繋がってるところを外してゆっくり引っ張ると、にゅるんと綺麗に出ます。 胴体には一本柔らかい骨があるので、スッと引っ張って抜いて、輪切りにします。 大根と里芋を、水、鰹だし、みりん、酒、しょうゆ、で煮ます。 最初にイカもさっとくぐらせ取り出しておきます。 大根と里芋にイカの旨味を染み込ませるためです。 長時間煮込むと固くなるため、一旦加えてすぐ取り出します。 大根と里芋をコトコト煮て、里芋が柔らかくなったらイカを加えます。 そして、最後にいかワタを加えます。 鍋の上で、いかワタの袋の一部をプチっとやぶき、ちゅーっと絞り出します。 まぜて、数分さっと煮込みます。 煮汁美味しそ〜 時間があるときは、一旦冷まして、食べる前に火にかけるとより味が染みますよ。 大根お箸ですーっと割れるくらいとろとろ。 圧力鍋で煮たみたいになりました。 今日は大根の下茹でを長めにしたからかな?煮込み時間はそんなに長くないのですが、劇的な柔らかさでした〜。 美味しい〜!いかワタの煮汁の味がしみてます。 日本酒が飲みたかったのですが、風邪ひいてたので泣く泣く我慢。 また作ろっと。

次の

大根とイカの煮物

里芋 イカ 大根 煮物

里芋といかの下ごしらえ いかは筒切りになったものを購入すればOKですが、自分でさばく場合はを参考にしてください。 胴の中をしっかり洗って、水気を切ったら皮ごと1㎝幅に切ります(エンペラ部分もすべて)。 また、げそは短い足にそろえるように長い足2本の先端を切り落とし、塩でこすって吸盤を落としたら2〜3本単位に切り分けます。 里芋は洗って土を落としたら、無理に形を整えようとせずに、里芋の形に添って、できるだけ薄く皮をむきます。 里芋の煮物の時は里芋の形をできるだけ残してたゴロっとした煮っ転がしにしましたが、いかと煮るときはどちらかというと 味が染みやすいよう、大きい里芋は迷わず2〜3等分にするくらいの気持ちで大きさをそろえるといいと思います。 軽く混ぜて調味料を溶かしたら、里芋を入れます。 里芋を入れてから中火にかけ、 煮汁が沸いたら、いかをすべて入れます(いかもはじめからじっくり煮てあげるのがポイントです!) いかを入れたら箸で軽くほぐし、アクが出てくるのですくい取ります。 また、20〜30分の間、いかをぐつぐつと煮れば、いかの繊維もほぐれて柔らかい食感になってくれます。 アクを取ったら落し蓋をして、火加減を少し弱めます。 煮汁がぐつぐつと煮立つくらいの火を保って、 15分ほど煮ます。 15分煮たら、落し蓋をはずして、煮汁を煮詰めていきます。 火加減はそのままで、さらに 煮汁を少し煮詰める気持ちで5〜10分ほど煮ます。 煮詰め加減がそのまま味の濃さにもつながるので、最後に味見をしてみて、好みの加減のところでストップするとよいと思います。 熱々の状態で煮汁ごと器に盛り付けて完成。 冷めても美味しいですし、翌日以降のより味が染みたものもまた美味しいです。 冷蔵庫で3日ほど日持ちします(目安として)。 食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。 いかをはじめに数分煮て取り出し、煮汁が煮詰まったころに戻し入れる作り方もあります。 こうした作り方なら、いかはよりプリッとして、里芋は里芋らしい味わいに仕上がります。 白ごはん. comで紹介している作り方は、 もっと里芋もいかも、混然一体となった味わいの煮物です。 また、いかを加えるタイミングを変え、同時に作って比較したことが何度かありますが、 いかの硬さははじめからじっくり煮たほうがやわらかく感じるくらいでした(いかの繊維の感じは少し強まるけど、トータルの食べた感じではよりやわらかい感じ)。

次の

ポイントは下ゆでと味付け?「里芋の煮物」基本のレシピ

里芋 イカ 大根 煮物

里芋の歴史 茶色い皮に独特の縞模様が入っている里芋は、インドを原産地とする説が有力です。 その歴史は古く紀元前3千年頃にはすでに栽培されていたと言われ、その後太平洋一帯やアフリカなど世界中に広がりました。 日本には稲などの米作が盛んになる以前に中国から伝わったと言われていて、稲作以前は主食として食べられていたと考えています。 じゃがいもやさつまいもなどの他の穀物が食べらえるようになったのが江戸時代以降なので、それまで里芋は重要な穀物として重宝されていたと言われています。 里芋の名前は、山芋と対照的に里 村 で作る芋であることに由来するそう。 現在は一般の家庭でも親しまれる野菜の1つですね。 かつて主食として食べられていた里芋は、栄養価の高い野菜。 糖質を多く含み、ビタミンやミネラル、植物繊維も豊富であるのが特徴です。 また里芋特有のぬめり成分であるマンナン・ムチン・ガラクタンは、それぞれ内臓の動きを活発化させたり、生活習慣病を予防したりする効果があるとされています。 栄養満点の里芋は、日常の生活に多く取り入れていきたい野菜ですね。 里芋のおすすめレシピ 独特のぬめりがある食感が特徴の里芋は、煮物にしたり炒めたりすることで美味しくいただくことができます。 オススメの料理は、【里芋の煮っころがし】!皮をむいた里芋を、醤油で整えた出汁と一緒に煮込んでいくだけの簡単料理です。 甘く香ばしい醤油の香りと、ホクホクで柔らかい里芋の食感が絶妙!どこか懐かしさを感じる、日本の家庭料理の定番ですね。 もう1つのオススメ料理は、【里芋とベーコンのバター炒め】です。 食べやすい大きさにカットした里芋とベーコンを、バターをひいたフライパンにいれ強火で炒めた一品。 バターの甘みとベーコンの塩気が合わさり、里芋との相性も抜群です。 お好みでパセリを加えてさらに洋風に仕上げることもできますよ。 里芋を処理する際は、皮をむいてから調理します。 硬い皮はそのままでは食べることができないので注意が必要です。 また皮をむいた後の里芋は、空気に触れることによって黒く変色してきます。 皮をむいたら水につけ、なるべく早く食べるようにしましょう。 里芋はほんのりとした甘みがある野菜。 素朴な味を引き出す料理を試してみたいですね。 里芋の栽培 植え込み時期:4月上旬~6月上旬 収穫期:10月上旬〜11月上旬にかけて順次収穫することができる 里芋は他の芋類と同様に、種芋を土に植えて栽培します。 寒さに弱い野菜なので、春先の暖かくなった時期に植え付けるようにしましょう。 肥料を混ぜた土に8〜9cmほどの深さの穴を掘り、そこに種芋の芽が上になるように植え付けていきます。 高温多湿を好む里芋は、反対に乾燥にはとても敏感です。 土が乾く前に水やりを行うようにして、常に土が乾燥していない状態を保つようにしましょう。 里芋の収穫時期は、葉が少し黄色味を帯びてきて倒れかかったタイミングがベストです。 茎を根元から切り取り、株の周りを鍬などで深く掘り起こして収穫します。 この時に鍬で芋を傷つけないようにするため、最後は手作業で取りだすようにしましょう。 里芋は古くから主食として重宝されてきた野菜で、日本の家庭の味として様々な料理で親しまれてきました。 皆さんもぜひ自家製の里芋で、色々な料理に挑戦してみてください。

次の