在職 老齢 年金 改正。 在職老齢年金とは、政府が在職老齢年金の廃止を検討している?

在職老齢年金制度の改正で60歳以降働いても年金は減額されないようになる?|@DIME アットダイム

在職 老齢 年金 改正

働くシニアの年金減額、22年4月から縮小 制度改正、就労を後押し ここから 高齢者が働くことを後押しする環境づくりが進む。 厚生労働省は60~64歳で満額の年金を受け取る人を増やす制度改正を2022年4月に実施する方針だ。 4日には70歳までの就業機会の確保を企業の努力義務とする法改正案も閣議決定された。 人口減で人手不足が広がる中、意欲のある高齢者の就労を促す。 働いて収入があるシニアには「在職老齢年金」という年金を我慢してもらう仕組みがある。 現在は賃金と年金の合計額が月28万円を超えると年金が減る。 22年4月からはこの基準を月47万円に上げる。 厚生年金の受給開始を65歳に上げる時期に差があるため、対象者は男女で異なる。 男性は1957年4月2日~61年4月1日生まれ(58~62歳)、女性は57年4月2日~66年4月1日生まれ(53~62歳)で将来の年金が増える可能性がある。 在職老齢年金は働いて一定の収入がある人の年金を減らし、その分を将来世代へ回す仕組みだ。 賃金がある程度増えても年金が減らないようにしてシニアの就労を後押しする。 一方、年金支給額は約3千億円増えその分は将来世代の年金が減る。 ここまで 以前も書きましたが、働くシニアの年金減額のことを「在職老齢年金」と言います。 60歳から64歳までの高年齢者が特別支給の老齢厚生年金を受給する場合、賃金と年金の合計が月28万円を超えると年金が減額されます。 この「月28万円」という基準を、2022年4月から「月47万円」に引き上げるというものです。 年金が減額にならなくて済む人も出てくることと思います。 それによって、シニア世代の就労意欲が増すことが期待されています。 ただし、この恩恵を受けることのできる世代は限定的で、以下の方が対象です。 男性は1957年4月2日~1961年4月1日生まれ(58~62歳)の人。 女性は1957年4月2日~1966年4月1日生まれ(53~62歳)の人。 男性の1961年4月2日以降生まれの人は、65歳未満で支給される特別支給の老齢厚生年金自体がなくなる世代です。 つまり、もらうもの自体がないので、減額なんて何の関係もありません。 女性の場合は、1966年4月2日以降生まれの人が同様です。 個人的には、私は65歳未満で受給する「特別支給の老齢厚生年金」を受給できない世代でして、この記事にはまったく無関係です。 誤解のないように言っておきますが、すべての方は65歳以降は通常の老齢厚生年金は支給されます。 65歳以降も在職老齢年金の制度があり、その場合も基準は「月47万円」となります。 なお、「月47万円」という基準は、物価・賃金水準により変わることもあります。

次の

在職老齢年金制度

在職 老齢 年金 改正

Contents• 60歳代前半は限られた層が増額の対象に 政府は年金制度改革の一環で在職老齢年金制度の見直し案をまとめました。 改正内容は今まで総報酬月額相当額(月の賃金等)+老齢厚生年金の受給額が28万円以上の人が減額されていたのを、60代後半の方と同じ47万円を超えたときに超えた額の2分の1が減額に変更されることになります。 当初の改正案では働く60代前半の方を年金減額対象となりにくくするのが目的でしたが実際は限られた生年月日の方だけが何らかの恩恵を受けられる案になりました。 制度改正が2021年4月からだとするとその年に60歳代前半の人で年金受給できるのは男性の場合昭和31年4月2日~36年4月1日が増額にあずかれる方になるからです。 (女性では昭和31年4月2日~41年4月1日生まれの方) 昭和36年4月2日以降生まれは60歳台になっても65歳まで年金は支給されない世代であり対象になりません。 65歳からの在職老齢年金は? 60歳代後半の方の在職老齢年金の基準収入は47万円で据え置きの予定です。 今まで厚生年金をもらいながら働き続けると年金額は毎月増えるのではなく節目の年齢で再計算されて増額されていました。 69歳までは65歳時に計算した額でいきます。 70歳になった時点でもう一度再計算されて増額されていました。 途中で退職したら加入期間で増えた分を計算し退職の翌月から増額されました。 見直し案では65歳以降には毎年1回計算し直して年金が年々増えていく「在職定時改定」制度を導入する方向で2022年改定を目指しています。 これにより年800億円位給付が増える見通しですが働けるうちは働こうとする人を後押しするとともに働き続けることで年金増額を早く実感することができるとしています。 いくらくらい増えるの? 65歳以降厚生年金に加入して1年間働くといくらくらい年金が増えるかという試算を見ると報酬月額が20万円で月1100円、年で13200円になります。 30万円なら年約2万円になります。 年金は受給開始年齢を65歳から1か月遅らせるごとに0. 7%増額される繰り下げの仕組みもあります。 70歳まで繰り下げると42%の増額です。 継続就労するならこちらも検討のされるのが良いでしょう。 ************************************ 70歳までの「就労機会」と「年金制度」改革 「在職老齢年金」の見直し 「在職老齢年金制度」は、賃金と報酬比例部分の年金を合わせた収入が基準額を超えると年金支給額が減額される制度だ。 60~64歳の在職老齢年金制度(低在老)で月額28万円、65歳以上の高在老で47万円の現行の基準額を緩和しようというのだ。 65歳以上の高在老の見直しでは、減額基準を現役男子被保険者の平均月収と65歳以上の在職受給権者全体の平均年金額の合計51万円にする案が有力だった。 しかし、高所得者を優遇することで高齢世代内の一層の経済格差が拡大し、将来世代の所得代替率の低下を招くことから現状で据え置くことになった。 一方、60~64歳の低在老では、就業意欲を損ねないように47万円に引き上げる方針だ。 支給停止対象者数は67万人から21万人に、支給停止対象額は4800億円から1800億円に減少し、新たに約3000億円の年金財源が必要になる。 ただし、年金の受給開始年齢の段階的引き上げに伴い、男性は2025年度、女性は2030年度以降に対象者がなくなる。 人口減少が続く日本では、労働力人口確保のため高齢者や女性の就業促進が不可欠だ。 そのため高齢者の就業意欲を阻害する可能性のある在職老齢年金制度を将来的に廃止するという考えもある。 しかし、両者の因果関係は明らかではなく、今回は富裕層優遇との批判が多いことから、60~64歳の低在老の見直しだけが実施される見通しだ。 論座 13月3日号より•

次の

在職老齢年金制度

在職 老齢 年金 改正

このサイトでも何度か紹介した在職老齢年金の支給停止要件の緩和、2022年4月からとなりそうです。 65歳未満の人の場合、総報酬月額相当額と年金月額の合計が、47万円以内であれば、年金減額はなくなることとなります。 政府は、今国会にこれらの法改正を提出することとなりました。 〇年金減額とならない収入額は? 現在は、65歳未満の人の場合、総報酬月額相当額と年金月額の合計が、月額28万円を超えると年金減額の対象になります。 法律が改正されれば、総報酬月額相当額と年金月額の合計が、月額47万円を超えると年金減額の対象になります。 上記と同じく年金の月額を6万円としますと、おおまかにいって年収480万円程度まで年金減額はなさそうです。 年金が0円になるのは、おおむね年収600円超からと推測できます。 これであれば、厚生年金に加入しながら年金をもらって働いている人が増えるでしょう。 〇対象となる人は? 要件が緩和されるのが、2022年(令和4年)4月からというのがネックになり、要件緩和の恩恵を受けられる人が限られます。 そもそも、65歳未満の人の制度が改善されるわけですから、改正の施行になる2022年(令和4年)4月の時点で65歳以上の方は恩恵が受けられません。 また、老齢厚生年金の支給開始年齢は段階的に引き上げられていて、男性は2026年4月には65歳に、女性は2031年4月に65歳になり、それ以降は今回の恩恵は受けられなくなります。 男性の場合は、現時点でも老齢厚生年金の支給開始年齢は63歳となっていて、仮にこの法律改正で恩恵を受けたとしても、受けられる期間は1年程度という人が多くなります。 〇70歳までの就労機会確保が努力義務に 今回政府が提出する法案の中に、70歳までの就労機会の措置を設定することを、企業に努力義務とかすことが含まれています。 こちらの施行予定は2021年(令和3年)4月と、在職老齢年金の部分より1年早くなります。 70歳までの就労機会には、定年延長や継続再雇用だけでなく、 ・フリーランス契約への資金提供 ・起業支援 ・社会貢献活動参加への資金提供 も含まれる予定です。

次の