マリーゴールド 歌詞 コピー。 あいみょん

あいみょん

マリーゴールド 歌詞 コピー

カテゴリ• 風の強さがちょっと 心を揺さぶりすぎて 真面目に見つめた 君が恋しい でんぐり返しの日々 可哀想なふりをして だらけてみたけど 希望の光は 目の前でずっと輝いている 幸せだ 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて 抱きしめて 離さない 本当の気持ち全部 吐き出せるほど強くはない でも不思議なくらいに 絶望は見えない 目の奥にずっと写るシルエット 大好きさ 柔らかな肌を寄せあい 少し冷たい空気を2人 かみしめて歩く今日という日に 何と名前をつけようかなんて話して ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 遥か遠い場所にいても 繋がっていたいなあ 2人の想いが 同じでありますように 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて離さない ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 離さない いつまでも いつまでも 離さない 目次• あいみょん『マリーゴールド』の概要 今回は人気アーティストである あいみょんさんの 『マリーゴールド』について簡潔に考察・解釈をしていきます。 曲調や歌詞、ミュージックビデオやジャケット写真などすべてにおいてノスタルジーな雰囲気を感じるこの曲ですが、今回は歌詞の 登場人物の関係性にスポットを当てて考察していきます。 音楽としての雰囲気 サウンドは「君はロックを聞かない」と少し似ている気がします。 エレキギターとアコースティックギターの音のバランスが聞いていて心地いいです。 この曲はどこかノスタルジックで、切なさを感じます。 そして、壮大な雰囲気があります。 『マリーゴールド』の意味とは タイトルの 「マリーゴールド」とは 花の名前です。 花言葉は「嫉妬」「絶望」「別れの悲しみ」などマイナスな言葉から「生命の輝き」「変わらぬ愛」「濃厚な愛情」「生きる」といったポジティブな言葉まで幅広い意味の花言葉があります。 『マリーゴールド』のテーマ この曲では「僕」や「私」などの一人称が登場しません。 ですが 「君」という二人称が登場します。 歌詞を理解しやすくするために一人の主人公を立てて考えていきましょう。 次の歌詞に注目すると主人公と君は 恋仲であることが伺えます。 ・君が恋しい ・大好きさ ・アイラブユーの言葉じゃ足りないからとキスして さらに 「あの日の恋」というフレーズが登場するので、 過去の恋の話なのかもしれません。 過去の恋というと 「別れたから過去の恋になった」とも言えますが、 恋愛を経て結婚してから回想したことにより「過去の恋」になったという捉え方もできます。 今回の考察のポイント 今回は 「別れたから過去の恋になった」のようにバッドエンドパターンと 「結婚して過去の恋となった」ハッピーエンドパターンの2つの視点で考察していきます! パターン1「別れたから過去の恋になった」 「別れたから過去の恋になった」という意味で歌詞を考察していくと、だんだん 「死別」のイメージが強くなってきました。 ここで、気になったフレーズを挙げます。 本当の気持ち全部 吐き出せるほど強くはない でも不思議なくらいに絶望は見えない ここでは 「絶望は見えない」が 「本当の気持ち」ではないと解釈できます。 そしてこのフレーズでは、マリーゴールドの花言葉である 「絶望」という言葉が登場します。 もうひとつ花言葉で 「別れの悲しみ」というものがあるので、単純に花言葉を踏まえて歌詞を見ると 絶望するほどの別れだったようにも捉えられます。 これが恋人の死なのではないかと思います。 続く歌詞の 「目の奥にずっと写るシルエット 大好きさ」 「遥か遠い場所にいても繋がっていたいなあ」 これらのフレーズは、天国にいる恋人に対する思いなのかもしれません。 パターン2「結婚して過去の恋となった」 「希望の光は目の前でずっと輝いている 幸せだ」 このフレーズにおける 「幸せ」は、 晴れ姿の恋人を見て感じたものだと思います。 「アイラブユーの言葉じゃ足りないからキスして」 これは結婚式の誓いのキスなのではないでしょうか。 「もう離れないで」と泣きそうな目で見つめる君を離さない いつまでも いつまでも 離さない こちらも 「ずっと一緒にいたい」という誓いのようなものだと感じられます。 まとめ 今回は曲に出てくる登場人物の関係性にスポットを当ててみました。 死別して過去の恋となった 「死んでしまった恋人への思い」と結婚して過去の恋になった 「結婚前夜のふたり」の二通りの考察をしました。 『マリーゴールド』は「マリーゴールド」の花言葉が持つ色々な意味や含みを持っている楽曲だと思います。 あいみょんさんの楽曲の多くは、視点によっていろいろな解釈ができますね。 注目するフレーズによっても異なった世界観が広がるに違いありません。 是非みなさんもいろいろな視点で考察してみてください! この曲が良くあいみょんの他の曲も聴きました。 歌詞の内容考えると死を描く歌詞が多くあります。 簡単に死を描写して悲しむようなものではないです。 ホラーのような死。 結婚式前夜は美化して本質からの逃避。 でもこの曲が多くの人が引き込まれた理由でしょうね。 恋人との死別のような雰囲気もその一因だと思います。 私もこの曲の良さと歌詞に涙しました。 その為何回も聴きました。 そして 簡単な死別の歌詞ではないと感じるようになりました。 私の解釈は、 心中殺人 絞殺 アルバム名 瞬間的シックスセンス 幸せだの歌詞を曲で「し」と「あわせだ」を離している。 死を合わせる。 夏は他界を描く事が多い。 詳細に解説は避けます。 お気に召さらなければ削除してください。 私は卒業を機に遠距離恋愛になる恋を男性目線から歌った曲だと解釈しました。 風の強くなる春に心が揺れ動くけど、でんぐり返しのように繰り返す日々を、だらけながら過ごしていても、目の前には希望の光である彼女がいるから幸せだなぁ。 夏の日のマリーゴールドが彼女の姿に似てたなぁ。 夏にはまだ、楽しいだけの恋だったと懐かしいなあ。 彼女から、(卒業後に遠距離になるから別れを別れを提案したけど)もう離れないでと涙ぐまれて、優しく抱きしめたぜ! 本当は離れたくないっていいたいけど、言えない。 でも彼女となら遠距離でもうまくいくと思うから絶望はない。 だって離れてても目を閉じればシルエット浮かぶから。 少し寒い卒業後の別れの日(新しいスタートを2人で歩み出す日)に何て名前を付けようかなんて話したりして あとは歌詞のままなので割愛します。 僕もちょっとこの歌詞を分析したくなってこのブログにたどり着きました。 色んな解釈ができると思いますし、敢えて多様な解釈にとれるように書かれているのかもしれません。 が、個人的には遠距離恋愛の曲のように見えますね。 「懐かしいと笑えたあの日の恋」とあることから、 お互い両思いになって付き合い出してからもう数年は経過しているのでしょう。 その時の初々しい思い出を回想しているように見えます。 それからお互い環境が変わり、これまでのような関係が難しくなってしまった。 「もう離れないで」という歌詞が、女性的な言葉に見えますが、 いずれにせよ一度は関係が疎遠になっていることが分かります。 「目の奥にずっと映るシルエット」「はるか遠い場所にいても繋がっていたいなあ」 あたりからもやはり普段は近い場所にいないことを匂わせます。 そして「本当の気持ち全部~不思議なくらい絶望は見えない」 のところが紐解く鍵になるように思います。 お互い両思いでありながら遠距離であるということは、それぞれが夢や目標があり一緒にいれないのではないかと思います。 でもその夢や目標と、会いたいという気持ちを正々堂々と伝える強さはない。 でも自分の選んだ道に対して悔いはない、と思っているのではないでしょうか。

次の

あいみょん「マリーゴールド」 歌詞の意味を解釈!2人の恋の行方は?

マリーゴールド 歌詞 コピー

楽曲名「マリーゴールド」とは 「マリーゴールド」とは キク科コウオウソウ属( マンジュギク属)のうち、草花として栽培される植物の総称。 という意味になっています。 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 花言葉に着目してみましょう。 マリーゴールドの花言葉は? この 「マリーゴールド」には いい意味と 悪い意味を 兼ねそろえているという特徴があります。 いい意味の代表としては• 永遠の愛 悪い意味の代表としては• 悲しみ などが一般的に挙げられます。 これを見ただけでも 複雑な花言葉であることがわかりますね。 恋愛という 複数の気持ちが交差する男女関係を 「マリーゴールド」という 複数の意味がある花言葉で 表現したかったのでしょう。 歌詞にも密接に関わってきそうです。 フルMVが公開されました。 本楽曲についてあいみょんは ずっとこのままでいたいし、欲深く、素直に誰かを求めていたい。 1番近くにいる誰か、遠くにいる君。 届きそうで届かない気持ち。 残したい記憶、懐かしいと笑えたあの日の恋。 とコメントしています。 歌詞はどうなっているのでしょうか。 細かく解釈していきます。 歌詞 風の強さがちょっと 心を揺さぶりすぎて 真面目に見つめた 君が恋しい でんぐり返しの日々 可哀想なふりをして だらけてみたけど 希望の光は 目の前でずっと輝いている 幸せだ 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて 抱きしめて 離さない 本当の気持ち全部 吐き出せるほど強くはない でも不思議なくらいに 絶望は見えない 目の奥にずっと写るシルエット 大好きさ 柔らかな肌を寄せあい 少し冷たい空気を2人 かみしめて歩く今日という日に 何と名前をつけようかなんて話して ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 遥か遠い場所にいても 繋がっていたいなあ 2人の想いが 同じでありますように 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて離さない ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 離さない いつまでも いつまでも 離さない 歌詞の意味・解釈 1番 風の強さがちょっと 心を揺さぶりすぎて 真面目に見つめた 君が恋しい 前提として、本楽曲は 男性目線の歌詞になっています。 心が揺さぶられるとは 強く感銘を受け、印象に残る。 感動する。 ということ。 何気ない風に吹かれる「君」 この日常的な姿を見るだけで 心が感銘を受けるほど 君が恋しいのです。 主人公の君への気持ちが伝わります。 でんぐり返しの日々 可哀想なふりをして だらけてみたけど 希望の光は 目の前でずっと輝いている 幸せだ でんぐり返しとは ひっくり返すという意味です。 つまり、 でんぐり返しの日々とは 何をやっても逆に作用する 上手くいかない日々ということです。 そんな上手くいかない日々に 挫けそうになる主人公ですが 彼女の姿を見ると救われるのです。 それくらい、 彼女の存在が大きいのでしょう。 サビ1 麦わら帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる 上でも述べたように 「マリーゴールド」には複数の意味があります。 ここでは 君と マリーゴールドを重ねていますが いったい、どの意味なのでしょう? 掘り下げていきます。 あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 過去に過ぎ去った彼女との夏を 主人公が想起しているようですね。 今では笑える思い出になった 下で想起した内容が描かれています。 もう離れないでと 泣きそうな目で見つめる君を ここから主人公と彼女は 別れては、寄りを戻して といった行為を繰り返していたのでしょう。 しかし、これは上で言ったように 今では懐かしいと笑える思い出 つまり、そういった困難を乗り越えて 今は、 固い絆で結ばれているのでしょう。 雲のような優しさで そっとぎゅっと抱きしめて 抱きしめて離さない この部分から マリーゴールドの花言葉の 永遠の愛が連想されますね。 いい意味の花言葉が 今回のキーワードなのかもしれません。 しかし、あいみょんの 今までの楽曲を踏まえると 嫉妬、絶望、悲しみといった 内容が入ってくる可能性があります。 2番はどうなっているのでしょうか。

次の

あいみょん『マリーゴールド』歌詞の意味・解釈と考察

マリーゴールド 歌詞 コピー

カテゴリ• 風の強さがちょっと 心を揺さぶりすぎて 真面目に見つめた 君が恋しい でんぐり返しの日々 可哀想なふりをして だらけてみたけど 希望の光は 目の前でずっと輝いている 幸せだ 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて 抱きしめて 離さない 本当の気持ち全部 吐き出せるほど強くはない でも不思議なくらいに 絶望は見えない 目の奥にずっと写るシルエット 大好きさ 柔らかな肌を寄せあい 少し冷たい空気を2人 かみしめて歩く今日という日に 何と名前をつけようかなんて話して ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 遥か遠い場所にいても 繋がっていたいなあ 2人の想いが 同じでありますように 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて離さない ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 離さない いつまでも いつまでも 離さない 目次• あいみょん『マリーゴールド』の概要 今回は人気アーティストである あいみょんさんの 『マリーゴールド』について簡潔に考察・解釈をしていきます。 曲調や歌詞、ミュージックビデオやジャケット写真などすべてにおいてノスタルジーな雰囲気を感じるこの曲ですが、今回は歌詞の 登場人物の関係性にスポットを当てて考察していきます。 音楽としての雰囲気 サウンドは「君はロックを聞かない」と少し似ている気がします。 エレキギターとアコースティックギターの音のバランスが聞いていて心地いいです。 この曲はどこかノスタルジックで、切なさを感じます。 そして、壮大な雰囲気があります。 『マリーゴールド』の意味とは タイトルの 「マリーゴールド」とは 花の名前です。 花言葉は「嫉妬」「絶望」「別れの悲しみ」などマイナスな言葉から「生命の輝き」「変わらぬ愛」「濃厚な愛情」「生きる」といったポジティブな言葉まで幅広い意味の花言葉があります。 『マリーゴールド』のテーマ この曲では「僕」や「私」などの一人称が登場しません。 ですが 「君」という二人称が登場します。 歌詞を理解しやすくするために一人の主人公を立てて考えていきましょう。 次の歌詞に注目すると主人公と君は 恋仲であることが伺えます。 ・君が恋しい ・大好きさ ・アイラブユーの言葉じゃ足りないからとキスして さらに 「あの日の恋」というフレーズが登場するので、 過去の恋の話なのかもしれません。 過去の恋というと 「別れたから過去の恋になった」とも言えますが、 恋愛を経て結婚してから回想したことにより「過去の恋」になったという捉え方もできます。 今回の考察のポイント 今回は 「別れたから過去の恋になった」のようにバッドエンドパターンと 「結婚して過去の恋となった」ハッピーエンドパターンの2つの視点で考察していきます! パターン1「別れたから過去の恋になった」 「別れたから過去の恋になった」という意味で歌詞を考察していくと、だんだん 「死別」のイメージが強くなってきました。 ここで、気になったフレーズを挙げます。 本当の気持ち全部 吐き出せるほど強くはない でも不思議なくらいに絶望は見えない ここでは 「絶望は見えない」が 「本当の気持ち」ではないと解釈できます。 そしてこのフレーズでは、マリーゴールドの花言葉である 「絶望」という言葉が登場します。 もうひとつ花言葉で 「別れの悲しみ」というものがあるので、単純に花言葉を踏まえて歌詞を見ると 絶望するほどの別れだったようにも捉えられます。 これが恋人の死なのではないかと思います。 続く歌詞の 「目の奥にずっと写るシルエット 大好きさ」 「遥か遠い場所にいても繋がっていたいなあ」 これらのフレーズは、天国にいる恋人に対する思いなのかもしれません。 パターン2「結婚して過去の恋となった」 「希望の光は目の前でずっと輝いている 幸せだ」 このフレーズにおける 「幸せ」は、 晴れ姿の恋人を見て感じたものだと思います。 「アイラブユーの言葉じゃ足りないからキスして」 これは結婚式の誓いのキスなのではないでしょうか。 「もう離れないで」と泣きそうな目で見つめる君を離さない いつまでも いつまでも 離さない こちらも 「ずっと一緒にいたい」という誓いのようなものだと感じられます。 まとめ 今回は曲に出てくる登場人物の関係性にスポットを当ててみました。 死別して過去の恋となった 「死んでしまった恋人への思い」と結婚して過去の恋になった 「結婚前夜のふたり」の二通りの考察をしました。 『マリーゴールド』は「マリーゴールド」の花言葉が持つ色々な意味や含みを持っている楽曲だと思います。 あいみょんさんの楽曲の多くは、視点によっていろいろな解釈ができますね。 注目するフレーズによっても異なった世界観が広がるに違いありません。 是非みなさんもいろいろな視点で考察してみてください! この曲が良くあいみょんの他の曲も聴きました。 歌詞の内容考えると死を描く歌詞が多くあります。 簡単に死を描写して悲しむようなものではないです。 ホラーのような死。 結婚式前夜は美化して本質からの逃避。 でもこの曲が多くの人が引き込まれた理由でしょうね。 恋人との死別のような雰囲気もその一因だと思います。 私もこの曲の良さと歌詞に涙しました。 その為何回も聴きました。 そして 簡単な死別の歌詞ではないと感じるようになりました。 私の解釈は、 心中殺人 絞殺 アルバム名 瞬間的シックスセンス 幸せだの歌詞を曲で「し」と「あわせだ」を離している。 死を合わせる。 夏は他界を描く事が多い。 詳細に解説は避けます。 お気に召さらなければ削除してください。 私は卒業を機に遠距離恋愛になる恋を男性目線から歌った曲だと解釈しました。 風の強くなる春に心が揺れ動くけど、でんぐり返しのように繰り返す日々を、だらけながら過ごしていても、目の前には希望の光である彼女がいるから幸せだなぁ。 夏の日のマリーゴールドが彼女の姿に似てたなぁ。 夏にはまだ、楽しいだけの恋だったと懐かしいなあ。 彼女から、(卒業後に遠距離になるから別れを別れを提案したけど)もう離れないでと涙ぐまれて、優しく抱きしめたぜ! 本当は離れたくないっていいたいけど、言えない。 でも彼女となら遠距離でもうまくいくと思うから絶望はない。 だって離れてても目を閉じればシルエット浮かぶから。 少し寒い卒業後の別れの日(新しいスタートを2人で歩み出す日)に何て名前を付けようかなんて話したりして あとは歌詞のままなので割愛します。 僕もちょっとこの歌詞を分析したくなってこのブログにたどり着きました。 色んな解釈ができると思いますし、敢えて多様な解釈にとれるように書かれているのかもしれません。 が、個人的には遠距離恋愛の曲のように見えますね。 「懐かしいと笑えたあの日の恋」とあることから、 お互い両思いになって付き合い出してからもう数年は経過しているのでしょう。 その時の初々しい思い出を回想しているように見えます。 それからお互い環境が変わり、これまでのような関係が難しくなってしまった。 「もう離れないで」という歌詞が、女性的な言葉に見えますが、 いずれにせよ一度は関係が疎遠になっていることが分かります。 「目の奥にずっと映るシルエット」「はるか遠い場所にいても繋がっていたいなあ」 あたりからもやはり普段は近い場所にいないことを匂わせます。 そして「本当の気持ち全部~不思議なくらい絶望は見えない」 のところが紐解く鍵になるように思います。 お互い両思いでありながら遠距離であるということは、それぞれが夢や目標があり一緒にいれないのではないかと思います。 でもその夢や目標と、会いたいという気持ちを正々堂々と伝える強さはない。 でも自分の選んだ道に対して悔いはない、と思っているのではないでしょうか。

次の