天星術師。 【我有一隻戰鬥雞】第二十二章 導師是鷹眼?

天才草包嫡女︰逆天小狂後思兔_ 39.第39章 月之刃的威力 木子書屋

天星術師

這個菱形的光圖,就是星術師術語中的星紋,也就是星辰的紋路。 紫瞳的第一個星紋,成形了。 紫瞳張開眼楮,輕輕動念。 眉心、胸口、兩掌上立刻就現出銀色的星光,然後,和她剛才在神識中看到的一樣,有光溢出,在她面前緩成一個類似于菱形的星紋。 星紋成形,也就代表著,她可以真正開始星術師的修練了。 看來,那個家伙確實沒有說謊。 台階上,紫徒的笛音猛地停住。 轉臉,看向身後的小院,他的眼楮里也同樣寫著驚訝。 這麼快,竟然又喚醒了兩顆星,這修練速度也太變態了吧?! 他哪里知道,紫瞳這兩顆星紋完全是拜北辰送她的靈藥所致。 紫瞳已經收起臉上的欣喜之色,抬手從衣襟只取出那只掛在頸上的紫玉片,將星力注入,她的腦海中就再一次出現紫玉片中存儲著的星術術法的星圖,依舊和練丹一樣,她同樣是從最基礎的部分學起。 第一張星圖,正是由三顆星辰組成的三角形星圖。 當然,這個三角形並不是靜止不變的,中間的星辰位置不變,兩翼的星辰卻有一些微妙的變化。 紫瞳看了一遍,已經將大概的變化記在心中,當即拿開手掌,按照剛才記憶中的樣子,將兩臂在胸前劃出一個類似于半圓的形狀。 隨著她的動作,她手掌上的兩顆星辰亦已經在半空劃出一個形狀,正好與她看到的星圖相似。 當她的兩手在胸口處隔空對掌,她身上的四顆星辰溢出的光華亦已經匯聚在她的掌心,一道如月初弦月一般的銀白色弧形亦已經在她的兩手掌心間迅速成形。 紫瞳睜開眼楮,看了看自己的手掌,猛地將雙手向著面前的桌子擊出。 銀白色的弧形光華脫指而出,然而,只在空中飛出不足半尺就已經消散在空中。 紫瞳並沒有氣餒,只是再一次開始嘗試。 一次,一次……再一次…… 終于,隨著她再一次揮出手掌,銀白色弧形光華猛地脫掌而出,旋轉著削過桌腿,沒入桌子後面的牆壁。 噗! 一聲輕響,桌子嘩得一聲倒下,掛在牆上的那幅字畫也是斜斜斷開。 不僅如此,就連厚實的石砌城牆上,都多出一道足有一寸多學深的裂口,看上去,就像是被人用力砍了一刀。 走上前來,看看被整齊削斷的桌腿,紫瞳抬手摸了摸牆上的痕跡。 眼中,透著驚喜。 這就是星術師的力量嗎? 她才只是學會一個這麼低程度的星術,就能造成這麼大的威力,怪不得,這個世界上會有這麼多人想要成為星術師。

次の

溺寵草包嫡女:逆天小狂後

天星術師

一名身著黑色緊身衣的中年男子。 男子眼神凌厲,隱隱能從其身體上感受出蟄伏的力量。 有精英戰士的氣質,一看就是經受過血的洗禮。 黑色短發,老鷹般銳利的黃色雙瞳,蓄著短胡。 再加上身高也在2米左右,這特麽不是活脫脫的翻版鷹眼嗎? 秦天一臉驚奇的看著前方的星武者導師。 面對其銳利的眼神,讓人難免不寒而栗。 不過名字就有點違和了。 史克浪!嗯,狂拽吊炸天! 不過這個世界可能沒有清道夫,或者有這樣的生物,卻不是這麽個叫法。 不然在這個梗的鞭策下,一群人不可能這麽淡定,毫無反應。 老規矩,一發探測送上。 這是加入聯邦星武者組織後立下的,以後你們每人也都會有屬於自己的代號...... 內裡各種設施齊全,比擬地下基地的規模。 此處聚集了整個院校的星武者,約莫兩百人樣子。 這還是D區的中心城市的一所院校。 D區掌管十幾座城市,每個城市都有數量不等的院校,多的十幾所,少了也有幾所。 就算其他城市沒有中心城市院校星武者多,那也差不到哪去。 聯邦9個大區,可想而知星武者的數量。 目前地星人口在50億左右,曾經人口一度爆漲過了100億,大戰之後少了大半。 不過生存下來的更加珍視生活了,也算萬幸。 刨去星武者,聯邦常駐地星的普通兵力在500萬左右,這500萬戰士的戰力雖然比不上星武者。 但這些戰士相比改造前,穿上鎧甲後都可以稱為超級戰士。 加上他們豐富的軍事素養與戰鬥經驗。 即使一名E級星武者,對付這種一隊小型武裝,如果大意,可能都要吃不小的虧。 目前整個地星聯邦登記的星武者數量很多,每一年都有數量不等的人覺醒,而且比例一直在擴大。 說明覺醒已成趨勢。 聯邦已經著手開始安排大范圍的覺醒,覺醒已經成為了可控。 就像習武一樣,掌握了一定的套路。 不管資質如何,早晚都會修煉出成果。 只不過量多量少的問題。 目前聯邦星武者數量還不算少,但分布到大陸上卻不多。 而且星武者並不是所有人都喜歡爭鬥,況且有的人覺醒的還是輔助能力。 再加上星武者是開拓星際的重要人員,能夠適應很多星球的環境,留守在地星上的星武者其實並不是太多。 每年都要往星空輸送大批的星武者。 還有的需要常駐守衛次元空間的資源開發。 所以聯邦對新生代星武者的需求及其強烈,不遺余力的培養。 這史教官的編號讓秦天很不舒服。 這貨等於在向下面的人說:我是你爸。 你怎不上天呢? 不過這個梗已經很老了,估計這裡也沒什麽人懂,不是所有人都知道這麽個梗。 想歸這麽想,說是不可能說出來的。 況且此刻這麽嚴肅的事,找屎也不是這樣找的。 史教官看著下方,整整齊齊的站了十排、二十行的星武者,內心不知道在想什麽。 你們可以驕傲,但驕傲的同時,你們所背負的責任更大。 星武者的世界是殘酷的,動輒就會丟掉性命。 我不是嚇唬你們。 史教官這才露出看起來滿意的笑容,說是笑容。 這是相對於其冷酷的表情來說,嘴角微微扯出了一個弧度。 這是正常的事,所以有很多星武者該知道的、該了解的,我都會一一告訴你。 下面我講三點。 眾人:...... 所以,歸屬為E級學員。 星武者剛覺醒時,體內星能強度開始質變,當達到100點星能值時,完成初步覺醒,正式成為星武者。 未達到者,基本都屬於準星武者。 這個覺醒過程有慢有快,快的幾天,慢的幾個月甚至幾年,跟資質有關。 修武,注重近戰。 其覺醒情況一般為各自在身體內部覺醒不同的星圖。 有常規的星座圖形,也有各類武器圖形,不同的圖形代表了你的能力。 比如劍,那麽是主攻型。 盾,主禦型。 還有弓、槍、錘等等。 星武者主修肉身,一旦覺醒,那麽其肉身短時間內強化,人體細胞全部都會替換一遍。 日後所吸收的星力也會自動強化肉身。 星武師主修全身108星穴,以星穴儲存星力。 所有星術師都只會覺醒一種星圖,即星雲。 同樣,吸收來的星力會不斷的擴充體內星雲,星雲的龐大,決定了你能調動的力量。 星雲屬性傾向,每一名星術師都有自己的元素親和性。 星術師的修煉就是不斷的開發提高自身元素的親和性,以及擴大星雲的覆蓋面積。 每名星術師所控元素的類別會根據星雲的不同而不同。 星術師也是一種統稱,通常是指不以肉身能力見長的星武者。 其包含了元素類、功能類、輔助類等等。 星術師可以根據自身情況,將星雲內部改變成類似星武師星圖的存在,有一定的相通性。 知道為什麽嗎? 因為星獸師成長無法預期,進階過程是不斷培育星獸,星獸成長同時帶動宿主的成長。 自主與星武者融合共生。 星獸可以被星獸師召喚出來用於作戰,也可以融合自身加強自身能力。 星術師和星武師進階需要不斷的覺醒,而星獸師只要不斷的培養自身的星獸就可以了。 星獸成長,作為宿主的星獸師也會隨著變強,幾乎沒有瓶頸。 星獸有強有弱,如果星獸師一開始就融合了一隻強力的星獸,那麽他的起點和終點都是非常高的,相反亦然。 一加一大於二的戰力,星獸師會獲得其星獸所有的能力。 他可以與星獸一起協同作戰,也可以一個主近,一個主遠。 更可以合體相當於大於二的作戰。 請不要小看任何一名星獸師。

次の

溺寵草包嫡女:逆天小狂後

天星術師

概要 [ ] 発祥 [ ] 古代バビロニアで行われた大規模なが起源であり、ギリシア・インド・アラブ・ヨーロッパ・中国へ伝わったといわれている。 おもに国家や王家の吉凶判断に使われた。 バビロニア占星術は頃にギリシアに伝わり、個人の運勢を占う占星術に発展した。 占星術を指す単語は、のアストロロギア(astrologia)に由来する。 アストロロギア(astrologia)のアストロ(astro)という接頭辞は古典ギリシア語の astron 星でありastrologiaとは星について考えたことという意味になる。 アストロノミア(astronomia、英語のastronomy)とはastrologiaのなかで星の動きなどについての学問であった(nomos は秩序の意味)。 ちなみに、astrologistは占星術者である。 中東・ヨーロッパ [ ] の起源はにあった。 バビロニアでは、に天の星々と神々を結びつけることが行われ、天の徴が地上の出来事の前兆を示すという考えも生まれた。 『エヌーマ・アヌ・エンリル』(, 紀元前1000年頃)はそうした前兆をまとめたものである。 ただし、当時前兆と結び付けられていた出来事は、専ら君主や国家に関わる物事ばかりで、その読み取りも星位を描いて占うものではなく、星にこめた象徴的な意味(火星は軍神に対応していたから凶兆とするなど)を読み取るものに過ぎなかった。 前332年にアレキサンダー大王によって占領された後、エジプトはギリシャの支配下にあった。 そして、ヘレニズム文化が栄える中で、初めて本格的にホロスコープを用いる占星術が現れた。 出生時における星々の位置から個人の星位図をトレースする試みが普及したことは、西洋占星術へのギリシャ人の最大の貢献である。 このシステムは「ホロスコープ占星術」と名付けられた。 アセンダント(後述)はで「ホロスコポス」とも呼ばれていたからである(星位図そのものを「ホロスコープ」と呼ぶようになったのは、これが語源である)。 ギリシャで大いに発展したとはいえ、その大部分はバビロニアからもたらされたものであった。 インド [ ] 占星術は、を用いたインド固有の占星術で、上のの位置に着目し、天の黄道を27分割に分けた物で占う占星術だったが、時代に太陽と月、5惑星とラーフ、ケートゥといった、とに基づく方式の占星術を取り入れて、現在の()と黄道十二宮を併用した形になったと言われているが、古い時代のことなのではっきりしたことはわかっていない。 またに取り入れられたものは、簡略化(月の厳密な度数で決めず、1日に1つというように割り当てる)・仏教化し 『』 にまとめられ、の一部としてに伝えられた。 さらに、にはにも伝えられて となった。 中国 [ ] 古代中国において「」とは、古代世界の他の文明でもそうであったように、狭義の天文学と観測される天象による占いとが渾然一体となったものであった。 バビロニア占星術とは異なり、天体の配置ではなく、、、、やの出現、そして星の見え方など天変現象に注目したものであった。 これは天変は天が与える警告であるという「」の思想に則ったものである。 これは現代でとよぶ人もいる。 ただしバビロニア起源と考えられるを使った占星術の影響を受けて成立したと考えられるの基本構造が戦国-秦-漢の時代には確立していた。 六壬神課の式盤はとで構成されたホロスコープに中国独自のを配布したものを表現している。 この後、唐の時代にインド占星術を漢訳した『』が伝来し、となった。 『宿曜経』は当時の日本でも受容されとなった。 しかしその後は実際の天文観測情報が国家に独占されたこともあり、煩雑な天文計算の必要がない暦をベースとした占術が主流となって行く。 現代 [ ] 現代では主に自身の性格やそれに基づいた相性を知るために利用する人がいる。現代心理学にはビックファイブといったものがあるが、占星術の本は天文学の本よりもよく売れていて、1997年12月27日にはイギリス最大の発行部数を誇る新聞の『デイリー・メイル』は、一面トップで占星術の記事を載せたことがある 。 あるアンケート調査によれば、新聞の星占いを読んでも実際には信じていない人が大多数で、星占いは単なる楽しみであるという 。しかし、信頼のできそうな報告によると、これとは異なる結果を示し、かなりの数の人々が本当に星占いを信じ、それに従って行動をしているという 。 また、占星術師は新聞や雑誌で仕事を行うことがあるが、その仕事内容は、ほとんど訓練や技術を必要としないため、暇を持て余した若い記者に回されることが多い 。 ジャーナリストとして初めてやった仕事は、くだらない女性誌に星占いを書くことでした。あの作業は決まって新入社員がやらされます。つまらなくて簡単で、当時の私みたいなケツの青いやつにもできる仕事なんですよ。 — ジャン・モワール、ガーディアン紙(1994年10月06日) 似たような話に合理主義者の手品師であるジェームズ・ランディの若い頃のものがある。ランディはゾランというペンネームで、モントリオールで発行されている新聞の占星術師の職を得た。ランディは、昔の星占いの雑誌を持ってきて、その予言をはさみで切り取り、適当にかき混ぜて、12の星座のもとにランダムに貼り付け、予言として紙面に載せていた。ランディはあるとき、2人組のサラリーマンが昼休みにカフェで、「ゾラン」の占いを熱心に読みつつ会話をしているところを耳にした 。 その二人連れは、良い運勢が並んでいるのを見て嬉しい悲鳴を上げていた。私はどうしたことかと彼らに尋ねたが、こんな答えが返ってきた。「ゾランは先週、本当にぴたっと当てたんです。」私は、自分がそのゾランであるなどとは思えなかった。……手紙での反響も実に面白いものだった。おかげで私は確信した。神秘の力を持つと信じている人物の言葉であれば、どんな内容であっても、人はそれを受け入れる。そして都合よく解釈してくれるものなのだ、と。この時ゾランはハサミとのりをしまい込み、仕事を後にしたのだった。 — ジェームズ・ランディ、『ぺてん』1992年 代表的な書物 [ ]• () 原題:アポテレスマティカ、「占星術上の意味付け」の意 - 天文学者の占星術書。 占星術の原典とされる。 () 「ギリシャ式出生占術」の意 - ギリシャの占星術をまとめてサンスクリット語に翻訳したの本。 - インド占星術の入門書として中国に伝わった。 占星術と科学 [ ] もともと、占星術 astrology と天文学 astronomy は深い関係があった。 さまざまな経緯を経て、長い長い時代を経て、徐々に距離ができ、現代では占星術と天文学は別のものになっている。 天文学は、途中まで占星術とともに、以来の中心説()ののもとに発展した。 途中からの『』が登場し、そのあたりから分化が始まったのである。 天文学との関連 [ ] 占星術はの母胎でもあった。 で有名なは天文学者・数学者であると同時に、占星術師でもあった。 を代表する者が、大学教師の職に就くための就職論文が Dissertatio philosophica de Orbitis Planetarum. (『惑星の軌道に関する哲学的論考』『惑星軌道論』 )であり、その中で惑星の運動を本質的に解明したのは、的に解析したよりもむしろケプラーであると評した。 そしてケプラーが「このおろかな娘、占星術は、一般からは評判のよくない職業に従事して、その利益によって賢いが貧しい母、天文学を養っている」と書いた。 権力者は、自分の運命や選択の良し悪しに興味があるので、それについて答えてくれると考えられた占星術のほうに金銭を出し、その金銭が結果として、星を観察・観測する天文学を支えるという効果があった、という意味である。 占星術と自然科学 [ ] がどのような的な動きをするものであるか、というところにが当たっていた時代では、占星術とは未分化で混然一体の状態であった。 現代考えるようなは19世紀になってようやく誕生したものである(「scientist 科学者」という言葉が造語されたのは、あくまで19世紀になってからである)。 それ以前は、自然についての考察はという体系で行われていた。 は、1687年の『』によって分離がすすみ、決して一足飛びにではなく、徐々に、占星術との距離が離れていったのである。 現代の天文学者は、一般に、の配置や動きを用いて予想しようとするのは、あくまで天体の位置や動きであり、決しての・、の未来などではない。 現代の多くの占星術専門家が、の位置を用いて予想しようとするのは、あくまで人の運命などであって、彼らはを用いて、より正確な惑星の位置などを予測することには興味が無い。 このように、占星術と天文学は、現代では、目的も手法も、原則的に別のものになっているのである。 ただし、若干の例外はあり、占星術と自然科学が重なるような、微妙な領域での研究がいくつかありはする。 の心理学者・者 ()は、誕生時の火星の位置と人の職業の膨大なをとり、両者にはがある、と結論づける論文を発表(SCICOP の初期メンバーはこの論文を否定できると決めつけて活動したものの、調査して得た結果は、彼らの予想に反して、この論文を不本意ながら追認せざるを得ない結果になり、サイコップ内で紛糾が生じ、サイコップの歴史の汚点ともなった)。 これは、当時のドイツの異常な社会状態と関係があり、政治的な圧力が学問の世界にまでひずみを与えていた、という事例である。 ソルボンヌ大学のディーン・ルディアは、すなわち「占星術の心理学的アプローチ」に対し、「心理学の占星術的アプローチ」を行い、後の西洋占星術における「サビアン占星術」に貢献した [ ]。 占星術と心理学 [ ] の歴史をたどると、など、の一部は、占星術に積極的に取り組んだ、ということがあったことが判る。 ユングは「」あるいは「意味のある偶然の一致」という考え方を示そうとして、占星術を援用した。 この事情もあり、現代のの中でもを中心として占星術研究家と称する人々の中には、を援用しようと試みている人もいる。 1970年代に欧米で、の分野の研究をしながら占星術を学ぶ人が増えたことにより心理占星学が発達したといわれている。 人間の心を扱う研究は古代の占星術が扱うテーマのひとつであったともいわれている。 先駆者として、などがあげられている。 占星術と未来予測の関係 [ ] 西欧中世のスコラ哲学者は「星は誘えど、強制せず」と含蓄ある表現で指摘した。 占星術はいくつもの意味づけ・解釈を提供するもので、複数の意味づけ・解釈のどれを採用すべきなのか決められないような形で提供するようなものである(ものにすぎない)、ということを述べている。 学者による検証 [ ] パリで一人の科学者が無料占星術の広告を新聞に掲載。 応募要綱には出生地と出生時間を条件に付記、この応募に150通の手紙が寄せられた。 惑星の定義見直しによる影響? [ ] 見直しによる影響については、の項を参照。 脚注 [ ] []• 早川書房. 2001. 161-162. 早川書房. 2001. 172. 早川書房. 2001. 171. コトバンク 参照日:2018. 『十七世紀イギリスの民衆と思想 People and Ideas in 17th Century England』クリストファー・ヒル評論集 3、小野功生、箭川修、圓月勝博訳、法政大学出版局〈ウニベルシタス〉、1998年11月(原著1986年)(日本語)。 , 正塚晴康「」『大阪教育大学紀要 0xF9C1 人文科学』第49巻第1号、大阪教育大学、2000年8月、 1-19頁、 、。 の引用注による• ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル『惑星軌道論 Dissertatio philosophica de Orbitis Planetarum. 』村上恭一訳、法政大学出版局〈ウニベルシタス〉、1991年1月(原著1801年)(日本語)。 Nishikawa. 2009年7月25日閲覧。 ケネス・J・デラノ『エピソード占星術 嘘かまことか Astrology-fact or fiction? 』市場泰男訳、〈現代教養文庫〉、1980年8月(原著1973年)、94頁(日本語)。 における、ウォルター・W・ブライアント『ケプラー』1920年からの引用による。 ケプラーは、アスペクトを間の角度から惑星間の角度に再定義するなど、占星術に対しても後世に残る貢献を果たしている。 「カール・セーガン 科学と悪霊を語る」 著 新潮社 (平成9年)9月 参考文献 [ ]• 中山茂『占星術』 紀伊国屋書店• アイゼンク、D. 東洋占星術• の - 占星術がキリスト教に非合理的と非難されたことが記載されている。 5世紀以降のヨーロッパでは、占星術は姿を消した。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の