愛の不時着アマゾンプライム。 愛の不時着

愛の不時着はamazonプライムで見れる?日本放送予定や視聴可能な動画配信を調べてみた

愛の不時着アマゾンプライム

コロナ禍のなか、ドラマ視聴で心をときめかせる人も多いだろう。 日韓話題の2作を見た。 そこから見えるのは日韓の恋愛観や男女観の違い。 コラムニストが独自の視点で解剖したAERA2020年6月29日号の記事を紹介する。 * * * ヒョンビン沼から、東京の愛を眺めてみよう。 突然だが、そう思った。 「東京ラブストーリー」のことだ。 4月29日からアマゾン・プライム・ビデオで配信が始まり、6月3日で全11話がそろった。 「愛の不時着」で俳優ヒョンビン(37)にはまり、アマゾンプライムをたびたび訪問するようになって発見した。 日本の恋愛ドラマで切ない気持ちになったのは、一体いつが最後だろう。 恋するお年頃じゃあないしなあ。 そう思っていたのだが、ヒョンビンは私を切なくさせる。 「大人の恋愛」に心がもっていかれる。 東京の今の愛を描いた「東京ラブストーリー」なら、今の私なら、切なくなるかも。 見てみることにした。 今の私、と書いたのは、新型コロナウイルスと大いに関係がある。 フリーランスゆえに不安が募っている。 国はあてにならない。 現実逃避が必要だ。 「愛の不時着」もそのつもりで見始め、やめられなくなった。 北朝鮮の大尉リ・ジョンヒョクが韓国財閥の娘ユン・セリを愛し、守る。 ヒョンビンとソン・イェジン(38)演じる2人にしびれた。 コロナの時代だからこそ、愛って大切と思う。 以来、愛を求める度合いが減ることはない。 そんなこんなで、ヒョンビン沼にはまっている。 アマゾンプライムとネットフリックスで「ヒョンビン」と検索、作品を追いかけることが、マイ「新しい生活様式」だ。 途中で映画「ザ・ネゴシエーション」(18年)をシネコンで見た。 昨夏に日本で封切られた旧作だが、TOHOシネマズ日比谷が6月5日の営業再開後すぐにかけてくれた。 公開延期で新作が足りないという事情があるのだろうが、「東宝さん、ありがとう」と心でつぶやく。 1日4時間以上を、ヒョンビンに使っている。 韓流ドラマは1話が1時間をたっぷり超え、1作16話が標準。 でも苦にならない。 それが沼。 185センチの鍛えた体に、整った顔を見ているだけで、沼から出る気にちっともならない。 はまって気づいたのが、彼の出演作はほぼすべて「大人同士のラブストーリー」になっているということだ。 彼の年齢に合わせ、アラサーからアラフォー同士と、恋する2人の年齢も上がっている。 あ、ちなみにですが、59歳です、わたくしってば。 だからアラサーよりアラフォーの恋愛だし、アラフィフならなおさら、と思われるかもしれないが、そうでもない。 「自立した男」と「自立した女」だから、ハマっている。 女性がカッコいいから、ヒョンビンもカッコよくなる。 胸キュンの好循環だと思う。 と、沼語りが長くなった。 やっと「東京ラブストーリー」の話をする。 元はといえば1991年、鈴木保奈美と織田裕二が主演、最終回に32. 3%という視聴率を記録した伝説の月9ドラマだ。 それを29年ぶりにリメイクし、テレビでなくネットで配信する。 フジテレビの起死回生策とまでは言わないが、意欲が感じられる。 全11話を2日で見た。 ヒョンビン沼から、令和の東京の愛を整理するにあたり、沼のドラマがなぜ切ないのかを考えた。 切実、という言葉が浮かんだ。 「愛の不時着」が描いたのは、38度線をはさんでの愛だ。 ユン・セリを守り、南へ帰す。 愛するからこそだが、それが成就すれば別れになる。 そんなのっぴきならなさが全編を覆っている。 だから切ない。 「シークレット・ガーデン」は財閥の御曹司と貧しいスタント・ウーマンの愛を描く。 階級の違いを越えて愛し合う2人だから、ピュアさが強調される。 こういう切実の構図は韓流の持ち味でもあり、アドバンテージでもあるだろう。 「東京ラブストーリー」が描いたのは、男と女の揺れる心だった。 主人公は大手広告会社に勤める男女2人。 初対面から永尾に一目惚れしたリカが、ぐんぐん迫る。 でも永尾は、高校の同級生で保育士の関口さとみ(石井杏奈)が好き。 リカとさとみ、性格のまるで違う2人の間で揺れる永尾。 永尾がさとみに振られた2話で、あの「カンチ、セックスしよ」が。 91年版では永尾の好意をわかったうえで、リカが明るく叫んだ。 今回は、おしゃれな恋の駆け引きになっていた。 「失恋に一番効く薬って知ってる?」とリカ。 「なんすか」と答える永尾にリカは「セックス」とささやき、こう言う。 「カンチ、セックスしよっか」 きれいで都会的な石橋さんによく似合っている。 ついでに書くなら、伊藤さんの今どき男子っぽさも好感度大だ。 とがった感じの石橋さんが、丸い感じの伊藤さんを翻弄する。 令和の若い男女ってこうだろうなと、そこはすごく説得される。 かくしてセックスをする2人だが、永尾は揺れに揺れる。 その過程にシンクロし、見ている側も揺れに揺れれば切なさになるだろう。 が、どうもそうならない。 リカに共感しづらいのだ。 自由な生き方をしようとし、実際そのように振る舞いながら、愛し愛されることを過剰に求める。 それがどこから来ているのかがよくわからないから、追いかけられる永尾が気の毒になってくる。 さとみを選んだ永尾にやっぱりそうよね、と思っていると、またリカに戻ったり。 おいおい、とイラッとしてくる。 リカで一番わからなかったのが、かつての不倫相手である上司とのランチのシーンだった。 2人がそろって刺し身定食を食べる。 リカはまず、上司のお皿にしょうゆを差す。 59歳女子として、不倫はそれぞれの好きになさればいいと思う。 が、これは見過ごせない。 自分のことは自分でしようよ、お互いに、と思う。 これじゃあ、自由になれないじゃんと、リカが少し悲しくなる。 その点ヒョンビン沼では、女性の堂々としている率がすごく高い。 「愛の不時着」のユン・セリは、北に漂着したことで泣いたことは一度もない。 賢くたくましく成功した経営者でもある彼女が泣くのは、リ・ジョンヒョクを思う時だけだ。 だから、泣くユン・セリがすごく切ない。 私がいちばん好きだった「東京ラブストーリー」の女子は、さとみと同じ保育園で働く保育士のトキちゃんだった。 永尾と三上健一(清原翔)という2人の同級生に振り回されるさとみに、いつもズバッと本音を言う。 付き合っているのに不実な三上の振る舞いを聞けば、「あの手の男はちゃんとしつけとかないと、後でどえらい目にあうんだからね」と返す。 案の定どえらい目にあい、三上と別れたさとみの中に彼への未練を読み取った時は、「忘れちゃったの、どんな思いで別れたか」と釘を刺す。 トキちゃんが後輩だったら、絶対、ご飯に誘うなあ。 見ていてそう思った。 トキちゃんは、せっせと婚活パーティーに通っていた。 トキちゃんのように賢く可愛い女子の東京ラブストーリーはどんなだろう。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

愛の不時着のAmazonプライムビデオやU

愛の不時着アマゾンプライム

コロナ禍のなか、ドラマ視聴で心をときめかせる人も多いだろう。 日韓話題の2作を見た。 そこから見えるのは日韓の恋愛観や男女観の違い。 コラムニストが独自の視点で解剖したAERA2020年6月29日号の記事を紹介する。 * * * ヒョンビン沼から、東京の愛を眺めてみよう。 突然だが、そう思った。 「東京ラブストーリー」のことだ。 4月29日からアマゾン・プライム・ビデオで配信が始まり、6月3日で全11話がそろった。 「愛の不時着」で俳優ヒョンビン(37)にはまり、アマゾンプライムをたびたび訪問するようになって発見した。 日本の恋愛ドラマで切ない気持ちになったのは、一体いつが最後だろう。 恋するお年頃じゃあないしなあ。 そう思っていたのだが、ヒョンビンは私を切なくさせる。 「大人の恋愛」に心がもっていかれる。 東京の今の愛を描いた「東京ラブストーリー」なら、今の私なら、切なくなるかも。 見てみることにした。 今の私、と書いたのは、新型コロナウイルスと大いに関係がある。 フリーランスゆえに不安が募っている。 国はあてにならない。 現実逃避が必要だ。 「愛の不時着」もそのつもりで見始め、やめられなくなった。 北朝鮮の大尉リ・ジョンヒョクが韓国財閥の娘ユン・セリを愛し、守る。 ヒョンビンとソン・イェジン(38)演じる2人にしびれた。 コロナの時代だからこそ、愛って大切と思う。 以来、愛を求める度合いが減ることはない。 そんなこんなで、ヒョンビン沼にはまっている。 アマゾンプライムとネットフリックスで「ヒョンビン」と検索、作品を追いかけることが、マイ「新しい生活様式」だ。 途中で映画「ザ・ネゴシエーション」(18年)をシネコンで見た。 昨夏に日本で封切られた旧作だが、TOHOシネマズ日比谷が6月5日の営業再開後すぐにかけてくれた。 公開延期で新作が足りないという事情があるのだろうが、「東宝さん、ありがとう」と心でつぶやく。 1日4時間以上を、ヒョンビンに使っている。 韓流ドラマは1話が1時間をたっぷり超え、1作16話が標準。 でも苦にならない。 それが沼。 185センチの鍛えた体に、整った顔を見ているだけで、沼から出る気にちっともならない。 はまって気づいたのが、彼の出演作はほぼすべて「大人同士のラブストーリー」になっているということだ。 彼の年齢に合わせ、アラサーからアラフォー同士と、恋する2人の年齢も上がっている。 あ、ちなみにですが、59歳です、わたくしってば。 だからアラサーよりアラフォーの恋愛だし、アラフィフならなおさら、と思われるかもしれないが、そうでもない。 「自立した男」と「自立した女」だから、ハマっている。 女性がカッコいいから、ヒョンビンもカッコよくなる。 胸キュンの好循環だと思う。 と、沼語りが長くなった。 やっと「東京ラブストーリー」の話をする。 元はといえば1991年、鈴木保奈美と織田裕二が主演、最終回に32. 3%という視聴率を記録した伝説の月9ドラマだ。 それを29年ぶりにリメイクし、テレビでなくネットで配信する。 フジテレビの起死回生策とまでは言わないが、意欲が感じられる。 全11話を2日で見た。 ヒョンビン沼から、令和の東京の愛を整理するにあたり、沼のドラマがなぜ切ないのかを考えた。 切実、という言葉が浮かんだ。 「愛の不時着」が描いたのは、38度線をはさんでの愛だ。 ユン・セリを守り、南へ帰す。 愛するからこそだが、それが成就すれば別れになる。 そんなのっぴきならなさが全編を覆っている。 だから切ない。 「シークレット・ガーデン」は財閥の御曹司と貧しいスタント・ウーマンの愛を描く。 階級の違いを越えて愛し合う2人だから、ピュアさが強調される。 こういう切実の構図は韓流の持ち味でもあり、アドバンテージでもあるだろう。 「東京ラブストーリー」が描いたのは、男と女の揺れる心だった。 主人公は大手広告会社に勤める男女2人。 初対面から永尾に一目惚れしたリカが、ぐんぐん迫る。 でも永尾は、高校の同級生で保育士の関口さとみ(石井杏奈)が好き。 リカとさとみ、性格のまるで違う2人の間で揺れる永尾。 永尾がさとみに振られた2話で、あの「カンチ、セックスしよ」が。 91年版では永尾の好意をわかったうえで、リカが明るく叫んだ。 今回は、おしゃれな恋の駆け引きになっていた。 「失恋に一番効く薬って知ってる?」とリカ。 「なんすか」と答える永尾にリカは「セックス」とささやき、こう言う。 「カンチ、セックスしよっか」 きれいで都会的な石橋さんによく似合っている。 ついでに書くなら、伊藤さんの今どき男子っぽさも好感度大だ。 とがった感じの石橋さんが、丸い感じの伊藤さんを翻弄する。 令和の若い男女ってこうだろうなと、そこはすごく説得される。 かくしてセックスをする2人だが、永尾は揺れに揺れる。 その過程にシンクロし、見ている側も揺れに揺れれば切なさになるだろう。 が、どうもそうならない。 リカに共感しづらいのだ。 自由な生き方をしようとし、実際そのように振る舞いながら、愛し愛されることを過剰に求める。 それがどこから来ているのかがよくわからないから、追いかけられる永尾が気の毒になってくる。 さとみを選んだ永尾にやっぱりそうよね、と思っていると、またリカに戻ったり。 おいおい、とイラッとしてくる。 リカで一番わからなかったのが、かつての不倫相手である上司とのランチのシーンだった。 2人がそろって刺し身定食を食べる。 リカはまず、上司のお皿にしょうゆを差す。 59歳女子として、不倫はそれぞれの好きになさればいいと思う。 が、これは見過ごせない。 自分のことは自分でしようよ、お互いに、と思う。 これじゃあ、自由になれないじゃんと、リカが少し悲しくなる。 その点ヒョンビン沼では、女性の堂々としている率がすごく高い。 「愛の不時着」のユン・セリは、北に漂着したことで泣いたことは一度もない。 賢くたくましく成功した経営者でもある彼女が泣くのは、リ・ジョンヒョクを思う時だけだ。 だから、泣くユン・セリがすごく切ない。 私がいちばん好きだった「東京ラブストーリー」の女子は、さとみと同じ保育園で働く保育士のトキちゃんだった。 永尾と三上健一(清原翔)という2人の同級生に振り回されるさとみに、いつもズバッと本音を言う。 付き合っているのに不実な三上の振る舞いを聞けば、「あの手の男はちゃんとしつけとかないと、後でどえらい目にあうんだからね」と返す。 案の定どえらい目にあい、三上と別れたさとみの中に彼への未練を読み取った時は、「忘れちゃったの、どんな思いで別れたか」と釘を刺す。 トキちゃんが後輩だったら、絶対、ご飯に誘うなあ。 見ていてそう思った。 トキちゃんは、せっせと婚活パーティーに通っていた。 トキちゃんのように賢く可愛い女子の東京ラブストーリーはどんなだろう。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

【なぜ人気?】愛の不時着を見た感想!見所や何話目からが面白くなる?

愛の不時着アマゾンプライム

2019TvN 全16話 あらすじ ファッションブランドのCEOであり財閥の令嬢でもあるユン・セリは、家族との確執を抱えながらも、会社経営に精力を注ぐ忙しい日々を送っていた。 しかしある日、パラグライダー中の思わぬ事故で、北朝鮮に不時着してしまう。 セリを発見したのは北朝鮮の陸軍将校リ・ジョンヒョク ヒョンビン。 何とか彼女を韓国に戻そうと、部下と巻き込み奔走するジョンヒョクだったが、いつしかセリに惹かれている自分に気づく。 また事故で亡くなった兄の死の真相を探るうち、政治的陰謀に巻き込まれて…。 キャスト• リ・ジョンヒョク ヒョンビン 「シークレットガーデン」「アルハンブラ宮殿の思い出」• ユン・セリ 役 ソン・イエジン 「」• ソ・ダン役 ソ・ジヘ• ク・スンジュン役 キム・ジョンヒョン 「時間」• チョ・チョルガン役(オ・マンソク ) スタッフ• 監督: イ・ジョンヒョクリミナル・マインド、• 脚本: パク・ジウン 青い海の伝説 ノスタルジックな北朝鮮の暮らし&風景を再現! これまで「 ツンデレ宇宙人と高飛車女優」やら「 純情人魚とイケメン詐欺師」やら、やたらと突拍子なくハードルの高い恋愛をうまーく描いてきたパク・ジウン作家。 しかし愛する兄を失った時からピアノを諦め、どこか心を閉ざして生きてきた。 北朝鮮の地方の村や、平壌(ピョンヤン)の街の様子など、どこまでがCGなのか分からないリアルさです。 朝鮮半島の分断は、韓国のドラマや映画によく登場するテーマだが、舞台のほぼ大部分が北朝鮮であるものは珍しい。 ドラマには北朝鮮出身の脚本家と女優も関わっており、脱北者らは北朝鮮の描写の正確さに感心している。 ある脱北者は「北朝鮮の村に戻ったような気分だった」と話す。 「顔が私のタイプ」と言いながらも必死で逃げるユン・セリ。 しかし韓国だと思って逃げた先はまさかの北朝鮮の村! 堅物の北朝鮮将校ジョンヒョクは、 空から降ってきた「南から来た女性」を何とか穏便に南へ帰すため、一時的に自分の家でかくまうことに。 私韓国語は話せませんが、北朝鮮の韓国語が韓国のそれとはだいぶ違う方言?のような感じなのは何となく分かりました~。 田園風景や洗濯場に集う女性達、路地で遊ぶ子供たちなど、温かみがあって ノスタルジーを感じます。 自然体だけれど、きっちりメリハリのある演技。 ユン・セリは 「自分が去った後もジョンソクさんには幸せでいてほしい」と伝えます。 「」でもそうだったけど、パク・ジウン作家の描くヒロインは、いつも本当に大事な時には、 自分の思いを素直に相手に伝えるんですよね。 その素直さが可愛い。 「家族は誰も自分を待ってないかもしれない」 それでも韓国へ帰るため、ユン・セリは未練を断ち切ります。 ここから下!ネタバレですのでお気を付けください。 命がけで守る、運命の恋 北朝鮮で運命的に出会った二人が少しずつ惹かれあい、お互いセリの帰国を望みながらも、 離れがたい感情を抱き始める様子は切なさマックスです。 ジョンヒョクの兄を死に追いやった真犯人探しも同時進行で進み、更には政治的な陰謀もあり、その魔の手はユン・セリにも迫ります。 どこにいても見つける。 どこにいても守る。 常にユン・セリを命がけで守るリ・ジョンヒョク。 しかも! 二人は実はこの何年も前に スイスで出会っていたという事が判明します。 韓流ドラマが好きな 実は遠い過去にすでに出会っていた 偶然ではなくこれは運命!! と、念押ししたがるヤツですね。 婚約者とスイスに旅行に来ていたリ・ジョンヒョク。 時を同じくして、ユン・セリは人生に絶望し、スイスで自らの人生を終わらせようと傷心の旅に来ていました。 その時にジョンヒョクが弾くピアノの音色に癒され、 もう一度生きようと決心したエピソード。 それでもやっぱり帰らないとね。 軍事境界線を前に、別れを惜しむ二人。 「ここからは一歩も越えられない」とユン・セリを送り出すジョンヒョク。 一人で境界線を越え、泣きながら歩きだすユン・セリ。 と、その時、越えてはならない線を越え、ジョンヒョクが彼女の腕をつかみます。 しかし寂しさはつのるばかり。 ユン・セリの 「愛とは何か考えてみた」というセリフが身に沁みました。 「本当の愛」ってなんでしょうね。 私も考えました。 「私があなたに会いたいと願っているように あなたにも願って欲しいと思ったなら、 それが愛だろうか」 「あるいは私に会いたいなんて気持ちがわかないほど 幸せでいてほしいと願ったなら、 それが愛だろうか」 そして!! もちろんリ・ジョンヒョク、ソウルに来ます! だってまだ7話も残ってるんだから。 ヒロインのソン・イェジンの体調不良や、6か月以上続いた撮影で疲労がたまるスタッフ続出で、スケジュールのタイトさが問題にもなっていたようですね。 親が決めた政略結婚とはいえ、タンは10年もの間ジョンソクを思い続けてる健気な女子です。 このタンを演じたソ・ジへさん、すごく良かった!!美しく気高く勝ち気で、そして実はちょっとかわいげのあるタン。 事業家であるものの、どこまでも胡散臭い男で、詐欺で手に入れた巨額のお金を持って北朝鮮に逃げてきたという設定だったんですが。 このスンジュンが後半なんでか 途轍もなく魅力的になってくるのですよー! すみません、前半はヒョンビンヒョンビン言ってましたが、 後半はすっかりキム・ジョンヒョンに夢中でしたー! 常に逃げ回っていて、情けない姿ばっかり。 悪い男。 ダメな男。 情けない男。 なのに実は誠実で、恋すれば純情で、どこまでも孤独で。 う、私好み…。 恋に落ちてしまうのですよね。 声かな?話し方? 今の自分はタンに相応しくない。 自分なりに一生懸命生きてきたけれど、結局はどん底にいる。 もう一度行きべき道を行ってやり直したい。 タンに相応しい自分になったらきっと迎えに来るから、もう一度だけチャンスが欲しい。 そうタンに伝えるスンジュン。 泣いて受け入れるタン。 もうネタバレゾーンなので言っちゃいますが、私きっと、スンジュンは立派になってタンを迎えに来ると信じてました。 二人の恋が実るまで時間はかかるだろうけど、そこまで観られると信じてました。 こちらは体調不良からの復帰作だったようですが、元気に素敵な役でカムバックできて良かった! 個性豊かな脇役陣 キム・ジョンヒョンとソ・ジへの渋いキャスティングが光っていましたが、他も個性豊かな俳優陣がドラマを彩りました。 ユン・セリに可愛がられる面々ww 韓国にもやってきて、チキン食べたりゲームに熱中したり、韓流ドラマに夢中になったり。 調べたところなんと話題の 「パラサイト」に出演している、実力派女優さん。 複雑な関係だったけれど、実はセリに対して素直に愛情を表現できないだけでした。 このファン・ウスレという女優さん!「」の予備校の先生だー!すごく個性的で忘れられない。 パク・ジウン作家の脚本でいつもちょっと物足りないのが、悪役の描き方。 悪い奴は理由なく悪いんですよね。 「星から来たあなた」でも「青い海の伝説」でも同じで、悪役がサイコキラーだったりする理由がいっつも??だったなぁww まとめ感想 これぞ王道のラブロマンスで、 人気脚本家の力量を見せつけられた作品でした。 北朝鮮を舞台にしたことが圧倒的なオリジナリティを生み、韓国で最高視聴率を更新した人気も納得の大作だったと思います。 ヒョンビンの軍人役もソン・イェジンの財閥令嬢も、決してフレッシュとは言えない二人であったのに、思ったよりもずーっと魅力的でした。 さすが人気俳優コンビ! ただ、後半の脚本の不出来はやっぱり否めず。 そこが返す返す残念でした。 愛に対して心を閉ざしていた男性主人公。 一見華やかな誰もがうらやむ生活を送っているはずの、実は孤独なヒロイン。 二人の間にとてつもなく高いハードルがある恋愛。 忍び寄る魔の手。 命をかけて彼女を守るヒーロー。 二番手キャラたちの恋愛。 どうしても一緒にいられない運命。 しかし愛は全てを超える。 「太陽の末裔」のAlwaysが大ヒットして印象に残ってますが、同じくドラマを盛り上げるのに大いに貢献しました! はじめまして。 いま、たった今全てを見終わってブログに来ました。 本当に久しぶりに素敵なドラマに出逢って幸せです。 後半の脚本、私的にはガラッと雰囲気が違って二倍楽しんでしまいました。 ヒョンビン、ジキルとハイドでちょっとがっかりしていたのですが、もうこのドラマで頂点に!もうヒョンビンのことしか考えられません! 素敵すぎました。 でも、可愛い!さすが、主演の2人の演技力。 号泣につぐ号泣でした。 役とは言え、ソンイェジンさんに拒否反応持ってしまったファンは多いようですww いいドラマを観ると、次も同じくらいいいものを!と期待してしまうし、どうしても比べるのでどんどん「面白いドラマ」のハードルが上がっていきますが💦 また是非遊びにきて、面白いドラマあったら教えてください~.

次の