ルフィ うるティ。 【ONE PIECEネタバレ】最新983話確定!うるティが本領発揮?

【ワンピース第983話ネタバレ最新話確定速報!】「雷鳴」カイドウの息子・ヤマトはルフィの味方!?ルフィVSうるティ・ページワン<ONEPIECE>

ルフィ うるティ

ー場内のルフィサイドー ページワンとうるティが 階段から転げ落ちてきた後、、、 うるティ 「あー!」 「ペーたん大丈夫!?」 「おいお前よくもぺーたんをこんな目に」 ルフィ 「あ?お前が階段スキーしたんだろそいつで」 うるティ 「名乗れ!誰の部下でどの部隊だ!?」 カイドウ軍 「違います うるティ様そいつは侵入者」 ルフィ 「おれはルフィ!」 「海賊王になる男だ!!」 うるティ 「はあ?」 頭突きの構えを取る、うるティ 「海賊王になるのは」 「カイドウ様にきまってんだろ」 「ウルトラバカ野郎」 ルフィ 「頭突きか」 うるティ 「脳天カチ割れろ!」 「ウル頭銃(ズガン)!!」 2人の衝突する武装色! 『ボォカァン!』 吹き飛ぶギフターズ達! 「まるで大砲!」 「床に穴空いてる!」 ページワン 「おい…!姉貴!」 うるティ 「わかってる!」 「ペーたん!」 ギフターズ 「え!?」 「うるティ様?」 「ページワン様?」 「なぜ変身を!?」 ・うるティ リュウリュウの実 (古代種)モデル パキケファロサウルス ・ページワン リュウリュウの実 (古代種)モデル スピノサウルス うるティ 「うるせえな…」 「今のやつを 強敵認定したからだよ」 ヤマト参戦!! うるティの頭突きによって 吹き飛ばされたルフィ 「効いたァ~~!」 「ちょっとナメてた」 「ダメだな」 「ここは、四皇の城だ!」 うるティに向かって飛ぶルフィ うるティの角を掴み投げ飛ばしました。 そのスキにページワンが ルフィを食べようとしましたが ルフィは、それを一旦上に回避し その後すぐにページワンの真下におり 顎に向かって「象銃」を放ちました! 倒れ込むページワンを見て 怒る うるティ 「この野郎!」 ギフターズ 「うるティ様まで恐竜に!」 「ムリムリ城が持ちません!」 うるティに捕まれるルフィ 「力が強すぎる」 攻撃を構える うるティ 「ウル頭銃群…」 そこで、何かの気配き気づく2人! ??? 「雷鳴八卦!!! 」 うるティは、一撃で気絶させられました。 ギフターズ 「ヤマト様!!!」 「ヤマトぼっちゃんですよね!?」 「ここで何を!?」 「何故うるティ様を!?」 「おい!ヤマト様を捕らえろ!」 「逃がすな!」 「カイドウさんの指令で追ってる」 ヤマト 「麦わらのルフィ!」 「そうだよね!」 ヤマトは、ルフィを救った様に登場し 再度ルフィかどうか確認していました。 ギフターズ 「捕らえろー!!」 ヤマト 「すまない!」 「危害は加えない!」 そう言って、ルフィを脇に抱え その場から離れていきました。 連れていかれるルフィ 「まあ」 「何の殺気も感じねェけど…」 「おれ先急いでんだ!!」 ヤマト 「…君を待ってた!」 「ずっと待ってた!!」 「僕の名はヤマト!」 「カイドウの息子だ!」 ルフィ 「は!!?」 ここで今回の話は終わりました。 また、戦況も大きく変わり始め それぞれ 激熱の展開を迎えていました! まずは、 ビッグ・マム海賊団が生きていたということ! 四皇の一味なので さすがにあれで倒された! という事はないと思っていましたが 体勢をすぐ立て直し すぐに鬼ヶ島に向かっているとは思いませんでした。 描写ではペロスペローのみ登場していましたが 最後に勝つのはビッグ・マム海賊団だ!と言っていたので 兄弟達も一緒に助けている事でしょう! 次に、 四皇ビッグ・マム ! ウソップとチョッパーを追いかけていまいたが プロメテウスが ゼウスを持つ ナミを見つけた事により 標的を変えて追いかけてくる事になりました! そして、モモの助を捜しにいく ナミ達は自然とモモの助のいる ライブ会場へと向かっていたため オロチが処刑しようとする寸前に到着するのかもしれませんね! そして、そのままビッグ・マムも連れてきて オロチが行おうとしている 公開処刑を台無しにするという展開もあり得ますね! 最後に 城内にいるルフィ! 飛び六胞である ページワンと うるティとの対決となりました。 大看板の下に位置するキャラですが やはり恐竜の能力を持っており ルフィが普通の姿では力で負ける程の強さでした。 しかし、そんな うるティを突如倒した人物! カイドウの息子「ヤマト!」 ヤマトは、ルフィを助けるように登場し さらに ルフィを待っていたと言いました! 何故、四皇の息子であるヤマトが ルフィの事を待っていたのか!? 有名なので知っているのは分かりますが 四皇である自分の父を狙う可能性のある人物を救った理由とは? この謎については記事にして 改めて考察していきたいと思います! もしかすると ルフィの何かに惹かれているのか? もしくは父の野望を阻止するために協力してという感じなのか? はやく次の展開を見たいですね! この記事を元に次の話を考察してみたのでリンクを乗せておきます!.

次の

ワンピース ネタバレ感想 最新話983話「雷鳴」【ルフィvsうるティvsヤマト!?】

ルフィ うるティ

おさらいと展開予想 光月家包囲網再発 当初の予定であれば光月家の内通者カン十郎の働きによって事前に作戦情報を読み取り撲滅。 海岸の時点で鬼ヶ島侵入を許す事なく完結していました。 しかし味方すら欺いた錦えもんの世紀の勘違い。 オロチが滅びたと信じていた光月家の生き残りは着々とオロチの元へ近づいています。 しかし 開幕はカイドウオロチサイドにバレる事なく進軍出来ていたものの前回カン十郎がオロチの元へ到達した事でまだ生きてる事実が伝わってしまいました。 臆病者と称されるオロチはすぐさまモモの助の処刑準備を指示。 これにより事態は一刻を争うハメになってしまいました。 救出が遅れ間に合わなければ処刑執行 例え間に合ったとしてもモモを人質にされ救出は困難 今までもモモの助の身柄がウィークポイントになることが多かったですが終盤まで続きそう、、、 ルフィとうるティ 皆が予想出来なかった? まさかの遭遇 一緒にいるページワンはさて置き 鬼ヶ島決戦 両軍顔役の初対決は2人の戦いが期待できるでしょうか? 良い意味でも悪い意味で相性良さそうな2人 単純に戦闘力ではルフィでしょうが、お互いの戦略が噛み合わずに苦戦しそうな気も。 なんか似た様な攻撃がぶつかりそうですよね。 ここまで本編の中でも人気が高く、扱いも大きいうるティですからルフィvsうるティに発展してKO決着、お役御免とはならずに最後までワノ国の展開に関わってくるでしょうか? 983話 最新速報 前回のラスト 城内で偶然に遭遇した うるティ&ページワンとルフィ 今回のスタートは? 983話 雷鳴 ビッグマム海賊団 波音の影で こちらワノ国 鯉の登る滝 キングに蹴落とされ、マルコに蹴落とされ 災難が続くビッグマム海賊団 キング、麦わら、マルコ覚悟しろペロリん 同盟も認めねぇ最後に勝つのはビッグマム海賊団だ 能力で海を固め渡るペロスペロー 船長ビッグマムとの再会を果たせるか? 引用. ワンピースドットコム ルフィvsうるティ こちら城内ルフィサイド ペーたんことページワンを心配するうるティ。 名乗れ! 誰の部下でどの部隊だ!? おれはルフィ 海賊王になる男だ!!! 久しぶりのこの自己紹介 海賊王になるのは カイドウ様に決まってんだろウルトラバカ野朗!!! ルフィに対して強烈な頭突きを放つうるティ ウル頭銃 両者の頭同士がぶつかり強烈な衝撃 キッドキラー こちら城内キッドサイド 正面突破をはかるキッドを制するキラー 船長は相変わらずですがヒート達ともはぐれ少し分が悪い。 プロメテウスのエスコートでナミ、キャロット、しのぶの女軍はピンチ 逃げつく先はライブフロア さらなる混乱の予感 モモ絶対絶命 こちら ドクロドーム ライブフロア オロチによって磔台に固定されたモモの助 なんとも酷い 諸君 今ご覧に入れているガキ 驚くなかれ20年前に死んだハズの光月おでんの息子だ!! 高笑いしながらモモの助のお披露目 この事実に部下達も驚いています。 ゾロ こちら城内 単騎で進軍中のゾロ 能力者揃い。 ギフターズに苦戦、疲弊しております。 その数なんと500人 楽になれ まだ引き返せる みんなカイドウ様に従えばいい 一同も昔は夢見た海賊王。 皆カイドウに圧倒されその夢を諦めました。 ゾロを諭しながら襲いかかるギフターズ さすがにこの数はやばい? ヤマト登場 再びルフィサイド 般若面の正体はなんとカイドウの息子ヤマト すぐに部下達が捕獲にかかります。 次回休載.

次の

ワンピースネタバレ983話最新話速報!ルフィVSうるティになるか?

ルフィ うるティ

ワンピース最新話983話「雷鳴」 ちなみに今回の扉絵ではローラとシフォンの前に遂にパウンドと出会う事に。 お互いの事はあんまり知らないはずですが、 ここから扉絵連載もエンディングへと進んでいきそうですね。 ダブルでお祝いみたいな展開となるのかな?? しぶといペロスペローの役割は? キングに続いてマルコにも滝から落とされてしまったビッグ・マム海賊団のメンバー達。 しかし今回の冒頭で、 長男のペロスペローだけが単独で鬼ヶ島へと向かっている様子が描かれました。 アメウミウシを使うことで荒れ狂う海の上でも安心という事で、改めて能力の厄介さを感じさせられましたね。 ってか 三将星の一人であるスムージーはどこへ行ったんだよと思わざるを得ませんね。 ビッグ・マムへの信頼感以外には特に何も見せ場がなかったですし、本当に無能でしかないので長男を見習って欲しい所ですわ。 とはいえペロスペローだけが参戦するというのは面白い所ですよね。 ペドロの仇と言える存在ですし、ここはやっぱりミンク族との戦いとなって貰いたいですし。 ペロスペロー自身はキング、ルフィ、マルコという大物に狙いを絞ってますが、残念ながらその辺りとは戦えないでしょうね。 ・・・戦っても相手にならなそうでもありますが。 ビッグ・マムとホーミーズがライブフロアで暴れるフラグ? ナミのゼウスがプロメテウスに発見された事で、どうにか難を逃れていたウソップとチョッパー。 プラキオタンクは変形してしまっていましたが、ここでフリーになっただけに、今後どういう活躍になるのかは気になる所です。 ・・・しばらく登場はなさそうな気もするなぁ・・・登場人物多いし・・・。 一方でビッグ・マムに追われて大ピンチとなっていたのがナミやキャロット達。 一緒の方向へは来ているはずのサンジは遊女探しに夢中になっているようで、ビッグ・マムからはどうにか自力で逃げ切らないとならない状況に追い込まれていました。 しかもビッグ・マムはソルソルの実の能力によってホーミーズを作り出している状態。 こういう戦力を生み出せるという辺りがビッグ・マムの恐ろしい所でもありますよね。 が、問題はナミ達が逃げようとしている先の場所です。 ビッグ・マムが逃げ場はないと考えている場所こそクイーンが担当していたライブフロア。 しかもそこではオロチが早速モモの助の処刑を始めようとしていた所。 こんな所にビッグ・マムがやって来てしまったら何が起きるかわかりませんよね。 大混乱となればナミ達がモモの助を救い出すチャンスも生まれるかもしれませんが、周りは全て敵だらけですし、危険である事には変わりありません。 とはいえ モモの助を奪還できればかなり気持ちとしても楽になる状況。 ビッグ・マムがいる事がプラスに働くかそれともマイナスに働くかに注目ですね。 気になる昆虫系ギフターズ ルフィと離れて一人になってしまっていたゾロ。 行く手を阻むのはSMILEの能力者であるギフターズ達。 正直な所ギフターズなんて大した事ないと思ってましたが、 今回登場した3人のギフターズは結構デザイン的にも悪くありませんでした。 カブトムシの角を持つ男と、クワガタの角?を持つ男、両手がカマキリの鎌になった女の3人。 昆虫系でまとめられた感じの3人ですが、 彼らはどうやらそれぞれ「海賊王」を目指していたとの事。 つまりは百獣海賊団とは別の海賊をやっていたという事なんですよね。 今はカイドウに従うのが楽だと考えているようですが、そんな事を言っている事自体が少し気になります。 単なる雑魚敵にしてはデザインも面白いですし、わざわざ雑魚敵が「海賊王」を目指していたと口にするのもちょっと不思議な気がします。 尾田先生であればゾロが足止めされているというだけの描写に1ページ丸々使うとも何となく思えなかったり。 なので このギフターズ達には結構活躍の機会が用意されているんじゃないだろうか?(深読みしすぎか?) ゾロにやられて簡単に寝返ったりみたいな。 しかし改めてこういう明らかな捨てキャラ達にもしっかりとしたデザインを用意していたりと、尾田先生って本当に大量のキャラを生み出しますよね。 ルフィとうるティの本気頭突き対決!!! 前回まさかの遭遇となったルフィとうるティ&ページワン。 普通であればルフィがトラブって敵の前に姿を現してしまうという展開を考えてしまう所。 しかし今回はうるティ&ページワンがトラブってルフィの前に姿を現してしまうという逆の展開でした。 それだけに 何となくうるティとページワンがただの敵ではないという事を表現した演出なのかなぁと思ってしまいました。 ・・・まあ今回思いっきり戦う訳ですが・・・! 誰にでも噛み付くヤバい奴という印象だったうるティですが、カイドウが海賊王になる事は決まっていると考えている様子。 それだけに生意気な事を言い出すルフィに対してはガチで攻撃を仕掛けてきました。 それが 「ウル頭銃(ズガン)」という本気の頭突き技。 ルフィはその頭突きに真っ向から武装色で挑むも、激しいぶつかり合いの末に弾き飛ばされてしまいます。 来るのが分かっていた頭突きに迎え撃つ形で撃ち負けたというのは驚きとも言えるでしょう。 ルフィといえば「ゴムゴムの鐘」という強力な頭突き技を持っているくらいですからね。 まあそれだけうるティの頭突きは強力だったという事。 そして そこには彼女の悪魔の実の能力が大きく関わっていたという事だったのですが。 うるティはパキケファロサウルスの能力者 頭突きでルフィをふっ飛ばしながらも、即座に恐竜へと姿を変えていくうるティ&ページワン。 うるティは半獣形態へと変身しますが、 その能力はリュウリュウの実の古代種、モデルはパキケファロサウルスでした。 パキケファロサウルス??? 何となく うるティはティラノサウルスかなぁと思っていたので、このパキケファロサウルスという知らない名前の恐竜だったというのには驚かされました。 もちろん恐竜としてそこまでマイナーという訳ではないようで、調べてみたら頭部が非常に硬いという恐竜だったんですね。 だからこそうるティの戦闘スタイルは硬い頭部を活かした頭突きだったという事なんですね。 半獣形態になると硬いおでこ部分を強調する為か、デコ出しモードに変わっていましたが、それはそれで結構可愛いのが流石でした。 ちなみに うるティがルフィをふっ飛ばしてすぐに半獣形態に変身したのは、ルフィの事を強敵認定したから・・との事。 頭突きしただけでルフィが強敵だと見抜いた訳で、 うるティがただ強いだけではなく、相手の実力を推し量る事が出来る人物だというのがよく分かる場面でした。 しかしルフィも強烈な頭突きによって本気モードに入りました。 ページワンはこの一発でKOされていたっぽい?ので、 流石に実力は大した事なさそうにも思ってしまいますね。 ギア4を出すまでもない相手って事ですし。 しかし弟をやられて本気になったうるティ。 今度は完全な恐竜モードになってルフィに掴みかかります。 流石に 恐竜モードでの力はルフィからしても強すぎるという事で、振りほどくにはギア4が必須のレベル。 そこで「ウル頭銃郡(ミーティア)」という技を仕掛けようとしたうるティ。 名前からすれば「ゴムゴムの銃乱打」みたいな感じでしょうね。 頭突きを乱打する感じなんだと想像出来ます。 が、 残念ながらその技は不発に終わってしまうのでした。 カイドウと同じ技で登場したヤマト 白熱していたルフィとうるティの戦い。 しかし そこに割って入ったのが般若の面をした謎の男。 登場と同時に彼が放った技はまさかの「雷鳴八卦」!! ルフィを一撃でノックアウトしたカイドウの必殺技と同じ技でした。 今回のサブタイトルが「雷鳴」という事で、どういう意味なのかと思っていたら、「雷鳴八卦」の雷鳴だったという事なんですね。 うるティはルフィに気を取られていたので攻撃を食らうのは仕方ないかもしれませんが、それでも恐竜モードのうるティを一撃でやっつけてしまったという事で、 カイドウ程ではないものの相当な威力の高さが感じられました。 そしてそんな般若の面を被った男に対して、部下達は「ヤマト様」や「ヤマトぼっちゃん」と声をかけるのでした。 予想通りヤマトは味方になる!? カイドウが飛び六胞に捕まえるように頼んでいたのが彼の息子である「ヤマト」 ブラックマリアはヤマトを連れ戻す事を「それは手強い」と語っていましたが、至って普通に実力的に手強いという事だったのでしょう。 しかしそんなヤマトがルフィの事を助けてくれたというのが謎の部分。 部下達に追われているヤマトは何故かルフィを連れて逃げ始めます。 「すまない。 危害は加えない!!」 そう語るヤマトに対して、小脇に抱えられたルフィも「何の殺気も感じねェ」と特に抵抗もしません。 そんなルフィに対してヤマトは驚くべき事を言い出します。 ・・・君を待ってた!!ずっと待ってた!! 僕の名はヤマト!!カイドウの息子だ!!! 名前やカイドウの息子である事は分かっていた事。 そして 一人称が「僕」というのは結構気になる所。 ですが、何よりも重要なのは ヤマトがルフィの事を待っていたという事です。 彼はルフィがこの場所にやって来るのを期待していた訳で、だからこそ失踪していたという事なのでしょう。 そしてそういう事であれば、 彼の目的はおそらく父であるカイドウを止める事やオロチを倒してワノ国を取り戻す事という風に考えても良さそうです。 カイドウと同じ金棒を使ってはいるものの、 その格好はなんとなくおでんを思わせる部分があります。 彼が過去のおでんを知っていたり、歴史の部分を知っているのだとすれば、ルフィを待っていた理由や味方をしてくれている理由も納得出来る気がします。 ってかおでんの手記とかを読んだことがあったりするのかも・・・・。 いずれにしてもカイドウの息子がこういう感じだと、カイドウとの関係の部分を考えるのも面白いですよね。 ヤマトとモモの助という偉大な父親を持つ彼らがこの戦いに何を感じているのか。 明らかに カイドウはヤマトの教育に失敗している感じですし、この辺りがどう戦いに影響を与えていくのか注目です。 ワンピース最新話983話ネタバレまとめ ヤマトの登場で盛り上がった今回。 ルフィとうるティの戦いも短いながら面白かったです。 うるティとページワンはあっさりとやられてしまっただけに再登場もありそうですよね。 ただでさえ裏切りが発生しまくっているワノ国編ですが、 ヤマトがカイドウを裏切って行動しているとすれば、非常に面白くなってきます。 実力もかなり高い訳ですし戦力としても考えられますからね。 ビッグ・マムがいる以上はまだまだ油断は出来ませんが、戦力的にも充分揃ってきた感じもしますね。 ワノ国編後半の鍵を握るであろうヤマトとルフィの出会いで何が起きていくのか大注目です!!! 今回はここまで。 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の