志村 けん で し っ。 志村けん頂点の後「3年半の低迷期」窮地でも貫いた「喜劇役者」の顔

志村けんの訃報に優香「高校生の時から」…31歳差「バカ殿」と姫の絆|日刊サイゾー

志村 けん で し っ

室町時代創建の東京・東村山市にある古刹。 その一角に、ひときわ大きな墓がひっそりとたたずんでいる。 きれいに掃き清められ、花立てには彩りにあふれた真新しい花が供えられている。 線香の燃え跡が残り、周囲にはまだ香りが漂っていた。 その傍ら、先祖代々の戒名が記された墓誌に、先日、新たな戒名が刻まれた。 「瑞心院喜山健徳居士」 ここには、3月29日に新型コロナによる肺炎で急逝した、さん(享年70)が眠っている。 最愛の母・和子さん(享年96)と共に。 訃報から2か月余り。 突然の別れとなった長兄の知之さん(73才)は、「まだ亡くなった実感がない」としながらも、「納骨が終わってホッとした」と複雑な胸の内を口にする。 「四十九日の前に、家族のみで納骨しました。 新しく建てたのではなく、先祖代々250年続くお墓です。 けんは妻も子供もいなかったので、両親や、じいちゃんばあちゃんたちと一緒にゆっくりしてもらえればと思ってね」 先祖代々の墓は、長男が受け継ぐケースが多い。 志村さんのように3人兄弟の末っ子で妻子がなく、突然の死を迎えた場合、墓問題は迷走することも少なくない。 ましてや、志村さんは遺言も残していないとされている。 葬送・終活ソーシャルワーカーの吉川美津子さんが言う。 「先祖代々のお墓に、長男しか入れないという決まりはありません。 そのお墓を管理している祭祀継承者が了解すれば、入ることができます。 志村さんの場合はお兄さまや親族との関係が良好だったので、揉め事もなく、スムーズに入ることができたのでしょう」 生前の志村さんは多忙の合間を縫って、正月には母・和子さんと知之さん一家が暮らす実家を訪れている。 結びつきが強かった兄弟らしく、葬儀や納骨などは兄らが取り仕切ったという。 葬儀で使われた志村さんの遺影も、知之さんが住む実家に戻っている。 その遺影の話題になると知之さんの表情が緩み、懐かしそうにこんなエピソードを教えてくれた。 「遺影にした写真は10年くらい前のもので、鶴瓶さん(・68才)と一緒に撮った一枚なんです。 母親が、鶴瓶さんとけんのテレビ番組に出演したことがあるんですけど、その撮影の合間に撮った写真なんです。 出来上がった写真を見て、いい笑顔だなって思ってね。 ほかにも写真はたくさんあるんですけど、この鶴瓶さんと写ってる写真がいちばんいい。 あのけんの表情が、ずっと頭に残っていたんですよ」(知之さん) 志村さんと鶴瓶は50年来のつきあいで、1998年からは年に1度、正月の特別番組で共演している。 プライベートでも仲がよく、鶴瓶は志村さんの母親とも親交を深めていた。 その間柄は、晩年の志村さんに大きな影響を与えている。 志村さんは今年、NHKの連続テレビ小説『エール』への出演や、映画『キネマの神様』の初主演など、70才を機に俳優業に力を入れていた。 それでも鶴瓶さんは、志村さんの俳優姿を見たいと口にしていたんです。 面と向かっては言いませんが、そのやりとりが、志村さんの中にずっと残っていた。 となると、遺産の行方も気になってしまう。 「けんが飼っていた2匹の愛犬は、有難いことに知り合いが引き取って世話をしてくれています。 決まったのはこれくらい。 三鷹にあるけんの家にはもう誰もいませんが、今後あの家をどうするか、遺品をどうするのか、遺産はどれくらいあったのか、まだまだ話し合いもできていない状況です」(知之さん) 志村さんの死後の手続きは、まだ始まったばかりのようだ。

次の

志村けんさんの遺影は笑福亭鶴瓶との2ショット 兄が明かす

志村 けん で し っ

沢田さんは「志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です」とコメント。 志村さんの所属事務所イザワオフィスの代表取締役社長・さんは「長年親交のあった沢田研二さんがご出演されると聞き、志村けんも大変喜んでいると思います。 作品の完成を心待ちにしております」と語っている。 『キネマの神様』は、ギャンブル狂いで家族に見放されたダメ親父・ゴウ(沢田研二)の現在と過去を軸に、彼が心から愛する、映画をめぐる時を越えた奇跡をつづるヒューマンドラマ。 若き日のゴウ役はが務め、3月末に過去パートの撮影が終了。 4月から現在パートの撮影に入ろうとしていた矢先に志村さんが亡くなり、現場に衝撃が走った。 その後の緊急事態宣言発令を受けて、撮影は現在も中断している。 山田組では、志村さんへの思いを胸に、前を向いていく思いを込めたメッセージビジュアルを作成。 映画を映画館で安心して観ることができる日を願いながら、キャスト・スタッフが一致団結して、作品の完成を目指す。 「兼ねてから志村さんと縁が深い沢田研二さんは、誰よりも志村さんの想いを抱きしめ、取り組んでいただけると思います」という、(ふさ しゅんすけ)プロデューサーは、山田監督の「志村さんとは違うゴウちゃん。 沢田研二さんならば、別なゴウちゃんの魅力を引き出してくれると確信しています」という言葉を紹介しながら「周りを包み込む暖かい色気、唯一無二の感性を持ち合わせた沢田研二さんと、新たな『キネマの神様』を描いていきたいと思います」と意気込みをつづっている。 映画は、当初予定されていた今年12月を見送り、2021年公開で調整をしている。 (編集部・入倉功一).

次の

大竹まこと、志村けんは「どこで感染したの、キャバクラ?」

志村 けん で し っ

この間、22,336件という大変多くのお気持ちを頂戴いたしました。 東村山の地名を全国区に押し上げていただいた志村けんさんへ敬意を表するとともに、改めて心よりご冥福をお祈り申し上げます。 市には、名誉市民や銅像の設置など多くのご意見を頂戴しておりますが、これらのご意見につきましては、ご遺族や所属事務所様とご相談の上、検討を進め、実施が決まりました折には、改めてお知らせいたします。 なお、5月16日に一部のマスコミにおいて、「東村山市長は市民栄誉賞の贈与を明言」、「東村山市に志村けん記念館構想」など報道されましたが、現段階でこのようなことが決まった事実はございません。 受付終了のお知らせ 4月6日よりお受けしておりました志村けんさんへのお気持ちの受付を終了いたしました。 期間中、多くのかたからたくさんの想いをお預かりいたしました。 改めて御礼申し上げます。 志村けんさんへのお気持ちをお受けします(終了しました) 東村山駅東口にあります「志村けんの木」に多くのかたが献花等に訪れていただきました。 市では駅・グリーンバス利用者等の通行の妨げとなることや、交通安全確保等の観点から、皆様のお気持ちを無にすることのないよう、3月30日に一時的に献花等を置く台を設置させていただきましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点からもご来訪はお控えいただくよう呼び掛けてまいるとともに、感染リスク防止を最優先に、4月5日(日曜)までとさせていただくことにいたしました。 市では現在、国や東京都の動向、市民生活の実態を注意深く見守りながら、市民の皆さんの生命、健康、生活を守ることを最優先とし、適時適切に迅速かつ柔軟に対応する市政運営に徹しています。 しかしながら、東村山音頭によって、東村山を全国区へと押し上げていただき、世代を超えて私たちに笑顔をくれた志村けんさんへの感謝の気持ちを込めて、皆さんの思いに何らかの形でお応えできればと、市のホームページで皆さんの「お気持ち」をご逝去より四十九日の5月16日(土曜)まで、お受けさせていただきます。 皆様からいただいたお気持ちは志村けんさんのご遺族にお届けいたします。 改めて、志村けんさんに心から哀悼の誠を捧げるとともに、ご冥福をお祈りいたします。

次の