イルミナティ コロナ。 コロナパンデミックはスマートシティを作るために起こされた

新型コロナウィルス陰謀説に迫る|6つの陰謀から導かれる1つの仮説とは!?

イルミナティ コロナ

コロナの記事が続いていますが今回も政府の動きを含め、新たにわかってきていることを、お伝えしていきたいと思います。 東京都では緊急事態宣言が出されてから、街はシャッターを閉めたお店ばかりです。 先日、美容室へ行ってきました。 コロナの話になって、そこの美容師さんが言うにはお客さんが半減してしまったそうです。 このまま続いたら潰れるお店が続出しそうです。 そうなったら生活が一転してしまうし、深刻な状況です。 早く給付を受けないと食べられなくなる人があふれ出すのではないかと思われます。 『KAWATAとNANAのRAPT理論』でコロナの計画が暴かれましたが、イルミナティ達の更なる狙いがはっきりとわかってきましたね。 まだ知らない方は をご覧ください。 毎回驚かされる真実の情報ですが、今回の最新情報は必見ですよ。 今のコロナパンデミックの中を生きていく上でとても大事な情報が詰まっていました。 イルミナティ達がコロナパンデミックを起こしているという情報はTwitterでも飛び交っていましたが、パンデミックを起こして店舗や企業を倒産させて安く買いたたき政府がスマートシティをつくる計画を実行しているという、想像もできなかった衝撃的な暴露情報を『KAWATAとNANAのRAPT理論』チャンネルで明らかにされています。 『KAWATAとNANAのRAPT理論』チャンネルで暴かれてからTwitterではスマートシティの情報が沢山出てきました。 もう既に中国の広東省の広州市と深セン市ではコロナを理由に個人の土地や財産は没収されているそうで、IT大手のテンセントがスマートシティ化 武漢市 の投資計画を発表しています。 「テンセントが湖北省への投資計画を発表、 スマートシティ化に向け武漢市と協力」 住民をコロナで追い出して、 上級国民の楽園を建設する予定。 なんとフクシマでも同じことが…。 やはりこれがコロナの狙いだったということがドンピシャだったということです。 スーパーシティ とは スマートシティのことです。 スマートシティとは IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の先端技術で繋がり管理、運営される一見すると便利なような未来都市ですが、いわば監視社会です。 何処にいるのか何を買ったのか、いくら持っているのか全て管理されるのです。 また歩いているだけで顔認証でチェックされ完全に監視される社会なのです。 こんな社会に住みたいと思いますか? イルミナティたちは世界支配を固めようとしていて世界中でこのプロジェクトが進められていました。 中でも中国は世界のトップクラスです。 ドバイも世界一のスマートシティを目指しているそうで、すでに警察署のコントルームから監視し、通行人の顔認識も可能だそうです。 今国会中に成立するらしい。 コロナの茶番劇の裏で、どんどん悪法が成立しています。 なので中国で起こっていることが日本でも確実に行われるといわれています。 東京都をロックダウンしようとしているのも計画のひとつだったのです。 コロナパンデミックはイルミナティが人々の店舗や企業や土地を買い占めるまで続けられるのではないかと言われています。 なのでコロナパンデミックは長期で続くと考えておいた方が良さそうです。 これは貧困生活に追いやられて餓死者も出るほどの事態です。 今は大丈夫だと思っていてもいずれ支配層の奴隷になるということを意味しています。 2015年にイルミナティのビル・ゲイツがコロナのパンデミックを予言している動画がアップされていました。 「世界危機はミサイルではなく感染症の高いウイルスである」と言って自分たちの計画を仄めかしていました。 このようなことが出来るのもイルミナティたちは悪魔に忠誠を尽くしている悪魔崇拝者だからです。 また未だに続くマスク不足安ですが、安倍政権によって起こされていることがわかってきました。 私の近所のドラックストアでも未だにマスクが入荷されていません。 いつ行っても品切れ状態です。 医療現場ではコロナ患者がほとんどいないらしいです。 世界中でマスコミが騒いでいて感染者の数が増えていたり、ロックダウンしている国もありますが、現実とマッチしていない現場を目撃した人たちは、マスコミがいくら嘘の情報を垂れ流してもおかしいと思って真実に辿り着くと思います。 イルミナティたちのコロナ計画に加担しているマスコミのいうことを信じてしまうのは、TVの影響があると思います。 世界規模でイルミナティ達がグルになってコロナの嘘をでっちあげ計画を実行していますが、今はスマホ時代なので、嘘が簡単にバレてしまっています。 私の周りには感染者がいないですし、 現場を見たら洗脳から解けるのではないでしょう か。 はっきり言ってTVはイルミナティの洗脳装置です。 信じられないかもしれませんが事実なのです。 RAPT blogでそのことが暴かれてから私はTVを見なくなり引っ越しのときにまだ新しかったけどTVを捨てましたよ。 コロナ関連のTVの嘘つきの証拠がTwitterでも沢山アップされていました。 コロナが茶番であることがこれでわかっていただけたのではないかと思います。 イルミナティ達の悪の計画に騙されないで欲しいです。 そして自分の命を守るためにも真実を発信してくださっている『RAPT blog』や『KAWATAとNANAのRAPT理論』チャンネルで真実を知ることが大切です。 真実を知ってしまった人たちは今までこの世を支配し続けているイルミナティ達が行ってきた悪事や、イルミナティ達 上級国民)だけが莫大な富を得ている仕組みに気付き拡散しています。 泥棒が泥棒をしているとバレてしまったらもう泥棒が出来なくなるように、もっと多くの方が真実に気付いて真実の力と善の力が強くこの世に働くことを切に祈ります。

次の

コロナで人口削減は秘密結社の陰謀?WHOも承認してる?

イルミナティ コロナ

こんにちは。 今回は海外の騒動について少し考察してみたいと思います。 欧米の新型コロナの感染者数と死亡者数 【イタリアのロックダウン(都市封鎖)】 最近、 がテレビの画面上に感染者速報をテロップで流しています。 そう考えると、どう見ても恐怖を煽っているとしか思えない行為です。 【4月8日の】 この表を見ると、死亡者数はイタリア、スペインが群を抜いて多く、それに次いでカ、フランスが多くなっています。 さて、欧米のは一体どこから侵入したというのでしょうか? 各国の大手報道機関は、中国のが原因だという書き方をしている記事がほとんどです。 ですが、の息のかかった通信社だからそういう書き方になるのです。 大手の通信メディアは、潤沢な資産のあるに既に買収され、常に寄りの話で構成されています。 なので、世界の大手メディアも日本の大手メディアも国民の為にあるのでは無く、の広報ツールとして存在しています。 欧米の新型コロナの真偽 ヨーロッパやカでもや飛行機内で大量に感染者が出たという話を聞きませんし、新型コロナがあるとしたらとは別の感染源になると思います。 ですが、これについても、前回お話しした様には世界各国の支配者層の中に紛れています。 っていうのか、世界中の支配者 権力者 層が皆んなです。 言い換えれば、だから支配者でいられるんです。 嘘やインチキで富や地位を築いた人達です。 彼らは白人系の人。 そして血族な訳です。 世界中で新型コロナ騒動が起こるのは彼らがつるんでいるから、権力者同士影で口裏を合わせているからと思います。 しかも、 一般庶民の中に彼らの送ったサクラ が存在します。 それが、彼らの茶番を見分け難くしているのかも知れません。 日本では、一般人の中にもがいますし、ネット上で達の工作もあります。 が「ランサーズ」という企業を通じて口コミをさせ世論操作をしたという疑惑も浮上しました。 その企業の社長と会食までしていたら疑われても仕方がないですよね。 しかも、発覚の原因になったランサーズの募集案件が、「を持ち上げる口コミの書ける人」という様な内容なら尚更です。 「ランサーズ」は、企業がネット上で個人に仕事を発注するソーシングのプラットフォームを運営する企業と書かれています。 ぶっちゃけ 「口コミ請け負い業」もやっている会社と解釈すればいいと思います。 25日、首相が向けのマッチングサービスを展開している「ランサーズ」の社長と会食したことが首相動静で報じられ、物議を醸しています。 ネット上ではとランサーズによる「世論操作」の疑惑が浮上しており、「世論操作書き込みバイトの元締め会社とご会食する総理大臣…」「明確なファクトがない以上、それは推測の域をでない話」と様々な意見が飛び交っているようです。 「ランサーズ」といえば、企業がネット上で個人に仕事を発注するソーシングのプラットフォームを運営する企業。 そんなランサーズの社長らと安倍首相が、25日に首相公邸で会食したことが報じられ、それをきっかけにネット上で様々な憶測が飛び交っているようです。 というのも、2017年9月に「 政治系サイトのコメント欄への書き込み。 の思想を持っている方」という依頼がランサーズで掲載されたことがその一因としてあるようです。 なので、海外でも同じ事が言える訳で海外のネット上にもこの様な工作をする要員が既にいるでしょうし、請け負い業者から派遣されたサクラ を使って世論を操作したりしていると思います。 当然、派遣業者もと関係のある者と思います。 現在、日本語の堪能な外国人が、日本に向けて自国の新型コロナ騒動の状況をユーチューブ等で発信している人もいますが、その殆どがだと思います。 それを知らない国民は、新型コロナの恐怖に怯える事になるんでしょうね。 「ああ大変、海外も凄い事になってる」って・・・。 真実が少しずつ暴かれ出したようです ところが、今回の騒動に疑問を感じたカの市民が、レポーターとしてメディアで取り上げられていた病院の様子や仮設テント等を調査した動画をあげています。 上記の動画から カの場合、メディアで流されていたものはインチキだった事がはっきりして来ましたね。 には、下記の様なものもありました。 よく見ると、患者が人形のようです。 これから、どんどん彼らのインチキが暴かれると思います😙 では、何故彼ら 権力者層 はこんな大嘘をつけるのでしょうか!? 権力者のつく大きな嘘はバレないと高をくくっっているからです。 今までバレずに先祖の時代からやって来れたから・・・。 だから、あなたがたが暗闇で言ったことはみな、明るみで聞かれ、奥の間で耳にささやいたことは、屋根の上で言い広められる。 では、本日はこの辺で😊 merkun.

次の

イルミナティカードの予言一覧!新型コロナやオリンピック延期・地震と津波・トランプの件も総まとめ

イルミナティ コロナ

2016年に公開されて話題となった映画 『』を覚えているだろうか? 世界的に大ヒットした 『』のシリーズ3作目に当たる。 参考: このたび筆者が筆を取ったのは、いよいよ 『』の世界が現実になろうとしている恐怖を感じたからだ。 タイの医療ニュースサイト「Thailand Medical News」(2月16日付)によれば、中国の研究者のチームが、 が男性患者に症を引き起こす可能性があることを発見したという。 このウイルスには 腎組織と精巣組織の両方に強力な病原性を発現、病変させ、精巣の組織に損傷を与えるというのである。 つまり、 男性がに感染すると、生殖能力を奪われる可能性があるというのである。 ご存じの通り、 「 は人口削減のための」という陰謀説がささやかれている。 画像は「」より引用 『』の原作者はカのベストセラー作家、である。 2003年に発表したの絵画に秘められたの謎を解き明かすという筋書きの 『』は世界的に大流行した。 の小説のうち、3作がすでに映画化されている。 1作目『』は2006年公開、 2作目はによるへの復讐を描いた 『天使と悪魔』で2009年公開、 3作目が2016年公開の『』である。 『』のあらすじは、人口増加に警鐘を鳴らすが人口削減のために危険なウイルスを開発し、そのウイルスのありかを、主人公の宗教象徴学者が追うというものだ。 ランは詩人ダンテの抒情詩「」(:)に隠された暗号を紐解きながら、ウイルスを拡散しようとするテロリストたちを追い詰めるのである。 人口削減はこの作品の大きなテーマである。 映画でこのウイルスは「 極めて殺傷性の高いもの」だとしか紹介されておらず、その正体は明かされていない。 しかし 原作では、「生殖能力だけを遺伝子レベルで奪う」ウイルスとされている。 この ウイルスは空気感染で爆発的に感染拡大し、半ば強制的に人口削減を実現させるというものだ。 一説に彼らは、映画や小説などといった各種のメディアを使い、我々人類に対して犯行予告をするといわれている。 例えば、 を題材に1982年に発売されたカのカードゲーム 「カード」。 そしてもちろん、今回のの発生も予告されている。 それが、 「Plague of Demons( 悪魔の疫病)」と書かれたカードである。 カードには国会議事堂のような白い建物を囲む悪魔が描かれている。 空にはコウモリのような翼を持つ悪魔が飛んでいるが、 は コウモリ由来といわれている。 また、 には米国会議事堂を模した廃ホテルがあるといい、それがこの絵に描かれた建物とそっくりだというのである。 による「予言」は映画の中にも存在する。 2001年の「9. 11」を予言していたとされる映画は複数存在するが、その一例が大ヒット映画 『』(1991年)である。 カーシーンの中で、 ツインタワーを彷彿とさせる陸橋に「caution 9-11(注意)」という文字が書かれていたことは有名な話だ。 の作品では、やといった秘密結社に関わるものがモチーフとしてたくさん登場する。 もしかすると、自身もに属しており、素知らぬ顔で犯行予告小説を書いているのかもしれない。 彼の最新作『オリジン』はと人類の起源の謎に迫る作品である。 我々はどこから来てどこへいくのか……? この作品には滅亡の危機に瀕した人類の行く末が描かれているといえるだろう。 また同時に、これから闇の組織が引き起こそうとしている企みを読み取ることができるかもしれない。 「カの」とも呼ばれているが、一説によれば、から人類へのメッセージであるという。 画像は「」より引用 石碑には「現代の」が刻まれているのだが、その10項目のなかに「と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する」という一文がある。 この文章は8か国語(英語、、、、ヒンズー語、、中国語、ロシア語)で刻まれているが、残念ながらその中に日本語は含まれていない。 つまり、 日本人は全滅させるつもりなのだろう。 ともかく、の発動により、闇の支配者による人類削減計画が本格的にスタートしたと言えよう。 そして、 彼らの計画によれば、日本人は絶滅まっしぐら……ということになるだろう。 dream-kb.

次の