スルメイカ おつまみ。 スルメイカを使ったレシピ・作り方一覧(34件)

スルメイカの旬の時期と特徴を解説。産地はどこ?

スルメイカ おつまみ

そのままでもおいしいですが、毎日同じおつまみだと飽きる・・・という方は、ちょっとアレンジしてみてはいかがでしょうか? 今回はお酒とあう簡単なレシピを3つ、一緒にご紹介いたします。 レシピ1炒めるだけ! にんにくをおろす 2. さきいかをキッチンハサミで食べやすい大きさにカットする 3. 1とコチュジャン、みりん、しょうゆ、砂糖、ごま油を混ぜ合わせる 4. 弱火であたためたフライパンにサラダ油をいれ、さきいかを炒める 5. いかがしんなりしてきたら3のタレを加え、手早く混ぜる 6. 全体にタレが絡んだらゴマを入れよく混ぜる 7. キュウリを千切りにする 2. いかなんこつとキュウリをあえる 3. お好みで酢・砂糖を加え味を調える 4. 器にもりつけて完成! いかなんこつ自体に酸味があるので、調味料はお好みで調節してください。 レシピ3飲んだ後に。 さっぱりおかゆ 【材料】 ご飯 茶碗1杯 水 3cc 中華だし 大さじ1 飾り用: ごま 少々 三つ葉 適量 【手順】 1. さきいかをキッチンハサミで細かく切る 2. 水、中華だし、ご飯を鍋に入れ火をかける 3. 沸騰してきたら、刻んださきいかをいれる 4.

次の

スルメイカを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

スルメイカ おつまみ

「スルメイカ」は数多くいるイカの一種で、日本では一年中非常によく食べられ、私たちに身近なイカのひとつです。 イカの内臓を取り除いて乾かしたイカの総称を「するめ」と呼びます。 「スルメイカ」は「するめ」の原材料として重要であることからこの名前がついたとも言われていて、日本人には親しみ深い食品でとして古くから結納品のひとつでもあります。 高タンパク低カロリーのスルメイカは、栄養ドリンクの成分でもある「タウリン」を多く含み、疲労回復や肝機能を高め、コレステロールの代謝を促し、血液をサラサラにしてくれる効果が期待されます。 そのままでも調理しても美味しいスルメイカは、便利で、栄養満点な優秀食材です。 積極的に食べて体の中から元気な毎日を送りたいですね。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 だしがおいしい するめダシの稲庭うどん 材料 (1人分)稲庭うどん80g 水 茹で用1. 2番目におすすめする「スルメイカを使った人気レシピ【煮る編】」は、 「煮れば煮るほど味が出る… するめで煮モン。 」です。 スルメを使って簡単に和食の一品を。 お酒のお供にも最適ですよ。 作り方は、スルメを細かく刻み鍋に入れ乾煎りします。 香りが立ったら、がんもどき、厚揚げ、こんにゃくを加えてお湯をひたひたになるまで入れます。 沸騰したら醤油、砂糖、酒で味付けをし、生姜、鷹の爪をいれて落とし蓋をして煮込んで完成です。 スルメを乾煎りする場合に焦げやすいので注意してくださいね。 ランチタイムにぴったりなパパッとできるうどんのレシピです。 スルメの出汁が効いていて即席には感じませんよ。 沸騰させたお湯の中にスルメを入れて加熱し、白だしを加えます。 乾麺を茹で丼に盛り付け、出汁をかけて、わかめ、刻みネギをトッピングして完成です。 お好みで七味唐辛子を振ってくださいね。 温泉卵をのせてもおすすめですよ。 世界の消費量のうち、約半数は日本国内で消費されると言われるほど、日本人が大好きなイカ。 中でもスルメイカは、スーパーや魚屋で見かける一般的なイカで、刺身や煮付け、炒め物など様々な料理に活用できます。 イカの代表的な栄養素の「タウリン」は、ほんのりとした甘みを感じさせる旨味の元です。 栄養ドリンクの成分でもあり、滋養強壮や疲労回復の効果が期待されます。 干したスルメイカの表面に吹く粉は、タウリンが結晶化したものですよ。 冷凍保存も可能なので、食べる大きさに切ってから冷凍すると忙しい毎日の中でもさっと使うことができて便利です。 様々な料理にアレンジして、疲れた体をエネルギーチャージしてくださいね。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

スルメイカを使ったレシピ・作り方一覧(34件)

スルメイカ おつまみ

イカと一口にいっても、さまざまな種類がある。 日本で獲れるイカは、約130種類。 世界では、なんと500種類ものイカが生息しているといわれている。 中でも日本で一番多く獲れるといわれているのが、今回紹介するスルメイカだ。 イカは、旬を問わず一年中美味しく食べることができる魚介類である。 スルメイカがとくに美味しくなるのは、5~9月の間。 春から秋にかけてと、比較的長い期間旬を迎える食材なのだ。 「夏イカ」「秋イカ」などという呼び名が付くこともあり、それぞれの時期による味を楽しむことができる。 7〜10月までの間は、「昼イカ漁」という漁が盛んに。 昼間に釣りあげたスルメイカを夕方に水揚げするため、ほかの時期よりも新鮮なものを味わうことができる時期なのだ。 旬を問わず美味しく味わうことができるスルメイカだが、より美味しいものを味わうなら、夏の時期を狙うのがおすすめである。 スーパーの魚売り場などでもよく見かけるスルメイカだが、特徴をご存知だろうか。 スルメイカは主に北太平洋海域、日本列島の周辺で獲れるイカである。 大きさは、胴の長さが大きいもので約30cm。 6~8月にかけて、最盛期を迎えることで知られている。 春から夏にかけて誕生するもの、秋に誕生するもの、冬に誕生するものの3タイプに分類される。 日本海には秋生まれのスルメイカが、太平洋側では冬生まれのスルメイカが多いとされている。 東シナ海から、暖流にのって北上。 オスよりもメスの身体つきが大きく、寿命は約1年と短命なのが特徴だ。 スルメイカは肉食のため、小魚などを食べて成長する。 世界には500種類ほどのイカが存在するが、その中でもスルメイカは活発な部類で、自分と変わらない大きさの魚を食べることがあるのも特徴のひとつだ。 新鮮なものは刺身で食べることも可能だが、アニサキスが寄生しているケースも珍しくない。 心配な場合や獲れてから時間が経っているものは、フライや塩焼きなどにして調理を食べるのがおすすめだ。

次の