シルバー 猫。 チンチラシルバー|里親募集|ジモティー

チンチラシルバーの特徴や性格、注意点について

シルバー 猫

猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ あなたのパートナー猫を探そう。 全国のアニコム損保ペット保険取扱ペットショップから探せるマッチングサイト ハローべいびぃ 猫を家族に迎えることを決めたら、次は猫にはどんな種類があるのか、どんな猫がわが家にぴったりなのか、気になりますね。 猫の種類は意外に多いもの。 それぞれの特徴を知って、しっかりとお迎えの準備をしましょう。 ここではチンチラペルシャについて、その特徴や飼うときのポイント、お迎えの方法などをご紹介します。 チンチラペルシャの特徴 チンチラペルシャは、ペルシャのカラーバリエーションの1種。 独立した品種として認めている血統登録団体はわずかですが、海外では「チンチラ・キャット」または「チンチラ」と呼ばれ親しまれています。 単なるカラーバリエーションに留まらず、1品種のように扱われているチンチラペルシャとは、どんな猫なのでしょうか。 そしてペルシャと毛色以外の違いはあるのでしょうか。 さっそくその特徴を見ていきましょう。 身体的特徴 明るく美しい毛色には、シルバー、ゴールデン、シェーテッドシルバー、シェーテッドゴールデンの4色があり、目は緑か青です。 頭部が大きくずんぐりとした体型で、短くて骨太の脚をしています。 丸い目で鼻は低く、耳と耳の間は離れています。 体重は3〜5. 5kgほどで、猫としては中くらいの大きさです。 他のペルシャとの違いとしては、毛質が軽いこと、アイラインが濃くはっきりしていることがあげられます。 また、チンチラペルシャの方が全体的に明るい毛色をしています。 性格 その性格を一言で言うと、「THE 猫」といったところ。 人に大げさに構われることを嫌い、抱っこも嫌がります。 かと思えば、自分から突然飼い主さんの膝にのぼって好きなだけ居座ることも。 気分屋でツンデレ、まさに猫の王道を行く性格です。 ベタベタした接触は好みませんが、猫ならではの絶妙な距離感で飼い主さんに寄り添ってくれるでしょう。 また、大人しい性格で成長すると遊ぶことは少なくなります。 活発に動くことも鳴くことも少なく、ゆったりと過ごす姿には上品さが漂っています。 歴史 ペルシャは最古の猫種と言われるほど古くから存在する猫です。 その起源は諸説ありますが、1800年代にイギリスで計画的に繁殖され、1871年にロンドンで開かれた世界初の公式なキャットショーに登場しました。 そしてペルシャのさまざまなカラーバリエーションが作られていくなかで、チンチラペルシャが誕生しました。 その始まりは1882年にイギリスで生まれたチニーという名の猫。 チニーはブルーのペルシャと迷い猫の間に生まれたシルバーの猫で、その孫のシルバーラムキンと名付けられた猫が最初のチンチラのオスとなりました。 1900年代初頭には現在と同じような毛色となり、1920年代にはチンチラペルシャの基準が確立されました。 げっ歯類のチンチラと毛色が似ているため、そのままチンチラと名付けられました。 寿命 「アニコム家庭どうぶつ白書2017」によると、猫全体の平均寿命は14. チンチラペルシャの平均寿命は13. 9歳となっています。 その猫がどのくらい生きるのかは、もって生まれた資質や環境などによって変わるものです。 日頃の健康管理をしっかりと行い、病気やケガは早めに治療してできる限り長くつきあっていきたいですね。 チンチラペルシャを家族の一員として迎える方法 チンチラペルシャを家族に迎えたい! と思ったら、この猫とはどこで出会えば良いのでしょうか。 主な3つの方法をご紹介します。 ペットショップでチンチラペルシャを探す 人気のある猫なので、ペットショップで出会える可能性は高いでしょう。 ペットショップなら、フードやトイレなど、猫に必要なものを一緒に揃えられるため、迎えたその日からきちんと住環境を整えてあげることができそうです。 ペットショップでは品種は「チンチラペルシャ」ではなく「ペルシャ」となっています。 ペルシャの中からチンチラシルバーまたはチンチラゴールデン、シェーテッドシルバー、シェーテッドゴールデンを探すことになります。 ブリーダーさんから紹介してもらう ブリーダーさんを探すこともひとつの方法です。 費用は各ブリーダーさんで違いがあるので、事前によく確かめておきましょう。 また、自宅からの距離を確認した上でお迎えの準備をすることが大切です。 この方法の最大の特徴は、迎えると決めた子の特徴やクセ、これまでの成長の様子や環境などをブリーダーさんに直接聞いたり、質問できたりすることです。 また、親猫や兄弟・姉妹たちの姿を見る機会も得られる可能性があるので「将来どんな風に成長していくのか」を想像しやすいこともメリットです。 初めて猫を迎えるという方にとっては心強いですね。 里親になる 最近は「せっかく猫を迎えるなら、保護猫の里親になりたい」と考える方が多くなってきたようです。 譲渡会の情報もチェックしやすくなってきました。 この方法の場合、出会えるのは必ずしも子猫とは限らないこと、また外見はチンチラペルシャでも他のカラーが混ざっていることがあります。 純粋なチンチラペルシャと出会える機会は少ないと考えた方が良さそうです。 それでも興味があれば、地域の里親募集や譲渡会情報を調べてみましょう。 ご縁があるかもしれません 可愛い子猫との出会いをお探しなら 末永く一緒に暮らせる、大切な家族と幸せな出会いをしたいものですね。 そんな出会いをお探しならハローべいびぃを活用してみては?全国のペットショップから探すことができる情報サイトです。 エリアや品種などの条件から簡単に検索できるので、ぜひご覧ください! チンチラペルシャについてはコチラをチェック! お迎えの費用 どこから迎えるかによって費用は異なりますが、ペットショップの場合、およそ200,000〜400,000円(2019年10月現在)となっています。 ご家族でよく検討しましょう。 チンチラペルシャの飼い方 おとなしくマイペースで猫らしい性格に、豊かな被毛に包まれて気品溢れるチンチラペルシャ。 この猫を飼うには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。 環境づくり 穏やかな猫といわれますが、子猫のうちは遊ぶことが大好きで、活発に動きます。 子猫から飼う場合は、登って遊べるスペースやおもちゃが必要です。 また、歩き回ることでなるべく運動してもらえるように、できるだけ広い範囲で自由に動けるようにしましょう。 長毛の猫なので、毛が落ちる量は多くなります。 毛がきちんと掃除できていないと、不衛生なだけでなく、猫にも人にもアレルギーの原因となるダニなどの害虫が増えてしまうことも。 毎日しっかりと室内を掃除しましょう。 毛が絡みやすい毛足の長い絨毯はやめて、フローリングまたはフローリング調のカーペットを敷くなど、掃除をしやすい環境にしておくことが大切です。 食事はどうする? 大人になると運動量が少なくなり、太りやすくなります。 かといって、動きたくない猫を運動させようとしても猫のストレスになりますし、逃げてしまってうまく運動させることは難しいでしょう。 肥満が気になり始めたら、毎日の食事の量や質を見直して、適切な体重維持を心かげましょう。 また、毛の量が多い猫なので、飲み込んだ毛をスムーズに排出できるように、食物繊維が豊富に含まれていて毛玉排出をサポートする「毛玉ケア」フードを選ぶといいでしょう。 ケアは? 長毛で被毛が厚いため、丁寧なケアが欠かせません。 毎日ブラッシングやコーミングを行いましょう。 お手入れを怠ると、きれいな被毛が維持できなくなるだけでなく、飲み込んだ毛がお腹にたまる毛球症という病気を起こしたり、皮膚のトラブルが起きたりと、健康問題に関わります。 1回5分程度でいいので、子猫のうちから毎日行う習慣をつけましょう。 飼い主さんがリラックスしてお手入れを楽しむと、猫もくつろぐことができ、楽しいコミュニケーションの時間になりますよ。 白い毛で汚れが目立ちやすいので、定期的に拭いてあげましょう。 長い毛に隠れがちな爪と耳も毎日のお手入れがてらチェックして、適切なタイミングでケアしましょう。 また、鼻が低いため涙があふれてくることがあります。 コットンでやさしく拭いてあげましょう。 チンチラペルシャがかかりやすい病気 猫には、遺伝的に発症しやすい病気や、体の特徴からかかりやすい病気があります。 チンチラペルシャのかかりやすい病気を知っておきましょう。 腎臓に、「嚢胞」と呼ばれる液体がたまった袋状の構造物が多数できて、腎機能が徐々に低下する病気。 ペルシャやヒマラヤンに多い遺伝性の病気です。 ペルシャとその関連種の約40%がこの病気を持っているという報告もあります。 この病気を持っている猫の子どもは、約半数が同じく病気を受け継いでしまいます。 遺伝子検査もできる場合があります。 初期には目立つ症状はありませんが、進行すると慢性腎臓病と同じ多飲多尿、食欲不振、嘔吐、脱水、貧血といった症状がみられます。 7歳を超えたあたりから症状が現れることが多いと言われています。 根本的な治療法はなく、病気が見つかった場合は投薬と食事療法で対処します。 予防法もありませんが、日頃から飲水量や尿の量、体調をよく観察し、心配なことがあれば動物病院を受診して検査を受けるようにしましょう。 心臓の筋肉が肥大することで心室が狭くなり、心不全を起こす病気。 症状として、元気がない、食欲低下、体重の減少などがみられます。 後脚の麻痺や肺水腫が起こることも。 症状の悪化で命の危険もありえます。 この病気を治す治療法はなく、進行を抑えながら症状にあわせた治療をすることになります。 予防法はありませんが、定期的に健康診断を受けることで早期発見ができます。 チンチラペルシャのペット保険料は? わが子にはできるだけ元気で、健康でいてほしい…。 それが家族の一番の願いではないでしょうか。 ただ、どんなに強く願っていても、いつ何が起きるかは誰にもわかりません。 万が一、何かがあったとき、守ってくれるお守りのようなものがあったら安心ですよね。 それが「保険」です。 「もしも」を防ぎ、「もしも」に備える「予防型ペット保険」をご存じですか。 愛するわが子のために、検討してみてはいかがでしょうか。 猫の保険について詳しく書かれた記事はです。 詳しくはこちらをご覧ください。 まとめ ペルシャの中でも人気が高いチンチラペルシャは、猫らしい猫が飼いたい、飼ったら手をかけてお手入れをしたいという方にぴったりです。 家族としてお迎えしたら、愛情をたっぷり注いで素敵な絆を育んでいってくださいね。 受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30 【どうぶつの病気に関するデータを公開 アニコム損保が保有する世界最大規模の診療データをもとに、品種別・年齢別・性別のかかりやすい病気や、診療費の目安、平均通院回数などの統計データを調べることができるサイトです。 猫と暮らしている人であれば、多くの人が疑問に思うのが鳴く理由です。 声色や仕草などで、ある程度何が言いたいのかわかるという... 2018. 飼い主の食事中、猫が人間の食べ物に興味を示したり、欲しがったりすることもあるのではないでしょうか。 しかし... 2020. ペットには公的な健康保険制度がありません。 動物病院は、自由診療なので、思わぬ高額な診療費がかかることがありま... 2020. 猫がよく吐くのはなぜ? 猫と一緒に暮らしていて気がつくのは、「よく吐く」ということではないでしょう... 2020. 猫にはいろいろな種類がいます。 種類によって大きさや性格も変わってきますが、スコティッシュ・フォールドはどのような猫な... 2020.

次の

【画像で分かる】猫の毛色×模様(柄)全種類まとめ!

シルバー 猫

チンチラペルシャってどんな猫? 「チンチラペルシャ」という言葉を初めて聞く人は、「この動物はチンチラの種類?」と思う人もいるのではないでしょうか。 実は猫の一種でありペルシャ猫に属します。 どうしてチンチラという動物の名前がついたのでしょうか。 またチンチラペルシャの特徴や性格とペルシャ猫の違いがあるかを解説していきます。 チンチラってどういう動物? チンチラとはモルモットに似た動物です。 元々は南米、特にアンデス山脈の3000~4000mくらいの高地に生息していました。 体長25cm前後、体重は500g前後で、体型は丸くどっしりしています。 このモルモットに似た動物が有名になった理由としては、チンチラの毛皮です。 滑らかで触り心地が良く、毛皮のコートにするために18世紀から絶滅寸前になるまで乱獲されました。 現在はワシントン条約で取引が制限されているため、現在は国内ブリーダーが、ペット等で繁殖させているのみになりました。 様々な説がありますが、チンチラの主な毛色である滑らかで艶めきのある灰色に似ていることから、この名がついたと言われています。 チンチラペルシャの特徴 チンチラペルシャはペルシャと毛並み以外は大差ありません。 体型は猫の体型6種の内の1つ「コビー」というものに分類されます。 全体的にどっしりとして筋肉質、四肢、胴、尻尾は短めなので全体的に丸っこく見えるでしょう。 体重は3. 0~5. 5kgと猫で言えば平均的な体重になります。 また顔は丸顔、くりくりとした丸い目につぶれた鼻、小さい耳、両耳の間が離れ気味で、凛としながらも愛嬌があります。 目は青もしくは緑色で、目の際がはっきりとしています。 且つ外側の長毛と内側の密集した毛で二層になっているので、ブラッシングが必須となります。 チンチラペルシャの性格 チンチラペルシャの性格はまさしく、「気高く」、「上品」にといったように穏やかで落ち着いており、行動も決してせかせかせず静かで、しなやかに歩く印象です。 人間に対し距離を置くような感じではあるのですが、決して人間が嫌いなわけではありません。 様相とはうって変わって人間と一緒にいたい猫種ですが、自分なりの距離感があります。 飼い主がどこにいて何をしているかということはきちんと認識しています。 静かに過ごしたいので遊んだりすることはあまりしません。 猫と一緒に遊びたい飼い主だとあまりの静かさにびっくりするでしょう。 抱っこや、常に撫でられるのを嫌がるので、スキンシップを密にとりたい人にとっては少しさびしいかもしれません。 お互い同じ空間にいてもそこまで干渉せず、でも一緒にいる安心感があると思える人にはとても良いパートナーになれます。 ペルシャ猫とチンチラペルシャは違うの? ペルシャ猫とチンチラペルシャは何が違うのでしょうか。 体型や性格、寿命はほぼ同じです。 違うところは毛並みになります。 ペルシャ猫は猫の中で一番古い歴史のある猫と言われており、現在に至るまで様々な猫と交配してきました。 その背景もあり、多種の毛色、目色の子がいます。 しかしチンチラペルシャは、ペルシャ猫の中には含まれますが、毛色が決められています。 ペルシャ猫 毛質はふさふさした長毛です。 1種類のみの毛色では白、ブルー(ブルーを帯びたグレー)、クリーム、レッド(オレンジっぽい色)、黒があります。 しかし、「シェーデット」でも色がシルバー、ゴールデンだとチンチラペルシャとするところもあります。 1600年代にペルシャ猫の原型の猫がペルシャ(現在のイラン)からイギリスに渡った記録があります。 1700~1800年代のイギリスでは、ブリーダーによってペルシャ猫の交配が盛んになり、上級・富裕階級で飼われるようになりました。 そのうち大きな猫の品評会にペルシャ猫が登場し、人気に追い打ちをかけました。 1882年に交配したペルシャ猫の中に、毛の根元のみがシルバー、大半がベースカラーの黒という毛色(シルバースモーク)のオスができました。 それがチンチラペルシャの基となったと言われています。 シルバースモークのペルシャ猫はいたる国で大人気となり、特にアメリカの愛好家達は血統登録をチンチラペルシャとし、ペルシャ猫から独立させようという動きまで見せたそうです。 しかし、毛並み以外何も変わらないので、現在もチンチラペルシャはほぼ各国でペルシャ猫として血統登録されています。 現在でも「猫の王」と言われる由縁は、チンチラペルシャの長年の歴史と、絶大な人気故でしょう。 チンチラペルシャの値段はどれくらい? チンチラペルシャはペットショップ、ブリーダー共にチンチラ・シルバーが1番紹介されており、次いでチンチラ・ゴールデン、シェーデット・シルバーです。 価格もチンチラ・シルバーで高い子猫は32万、平均価格は25万円前後で、ペルシャ猫より価格は若干高くなっています。 チンチラペルシャを飼う上での注意点は? チンチラペルシャは長毛であり、動きもゆるやかな猫種です。 ここではチンチラペルシャと一緒に暮らす上で特有の注意点をまとめていきます。 チンチラペルシャの体型 チンチラペルシャの体型は「コビー」タイプであり、筋肉質、骨太です。 よって、成猫になるまでは、骨と筋肉をしっかり育てるために、栄養をきちんと整えてあげる必要があります。 猫の栄養は主にタンパク質と脂質で賄えますので、炭水化物はそこまで必要としません。 高タンパクで消化の良いものを中心に餌をあげましょう。 また、猫におやつとして炭水化物ばかりあげて、主食のタンパク質や脂質が食べることができなくなることが無いようにしましょう。 骨が太いとはいえ動きがゆったりの猫なので、肥満には気を付けましょう。 肥満になってくると足の関節や背骨に負担がかかります。 チンチラペルシャの毛並み 毛並みはふんわりとした長毛です。 且つダブルコートなのでブラッシングは必須です。 2つの被毛のうち、オーバーコートは長くて堅く、視覚的に見える毛で、直射日光や外界の刺激から体を守るもので、アンダーコートは視覚的に見えない、短く密度の濃い毛で保温性のコントロールをしています。 オーバーコートは刺激や毛づくろいによって、随時抜けていきますが、アンダーコートは季節の移り変わり(温度差が出てきたとき)の換毛期に生え変わる毛です。 特にチンチラペルシャはどちらの毛も多く、しかも長毛なので、放っておくと毛玉が大量にできますし、それを毛づくろいによって飲み込んでしまうと、毛球症になってしまいます。 どちらの毛もすくことのできるブラシがあると良いでしょう。 また、糞に毛が混じっていると毛がおなかの中で多い証拠なので、換毛期等は糞に毛が混じっていないか注意して観察しましょう。 また長毛で、アンダーコートも密に生えているチンチラペルシャは、保温性は抜群ですが、暑さに弱いです。 暑さでばてないように夏は冷房下で過ごさせないと体調を崩します。 サマーカットと言って、夏に毛をカットする人もいるのですが、直射日光(紫外線)等から身体を守ってくれる毛をカットすると、皮膚炎を起こす可能性もあります。 外に出る、または家の中でも窓の近くにいることが好きなチンチラペルシャは、直射日光を浴びやすいのでカットしない方が無難でしょう。 チンチラペルシャはアンダーコートが夏でだいぶ抜け落ちているにも関わらず、密に生えているので、サマーカットはあまり意味をなさないかもしれません。 毛玉ができすぎて収集がつかない時のみで良いでしょう。 チンチラペルシャの行動 チンチラペルシャは活発に動くことはなく上品にゆっくり動きます。 子猫のうちは遊ぶこともありますが、成猫になると遊んだり、動くということより、まったりとリラックスしていたいタイプです。 こういうことから、運動不足で肥満になることも多いです。 かと言って無理やり遊ぶ方に持っていけないタイプなので、太ってきたら、餌の量や質を調整する必要があります。 チンチラペルシャの性格 遊ぶことや飼い主の密なスキンシップは、チンチラペルシャにとって重要ではなく、むしろストレスになることもあります。 飼い主との距離はあれどもお互いいることが確認できて、お互いがやりたいことを尊重できる、いわゆる熟成した夫婦のような関係が心地よいと考えます。 飼い主に対しては甘えてくることもあるので、その時は思いっきりかわいがりましょう。 チンチラペルシャ特有の病気 猫特有の病気としては子猫で「猫ウイルス性鼻気管炎」、「猫汎白血球減少症」、「猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズウイルス感染症)」、成猫は「腎結石」、「「糖尿病」、「甲状腺機能亢進症」等が有名です。 もちろんチンチラペルシャも例外なくかかりますが、その他にチンチラペルシャ特有の病気もあります。 ペルシャ猫やペルシャ猫と交配された猫に多く見られるようです。 生まれた時から少しずつ腎に嚢胞ができ始め、年齢が増すごとに大きく、多くなっていき、そのため腎臓は大きくなり腎機能は低下し、果ては腎不全となります。 症状としては、あまり動かなくなる、食欲低下、多飲、多尿、嘔気、嘔吐になります。 治療としては完全治癒できるものは今のところ見つかっていないです。 腎臓に負担をかける蛋白を制限する食事、多飲、多尿で水分補給が間に合わない時の皮下輸液、嘔気嘔吐に対する吐き気止めと、ほぼ対処療法になります。 この頃、ブリーダーもチンチラペルシャを繁殖させる時点で、両親のPKD(多発性嚢胞腎…Polycystic Kidney Disease)遺伝子検査をして、「PKD検査済」とうたっているところもあります。 尿結石 尿結石ができやすい傾向にある理由として、カルシウムの多い食べ物を多く摂取する、脱水、尿のPHバランスの崩れによりできると言われています。 この病気、何がこわいかというと、シュウ酸カルシウムが固まり石になって尿道のどこかにはまってしまう嵌頓(かんとん)状態のことです。 症状としては、急な腹痛、排尿痛、無尿、飼い主が腹部を触ろうとすると威嚇したりします。 結石がどこかに嵌頓予防がメインになってきます。 シュウ酸カルシウムが尿中に出てこないように、カルシウムを少なめにした食事療法、水分摂取の励行になります。 尿の性状は常に変化が無いか観察しましょう。 その他 その他、眼瞼内反症(逆さまつげ等)、白内障などの目の病気や、皮膚糸状菌症、脂漏性皮膚炎、先天性心疾患が知られています。 いつもの元気があるか、皮膚疾患の予防のためにブラッシングしながら皮膚状況のチェック、眼病予防のために、目に炎症(赤くなっている)が無いか、流涙、目やにをこまめに観察しましょう。 更新日:2019年3月26日 提供元:.

次の

チンチラシルバー|里親募集|ジモティー

シルバー 猫

チンチラペルシャってどんな猫? 「チンチラペルシャ」という言葉を初めて聞く人は、「この動物はチンチラの種類?」と思う人もいるのではないでしょうか。 実は猫の一種でありペルシャ猫に属します。 どうしてチンチラという動物の名前がついたのでしょうか。 またチンチラペルシャの特徴や性格とペルシャ猫の違いがあるかを解説していきます。 チンチラってどういう動物? チンチラとはモルモットに似た動物です。 元々は南米、特にアンデス山脈の3000~4000mくらいの高地に生息していました。 体長25cm前後、体重は500g前後で、体型は丸くどっしりしています。 このモルモットに似た動物が有名になった理由としては、チンチラの毛皮です。 滑らかで触り心地が良く、毛皮のコートにするために18世紀から絶滅寸前になるまで乱獲されました。 現在はワシントン条約で取引が制限されているため、現在は国内ブリーダーが、ペット等で繁殖させているのみになりました。 様々な説がありますが、チンチラの主な毛色である滑らかで艶めきのある灰色に似ていることから、この名がついたと言われています。 チンチラペルシャの特徴 チンチラペルシャはペルシャと毛並み以外は大差ありません。 体型は猫の体型6種の内の1つ「コビー」というものに分類されます。 全体的にどっしりとして筋肉質、四肢、胴、尻尾は短めなので全体的に丸っこく見えるでしょう。 体重は3. 0~5. 5kgと猫で言えば平均的な体重になります。 また顔は丸顔、くりくりとした丸い目につぶれた鼻、小さい耳、両耳の間が離れ気味で、凛としながらも愛嬌があります。 目は青もしくは緑色で、目の際がはっきりとしています。 且つ外側の長毛と内側の密集した毛で二層になっているので、ブラッシングが必須となります。 チンチラペルシャの性格 チンチラペルシャの性格はまさしく、「気高く」、「上品」にといったように穏やかで落ち着いており、行動も決してせかせかせず静かで、しなやかに歩く印象です。 人間に対し距離を置くような感じではあるのですが、決して人間が嫌いなわけではありません。 様相とはうって変わって人間と一緒にいたい猫種ですが、自分なりの距離感があります。 飼い主がどこにいて何をしているかということはきちんと認識しています。 静かに過ごしたいので遊んだりすることはあまりしません。 猫と一緒に遊びたい飼い主だとあまりの静かさにびっくりするでしょう。 抱っこや、常に撫でられるのを嫌がるので、スキンシップを密にとりたい人にとっては少しさびしいかもしれません。 お互い同じ空間にいてもそこまで干渉せず、でも一緒にいる安心感があると思える人にはとても良いパートナーになれます。 ペルシャ猫とチンチラペルシャは違うの? ペルシャ猫とチンチラペルシャは何が違うのでしょうか。 体型や性格、寿命はほぼ同じです。 違うところは毛並みになります。 ペルシャ猫は猫の中で一番古い歴史のある猫と言われており、現在に至るまで様々な猫と交配してきました。 その背景もあり、多種の毛色、目色の子がいます。 しかしチンチラペルシャは、ペルシャ猫の中には含まれますが、毛色が決められています。 ペルシャ猫 毛質はふさふさした長毛です。 1種類のみの毛色では白、ブルー(ブルーを帯びたグレー)、クリーム、レッド(オレンジっぽい色)、黒があります。 しかし、「シェーデット」でも色がシルバー、ゴールデンだとチンチラペルシャとするところもあります。 1600年代にペルシャ猫の原型の猫がペルシャ(現在のイラン)からイギリスに渡った記録があります。 1700~1800年代のイギリスでは、ブリーダーによってペルシャ猫の交配が盛んになり、上級・富裕階級で飼われるようになりました。 そのうち大きな猫の品評会にペルシャ猫が登場し、人気に追い打ちをかけました。 1882年に交配したペルシャ猫の中に、毛の根元のみがシルバー、大半がベースカラーの黒という毛色(シルバースモーク)のオスができました。 それがチンチラペルシャの基となったと言われています。 シルバースモークのペルシャ猫はいたる国で大人気となり、特にアメリカの愛好家達は血統登録をチンチラペルシャとし、ペルシャ猫から独立させようという動きまで見せたそうです。 しかし、毛並み以外何も変わらないので、現在もチンチラペルシャはほぼ各国でペルシャ猫として血統登録されています。 現在でも「猫の王」と言われる由縁は、チンチラペルシャの長年の歴史と、絶大な人気故でしょう。 チンチラペルシャの値段はどれくらい? チンチラペルシャはペットショップ、ブリーダー共にチンチラ・シルバーが1番紹介されており、次いでチンチラ・ゴールデン、シェーデット・シルバーです。 価格もチンチラ・シルバーで高い子猫は32万、平均価格は25万円前後で、ペルシャ猫より価格は若干高くなっています。 チンチラペルシャを飼う上での注意点は? チンチラペルシャは長毛であり、動きもゆるやかな猫種です。 ここではチンチラペルシャと一緒に暮らす上で特有の注意点をまとめていきます。 チンチラペルシャの体型 チンチラペルシャの体型は「コビー」タイプであり、筋肉質、骨太です。 よって、成猫になるまでは、骨と筋肉をしっかり育てるために、栄養をきちんと整えてあげる必要があります。 猫の栄養は主にタンパク質と脂質で賄えますので、炭水化物はそこまで必要としません。 高タンパクで消化の良いものを中心に餌をあげましょう。 また、猫におやつとして炭水化物ばかりあげて、主食のタンパク質や脂質が食べることができなくなることが無いようにしましょう。 骨が太いとはいえ動きがゆったりの猫なので、肥満には気を付けましょう。 肥満になってくると足の関節や背骨に負担がかかります。 チンチラペルシャの毛並み 毛並みはふんわりとした長毛です。 且つダブルコートなのでブラッシングは必須です。 2つの被毛のうち、オーバーコートは長くて堅く、視覚的に見える毛で、直射日光や外界の刺激から体を守るもので、アンダーコートは視覚的に見えない、短く密度の濃い毛で保温性のコントロールをしています。 オーバーコートは刺激や毛づくろいによって、随時抜けていきますが、アンダーコートは季節の移り変わり(温度差が出てきたとき)の換毛期に生え変わる毛です。 特にチンチラペルシャはどちらの毛も多く、しかも長毛なので、放っておくと毛玉が大量にできますし、それを毛づくろいによって飲み込んでしまうと、毛球症になってしまいます。 どちらの毛もすくことのできるブラシがあると良いでしょう。 また、糞に毛が混じっていると毛がおなかの中で多い証拠なので、換毛期等は糞に毛が混じっていないか注意して観察しましょう。 また長毛で、アンダーコートも密に生えているチンチラペルシャは、保温性は抜群ですが、暑さに弱いです。 暑さでばてないように夏は冷房下で過ごさせないと体調を崩します。 サマーカットと言って、夏に毛をカットする人もいるのですが、直射日光(紫外線)等から身体を守ってくれる毛をカットすると、皮膚炎を起こす可能性もあります。 外に出る、または家の中でも窓の近くにいることが好きなチンチラペルシャは、直射日光を浴びやすいのでカットしない方が無難でしょう。 チンチラペルシャはアンダーコートが夏でだいぶ抜け落ちているにも関わらず、密に生えているので、サマーカットはあまり意味をなさないかもしれません。 毛玉ができすぎて収集がつかない時のみで良いでしょう。 チンチラペルシャの行動 チンチラペルシャは活発に動くことはなく上品にゆっくり動きます。 子猫のうちは遊ぶこともありますが、成猫になると遊んだり、動くということより、まったりとリラックスしていたいタイプです。 こういうことから、運動不足で肥満になることも多いです。 かと言って無理やり遊ぶ方に持っていけないタイプなので、太ってきたら、餌の量や質を調整する必要があります。 チンチラペルシャの性格 遊ぶことや飼い主の密なスキンシップは、チンチラペルシャにとって重要ではなく、むしろストレスになることもあります。 飼い主との距離はあれどもお互いいることが確認できて、お互いがやりたいことを尊重できる、いわゆる熟成した夫婦のような関係が心地よいと考えます。 飼い主に対しては甘えてくることもあるので、その時は思いっきりかわいがりましょう。 チンチラペルシャ特有の病気 猫特有の病気としては子猫で「猫ウイルス性鼻気管炎」、「猫汎白血球減少症」、「猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズウイルス感染症)」、成猫は「腎結石」、「「糖尿病」、「甲状腺機能亢進症」等が有名です。 もちろんチンチラペルシャも例外なくかかりますが、その他にチンチラペルシャ特有の病気もあります。 ペルシャ猫やペルシャ猫と交配された猫に多く見られるようです。 生まれた時から少しずつ腎に嚢胞ができ始め、年齢が増すごとに大きく、多くなっていき、そのため腎臓は大きくなり腎機能は低下し、果ては腎不全となります。 症状としては、あまり動かなくなる、食欲低下、多飲、多尿、嘔気、嘔吐になります。 治療としては完全治癒できるものは今のところ見つかっていないです。 腎臓に負担をかける蛋白を制限する食事、多飲、多尿で水分補給が間に合わない時の皮下輸液、嘔気嘔吐に対する吐き気止めと、ほぼ対処療法になります。 この頃、ブリーダーもチンチラペルシャを繁殖させる時点で、両親のPKD(多発性嚢胞腎…Polycystic Kidney Disease)遺伝子検査をして、「PKD検査済」とうたっているところもあります。 尿結石 尿結石ができやすい傾向にある理由として、カルシウムの多い食べ物を多く摂取する、脱水、尿のPHバランスの崩れによりできると言われています。 この病気、何がこわいかというと、シュウ酸カルシウムが固まり石になって尿道のどこかにはまってしまう嵌頓(かんとん)状態のことです。 症状としては、急な腹痛、排尿痛、無尿、飼い主が腹部を触ろうとすると威嚇したりします。 結石がどこかに嵌頓予防がメインになってきます。 シュウ酸カルシウムが尿中に出てこないように、カルシウムを少なめにした食事療法、水分摂取の励行になります。 尿の性状は常に変化が無いか観察しましょう。 その他 その他、眼瞼内反症(逆さまつげ等)、白内障などの目の病気や、皮膚糸状菌症、脂漏性皮膚炎、先天性心疾患が知られています。 いつもの元気があるか、皮膚疾患の予防のためにブラッシングしながら皮膚状況のチェック、眼病予防のために、目に炎症(赤くなっている)が無いか、流涙、目やにをこまめに観察しましょう。 更新日:2019年3月26日 提供元:.

次の