おとぎ話 英語。 海外の童話の英語名は?

英語絵本で読み上げ昔話24話!スマホやタブレットで楽しめる無料アプリ

おとぎ話 英語

Fairly Tales (童話)、Folk Tales (民話)、Fables (寓話) 「童話」はご存知のように、一般的に 「fairy tale」と言われます。 本来は、妖精など想像上の生き物が登場する子供向けの物語ですが、広い意味で子供向けの物語一般、つまり「童話」の意味でも使われます。 「グリム童話」や「アンデルセン童話」はお馴染みですね。 「folk tale folktale 」という言葉もご存知かと思いますが、こちらは口から口に伝えられた昔話で、いってみれば「民話」です。 他にも 「fables」という言葉があり、たいてい話が短くて擬人化された動物が登場する「寓話」のことです。 「イソップ物語」はあまりにも有名ですね。 必ず何か教訓を伝えてくれます。 不思議なもので、幼い頃に慣れ親しんだ童話のあらすじはほとんど忘れてしまっているのに、心に焼きついている場面はたくさんあります。 面白かったり素敵だったり、可哀想だったり怖かったり。 そんな数々の童話の中から、一般的に知られていると思われる童話をあいうえお順に並べ、英語のタイトルを併記しました。 あなたは、英語のタイトルいくつ知ってますか? フランスの民話。 ペロー童話集 1697 、グリム童話の一つ。 *ペロー Charles Perrault 「赤ずきん」の「riding hood」、日本語だと可愛らしい女の子を想像しますが、英語だと颯爽と馬にまたがる姿を想像してしまいます。 ペロー童話集では、赤ずきんが狼に食べられたのを、グリム兄弟が猟師 huntsman を登場させ、おばあさんと赤ずきんを助ける話にしたそうです。 赤ずきんちゃんとおばあさんに化けた狼のやりとの場面、英語ではこんなふうです。 "Oh, Grandmother, what big ears you have! "(まあ、おばあさまの耳ってなんて大きいの!) "The better to hear you with. "(お前の言うことがよく聞こえるようにだよ。 ) "Oh, Grandmother, what big eyes you have! "(まあ、おばあさまの目ってなんて大きいの!) "The better to see you with. "(お前がよく見えるようにだよ。 ) "Oh, Grandmother, what big hands you have! "(まあ、おばあさまの手ってなんて大きいの!) "The better to grab you with! "(お前をよく掴めるようにだよ!) "Oh, Grandmother, what a big, scary mouth you have! "(まあ、おばあさまの口ってなんて大きくて怖いの!) "The better to eat you with! "(お前をよく食べられるようにだよ!) ・アラジンと魔法のランプー Aladdin アラビアンナイト(千夜一夜物語)の代表的な話。 魔神ジーニー genie *アラビアンナイト the Arabian Nights 千夜一夜物語 the Thousand and One Nights ・ アリとキリギリスー The Ant and the Grasshopper イソップ寓話の一つ。 「キリギリス」って英語で何て言うんだろう!って焦ったら、なんのことはない「バッタ」の「grasshopper」でした。 厳密にはキリギリスとバッタは違うようですが、ここでは敢えて問わないでおきます。 蟻の「ant」が単数形になっていますが、複数形の「ants」でもいいようです。 ・ウサギとかめー The Hare and the Tortoise イソップ寓話の一つ。 これもあまりにも有名。 ウサギといえば「rabbit」、カメといえば「turtle」になりそうなものです。 ところが「hare」はいわゆる「野ウサギ」で耳と後ろ足が長くてすばしっこい。 「rabbit」は 大人しくてもそもそした 方。 同じ亀でも「tortoise」は陸ガメ、「turtle」は海ガメ。 ですから「The Rabbit and the Turtle」じゃ競争にならないのでした。 ・オオカミ少年、嘘をつく子供、狼と羊飼いー The Boy Who Cried Wolf イソップ寓話の一つ。 嘘をついちゃいけないっていう最高の教訓です。 ・かえるの王さま(または鉄のハインリヒ)ー The Frog King , or Iron Heinrich グリム童話の一つ。 ・金のガチョウー The Golden Goose グリム童話の一つ。 ・金の鳥ー The Golden Bird グリム童話の一つ。 ・ガチョウと黄金の卵ー The Goose That Laid The Golden Eggs イソップ寓話の一つ。 ・北風と太陽ー The North Wind and the Sun イソップ寓話の一つ。 ・金の斧ー The Golden Axe イソップ寓話の一つ。 ・くるみ割り人形ー The Nutcracker チャイコフスキーのバレエ戯曲。 ・幸福な王子ー The Happy Prince オスカー・ワイルドの子供向けの短編小説 1888。 ・3びきのくまー Goldilocks and the Three Bears イギリスの童話。 ・3びきの子ぶたー The Three Little Pigs イギリスの童話。 ・ジャックと豆の木ー Jack and the Beanstalk イギリスの童話。 ・白雪姫ー Snow White グリム童話の一つ。 お馴染みの7人の小人たちは 「Seven Dwarfs」。 魔法の鏡に語りかける王女のセリフはあまりにも有名です。 "Magic Mirror on the wall, who is the fairest one of all? " "Famed is thy beauty, Majesty. But hold, a lovely maid I see. Rags cannot hide her gentle grace. Alas, she is more fair than thee. " "Alas for her. Reveal her name. " "Lips red as the rose. Hair black as ebony. Skin white as snow. " "Snow White! " (鏡よ鏡、世界で一番美しいのは誰? ) (それはあなた様。 おや、かわいい女の子が見える。 みすぼらしい身なりでも 美しさは隠せない。 おお、あなた様より美しい。 ) (おお、それはいったい誰のこと? ) (唇は薔薇のように赤く、髪は漆黒、肌は雪のように白い。 ) (白雪姫め!) ・シンデレラー Cinderella グリム童話の一つ。 女の子なら誰でも憧れるサクセスストーリー!ところがグリム童話のシンデレラはけっこう血なまぐさいお話でびっくりです。 fairy tale - a simple children's story about imaginary beings folk tale - a characteristically anonymous, timeless, and placeless tale circulated orally among a people myth - a story often describing the adventures of superhuman beings that attempts to describe the origin of a people's customs or beliefs or to explain mysterious events as the changing of the seasons legend - a story coming down from the past whose truth is popularly accepted but cannot be checked fantasy - a work of literature set in an unreal world often with superhuman characters and monsters fable - a short fictitious story; especially : one intended to teach a lesson and in which animals speak and act like human beings.

次の

「おとぎ話」は英語で何て言う?童話・寓話など関連単語の英語表現も!

おとぎ話 英語

そして、またしてもタロイモ...... と、すでにアグレッシブな翻訳がなされています。 それでは早速、いくつか昔話を見ていきましょう。 油断していると突然、爆弾的おもしろ翻訳が目に飛び込んでくるのでご注意を。 ある日のことです。 いつものように、おじいさんが竹やぶに入っていくと根元がキラキラ光り輝く竹がありました。 「おやおや、不思議な竹じゃ。 」おじいさんが思い切って竹を切ってみると、なんと、小さなかわいい女の子が中に眠っていました。 「これは神様からの贈りものに違いない。 」女の子はかぐや姫と名付けられ、おじいさんとおばあさんに大切に育てられました。 [英語に翻訳] There was a grandfather who is made to turn, and is called the old man of bamboo picking to a certain place. It is a certain day. When the grandfather went into the bamboo grove as usual, a root had glitter brilliant bamboo? "How mysterious bamboo. " How small a charming girl was sleeping in the inside, if the grandfather cut the bamboo boldly! "This is surely a presentation things from God. " The girl was named As soon as it smelled, princess and trained by the grandfather and the grandmother carefully. [日本語に再翻訳]回転することを強いられ、ある場所に タケ盗品の老人と呼ばれるおじいちゃんがいました。 ある日です。 通常通りおじいちゃんがタケ果樹園に入ったとき、 ルートはきらめきブリリアントカット・タケを持っていました。 「あら、変なタケ。 」おじいちゃんがタケを大胆にカットすれば、なんて小さくチャーミングな少女が内側で寝坊していたことでしょう!「 これは確実に神からのプレゼンテーションものです」。 少女はおじいちゃんとおばあちゃんによって、それが匂いをかがれるとすぐに、プリンセスに指名されて、注意深くトレーニングされました。 毎日、おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。 ある日のこと、おばあさんが川で洗濯をしていると、どんぶらこっこ どんぶらこと川上からとても大きな桃が1つ流れてきました。 「まあ、おいしそうな桃。 おじいさんのお土産にしましょう。 」おばあさんは流れてくる桃をすくい上げ、にこにこ家へ帰りました。 [英語に翻訳] An old man and an old woman lived in a place once upon a time. Everyday, the old man went to the mountain in the lawn cutting and the old woman went to laundry in the river. A certain day, when the old woman washed on the river, one very big peach with boss Buracocco,boss Buraco flowed from an upper reaches of the river, "Oh dear, a savory peach. Let's make it the old man's souvenir. " The old woman scooped the peach coming drifting and came back to the smile Family. [日本語に再翻訳]老人は老女とかつて某所に生きていました。 日常、老人は芝生カットで山へ行き、また老女は川のクリーニング店に行きました。 特定の日、老女が川に打ち寄せたとき、1個の非常にビッグモモが、上司ブラコッコ 上司ブラコと一緒に川の上流層から流出しました。 「あら、塩味のモモ。 老人の記念品にしましょう。 」老女は漂流してくるモモをスクープして、微笑み家族に戻りました。 (『匂いをかがれるかぐや姫 日本昔話 Remix』より引用) 大胆なダイレクト翻訳がもたらした、ハイパーな世界観にびっくりです。 以下は日本語の再翻訳のみ、さわりの部分をご紹介します。 そこでドリームライクな日を過ごし、3日はうっかり過ぎました。 プリンセス・オブ・ザ・ドラゴンパレスから、ギフトの秘蔵ボックスを受け取りますが「帽子は持ち上げないでください。 」と言われたにもかかわらず、背面ストライプは、 秘蔵ボックスを開けてしまうとサルガッソー・イン・ザ・スカイ。 毛がジャンキーに拡張した純白高齢者になってしまいました。 ユーは日本のベスト・オブ・お花見パパ。 」 とほめられ、マサナオ・パパ(正直じいさん)は 粘液質ボール賞(ご褒美)を受賞しました。 (『背面ストライプの浦島太郎 日本昔話Remix2』より引用) もはや何のお話だか分からなくなってきました。 「ドンブラコ」が「上司ブラコ」になったり、英語から日本語にできないときはそのままカタカナになったりするのが、ダイレクト翻訳の面白いところ。 日本語から英訳にもどってみると、なるほどと納得します。 絵本風の挿絵も味わい深く、意味不明な文章を見事にくみ取って、破天荒なストーリー展開を盛り上げてくれます。 頑張りすぎてふっと疲れを感じたら、こんな絵本で心をほぐしてみて下さい。 というわけで、最後は『桃太郎』の言葉でしめたいと思います。

次の

英語絵本で読み上げ昔話24話!スマホやタブレットで楽しめる無料アプリ

おとぎ話 英語

「はなさかじいさん」は、"Grandpa Flower Bloom"、おむすびころりんは、"The Rolling Rice Ball"。 「あかずきん」は、"Little Red Riding Hood"、「3びきのこぶた」は、"The Three Little Pigs"。 日本昔話の英語版タイトル、海外のおとぎ話のタイトル、いくつ答えられましたか。 近年では、子どもの英語学習のための英語絵本やバイリンガル絵本がたくさん登場しています。 いろいろでていて迷ってしまうけれど、自分が子どもの頃から知っているお話なら安心して教えられるかな?そう考えるママも多いはず。 そこで、最初に触れてみる英語絵本としておすすめしたいのが、「英語でよもう! はじめてのめいさく CDつき」シリーズです。 おすすめのポイントは大きく2つ、1つは、いもとようこさんの「はじめてのめいさくえほん」シリーズの英語版であること。 そして、もう1つは、英語の発音やイントネーションもバッチリ!附属のCDがついていること。 さて、実際の気になる中身はどんな感じなのでしょうか。 ちょっとだけ見てみましょう。

次の