将 国 の アルタイル ネタバレ。 将国のアルタイル嵬伝 嶌国のスバル

将国のアルタイル22巻の発売日は?ネタバレやあらすじ最新刊を読む方法

将 国 の アルタイル ネタバレ

スポンサーリンク 将国のアルタイル22巻の発売日は? 将国のアルタイルの最新刊が待ち遠しいですよね。 現在第21巻まで発売されていますが、これまでの発売日は以下の通りでした。 第17巻 2016年3月9日• 第18巻 2017年1月17日• 第19巻 2017年6月23日• 第20巻 2017年12月8日• 第21巻 2018年9月7日 将国のアルタイルのコミックは定期的に発売されていません。 最新刊の第22巻もカトウ先生が加筆・修正中のようで、ご本人のツイッターでも発売日は「今夏」とされております。 本日発売の少年シリウス8月号と来月発売の9月号ですが、『将国のアルタイル』はコミックス作業の為、休載です。 最新コミックス22巻は今夏発売予定。 彼は、味方の犠牲を最小限にするため、慎重に攻め進んでいたのだ。 あくまで命優先という軍団長らしからぬ作戦に呆れた部下たちは、そんな若き上司を臆病だと陰で罵ったのだった。 迎え撃つマフムート一行は居住区の死角付近に待機していた。 「全軍、突撃!!!」 彼らのもとにヴィヒターの高らかな宣言の声が届いたかと思うと、前方から騎馬隊たちが続々と攻め入って来た。 マフムートも負けじと叫ぶ。 「弓騎兵隊、放て!!」 おびただしいほどの弓矢が一斉にヴィヒターたちに襲いかかるが、帝国軍もこれを合図に市内へ突入していく。 しかし、アルトゥンの町は複雑に入り組み、軍隊はいきなり袋小路に陥った。 これはまさにマフムートの作戦通りだった。 アルトゥンはトルキエ人の知恵と創意工夫から生まれた複雑な構造が特徴であり、よそ者のヴィヒターたちが網羅できるハズがなかった。 彼らの無知を見事に利用したのだった。 明らかに有利な立場を確信したマフムートは再び士気を上げるように声を荒げた。 「帝国軍を一兵たりとも居住区の中に入れるな!!」 この作戦にはさすがにヴィヒターもひるんでしまい、自軍の撤退を余儀なくされたのだった。 引き下がるヴィヒターの隊列を目にしていたトルキエ軍の部下たちは、意外なほどに堅実な彼らの戦法を訝しみ、次々に口にし始める。 帝国軍は決着を焦っているのではなかったか…? しかし、マフムートはそれは間違っていないと述べる。 先日、帝国軍は金色の町にてトルキエ軍兵士を殺害し、住民たちを恐怖と混乱に陥れた。 ところが、暴動の原因を作っておきながらも、国の混乱の拡大を待つでもなく、日にちを置くことなく攻め込んできたのだ。 これは相手側が勝利を急いている紛れもない証明である。 橋は崩壊し、激しい水流が市街地の道と言う道を塞ぐのにそう時間はかからなかった。 マフムートが言っていた勝機とはこの作戦の事だったのだ。 辺りを激流が飲み込み足場が悪い中、ヴィヒターは町を抜け出すよう声を荒げるが、時すでに遅し。 攻め込んでいた帝国軍兵士は押し寄せる水流に次々と呑まれていく。 騎馬で勢いよく突っ切った兵士たちも火矢を撃ち込まれ、倒れていった。 マフムートたちの勢いは止まらない。 「我が同胞を殺したものを一兵も生かして祖国へ帰すな!」 心臓門で指示を下していた将軍・アゼル。 階段を駆け上がりながらふと古門側へと目をやると、炎が立ち上がっているのが見えた。 帝国軍が火だるまと化し、マフムートたちが優勢に立っていることに少なからず驚いていた。 あちこちで乱戦状態が続いていた。 想像を超えるトルキエ軍の迎撃にそれまで猛攻を振るっていたレレデリクもやむを得ず、指示せざるを得なかった。 「全軍、後退!!」 彼女の一声に帝国軍が踵を返し、撤退してゆく… こうして初戦での勝利を辛うじて奪取したトルキエ軍の兵士たちは喜びに大歓声を発していた。 「あと7日、もつやも知れん…!!」 バルトライン帝国・城壁の町ではイルカイ将軍軍隊、通称「駱駝隊」の10000騎が盾で弓矢の攻撃を防ぎながら攻め入っていた。 城壁の階段を駆け上がってゆくイルカイ軍が道を作り、ジェミル率いる「蹄鉄隊」の10000騎もそれに続いて突撃するのだった。 トルキエ軍の勢いは止まらない。 後陣にはサガノス将軍の隊列2000騎も控えている。 彼らが町に飛び込むと黄旗隊、青旗隊それぞれが防衛線を張るべく隊列を固めた。 城壁陥落の完遂経路は2つ、外壁の大階段と内城門だ。 イルカイ・ジェミル両軍の猛攻撃に帝国軍も軍の応援を呼び寄せ迎撃の体制を整えていた。 しかし、帝国軍陸軍大将、テオ・アンドロシュは勝利を疑わず余裕の表情だ。 そう思考をまとめるアンドロシュ。 そして彼がそこまで確固たる戦機を見出しているのにはもう一つ理由があった。 それは、ジェミル隊が内壁側、機械室へと突破を決めた時だった。 行く道に罠を仕掛けられ、二の足を踏んだところに天井から大量の油のようなものをまき散らされたのだった。 論理戦に長けているはずのジェミル軍隊がまさかの不意を突かれる事態。

次の

【漫画】将国のアルタイル22巻の続き121話以降を無料で読む方法

将 国 の アルタイル ネタバレ

スポンサーリンク 将国のアルタイル22巻の発売日は? 将国のアルタイルの最新刊が待ち遠しいですよね。 現在第21巻まで発売されていますが、これまでの発売日は以下の通りでした。 第17巻 2016年3月9日• 第18巻 2017年1月17日• 第19巻 2017年6月23日• 第20巻 2017年12月8日• 第21巻 2018年9月7日 将国のアルタイルのコミックは定期的に発売されていません。 最新刊の第22巻もカトウ先生が加筆・修正中のようで、ご本人のツイッターでも発売日は「今夏」とされております。 本日発売の少年シリウス8月号と来月発売の9月号ですが、『将国のアルタイル』はコミックス作業の為、休載です。 最新コミックス22巻は今夏発売予定。 彼は、味方の犠牲を最小限にするため、慎重に攻め進んでいたのだ。 あくまで命優先という軍団長らしからぬ作戦に呆れた部下たちは、そんな若き上司を臆病だと陰で罵ったのだった。 迎え撃つマフムート一行は居住区の死角付近に待機していた。 「全軍、突撃!!!」 彼らのもとにヴィヒターの高らかな宣言の声が届いたかと思うと、前方から騎馬隊たちが続々と攻め入って来た。 マフムートも負けじと叫ぶ。 「弓騎兵隊、放て!!」 おびただしいほどの弓矢が一斉にヴィヒターたちに襲いかかるが、帝国軍もこれを合図に市内へ突入していく。 しかし、アルトゥンの町は複雑に入り組み、軍隊はいきなり袋小路に陥った。 これはまさにマフムートの作戦通りだった。 アルトゥンはトルキエ人の知恵と創意工夫から生まれた複雑な構造が特徴であり、よそ者のヴィヒターたちが網羅できるハズがなかった。 彼らの無知を見事に利用したのだった。 明らかに有利な立場を確信したマフムートは再び士気を上げるように声を荒げた。 「帝国軍を一兵たりとも居住区の中に入れるな!!」 この作戦にはさすがにヴィヒターもひるんでしまい、自軍の撤退を余儀なくされたのだった。 引き下がるヴィヒターの隊列を目にしていたトルキエ軍の部下たちは、意外なほどに堅実な彼らの戦法を訝しみ、次々に口にし始める。 帝国軍は決着を焦っているのではなかったか…? しかし、マフムートはそれは間違っていないと述べる。 先日、帝国軍は金色の町にてトルキエ軍兵士を殺害し、住民たちを恐怖と混乱に陥れた。 ところが、暴動の原因を作っておきながらも、国の混乱の拡大を待つでもなく、日にちを置くことなく攻め込んできたのだ。 これは相手側が勝利を急いている紛れもない証明である。 橋は崩壊し、激しい水流が市街地の道と言う道を塞ぐのにそう時間はかからなかった。 マフムートが言っていた勝機とはこの作戦の事だったのだ。 辺りを激流が飲み込み足場が悪い中、ヴィヒターは町を抜け出すよう声を荒げるが、時すでに遅し。 攻め込んでいた帝国軍兵士は押し寄せる水流に次々と呑まれていく。 騎馬で勢いよく突っ切った兵士たちも火矢を撃ち込まれ、倒れていった。 マフムートたちの勢いは止まらない。 「我が同胞を殺したものを一兵も生かして祖国へ帰すな!」 心臓門で指示を下していた将軍・アゼル。 階段を駆け上がりながらふと古門側へと目をやると、炎が立ち上がっているのが見えた。 帝国軍が火だるまと化し、マフムートたちが優勢に立っていることに少なからず驚いていた。 あちこちで乱戦状態が続いていた。 想像を超えるトルキエ軍の迎撃にそれまで猛攻を振るっていたレレデリクもやむを得ず、指示せざるを得なかった。 「全軍、後退!!」 彼女の一声に帝国軍が踵を返し、撤退してゆく… こうして初戦での勝利を辛うじて奪取したトルキエ軍の兵士たちは喜びに大歓声を発していた。 「あと7日、もつやも知れん…!!」 バルトライン帝国・城壁の町ではイルカイ将軍軍隊、通称「駱駝隊」の10000騎が盾で弓矢の攻撃を防ぎながら攻め入っていた。 城壁の階段を駆け上がってゆくイルカイ軍が道を作り、ジェミル率いる「蹄鉄隊」の10000騎もそれに続いて突撃するのだった。 トルキエ軍の勢いは止まらない。 後陣にはサガノス将軍の隊列2000騎も控えている。 彼らが町に飛び込むと黄旗隊、青旗隊それぞれが防衛線を張るべく隊列を固めた。 城壁陥落の完遂経路は2つ、外壁の大階段と内城門だ。 イルカイ・ジェミル両軍の猛攻撃に帝国軍も軍の応援を呼び寄せ迎撃の体制を整えていた。 しかし、帝国軍陸軍大将、テオ・アンドロシュは勝利を疑わず余裕の表情だ。 そう思考をまとめるアンドロシュ。 そして彼がそこまで確固たる戦機を見出しているのにはもう一つ理由があった。 それは、ジェミル隊が内壁側、機械室へと突破を決めた時だった。 行く道に罠を仕掛けられ、二の足を踏んだところに天井から大量の油のようなものをまき散らされたのだった。 論理戦に長けているはずのジェミル軍隊がまさかの不意を突かれる事態。

次の

将国のアルタイル

将 国 の アルタイル ネタバレ

前回(112話)のあらすじは・・・ 帝国暦453年3月30日、 トルキエ暦77年酒月30日 ザガノス将軍が城壁の町を陥とすと 明示した白砂糖7日まで、 あと8日となった。 第6・第7区のカリルバシャ門、 第8・第9区の心臓門が陥落し、 第10・第11区の陥落も間近となっていた。 攻め立てるのはディルク・ヴィヒター 率いる帝国軍。 マフムート将軍はどう迎え撃つのかーー。 『将国のアルタイル』第113話ネタバレ&最新話! 臆病な男?ディルク・ヴィヒター 金色の町のアキレス腱を 攻め立てる帝国軍。 その武装は、威風堂々としていた。 「陸軍中将、いつまで火矢を 射続けるつもりか? このような手間をかけずとも、 他の二門と同様に力で 押し込めばよいではないか」 他の門と比べ、遅れをとっていることを 心配した帝国軍の兵が、 バルトライン帝国 南領軍中将 第8軍団長 ディルク・ヴィヒターに問う。 ディルク・ヴィヒターは、 「ご辛抱ください。 味方の 犠牲を抑えるためです」 と答えた。 しかし、兵たちは、この状況下なら 兵の命より時間を優先すべきとし、陰で 「若さに似合わず、臆病な男だ」 と言った。 ディルク・ヴィヒターはそれが 聞こえていたが、古門城壁もじきに 崩れるだろうと気にしていない様子だ。 合戦開始! 古門城壁が焼け落ちる寸前、 トルキエ将国「古門」城壁 守備隊 隊長 犬鷲の マフムート将軍は、全軍に 第2陣形に移行するように指示した。 そして、ディルク・ヴィヒターは、 「それでは行くぞ!全軍、突撃!!」 と指令した。 それと同時に帝国軍の 騎馬隊や武装兵が飛び出していく。 一方、マフムート将軍は、 「弓騎兵隊、放て!!」 と叫び、民家を城壁がわりに弓を放った。 城壁沿いの住民は、既に町の 中心へ避難をさせたようだ。 ディルク・ヴィヒターは、一瞬怯むが、 「その程度のことは想定内よ。 だからこそレ レデリク様は この古門城壁に我らを配した! 盾を構えつつ、市内に突入!」 と指示。 兵隊は勢いよく町に入っていくが、 金色の町の中は複雑に入り組んでいて 行き止まりにぶつかってしまう。 袋小路になり二の足を踏んでいると、 頭上から瓦礫を落とされてしまった。 頭上にいたのは、マフムート将軍。 「金色の町の市街地は、 トルキエ人の私空間の確保を 重んじる思想の下に生まれた 一階部分に窓の少ない土壁の家と、 日差しと砂を防ぐために生まれた 狭い街路から形成される。 加えて、そうした街路の多くは 各家に出入りするための機能しか 持たない袋小路へと続いています。 よそ者にとっては迷路に等しい。 これが金色の町の第2の城壁!」 まさにマフムート将軍の作戦勝ち。 レ レデリク様の進言にばかり気を とられていたディルク・ヴィヒター 率いる帝国軍は、マフムート将軍の 作戦に乗せられて、迷路のような 金色の町に入り込んでしまったのだ。 「帝国軍を一兵たりとも 居住区の中に入れるな!」 ディルク・ヴィヒターは、 帝国軍が惜敗していく様子を見て、 「新貴族騎兵、一時後退せよ!」 と指示した。 帝国軍の兵は、 「そのようなことをしていては、 日が暮れてしまうぞ!?」 と反論した。 マフムート将軍の作戦勝ち…? ディルク・ヴィヒターの堅実な 攻め方を意外だと言う、 トルキエ将国の兵。 「帝国軍は決着を焦っていりものだと 思っていましたが…」 マフムート将軍は、撤退していく 帝国軍を、冷淡に見つめながら こう語った。 「いいえ、彼らは金色の町の混乱を 煽るため、住民の前で同胞を 殺害しました。 結果、住民の中には、降伏勧告を はねのけた我々に対し、怒りを向ける 者も出ている。 であるならば、本来はすぐ攻撃を 開始せず、城内の暴動の拡大を 待つのが得策のはず。 にも関わらず、時間を置かず初日に 攻めてきたんです。 彼らが焦っているのは事実。 そこに我らの勝機があります」 帝国軍の真意を看破する マフムート将軍。

次の