ハイ スパーク イグニッション コイル。 PSA系V6用ハイスパーク・イグニッションコイル 純正よりイイかも

HighSpark Ignitioncoil Japan 取り扱い開始

ハイ スパーク イグニッション コイル

新旧様々なボルボに装着可能な、ハイスペックイグニッションコイルをご紹介します。 チューニングショップでの取り付け実績の多い良品、【HIGH SPARK IGUNITTION COIL ハイスパークイグニッションコイル】になります。 エンジン始動時から、走行中も常にスパークプラグに火花を飛ばすイグニッションコイル。 消耗品でもあるイグニッションコイルは通常4万キロから性能劣化が進み、6万キロが交換の目安です。 イグニッションコイルは、スパークプラグに大きな電圧をかける役目をしており、電圧が足りなくなると、アクセルを踏み込んでも加速しなくなったり、ドドドと振動が起きたりします。 また、燃費にも大きく影響しており、年数が経過すると燃費が悪くなってしまいます。 当店で取扱を始めたボルボ各モデル専用【ハイスパークイグニッションコイル】は、ボルボ純正比、最大で1. 5倍程度の高電圧を流すことで、スパークプラグの燃費効率を高くし、 トルクアップ、エンジン振動の軽減、そして燃費向上に繋がります。 実際に当店デモカーとして所有しています、ボルボXC40に取り付けを行いました。 新世代ボルボは全てのモデルがDrive-Eと呼ばれる4気筒エンジンになりますので、イグニッションコイルは4つ装着されています。 実際に装着前と比べ、装着後の体感として 顕著に効果を感じられたのは、高速道路の走行レーンへの進入時など、アクセルを深く踏み込み、加速を上げるときでした。 低速域から中速域に加速をさせる際に、以前よりも下から突き上げるようなトルクを大きく感じました。 また、極端なエンジン性能向上は感じさせないので、良い意味でエンジンにも優しい、信頼できるハイスペックなイグニッションコイルです。 価格は純正のイグニッションコイルで大凡1本13,000円以上になりますが、こちらのハイスパークイグニッションコイルは、1本あたり8,800円(税抜)と、純正品よりお値打ちです。 トルクアップと、燃費向上にも繋がりますので是非ご検討ください。

次の

Audi S3 ハイ スパーク イグニッションコイル交換しました!

ハイ スパーク イグニッション コイル

このページの目次• イグニッションコイルとは イグニッションコイルとはエンジンに装着されている点火プラグが放電(スパーク)するための高電圧を作り出す変圧器のことです。 イグニッションコイルの他、点火コイル、スパークコイルと呼ばれる場合もあります。 自己誘導作用により内部の一次コイルに電圧が発生し、相互誘導により二次コイルにも電圧が発生します。 さらにイグニッションコイルを交換すると、強い火花が飛ぶようになります。 エンジンの三原則は• 良い混合気• 良い圧縮• 良い点火 から成り立っています。 イグニッションコイルやプラグはこの【良い点火】に含まれます。 この3つのどれかがダメならエンジンは元気よく動いてくれません。 どんなにマフラーを良いものに交換しようが、良いエアクリーナーやインテークパイプに交換しようが、三原則がきちんとしていないと性能は引き出せません。 そう思い 【オカダプロジェクツ プラズマダイレクト】というイグニッションコイルを導入しました。 形は純正イグニッションコイルと同じですが、上部にエンブレムがあります。 ホームページにも記載がありますが、通常のイグニッションコイルとの違いがこのようになっています。 プラズマダイレクト特徴 通常1回だけのスパークを3回以上発生させ、さらに2次電流値を純正コイルの約2倍にまで増大させることで燃焼効率を向上。 スポンサードリンク プラズマダイレクトのレビュー いくら説明されても実際に使ってみないと分からない! そう思い購入して取り付けてみました! 取り付け自体は簡単で、普通のイグニッションコイルから交換するだけです。 車種にもよりますが、30分あれば交換可能です。 取り付けてからエンジンをかけてみましたが、すでにアイドリングから音が変わりました。 発進時にクラッチのみでスタートできるほどトルクも上がり、巡行も1つ上のギヤを使ってもストレスになりません。 またアクセルを踏み込むと、引っ掛かりが無くスムーズに吹け上がります。 踏み込み時のトルクは低中回転が太くなり、どこからでも加速していきます。 プラグを変えた時にもトルクの向上は感じましたが、それ以上の体感でした。 また燃費も上がり、今までは1キロあたり16リッターだったのが、17. 6リッターになりました。 アクセルを踏み込まなくても車がすすむため、燃費が向上したのだと思います。 スポンサードリンク その他の点火系チューニング 点火系チューニングはプラズマダイレクトだけではありません。 純正のイグニッションコイルを使用し、配線の間に装置をかませるだけで、完全燃焼をさせるものもあります。 昇圧させるタイプや、プラズマダイレクトのようにマルチスパークさせるタイプと様々です。 有名な物だと永井電子さんの【M. I】です。 私は使った事がありませんが、こちらも低回転のトルクが向上すると聞きました。 結構評判も良かったりします。 またディストリビューターの付いた車には【プラグコード】(別名ハイテンションコード)を交換するだけでも体感できるほどの効果があります。 先程の永井電子さんからも販売されてますし、大手プラグメーカーのNGKさんからももちろん販売されています。 他にもスパークプラグにアーシングをするといったチューニング方法もあり、こちらもレスポンスやフィーリングが向上します。 今まではアーシングやプラグを交換したりでしたが、イグニッションコイルの体感度は1番ありました。 エンジンの三原則 【良い混合気】【良い圧縮】【良い点火】 のうち、1番コストをかけずにできるのが、点火です。 プラグを交換してない方は1度プラグを。

次の

ダイハツ L350系 タントに スパークプラグ交換 ハイスパークイグニッションコイル をお取り付け致しました。

ハイ スパーク イグニッション コイル

このページの目次• イグニッションコイルとは イグニッションコイルとはエンジンに装着されている点火プラグが放電(スパーク)するための高電圧を作り出す変圧器のことです。 イグニッションコイルの他、点火コイル、スパークコイルと呼ばれる場合もあります。 自己誘導作用により内部の一次コイルに電圧が発生し、相互誘導により二次コイルにも電圧が発生します。 さらにイグニッションコイルを交換すると、強い火花が飛ぶようになります。 エンジンの三原則は• 良い混合気• 良い圧縮• 良い点火 から成り立っています。 イグニッションコイルやプラグはこの【良い点火】に含まれます。 この3つのどれかがダメならエンジンは元気よく動いてくれません。 どんなにマフラーを良いものに交換しようが、良いエアクリーナーやインテークパイプに交換しようが、三原則がきちんとしていないと性能は引き出せません。 そう思い 【オカダプロジェクツ プラズマダイレクト】というイグニッションコイルを導入しました。 形は純正イグニッションコイルと同じですが、上部にエンブレムがあります。 ホームページにも記載がありますが、通常のイグニッションコイルとの違いがこのようになっています。 プラズマダイレクト特徴 通常1回だけのスパークを3回以上発生させ、さらに2次電流値を純正コイルの約2倍にまで増大させることで燃焼効率を向上。 スポンサードリンク プラズマダイレクトのレビュー いくら説明されても実際に使ってみないと分からない! そう思い購入して取り付けてみました! 取り付け自体は簡単で、普通のイグニッションコイルから交換するだけです。 車種にもよりますが、30分あれば交換可能です。 取り付けてからエンジンをかけてみましたが、すでにアイドリングから音が変わりました。 発進時にクラッチのみでスタートできるほどトルクも上がり、巡行も1つ上のギヤを使ってもストレスになりません。 またアクセルを踏み込むと、引っ掛かりが無くスムーズに吹け上がります。 踏み込み時のトルクは低中回転が太くなり、どこからでも加速していきます。 プラグを変えた時にもトルクの向上は感じましたが、それ以上の体感でした。 また燃費も上がり、今までは1キロあたり16リッターだったのが、17. 6リッターになりました。 アクセルを踏み込まなくても車がすすむため、燃費が向上したのだと思います。 スポンサードリンク その他の点火系チューニング 点火系チューニングはプラズマダイレクトだけではありません。 純正のイグニッションコイルを使用し、配線の間に装置をかませるだけで、完全燃焼をさせるものもあります。 昇圧させるタイプや、プラズマダイレクトのようにマルチスパークさせるタイプと様々です。 有名な物だと永井電子さんの【M. I】です。 私は使った事がありませんが、こちらも低回転のトルクが向上すると聞きました。 結構評判も良かったりします。 またディストリビューターの付いた車には【プラグコード】(別名ハイテンションコード)を交換するだけでも体感できるほどの効果があります。 先程の永井電子さんからも販売されてますし、大手プラグメーカーのNGKさんからももちろん販売されています。 他にもスパークプラグにアーシングをするといったチューニング方法もあり、こちらもレスポンスやフィーリングが向上します。 今まではアーシングやプラグを交換したりでしたが、イグニッションコイルの体感度は1番ありました。 エンジンの三原則 【良い混合気】【良い圧縮】【良い点火】 のうち、1番コストをかけずにできるのが、点火です。 プラグを交換してない方は1度プラグを。

次の