サンライズエクスプレス 停車駅。 サンライズエクスプレスに乗る~概要とチケット入手から実際の乗車まで

サンライズ出雲91号、92号レポート 東京駅 大阪駅

サンライズエクスプレス 停車駅

東京〜大阪・岡山・出雲市への移動といえば、電車が最初に思いつくのではないでしょうか。 もちろん新幹線を利用するのが一番早いのですが、夜に東京を出て朝に到着する寝台特急もあります。 寝台特急は寝ている間につくので時間を節約できます。 今回はサンライズ出雲についてご紹介します。 サンライズ出雲の料金 サンライズ出雲は、東京と山陰エリアを結ぶ寝台特急です。 料金は乗車券+特急券+寝台券となっています。 『乗車料金・特急料金』 乗車料金(運賃)・特急料金は利用区間によって異なります。 例えば、東京〜出雲市は運賃が11990円で特急料金が3240円で、東京〜岡山は運賃が10480円で特急料金が3240円、東京〜大阪は運賃が8750円で特急料金が2910円となっています。 『寝台料金』 サンライズ出雲の寝台料金は寝台個室(定員1名)のシングルデラックス(A寝台)が13730円、シングルツイン(B寝台)が9430円、シングル(B寝台)が7560円、ソロ(B寝台)が6480円、寝台個室(定員2名)のサンライズツイン(B寝台)が15120円(2人分)、シングルツイン(補助ベッド使用・B寝台)で14830円となっています。 雑魚寝のノビノビ座席は520円となっています。 スポンサーリンク サンライズ出雲の時刻表 サンライズ出雲の時刻表は、JRのホームページやその他の時刻表サイトで確認することができます。 サンライズ出雲の下りは、東京を22時に発車し、岡山に6時27分着(6時34分発)で出雲市に9時58分着となっています。 サンライズ出雲の上りは、出雲市を18時55分に発車し、岡山に22時29分着(22時33分発)、東京に7時8分着となっています。 サンライズ出雲の予約や空席確認 サンライズ出雲のチケットは、みどりの窓口で購入することができます。 発売は乗車日の1ヶ月前の10時からとなっています。 払い戻しは、みどりの窓口で可能で出発日の2日前までであれば手数料は550円です。 出発日の前日や当日のキャンセルは特急料金+寝台料金の30%の手数料が必要になります。 その他のチケット購入方法としては、JTBなどでツアーに申し込んだり、オークションサイトで購入する方法もあります。 『座席の種類』 サンライズ出雲には6種類の部屋があります。 シングルデラックス:A個室寝台1人用個室で6室のみのプレミアムルームです。 幅の広いベッドや独立したデスク・洗面台があります。 シングルツイン:B個室寝台1人用で、跳ね上げ式のベッドがあり1人or2人で利用することができます。 サンライズツイン:B個室寝台2人用で、2つのベッドが並んでおり、機能的なレイアウトが特徴です。 シングル:B個室寝台1人用で、編成の約半数がこの部屋になっています。 コンパクトにレイアウトされたシングルルームで、階上・階下・車端の3種類のタイプがあります。 ソロ:B個室寝台1人用で、寝るための空間をコンパクトに構成されています。 ノビノビ座席:普通車指定席で、14列2段構成のカーペット敷きフラットシートとなっています。 毛布の支給のみとなっています。 寝るだけならどこでもいいという人もいるかもしれませんが、旅行などで利用する際にはちょっと広い部屋でゆったりしながら行くのもいいかもしれませんね。 サンライズ出雲の停車駅 サンライズ出雲が通る路線は東海道線・琵琶湖線・JR京都戦・JR神戸線・山陽線・伯備線・山陰線となっています。 停車駅は東京・横浜・熱海・沼津・富士・静岡・浜松・大阪・三宮・姫路・岡山・倉敷・備中高梁・新見・米子・安来・松江・宍道・出雲市となっています。 寝台特急に乗る機会はあまりないと思いますので、旅行に行かれる際などには経験として乗ってみてはいかがでしょうか。 サンライズ出雲のシャワーや朝食 サンライズ出雲にはシャワー室が付いています。 シャワー室があるのは3号車と10号車で、券売機でシャワーカードを購入して利用することができます。 1枚320円で約6分間のシャワーを浴びることができます。 ボディーソープとリンスインシャンプー、ドライヤーが完備されていますが、タオルは持参する必要があります。 『食事』 サンライズ出雲には移動販売や食堂車はありません。 自動販売機はありますが、食事は事前購入か一定時間停車する岡山駅での購入になります。 東京発のサンライズ出雲では、サンライズ瀬戸との切り離しが行われるため岡山駅で7分間停車します。 以外と短い時間ですので駅弁を購入する際には事前に食べたいものを決めておきましょう。 岡山駅での駅弁は、季節によってメニューが変わる「後楽園のお弁当(1130円)」、秋冬シーズン限定のお肉が楽しめる「おかやま肉自慢弁当(1100円)」、岡山駅でしか買えない弁当の「桃太郎の祭ずし(1000円)」などがあります。 ここを逃すと出雲まで約3時間半かかりますのでご注意ください。 楽しみ方はそれぞれですが、急いでまで買いたくないという方は乗車前に購入しておくことをお勧めします。 スポンサーリンク.

次の

サンライズ出雲・サンライズ瀬戸の東京~岡山間で運転停車する駅...

サンライズエクスプレス 停車駅

東京〜大阪・岡山・出雲市への移動といえば、電車が最初に思いつくのではないでしょうか。 もちろん新幹線を利用するのが一番早いのですが、夜に東京を出て朝に到着する寝台特急もあります。 寝台特急は寝ている間につくので時間を節約できます。 今回はサンライズ出雲についてご紹介します。 サンライズ出雲の料金 サンライズ出雲は、東京と山陰エリアを結ぶ寝台特急です。 料金は乗車券+特急券+寝台券となっています。 『乗車料金・特急料金』 乗車料金(運賃)・特急料金は利用区間によって異なります。 例えば、東京〜出雲市は運賃が11990円で特急料金が3240円で、東京〜岡山は運賃が10480円で特急料金が3240円、東京〜大阪は運賃が8750円で特急料金が2910円となっています。 『寝台料金』 サンライズ出雲の寝台料金は寝台個室(定員1名)のシングルデラックス(A寝台)が13730円、シングルツイン(B寝台)が9430円、シングル(B寝台)が7560円、ソロ(B寝台)が6480円、寝台個室(定員2名)のサンライズツイン(B寝台)が15120円(2人分)、シングルツイン(補助ベッド使用・B寝台)で14830円となっています。 雑魚寝のノビノビ座席は520円となっています。 スポンサーリンク サンライズ出雲の時刻表 サンライズ出雲の時刻表は、JRのホームページやその他の時刻表サイトで確認することができます。 サンライズ出雲の下りは、東京を22時に発車し、岡山に6時27分着(6時34分発)で出雲市に9時58分着となっています。 サンライズ出雲の上りは、出雲市を18時55分に発車し、岡山に22時29分着(22時33分発)、東京に7時8分着となっています。 サンライズ出雲の予約や空席確認 サンライズ出雲のチケットは、みどりの窓口で購入することができます。 発売は乗車日の1ヶ月前の10時からとなっています。 払い戻しは、みどりの窓口で可能で出発日の2日前までであれば手数料は550円です。 出発日の前日や当日のキャンセルは特急料金+寝台料金の30%の手数料が必要になります。 その他のチケット購入方法としては、JTBなどでツアーに申し込んだり、オークションサイトで購入する方法もあります。 『座席の種類』 サンライズ出雲には6種類の部屋があります。 シングルデラックス:A個室寝台1人用個室で6室のみのプレミアムルームです。 幅の広いベッドや独立したデスク・洗面台があります。 シングルツイン:B個室寝台1人用で、跳ね上げ式のベッドがあり1人or2人で利用することができます。 サンライズツイン:B個室寝台2人用で、2つのベッドが並んでおり、機能的なレイアウトが特徴です。 シングル:B個室寝台1人用で、編成の約半数がこの部屋になっています。 コンパクトにレイアウトされたシングルルームで、階上・階下・車端の3種類のタイプがあります。 ソロ:B個室寝台1人用で、寝るための空間をコンパクトに構成されています。 ノビノビ座席:普通車指定席で、14列2段構成のカーペット敷きフラットシートとなっています。 毛布の支給のみとなっています。 寝るだけならどこでもいいという人もいるかもしれませんが、旅行などで利用する際にはちょっと広い部屋でゆったりしながら行くのもいいかもしれませんね。 サンライズ出雲の停車駅 サンライズ出雲が通る路線は東海道線・琵琶湖線・JR京都戦・JR神戸線・山陽線・伯備線・山陰線となっています。 停車駅は東京・横浜・熱海・沼津・富士・静岡・浜松・大阪・三宮・姫路・岡山・倉敷・備中高梁・新見・米子・安来・松江・宍道・出雲市となっています。 寝台特急に乗る機会はあまりないと思いますので、旅行に行かれる際などには経験として乗ってみてはいかがでしょうか。 サンライズ出雲のシャワーや朝食 サンライズ出雲にはシャワー室が付いています。 シャワー室があるのは3号車と10号車で、券売機でシャワーカードを購入して利用することができます。 1枚320円で約6分間のシャワーを浴びることができます。 ボディーソープとリンスインシャンプー、ドライヤーが完備されていますが、タオルは持参する必要があります。 『食事』 サンライズ出雲には移動販売や食堂車はありません。 自動販売機はありますが、食事は事前購入か一定時間停車する岡山駅での購入になります。 東京発のサンライズ出雲では、サンライズ瀬戸との切り離しが行われるため岡山駅で7分間停車します。 以外と短い時間ですので駅弁を購入する際には事前に食べたいものを決めておきましょう。 岡山駅での駅弁は、季節によってメニューが変わる「後楽園のお弁当(1130円)」、秋冬シーズン限定のお肉が楽しめる「おかやま肉自慢弁当(1100円)」、岡山駅でしか買えない弁当の「桃太郎の祭ずし(1000円)」などがあります。 ここを逃すと出雲まで約3時間半かかりますのでご注意ください。 楽しみ方はそれぞれですが、急いでまで買いたくないという方は乗車前に購入しておくことをお勧めします。 スポンサーリンク.

次の

サンライズ出雲・瀬戸、全設備の料金と特徴、予約から乗車までに覚えておくといい7つのこと

サンライズエクスプレス 停車駅

グッドデザイン金賞とブルネル奨励賞(1998年) 第42回鉄道友の会ブルーリボン賞(1999年) ここまで、サンライズエクスプレスや往年の寝台特急について説明してきました。 次章では、実際に「 サンライズ瀬戸」に乗車したときの写真や感想を紹介していきたいと思います! 列車内の様子 私が利用したのは、9号車の「 シングルB寝台」になります。 それでは早速、高松から東京行きの「サンライズ瀬戸」に乗りましょう。 中国・四国地方の行き先が並ぶ中に浮かぶ「 東京」の文字は、旅情を誘いますね。 ここから、車内を散策していきましょう。 個室のシングルの様子はこのような感じで、一人で寝るのには問題ない広さが確保されています。 寝台の鍵は デジタルロック式で、自身で任意の番号を設定して施錠する形式となっています。 また、列車には下の写真のような ノビノビ座席というシートも用意されており、個室ではないものの簡易的に寝ることができる車両も連結されています。 こちらの車両は、サンライズ瀬戸・サンライズ出雲にそれぞれ1両ずつ連結されており、個室の寝台料金に比べて割安で乗車することができます。 停車駅 サンライズ瀬戸 サンライズ出雲 高松 発 21:26 坂出 発 21:44 児島 発 22:01 出雲市 発 18:51 宍道 発 19:06 松江 発 19:27 安来 発 19:45 米子 発 19:56 新見 発 21:20 備中高梁 発 21:48 倉敷 発 22:14 岡山 着 22:23 22:30 発 22:34 姫路 発 23:35 三ノ宮 発 0:13 大阪 発 0:34 浜松 発 レ 静岡 発 4:40 富士 発 5:10 沼津 発 5:27 熱海 発 5:45 横浜 発 6:45 東京 着 7:08 下り(高松・出雲市行き) 停車駅 サンライズ瀬戸 サンライズ出雲 東京 発 22:00 横浜 発 22:24 熱海 発 23:23 沼津 発 23:40 富士 発 23:54 静岡 発 0:20 浜松 発 1:12 大阪 発 レ 三ノ宮 発 レ 姫路 発 5:26 岡山 着 6:27 発 6:31 6:34 倉敷 発 6:47 備中高梁 発 7:14 新見 発 7:44 米子 発 9:05 安来 発 9:14 松江 発 9:31 宍道 発 9:46 出雲市 着 9:58 児島 発 6:53 坂出 発 7:10 高松 着 7:27 まとめ いかがでしたでしょうか。 本記事では、日本国内を定期運行する寝台特急で唯一残っている「 サンライズエクスプレス」についてご紹介してきました。 2020年現在、臨時ではありますが下記のような 豪華寝台列車が運行されています。

次の