シゾイド パーソナリティ 障害。 シゾイドパーソナリティ障害(スキゾイドパーソナリティ障害)

スキゾイドパーソナリティ障害

シゾイド パーソナリティ 障害

シゾイドパーソナリティ障害の人にどのように接すればよいのでしょうか。 シゾイドパーソナリティ障害(統合失調質パーソナリティ障害)の人は他人への関心が薄い分、自分の世界を大切にしています。 それは自分だけの世界であり、他人が不用意に近づいてこようものなら、侵入の脅威とみなします。 彼らにとって自分だけの孤独な居場所は神聖な領域で、他人には立ち入ってほしくないのです。 むやみやたらとプライベートな質問をしたり、馴れ馴れしい態度をとったり、親しいから何をしても大丈夫、といった接し方は禁物です。 親しく接近してこられるだけでも、この手の人には強い脅威をあたえてしまうことがあるからです。 ですから、少し遠目の距離から感情はできるだけ抑えて、淡々と接するのが正解です。 接するのも、あまり長時間にならないように気をつけましょう。 親しい友人レベルではなく、事務的なレベルで接してあげると彼らは安心します。 彼らの神聖な領域に土足で踏み入れるようなことをせず、時間をかけて遠いところから静かに関係を築いていくことができます。 仲睦まじさを期待しない シゾイドパーソナリティ障害の人は関係が親しくなるにつれて遠ざかるという特質を持っています。 追いかければ逃げてゆくのです。 基本的にシゾイドパーソナリティ障害の人は独身向きです。 ですから、男女間の恋愛になると問題が発生しやすくなります。 2人が親密になるにつれて、シゾイドパーソナリティ障害の人は自分だけのテリトリーに侵入されるような気がして、冷めてゆきます。 適度な距離を保って付き合ってゆく蛋白な2人ならうまくいくかもしれませんが、イチャイチャ・ベタベタしたいパートナーだとたいてい破綻します。 シゾイドパーソナリティ障害の人が異性と交際する場合、何年付き合ってもお互いの距離が縮まらないのが普通です。 彼らにとって求められたり、頼られたりするのは負担だからです。 この特性を知らずに交際すると、相手はとまどいや落胆を経験することでしょう。 シゾイドパーソナリティ障害の人に仲睦まじさを期待してはいけないのです。 異性でも同性でもうまくいく条件として、同じ趣味や関心事があり、近すぎない適度な距離を保ち、互いの世界を尊重して、むやみに相手のテリトリーに侵入しないといったことが挙げられます。 彼らは一人で十分楽しんで生きているので、一人ぼっちでかわいそう、誘ってあげないとかわいそう…などの気遣いは無用です。 パーティーや旅行、遊びといった他人と接しなければならない行事には誘わないようにしましょう。

次の

スキゾイドパーソナリティ障害の人は優しいのか

シゾイド パーソナリティ 障害

概要 [ ] 名称から、いかにも関連がありそうに見えるが、とは全く別の障害であり、統計学的にもスキゾイドパーソナリティ障害の人が統合失調症になりやすいという証拠は無い。 スキゾイドは「社会的に孤立していて、対人接触を好まず、感情の表出が乏しく、何事にも興味や関心が無いように見える」という性格特徴を表す言葉である。 また、本症は外界への興味、関心そのものが薄いという点で、やとも異なるものである。 名称の変更 [ ] までは分裂病質人格障害と呼ばれていた。 精神分裂病が統合失調症へと名称変更されたことに連動して、「DSM-IV-TR精神疾患の診断・統計マニュアル」の新訂版では、スキゾイドパーソナリティ障害に変更された。 原因 [ ] 生まれ持った資質の弱さ、発達のアンバランスさ、親からの虐待や、母子関係のこじれ、発達早期の、医療、学校や社会でのトラウマ、生活全般の困難などが影響されると考えられている。 特徴 [ ] 「」も参照• 本障害の特徴は、身の周りへの興味・関心と自己表現力の欠如である。 人との交流を避け、口数は少なく、抑揚も乏しく、よそよそしい。 そして、人と深く関わることによって、自分と相手が変化することや、相手に飲み込まれ、自分の独立性を失ってしまうことを怖れる。 そのため、他人との関わりを避けようとする。 攻撃的な行動がほとんど無いため、脅威を受けた場合、現実のものであれ想像のものであれ、空想上の全能感、もしくはあきらめによって処理される。 彼らはしばしば孤独に見える。 しかし時に、このような人は独創的、創造的な観念を抱き、それを展開して世間に提示することがある。 性格は非社交的で静寂、控えめ、そして無頓着である。 仕事ではコツコツと成果を上げ、評価されるが、自分が納得すればそれでよく、「嬉しい」という感情が起きない。 子供の頃から、「私はこれがやりたい」など、自分の意志を両親など周りの大人から否定(もしくは過干渉)され続けて育ち、自分の意志を表現しようとは思わなくなった(諦めた)人に多く見られる。 社会的関心が薄く、感情の起伏が少なく、非社交的であるが、冷酷なとは全く別である。 人間的要素が介入しない数学などに熱中したり、を懐かせる事に長けていることがある。 本人は本障害によって、生活する上で困ることが何一つ無いため、などを受けに行くことは無く、また行ったとしても、すぐ診療を受けることをやめてしまう。 しかし、それによって他人に迷惑をかけることはないので、本人が困っていなければ診療をする必要は無い。 スキゾイドのは外力が無いと、ほぼ一生で、結婚する場合、結婚願望の強い異性と受動的にするパターンが多い。 診断 [ ] では次の診断基準の内、少なくとも4つ以上を満たすことで診断される。 家族を含めて、親密な関係を持ちたいとは思わない。 あるいはそれを楽しく感じない• 一貫して孤立した行動を好む• 異性と性体験を持つことに対する興味が、もしあったとしても少ししかない• 喜びを感じられるような活動が、もしあったとしても、少ししかない• 第一度以外には、親しい友人、信頼できる友人がいない• 賞賛にも批判に対しても無関心に見える• 情緒的な冷たさ、超然とした態度あるいは平板な感情 鑑別診断 [ ] 症状が似ているとの鑑別に苦慮することもある。 脚注 [ ].

次の

スキゾイドパーソナリティ障害 恋愛・アセクシャル

シゾイド パーソナリティ 障害

10種類あるパーソナリティ障害のうちのひとつ、シゾイドパーソナリティ障害(スキゾイドパーソナリティ障害)(統合失調質パーソナリティ障害)(英語: Schizoid personality disorder)とはいったいどのような障害でしょうか。 まずはアメリカ精神医学会による精神疾患の診断・統計マニュアルDSM-5におけるシゾイドパーソナリティ障害の診断基準を取り上げます。 シゾイドパーソナリティ障害の診断基準 A. 社会的関係からの離脱、対人関係場面での情動表現の範囲の限定などの広範な様式で、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになる。 以下のうち4つ(またはそれ以上)によって示される。 統合失調症、「双極性障害または抑うつ障害、精神病性の特徴を伴う」、他の精神病性障害、または自閉スペクトラム症の経過中にのみ起こるものではなく、他の医学的疾患の生理学的作用によるものでもない。 孤独を愛する 上記の診断基準にもあるように、このシゾイドパーソナリティ障害の最大の特徴は、他人との関わりを求めない点にあります。 回避性パーソナリティ障害や自己愛性パーソナリティ障害も、傷つくことを恐れて他人との接触を避ける面がありますが、本当のところは人との接触を求めています。 しかし、このシゾイドパーソナリティ障害の場合は、一人が好きで根本的に他人を求めないところが違います。 シゾイドパーソナリティ障害の人にとっては異性でさえ興味の対象ではありません。 ですから、結婚からは遠い人たちで、配偶者とともに生活していくことより、自分の世界を大切にしたいようです。 そのような彼らですから、友人もほとんどいないか、いてもごくわずかです。 基本的に孤独を愛する人なのです。 質素で欲がない シゾイドパーソナリティ障害の人の淡白さは対人関係だけにとどまらず、その生活スタイルや世間との関わり方にも及びます。 彼らは静かで質素な生活を好みます。 贅沢をすることや、きらびやかに飾ることを嫌い、食事やファッション、住まいや車にお金をかけるということにあまり関心がありません。 彼らは物質的なものより、精神的なもの、内面的なものに価値を見出します。 ですから、感性や趣味は洗練されていることがあります。 物質欲、金銭欲、出世欲、名誉欲といった多くの人がもつ欲望を持っておらず、どちらかというと、それらから遠ざかりたいと思います。 この欲にまみれた、ドロドロした社会から離れて、大自然の中での自給自足の生活に憧れている人もシゾイドパーソナリティ障害の人の中には多く、それを実行に移してしまう人もいます。 欲のなさは性欲にまで表れ、男女の肉体的な関係に違和感や嫌悪感すら覚えることがあります。 彼らがもし異性を求めるなら、性欲を伴わない純粋な、精神的なつながりを求めようとします。 目立たず、無害 欲の少なさに比例してか、感情表現や表情も淡白なところがあります。 鈍感なのかといえば、事実は正反対です。 シゾイドパーソナリティ障害の人はわずかな感情の動きにも敏感なゆえに、強い感情がただ不快なだけなのです。 彼らは人を求めませんが、とても平和主義者で、悪口や噂話なども言わず、いたって無害な人たちです。 喜怒哀楽が少ないので、気分のムラも少なく、年中同じようなレベルで、黙々、淡々と生活してゆきます。 そんな彼らは口数も少なく、とても目立たない存在です。 人を求めないという点で障害なのかもしれませんが、特に他人への害もなく、境界性、反社会性、妄想性パーソナリティ障害などと比べるととても健全に見える人たちです。 記事一覧• カテゴリー• 14 最近よく読まれている記事• サイト内検索.

次の