ストパー と 縮 毛 矯正。 知らなきゃマズい。縮毛矯正とストレートパーマの基礎と絶対にダメな事

縮毛矯正(ストパー)やめたい!やめて一年経ったらこんなになりました♥

ストパー と 縮 毛 矯正

クセ毛で悩む男性のみなさん、 ムシムシと暑くなってくるこれからの季節は特にイライラしてしますよね! 朝シャンやアイロンを使っても、汗ですぐに戻ってしまうし、 軽いクセ毛ならまだ我慢できるかもしれませんが、 僕もそうでしたが、クルクルと強いくせ毛だと 髪型が一番のコンプレックスになってしまって、朝から暗い気分になったり、 ファッションや恋愛にも消極的になってしまいますよね、、、 僕は大学に入学するときにはじめて縮毛矯正にチャレンジしました。 いわゆる大学デビューです 笑 それから現在までに15回以上縮毛矯正をかけてきていますが、 はじめて縮毛矯正をかけたときは、 まっすぐな髪形になっただけで自分が別人のように見えたのをよく覚えています。 朝の寝ぐせに悩まされたり、 暑い時期にイライラすることもなくなって、 何より 今までできなかった色々な髪形を楽しめるようになったのが嬉しかったです! <左から、縮毛矯正前・矯正後・矯正後 ワックス付き > 写真提供:様 八王子で人気の縮毛矯正美容室です 「クセ毛をどうにかしたい」 「コンプレックスで深刻に悩んでいる、、、」 という方は、一度ぜひ縮毛矯正にチャレンジしてみて下さい。 最近は男性でも、縮毛矯正をかけている方も多いです。 最初はくせの強い前髪や顔周りだけストレートにするだけでも、 印象はかなり変わってきます。 これまでの縮毛経験や美容師さんから教えてもらったことをもとに、 はじめて縮毛矯正やストパーに挑戦したいと思っている方に、 理想の髪形を手に入れるためのポイントをまとめましたので 参考になれば幸いです。 髪の毛は主にタンパク質からできていますが、 クセ毛と直毛では髪の毛の表面の形が異なっていて、 直毛の場合は平らな表面となっていますが、 クセ毛の場合はデコボコとした表面となっています。 出典:さらヘア. com 縮毛矯正では、主に2種類の薬剤を使って髪をまっすぐにしていきます。 ストレートパーマと縮毛矯正の違いとは ストレートパーマと縮毛矯正は全く性質が異なるものです。 ストパーはもともとパーマをかけた部分を元に戻すことを目的としているため、 縮毛矯正と比べて矯正力が弱く、 クセ毛の強い人が使用するとまっすぐにならなかったり、 時間が経つと元に戻ってしまうこともあります。 縮毛と比べ料金は安いことが多いのですが、 クセ毛からまっすぐな髪形にしたい場合は縮毛矯正をかけることが大切です。 ストパーと縮毛矯正の違い ストパー 縮毛矯正 目的 パーマを落とす クセ毛を伸ばす 価格 3,000~10,000円 6,000~15,000円 持続力 弱め かけた部分は 半永久的 ダメージ 小さい やや強い メンズ縮毛矯正をかけるとどんな髪型になるか 施術例1:before 施術例1:after 施術例2:before 施術例2:after 写真提供:様 クセが強すぎて本当にまっすぐになるのか心配な方も多いかと思います。 僕は鳥の巣のようなクルクルしたクセ毛だったのですが、 それでもまっすぐになったので、けっこうクセが強い方でも大丈夫です。 縮毛矯正は薬剤と熱で、 髪の毛を伸ばしていくので基本的にはかなり強いくせ毛であっても、 まっすぐな髪形に変えることができます。 あまり不自然なストレートヘアにしたくない場合は、 薬剤を薄めたり髪の毛の根元を少なめに付けるなど、 調整することでストレートの度合いを変えることもできるので、 事前カウンセリングのときに美容師さんとよく相談しておきましょう。 矯正後は、やはり髪の毛のボリュームは落ちてしまいますが、 ドライヤーで乾かすときに工夫したりワックスを上手く使うことで、 髪の毛を立たせたりボリューム感のあるスタイリングにすることも可能です。 縮毛矯正に必要な髪の長さは 縮毛矯正は髪の毛を伸ばす際にヘアアイロンを使うことが多いため、 アイロンで髪の毛を挟める長さは最低限必要となります。 長さの目安は最低3cm、できれば5cm程度あった方が確実です。 最近は細いアイロンも多いため 髪の毛がけっこう短くても対応できることが多いのですが、 アイロンやカラーリングで髪が傷んでいることで 施術を断られてしまう可能性もあるため、 施術前はアイロンやカラーリングは避け、 トリートメントを使用して傷みのない状態にしておきましょう。 あまりに傷みがひどい場合は、一度美容院で相談してみましょう。 縮毛後に髪の毛はどのくらい傷むのか? 縮毛矯正をかけると髪の毛は傷みます。 これはどこの美容院へ行っても避けることはできません。 ただし、 痛みの度合いで言えば 毎日ヘアアイロンを使い続けた時の方が断然大きいです。 これは、毎日のダメージによって髪の毛のキューティクルが破壊され、 髪の毛が細くパサパサとなってしまっているためです。 縮毛矯正の場合は一度かけた部分は半永久的に持続力を持ち、 男性なら3~6ヶ月に一度の施術となるので、髪の毛へのダメージは小さくて済みます。 縮毛から1~2週間空ければ、その上にカラーリングを行うことも可能です。 アイロンを使い続けてしまうと、 今後縮毛矯正やカラーリングすらできなくなってしまうこともあると聞いています。 僕は、年に3回程度で今までに15回以上縮毛矯正をかけていますが、 髪の毛の問題はありません。 大学生のころは縮毛に重ねて、カラーリングもかけていました。 アイロンを使わずドライヤーだけで縮毛矯正をしてくれる美容室や、 前髪だけの縮毛矯正といったやり方もあるので、 長期的に見ればストパーやアイロンよりも縮毛矯正の方が良いと思っています。 縮毛矯正にかかる費用は?どのくらい持続する? 縮毛矯正の値段は美容院によってまちまちですが、 メンズの場合は、6,000~20,000円が相場です。 価格にけっこう幅がありますが、 これは主に使用するトリートメントおよび美容師スキルの差と考えられます。 縮毛矯正で使用する薬剤にもいくつか種類がありますが、 成分は薬事法によって定められているため、 低質な薬剤を使用してコストを抑えることは困難です。 実際、縮毛矯正の質は美容師のスキルに依存するところが大きいので、 最初は10,000~15,000円前後の価格帯で選んでおくのが無難だと思います。 どのくらい持続するのかですが、 矯正で伸ばした部分については半永久的にまっすぐな状態をキープできるので、 その下から生えてくる髪の毛が伸びてきた頃が、次の施術の目安となります。 5cm程度の長さなら4ヶ月程度はまっすぐな状態を維持できるでしょう。 僕は10cm以上の長さがあったときは6ヶ月近く縮毛をかけなくても大丈夫でした。 やはり髪の毛を短くするほど、髪の重さが減ってボリュームが出てくるので、 その分かける頻度も短くなってきます。 セルフ縮毛はリスク大、チリチリになってしまうことも 資生堂やプロカリテなどのセルフ縮毛矯正セットが、楽天やAmazonで安く手に入れることができます。 僕は使ったことはありませんが、 大学の友人が 前髪矯正のためにセルフでやってチリチリの前髪になっていたのを見て、 怖いなと思いました。 ・薬剤をムラなく塗って ・薬剤の浸透具合を見極め ・アイロンで髪を伸ばしていく のは初心者がやるにはかなりハードルが高いです。 髪型はルックスの中でも特に大事な部分ですし、 失敗すれば元に戻るまで数か月はかかることを考えれば、 お金をケチる部分ではないかなと思っています。 美容院でメンズ縮毛矯正を受けるまでの流れ 男性の縮毛矯正は、 ・髪質の見極め ・お客さんの仕上がりイメージを引き出すカウンセリング ・薬剤の選定や浸透具合の見極め ・アイロンやブローの技術など 要所ごとに高度な技術が求められるため、 美容師さんにとってもカットやカラーリングと比べて難しいと言われています。 そのため、 はじめての縮毛矯正を成功させられるかは、 スキルのある良い美容師さんに出会えるかにどうかで決まってきます。 理想的な髪形を手に入れるためにお店選びは慎重に行いましょう。 ネット予約はお店自体が独自にホームページを持っていることもありますが、 ほとんどの場合はホットペッパビューティーなどの総合サイトに登録されているので、 そこからお店を探して予約をします。 なんだか落ち着かないし、途中でスタッフがコロコロ代わっては不安になりますよね。 基本的にはスキルの高さは美容師歴の長さに比例してくるので、 10年前後の経験がある方にかけてもらいましょう。 しかし、女性と男性では髪質や髪の長さも異なり、 また理想とする髪型も全く変わってきます。 エリア別 メンズ縮毛矯正が上手いおススメ美容室 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ その他のエリアはこちらから: 美容室の来店から施術が終わるまでの様子 はじめての縮毛矯正は、男性の場合は特に不安になりがちです、、、 実際のところ男性のお客さんは多く、 お店側も慣れているのであまり心配する必要はありません。 施術中は、スタッフの方と無理に会話しなくても全然大丈夫です。 スマホをいじったり、店内の雑誌を読んでいればあっという間です。 来店から~実際の施術の流れまで簡単にご紹介します。 「来店~事前カウンセリング」 カウンターで受付を済ませると、すぐにカウンセリングへと案内されます。 カウンセリングは用紙に記入する形式が多く ・「髪質」 ・「クセが強い部分」 ・「今までのカラーリング、アイロン、パーマの経験」 ・「どのくらいまっすぐにしたいか」 などを聞かれます。 特に難しい内容はありませんが、 「どんな髪型にしたいのか」 くらいはイメージしておきましょう。 実際に気に入ったモデルの写真や雑誌の切り抜きを持っていくのも有効な手段です。 言葉で伝えるよりも、イメージを見せた方がよく伝わります。 ホットペッパビューティーなどには、 ヘアカタログも用意されているので、 事前にチェックして画像を何枚か保存しておくと良いでしょう。 「施術スタート~シャンプー」 縮毛矯正をかけに行く日は、ワックスやスタイリング剤はあまり付けていかない方が良いです。 髪の毛が汚れている状態では、薬剤を塗ることができず、 シャンプーで髪を洗う手間がかかるからです。 シャンプー中はヘッドマッサージしてくれることもあり、とても気持ちが良いです。 薬剤が服につかないように、襟元や耳には、 ラップやビニールのカバーをつけてくれます。 温めることでより髪の毛が柔らかくなり、後の工程で髪の毛を伸ばしやすくなります。 このときにどのくらい時間を置くかによって、ストレートの度合いを調節します。 そして、この後にアイロンを使って ドライヤーで行う店もあり 髪の毛をしっかりと伸ばしていきます。 この工程が一番時間がかかり、かつ最も大切な部分です。 「ドライヤーで乾かして完成」 出典:relian 最後はドライヤーで髪の毛をブローして完了です。 お疲れ様でした。 いつものカットなどと比べると、さすがに時間が掛かりますが、 数か月に一度だけ我慢すればクセ毛とおさらばできると思えば、 たいしたことはありません。 カットも同時行う場合は、基本的に縮毛矯正をかけた後に行うことが多いです。 縮毛矯正をかけると髪の毛は伸ばされて長くなり、 施術前とは結構髪型が変わってくるので、それに合わせてカットをしていきます。 まっすぐにした髪の毛は半永久的にまっすぐとなるものの、 施術直後はまだ柔らかいので強い刺激を与えたりすると、 薬剤が落ちてしまったり変なクセがついてしまうこともあります。 個人的なおススメとしては、縮毛矯正をかけるときは、 次の日に外出したり、大事な予定などは入れない方が賢明だと思っています。 1日たてば、そのあとはいつも通りの生活を送ってOKです。 髪の毛は濡れたままにしておくとキューティクルが傷んでしまうので、 必ずドライヤーで乾かしてから寝るようにしましょう。 また、矯正後から1週間程度は髪の毛がやや硬くなりがちなので、 トリートメントを使ってケアしてあげることも大切です。 あとは、ファッション雑誌、ヘアカタログなどを見て、 今までできなかった髪型を楽しむだけです。 施術前後の写真を参考にしてください。 これ以上のクセ毛で心配な場合は予約時に一度お店に相談してみると良いでしょう。 Q:男で縮毛矯正をかけに行っても大丈夫? A: 男性で縮毛矯正をかけている方はたくさんいます。 僕の通っているお店でも高校生~50過ぎのおじさんまでいます。 お店側も男性客に慣れているので不安になる必要は全くありません。 Q:ツンツンした不自然な髪形にはしたくないんだけど、、、 A:正しい美容院を選び、美容師さんにその旨をしっかりと伝えましょう。 スキルのある美容師さんなら、 仕上がりイメージを事前にしっかりと確認しまっすぐの度合いをくみ取り、 自然なストレートヘアに仕上げてくれます。 縮毛矯正の直後は多少髪の毛に薬剤が残っていたり、 髪が傷んでいることがあるので、少し時間を置かなければなりません。 Q:髪へのダメージが心配、、、 A:縮毛矯正をかければ髪の毛へのダメージは避けることはできません。 しかし、上にも書いているとおりヘアアイロンを使い続けるよりも よっぽど小さい負担で済みます。 施術後は1週間に1~2回トリートメントを使用することで、 しなやかな髪の毛を維持することができます。 濡れたままにせずドライヤーで乾かすことも大切です。 以下はアンケート回答の一部抜粋です。 肯定派の意見 明らかに「縮毛矯正かけました」みたいなベタッとした感じは嫌。 このポイントさえ守っていれば、男性の縮毛矯正であっても問題ありません。。 最後に、、、 毎朝の寝癖直しにイライラしている方、クセ毛が深刻なコンプレックスとなっている方、 縮毛矯正に一度チャレンジしてみて下さい! 本当に生まれ変わったような気持ちになれると思います。 たとえ気に入らなくても、3ヶ月もたてば元通りの髪の毛に戻すことができます。 僕は小学生のころからクセ毛がコンプレックスで、 変なあだ名とつけられたり自分の髪の毛が嫌で仕方なかったのですが、 縮毛矯正をかけてからはコンプレックスもなくなって、 性格もかなり前向きに社交的になれたなと感じています。

次の

縮毛矯正(ストパー)やめたい!やめて一年経ったらこんなになりました♥

ストパー と 縮 毛 矯正

縮毛矯正とストパー。 一見どちらも髪の毛がまっすぐになると思いがちですが、実はその内容も大きく違うもの。 自分に合った施術を依頼するための見極めポイントには次のようなものがあります。 見極めポイント1:縮毛矯正は髪そのものに働きかける 縮毛矯正はその名の通り、「縮毛=縮れた毛」を、薬剤を使用して、まっすぐにすることを意味しています。 すなわち、縮れている部分の髪質を直接変化させるので、一旦施術が終わった場所は基本的にまっすぐのままです。 では、一度かければ永久的に施術の必要はないのでしょうか。 平均的な縮毛矯正の効果は施術後6か月程度で少しずつ薄れ始めます。 これは、縮毛矯正の施術が「今生えている髪」に対して行われるのであって、「今後生えてくる毛根」などに働きかけている訳ではないことに由来します。 どんなに技術のある縮毛矯正をかけても、伸びたか所には施術されておらず、いずれは戻ったように見えてしまうのはこのためです。 見極めポイント2:ストパーはあくまで「ストレートパーマ」 こちらもそのまま、といわれてしまいそうですが、「ストレートパーマ」はあくまでパーマの一種です。 ウェーブなどと同様の「パーマ」をまっすぐにかける施術ですので、かかりのよい人でも2,3か月すると元の状態に戻り始めます。 縮毛矯正との大きな違いは「施術されたか所に対する効果」があげられます。 縮毛矯正の方が強い薬剤を使用し、髪の表面を変化させるため、一度施術したか所の持続力は平均して高くなりますが、根本的な髪に対する作用が違うため、一時的なストレートを楽しむならストレートパーマがおすすめです。 見極めポイント3:髪に対するダメージで考える 縮毛矯正とストパーの一番の違いは使用する薬剤の性質であり、縮毛矯正の方が強い薬剤を使用します。 そのため、どうしても髪や頭皮の弱い人には縮毛矯正をおすすめできないケースが出てきます。 とはいえ、ストパーも髪質によっては十分に効果があります。 薬剤を使用することには変わりありませんので、多少なりともダメージはありますが、平均して縮毛矯正よりはやさしいため、伸びてきた髪自体を傷めにくいという特徴もあります。 自分に合うか判らないという人のために比較的お得なコースがクーポン雑誌などに掲載されていますので、チェックしてみましょう。 まとめ:効果だけでなくダメージや予算も含めて検討しよう 美容室で髪の毛に薬剤を使用するのですから、ある程度の髪へのダメージは想定されます。 そのうえで決して安くはないお金を支払うのならできるだけ効果の高い方を…。 という気持ちはよくわかります。 でも、その人その人の髪質に合った施術は違い、一度に縮毛矯正をするのが向いている人や、ストパーをこまめにかけたほうが髪をキレイに保てる人もいるのも事実です。 まずは自分でこちらがいいかな?とある程度予測を立てたうえで、信頼できる美容師さんに相談するのが一番の得策です。

次の

縮毛矯正(ストパー)やめたい!やめて一年経ったらこんなになりました♥

ストパー と 縮 毛 矯正

ストレートパーマ安心効果は、技術、毛髪と薬品の化学反応をよく理解した美容師ならば確実な処理をしてくれます。 美容師の仕事は、メーカーから出されている薬品を使いある程度の技術力だけで、塗ったり、洗ったりをするだけが実際は、求められる部分なのですが、実は、薬品と毛髪の反応は、かなり複雑な関係を持ち、複数の施術を行ってきた毛髪環境状況ではかなり難しくなります。 ストレートパーマは、アイロンを使わない!という安心感からか消費者は、ストレートパーマに可能性を見ていますが、単純にリスクが低い技術ということだけで、ストパーだから成功するというわけではないのです。 ストレートパーマで安心効果、成功を求めるならば、確実に上手い美容師を選ぶことが重要です。 ここではそんな美容師たちの特徴を話していきます。 ストレートパーマの定義 ストレートパーマの定義として、皆様に理解されていることは、アイロンを使わない! このようなことが暗黙の了解の中で理解されている事かと思います。 ここでは、効果的な定義とどのような毛髪にならできるのかということを考えていきましょう! ストレートパーマは、ウェーブパーマと違いロットをまきません!縮毛矯正と違いアイロンを使いません!以前のストレートパーマは、板状のパネルを何枚も頭に張り付け行っていました!現在では、その行為で毛髪が切れおちた事件が多発したため使用が禁止されています。 (パネルと毛髪の間に薬品がついたため)技術をしっかりしているサロンではおこらないことです。 さてここで言いたいのは、毛髪を曲げるには、ロットという器具を使います。 縮毛矯正の時にはアイロンを使います。 髪に形を付けることに関しては、道具で髪にストレート形状を付けるということをしなければならない!ここがポイントです。 さて、 ストレートパーマでは、この部分を薬品を強く使用し自然な放置で伸ばすタイプとドライヤーで伸ばすタイプとがあります。 ストレートパーマで薬品を強く使った場合その幹和根が上手い美容師でなければ成功しない! ドラーヤーを使うタイプの場合は、ブラシの使い方と薬品の使い方がうまくなければ成功しない! ストレートパーマはどんな毛髪に合うのか?• ストパーは、癖が強くない毛髪に合います。 髪が頑丈ではない毛髪に合います。 髪が太くない毛髪に合います。 ストレートパーマの安心メリット ストレートパーマというのは、主に、アイロンを使わないストレート技術という理解が世の中ではあります。 このメリットで勘違いが起きているのが実情です。 アイロンを使わないから安心?こんなことはありません!技術を行う場合必ず薬品を使うので、その薬品に毛髪が合わなければ確実に毛髪はダメージが出てさらには、元には戻らない状態に破壊されてしまいます。 ストレートパーマのメリットは、作業工程が楽なので安いメニューが多いこと!時間が早いこと、癖が残っても仕方ないと考えられることこのようなことがメリットとしていえることです。 ストレートパーマのデメリット デメリットは、ダメな技術結果が全てです。 そして癖が残りすぎることと、癖が残った挙句乾燥が始まると確実にバサバサが待っているのがストレートパーマの結末です。 ストレートパーマを深く理解した美容師 すべての技術は、理解が深いと確実な成果を出してくれます。 上手いということは常に毛髪の現象を解っていることです。 上手いということは、先に何が起きるかが読めていて、美髪に導くための工程・条件を把握している技術者でしかその結果を出すことができません。 なぜできないを知ることが重要で、そんなことを常に勉強し技術を行っているサロンが下の入口からわかります。 縮毛矯正講習情報 縮毛矯正とは• 最近の投稿• 最新縮毛矯正•

次の