薄力粉 パン。 パン作りに使う小麦粉は強力粉?中力粉?薄力粉?

薄力粉でパン作り!薄力粉のみのレシピと薄力粉&強力粉の割合別仕上がり

薄力粉 パン

強力粉と薄力粉の違い 強力粉と薄力粉の違いは簡単に言うとタンパク質の含有量です。 タンパク質にはグルテニンとグリアジンが含まれており、この二つに水を加えて捏ねられることによってグルテンが作られます。 パンは発酵によって発生したガスで膨らみます。 パンを風船に例えるなら、グルテンはゴムの部分にあたります。 グルテンがしっかり作られていることによりふっくらと膨らんだパンが焼けるのです。 つまりグルテンはパン作りにおいて重要な役割を果たしています。 薄力粉は強力粉よりもタンパク質の含有量が低いです。 ということは、グルテンの形成量も少なくなり、ふくらみの悪い固いパンに仕上がるため パンには向かない粉ということがわかります。 薄力粉だけでもパンは作れるの?~実際に作ってみた~ まぁ理屈はともかくとして薄力粉100%のパンを作ってみましょう。 今回はシンプルな材料で作ってみました• 薄力粉 250g• 水 160g(64%)• 塩 5g( 2%)• 今回はホームベーカリーの捏ね機能を使って生地捏ねをしてもらいました。 この時点ですでに強力粉を使った生地との違いが… ・生地がいつまでたってもベタベタしている ・生地の表面に張りがでない ・生地の伸びも悪い(引っ張るとブツッと切れる感じ) それでもさすがにホームベーカリーの力は偉大でした。 何とか捏ねあがり一次発酵まで終了。 何とか打ち粉とカードを駆使して丸い形を作り上げ二次発酵へ 強力粉を使った生地の場合二次発酵で生地がきれいに1. 5~2倍に膨らむのですが 今回の生地は一応膨らんではいるもののつぶれて横に広がる感じ。 生地が完全にダレていました。 完全に失敗かも…とこのあたりで諦めモードも入ります 笑 このまま続けていても生地がダレてせんべい上になるだけと判断して二次発酵を少し早めに切り上げました。 一応パンになってますね!!焼き色も付かず色白ですけど 笑 白パンって柔らかそうですけど焼きたてはカチコチのパンとなりました。 ハードパンよりも固い 苦笑 表面はバリバリになってます。 二つに割ってみると… ふわっとちぎれる感じは全くなくて、バキッと割れる感じ 苦笑 ただ、粗熱が取れてから保存袋に入れて半日保管したところ柔らかくなりました。 味は素朴な感じ…粉の味っていうんですかね 笑 スコーンのような重たい食感です。 ジャムやクリームチーズなどとの相性は良かったです。 薄力粉だけでもパンは作れるの!?~まとめ~ まとめてみると 薄力粉だけでパンは作れる 生地がベタベタで終始扱いにくい 固く重たい食感のパンが出来上がる ということがわかりました。 もちろん材料によってもっとふわふわ感を出すことができたりすると思いますが、シンプルな材料ではこの通り。 材料が増えれば生地の扱いもより大変になります。 ということで初心者の方、ふんわり柔らかな食感のパンを食べたい方には薄力粉のみでパンを作ることはお勧めしません。 パン作りには強力粉がベストです!! これからパン作りを始めようと考えておられる方はきちんと強力粉を準備してくださいね。

次の

薄力粉だけのパン、再び

薄力粉 パン

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

薄力粉でパン、それなりに美味しいか?

薄力粉 パン

薄力粉に含まれるタンパク質の量 6. 5~9. 0~13. タンパク質の量が違うと、パン作りにどんな影響があるので しょうか? 大きな差は、 「粘り」と「弾力」。 タンパク質の量が多いほうが「粘り」と「弾力」が出ます。 だから、通常は強力粉がパン作りに使われるということですね。 タンパク質の量から考えると、薄力粉は「粘り」と「弾力」を 必要としないお菓子や天ぷらの衣に向いているということに なります。 それでは、薄力粉だけのパンは難しいのでしょうか? そこで、みんなの反応(口コミ)をチェックしてみました。 — みんなの反応(口コミ)は? 薄力粉だけのパン作りで失敗している人もいらっしゃいました。 原因としては、水分量で苦労している様子が見られました。 でも、すでに薄力粉だけのパン作りは定着しているようです。 こんなコメントもありましたよ。 「薄力粉のパンは軽い感じになって、もたれる感じがない」 とのことです。 また、コツをつかむまでは思った通りのパンにはならない ようですが、その場合は「フレンチトーストにしてしまえばいい」 ともありました。 — レシピをのぞいてみた! 薄力粉と水の量の配分がわかるように、材料だけお伝えしますね。 ホームベーカリーで焼くパンの材料の例 スポンサーリンク ホームベーカリーで強力粉が足りない時 ホームベーカリーで強力粉が足りない時は、薄力粉を混ぜます。 強力粉と薄力粉のパンですね。 実際にホームベーカリー焼いてみたことのあるお話だと、 強力粉230g、薄力粉50gの割合でもおいしいパンになります。 さらに強力粉と薄力粉を混ぜたパンを調べてみると、強力粉と 薄力粉の割合で、食感などは変わってくるのがわかりました。 レシピの例を見ると、次のような感じです。 食パンの割合は、強力粉と薄力粉を 「1:1」。 耳の部分はパリッとしていて、中はモチッとした感じになる という口コミが多いです。 バターロールの割合は、強力粉と薄力粉を 「8:2」。 菓子パンの割合は、強力粉と薄力粉を 「6:4」。 皆さんのレシピを見ると、強力粉と薄力粉の割合は、いろいろ 試されている様子がありました。 まとめ 薄力粉のほうが節約にもなるし、近くのスーパーで買えるという ことで、薄力粉だけのパンを作る人も増えているようです。 コスパのお話とは別になりますが、薄力粉だけで焼けるホーム ベーカリー(機器)も登場しています。 そのホームベーカリーは、「薄力粉」という焼き上げコースが ついているんです。 それだけ、「薄力粉」のパン作りが定着しているということなんで しょうね^^.

次の