白髪 40代。 40代の白髪 原因と対策

【白髪隠しヘアバンド】40代・レディースヘアターバンでおしゃれな夏【予算3,000円】のおすすめプレゼントランキング|ocruyo(オクルヨ)

白髪 40代

年のせい?髪の毛が白くなるメカニズムとは 悩みを持つ人は多いものの、現在では残念ながら 根本的な治療法や予防法はない、といわれている白髪。 でも白髪が生えてくるメカニズムは解明されつつあります。 一度生えた白髪の8割はまた白髪に(泣) そこで、いったん生えてきてしまった白髪、次はメラニンがちゃんと合成されて黒い髪の毛に生え変わらないの?と思いますよね。 ところが、白髪にはメラノサイトが作られなかっただけの 休止型と、メラノサイトが完全に消えてしまった 消失型との2つのタイプがあり、白髪の約8割はメラノサイトがない消失型のため、次に生えてくる髪の毛もやはり白髪になってしまうらしいです。 加齢による白髪はおそらくこの消失型だと思われます。 だから白髪が治って黒い髪の毛が生えてくるということはほぼない、という悲しい結果になってしまうんです。 ただ、消失型の白髪でもメラノサイトの幹細胞が存在さえしていればまたメラニンが作られて黒髪になる可能性もあるらしいので、そこは希望は捨てずに頑張りたいところです。 白髪にまつわる疑問・うわさについて調べてみました 数本だけ目立つ白髪、毛抜きで抜いちゃってもOK? 一本だけぴょんと飛び出た白髪はついつい抜きたくなってしまうけど…これは、 白髪に限らず髪の毛をぬくのはやっぱりNG!毛根が傷んでしまい、次に生えてくる髪の毛が細くなったり、うねりが出てしまったり、白髪以外のトラブルのもとになってしまいます。 白髪はやっぱり遺伝? 薄毛もそうだけど、白髪も遺伝?と思いがちですが、特に女性の場合はそうでもないらしいですね。 遺伝というよりも 加齢、ホルモンバランス、生活習慣による影響が多いといわれています。 遺伝だからとあきらめずに、日頃生活習慣などで白髪は改善できると思っていた方が精神的にもよさそうです。 白髪が多い体質だと、薄毛にはならないって本当? よく聞く話ですが、単純にこれは噂で実際はそんなことはないようです。 むしろ、白髪が出てきた、ということは毛根に元気がなくなってきている老化のはじまりのサインでもあるので、この先は白髪だけでなく薄毛にも注意が必要、ということにもなります。 白髪が気になりはじめたら、薄毛対策も考えはじめたほうがよさそうです・・・ 頭皮がムズムズ、これって白髪が生える前兆? 白髪が生えたところがかゆい、という話もよく耳にします。 私も白髪のある部分が、白髪に気付く前、なんだかむずがゆかった記憶が確かにあります。 頭皮のかゆみが現れたら、ちょとドキっとしてしまいそう・・・ 白髪を増やさないために守るべき生活習慣とは? 白髪だけでなく、薄毛やお肌、将来の健康のためにも気を付けたい美髪のために今すぐできる毎日のこと。 仕事に家庭に何かとストレスの多いアラフォー女子ですが、ヘアケア用品に頼るだけでなく、体の内側から出来ることをいまいちど見直してみるのがよさそうです。 バランスのよい食事 白髪予防のための食事で一番必要な栄養素は タンパク質です。 そしてタンパク質の吸収を高める ビタミンやミネラル類を一緒にとることもこころがけましょう。 和食メニューを中心に、野菜・果物・魚介類・海藻類などをバランスよく、というのが基本中の基本ですね。 具体的な食材としては、メラニン色素の合成に必要な 銅・亜鉛・鉄分などを含む食品をとるのが良さそうです。 銅は アーモンドや大豆、亜鉛は 鶏肉、鉄分は 豚肉やゴマ…そして 海藻類なども合わせて積極的に普段の食事にとりいれてみてはいかがでしょうか。 白髪に効くサプリってどうなの? 白髪専用のサプリメント、というものもいくつかあり、有名どころで「ブラックサプリ」と「黒ツヤソフト」のサイトをチェックしてみました。 実際に白髪が減ったというレビューよりは、お肌がキレイになったり、髪にツヤ・コシが出てきたりと体や髪に良い変化があった、という口コミが多かったですね。 白髪系のサプリはわりと高価なのが難ですが、その分髪質が改善されてヘアカラーの回数が減れば嬉しいですよね。 サプリメントはコスト面で余裕があればぜひ試したい対策のひとつです。 睡眠の質をあげる 日中は育児に家事に忙しく、ついつい夜更かししてしまう…なんてことはありませんか?髪の毛のためには、質のよい睡眠をとり、成長ホルモンを分泌させるのが目標です!子供じゃあないですが、夜10時~11時ごろまでには寝て、朝型生活に切り替えるというのもひとつの手です。 あと、夜寝る前にダラダラとスマホチェックはやめましょう。 寝つきが悪くなる&眠りが浅くなる、といいことなしです。 毎日の運動と体重管理 運動の習慣をつけるのって、意外と難しいですが、1日20分間くらいの有酸素運動を続けていくのが理想です。 あと、食べない無理なダイエットで急に体重が減ったり、逆に太って体重が増えたり、といったことも白髪や薄毛の原因になってしまうので注意が必要です。 紫外線対策をしっかりと 降り注ぐ紫外線による頭皮や髪の毛のダメージは大!です。 日頃から帽子や日傘で髪を守るようにしたいですね。 真夏の強い日差しにはUVスプレーなどの便利なグッズも活用したいところです。 ストレスをためない(難しいけど) PTAの役員でストレス爆発!子供の受験でバタバタ!旦那がリストラされた!などなど…何か大変なこと、精神的に疲れてしまったあとからじわじわ白髪が増えてきた…と感じる人も少なくないように、やはり ストレスと髪の毛の変化は切っても切れない関係にありそうです。 こればっかりは人それぞれ、自分に合ったストレス解消法を上手に身につけるのが一番ですね。 また、呼吸が浅い人はストレス性の脱毛に悩まされる人が多い、という傾向もあるそうで、普段からストレス対策のためにも 深い呼吸をこころがけてみてはいかがでしょうか。 自分のペースに合わせて上手に白髪カバー 現段階では白髪の悩みはカラーなどで上手にカバーしていくのが一番のお悩み解決法になります。 白髪の量、生え方、お肌の状態に合わせて上手にカバーしていきましょう! 基本は美容院でしっかりヘアカラー、その後白髪がチラホラ気になりはじめたらカラートリートメント、お出かけまえに気になるときにはクイックカラーそして次は美容院でヘアカラー…と 自分の白髪対策スケジュールをある程度決めてしまうと、ストレスなく、毎日を過ごせそうです^^ 実際の白髪のカバーにはどんな方法があるのか、下記にまとめました。 ヘアカラー/白髪染め 美容院でやってもらう ヘアカラー=白髪染めです。 時間とコスト面は少々かかりますが、美容師さんにいろいろと髪の状態や色のこと、いろいろと相談をしながら染めてもらえるので一番安心できれいに白髪が染まるりますし、季節によって髪色を少し変えてみたり、と 髪のおしゃれも楽しめます! ただ、頭皮がかぶれてしまったりするトラブルには注意が必要です。 お肌が弱い方は出来るだけ体調の良い時に美容院に行くようにしたり、事前に頭皮をカバーするクリームを塗ってもらったりなどの対策を考えなくてはなりません。 ヘナカラー・ヘアマニキュア 天然素材の ヘナカラーは頭皮などへのダメージが少ないと言われますが、100%天然のものからアルカリ剤が配合されているものまでいくつかの種類があります。 自宅で染めている方も多いみたいですが、それなり準備・知識が必要そうです。 また、ヘナは明るい色には染められず、ずっと黒髪でOK、という人にはいいのですが、途中からヘアカラーに替えたい、と言う場合には髪が生え変わるまで待たないといけない…というのが最大の難点ではないでしょうか。 ヘアマニキュアは、髪をコーティングするカラー剤でヘアカラーよりは髪へのダメージは少なくて済みます。 ただし、髪の毛に色を乗せていくイメージになるので、黒髪と白髪の部分で色の差が出来てしまったり、色の持ちがあまり良くないところなど、デメリットもあります。 カラートリートメント 乾いた髪につけるとよく染まる、という カラートリートメントもいろいろなメーカーから販売されています。 手軽に使えますし、次の美容院までのつなぎに使うのはアリかと思います。 ひとつ気を付ける点としては、美容院のヘアカラーまで1週間程度は使用しない方がいい、ということです。 カラートリートメントを使っていると、美容院でのヘアカラーが染まりにくいというトラブルが起きてしまうこともあるようなので、 美容師さんには自宅で使っているカラー染料については伝えておくようにしましょう。 クイックカラー 髪をセットした後、目立つ部分に白髪が・・・!という時には クイックタイプのヘアカラー用品が便利です。 マスカラタイプや、筆タイプ、ファンデタイプといろいろあります。 いくつか試してみて使いやすいものを見つけていくのがいいかと思います。 薄毛予防・育毛の研究より遅れているのが現状なんですね。 ただ、白髪が出来るメカニズムは解明されつつあることで、今後研究が進んでいけば、 近い将来には白髪が予防できる救世主的アイテムが登場する日も近い!かも? それまでは、日々美髪を保つ努力をして頑張っていきましょう!.

次の

40代女性は白髪どうしてる!?目立たない髪型やおすすめカラートリートメント!

白髪 40代

年のせい?髪の毛が白くなるメカニズムとは 悩みを持つ人は多いものの、現在では残念ながら 根本的な治療法や予防法はない、といわれている白髪。 でも白髪が生えてくるメカニズムは解明されつつあります。 一度生えた白髪の8割はまた白髪に(泣) そこで、いったん生えてきてしまった白髪、次はメラニンがちゃんと合成されて黒い髪の毛に生え変わらないの?と思いますよね。 ところが、白髪にはメラノサイトが作られなかっただけの 休止型と、メラノサイトが完全に消えてしまった 消失型との2つのタイプがあり、白髪の約8割はメラノサイトがない消失型のため、次に生えてくる髪の毛もやはり白髪になってしまうらしいです。 加齢による白髪はおそらくこの消失型だと思われます。 だから白髪が治って黒い髪の毛が生えてくるということはほぼない、という悲しい結果になってしまうんです。 ただ、消失型の白髪でもメラノサイトの幹細胞が存在さえしていればまたメラニンが作られて黒髪になる可能性もあるらしいので、そこは希望は捨てずに頑張りたいところです。 白髪にまつわる疑問・うわさについて調べてみました 数本だけ目立つ白髪、毛抜きで抜いちゃってもOK? 一本だけぴょんと飛び出た白髪はついつい抜きたくなってしまうけど…これは、 白髪に限らず髪の毛をぬくのはやっぱりNG!毛根が傷んでしまい、次に生えてくる髪の毛が細くなったり、うねりが出てしまったり、白髪以外のトラブルのもとになってしまいます。 白髪はやっぱり遺伝? 薄毛もそうだけど、白髪も遺伝?と思いがちですが、特に女性の場合はそうでもないらしいですね。 遺伝というよりも 加齢、ホルモンバランス、生活習慣による影響が多いといわれています。 遺伝だからとあきらめずに、日頃生活習慣などで白髪は改善できると思っていた方が精神的にもよさそうです。 白髪が多い体質だと、薄毛にはならないって本当? よく聞く話ですが、単純にこれは噂で実際はそんなことはないようです。 むしろ、白髪が出てきた、ということは毛根に元気がなくなってきている老化のはじまりのサインでもあるので、この先は白髪だけでなく薄毛にも注意が必要、ということにもなります。 白髪が気になりはじめたら、薄毛対策も考えはじめたほうがよさそうです・・・ 頭皮がムズムズ、これって白髪が生える前兆? 白髪が生えたところがかゆい、という話もよく耳にします。 私も白髪のある部分が、白髪に気付く前、なんだかむずがゆかった記憶が確かにあります。 頭皮のかゆみが現れたら、ちょとドキっとしてしまいそう・・・ 白髪を増やさないために守るべき生活習慣とは? 白髪だけでなく、薄毛やお肌、将来の健康のためにも気を付けたい美髪のために今すぐできる毎日のこと。 仕事に家庭に何かとストレスの多いアラフォー女子ですが、ヘアケア用品に頼るだけでなく、体の内側から出来ることをいまいちど見直してみるのがよさそうです。 バランスのよい食事 白髪予防のための食事で一番必要な栄養素は タンパク質です。 そしてタンパク質の吸収を高める ビタミンやミネラル類を一緒にとることもこころがけましょう。 和食メニューを中心に、野菜・果物・魚介類・海藻類などをバランスよく、というのが基本中の基本ですね。 具体的な食材としては、メラニン色素の合成に必要な 銅・亜鉛・鉄分などを含む食品をとるのが良さそうです。 銅は アーモンドや大豆、亜鉛は 鶏肉、鉄分は 豚肉やゴマ…そして 海藻類なども合わせて積極的に普段の食事にとりいれてみてはいかがでしょうか。 白髪に効くサプリってどうなの? 白髪専用のサプリメント、というものもいくつかあり、有名どころで「ブラックサプリ」と「黒ツヤソフト」のサイトをチェックしてみました。 実際に白髪が減ったというレビューよりは、お肌がキレイになったり、髪にツヤ・コシが出てきたりと体や髪に良い変化があった、という口コミが多かったですね。 白髪系のサプリはわりと高価なのが難ですが、その分髪質が改善されてヘアカラーの回数が減れば嬉しいですよね。 サプリメントはコスト面で余裕があればぜひ試したい対策のひとつです。 睡眠の質をあげる 日中は育児に家事に忙しく、ついつい夜更かししてしまう…なんてことはありませんか?髪の毛のためには、質のよい睡眠をとり、成長ホルモンを分泌させるのが目標です!子供じゃあないですが、夜10時~11時ごろまでには寝て、朝型生活に切り替えるというのもひとつの手です。 あと、夜寝る前にダラダラとスマホチェックはやめましょう。 寝つきが悪くなる&眠りが浅くなる、といいことなしです。 毎日の運動と体重管理 運動の習慣をつけるのって、意外と難しいですが、1日20分間くらいの有酸素運動を続けていくのが理想です。 あと、食べない無理なダイエットで急に体重が減ったり、逆に太って体重が増えたり、といったことも白髪や薄毛の原因になってしまうので注意が必要です。 紫外線対策をしっかりと 降り注ぐ紫外線による頭皮や髪の毛のダメージは大!です。 日頃から帽子や日傘で髪を守るようにしたいですね。 真夏の強い日差しにはUVスプレーなどの便利なグッズも活用したいところです。 ストレスをためない(難しいけど) PTAの役員でストレス爆発!子供の受験でバタバタ!旦那がリストラされた!などなど…何か大変なこと、精神的に疲れてしまったあとからじわじわ白髪が増えてきた…と感じる人も少なくないように、やはり ストレスと髪の毛の変化は切っても切れない関係にありそうです。 こればっかりは人それぞれ、自分に合ったストレス解消法を上手に身につけるのが一番ですね。 また、呼吸が浅い人はストレス性の脱毛に悩まされる人が多い、という傾向もあるそうで、普段からストレス対策のためにも 深い呼吸をこころがけてみてはいかがでしょうか。 自分のペースに合わせて上手に白髪カバー 現段階では白髪の悩みはカラーなどで上手にカバーしていくのが一番のお悩み解決法になります。 白髪の量、生え方、お肌の状態に合わせて上手にカバーしていきましょう! 基本は美容院でしっかりヘアカラー、その後白髪がチラホラ気になりはじめたらカラートリートメント、お出かけまえに気になるときにはクイックカラーそして次は美容院でヘアカラー…と 自分の白髪対策スケジュールをある程度決めてしまうと、ストレスなく、毎日を過ごせそうです^^ 実際の白髪のカバーにはどんな方法があるのか、下記にまとめました。 ヘアカラー/白髪染め 美容院でやってもらう ヘアカラー=白髪染めです。 時間とコスト面は少々かかりますが、美容師さんにいろいろと髪の状態や色のこと、いろいろと相談をしながら染めてもらえるので一番安心できれいに白髪が染まるりますし、季節によって髪色を少し変えてみたり、と 髪のおしゃれも楽しめます! ただ、頭皮がかぶれてしまったりするトラブルには注意が必要です。 お肌が弱い方は出来るだけ体調の良い時に美容院に行くようにしたり、事前に頭皮をカバーするクリームを塗ってもらったりなどの対策を考えなくてはなりません。 ヘナカラー・ヘアマニキュア 天然素材の ヘナカラーは頭皮などへのダメージが少ないと言われますが、100%天然のものからアルカリ剤が配合されているものまでいくつかの種類があります。 自宅で染めている方も多いみたいですが、それなり準備・知識が必要そうです。 また、ヘナは明るい色には染められず、ずっと黒髪でOK、という人にはいいのですが、途中からヘアカラーに替えたい、と言う場合には髪が生え変わるまで待たないといけない…というのが最大の難点ではないでしょうか。 ヘアマニキュアは、髪をコーティングするカラー剤でヘアカラーよりは髪へのダメージは少なくて済みます。 ただし、髪の毛に色を乗せていくイメージになるので、黒髪と白髪の部分で色の差が出来てしまったり、色の持ちがあまり良くないところなど、デメリットもあります。 カラートリートメント 乾いた髪につけるとよく染まる、という カラートリートメントもいろいろなメーカーから販売されています。 手軽に使えますし、次の美容院までのつなぎに使うのはアリかと思います。 ひとつ気を付ける点としては、美容院のヘアカラーまで1週間程度は使用しない方がいい、ということです。 カラートリートメントを使っていると、美容院でのヘアカラーが染まりにくいというトラブルが起きてしまうこともあるようなので、 美容師さんには自宅で使っているカラー染料については伝えておくようにしましょう。 クイックカラー 髪をセットした後、目立つ部分に白髪が・・・!という時には クイックタイプのヘアカラー用品が便利です。 マスカラタイプや、筆タイプ、ファンデタイプといろいろあります。 いくつか試してみて使いやすいものを見つけていくのがいいかと思います。 薄毛予防・育毛の研究より遅れているのが現状なんですね。 ただ、白髪が出来るメカニズムは解明されつつあることで、今後研究が進んでいけば、 近い将来には白髪が予防できる救世主的アイテムが登場する日も近い!かも? それまでは、日々美髪を保つ努力をして頑張っていきましょう!.

次の

40代男性の主な白髪の原因とおすすめの白髪染め

白髪 40代

40代や45歳になって白髪増えたと感じる原因や理由 まずは白髪増えたと感じる原因や理由について簡単にお話しします。 40代や45歳といった年齢となると白髪増えたと思うことが多くなります。 なぜ、この時期に白髪が増えるのでしょうか。 これには、以下のようにいくつかの理由があります。 女性ホルモンの減少• ストレス• 間違った白髪ケア 40代女性の白髪の原因はこのように様々で、これらが複雑に絡み合っています。 それぞれについて説明していきます。 女性ホルモンの減少 45歳くらいをすぎて白髪増えたと感じる場合は、女性ホルモンの減少が原因と考えられます。 女性ホルモンにはいくつか種類があるのですが、その中でも 女性らしさを作り出す「エストロゲン」といわれる卵胞ホルモンは、以下のグラフのように20代でピークを迎え、30代後半から40代にかけて徐々に少なくなります。 女性の場合、個人差はあるものの50歳前後で閉経を迎えるのですが、閉経を前後の前5年、後ろ5年の約10年間が更年期となります。 更年期になるとエストロゲンが急激に減少し、ホルモンバランスが乱れます。 すると 毛周期も影響を受けて充分な栄養を受け取れず、細くてひょろひょろとした髪が増え始めます。 さらに更年期特有の症状として、食欲不振や睡眠の質の低下、不眠、イライラなどがあります。 これらの症状もまた髪に悪影響を与えて、白髪が増える原因となってしまいます。 加齢 加齢とともに、頭皮が薄くなります。 すると毛根が圧迫を受けやすくなり、血流が悪くなり、十分な栄養が髪の内部にまで届きづらくなります。 40代を過ぎると、うねり髪が増えると感じる人が多いです。 これは加齢で、頭皮が薄くなったことが原因で、毛根が曲がってクセ毛の原因となっているのです。 さらに加齢とともに誰しも新陳代謝が下がります。 すると 毛細血管から髪の毛に供給される栄養がさらに届きづらくなります。 髪のツヤやコシは無くなり、パサパサとした髪の毛がみられるようになります。 当サイトの管理人である私自身も40代を過ぎたあたりから、白髪に加えアホ毛やクセ毛、パサつきがひどくなりました。 もともと太くて剛毛だった私の髪の毛は、年齢を重ねるたびに、手の施しようのないくらいワガママな髪質へと変化してしまいました。 ストレス 女性の場合、結婚・妊娠・出産・介護・育児・仕事との両立などさまざまなライフサイクルのなかでストレスを抱え込みやすいのが特徴です。 さらに40代となると、一人で母役・妻役・介護役など家庭内で多くの役をこなす必要があるだけでなく、社会的にも責任のある仕事を任されることも増えます。 もしかして無意識のうちに、毛を抜いたり、ちぎったりしたりしてないでしょうか これはトリコチロマニアといわれる抜毛症です。 原因はストレスや欲求不満です。 これらの解消のはけ口として、抜毛してしまいます。 ストレスとなっている原因が無くなれば、毛を抜くクセは解消されることが多いのですが、長引く場合は、心療内科などに受診して心の負担を軽くしたほうが良い場合があります。 間違った白髪ケア 間違った白髪ケアとは、白髪を抜く、市販の白髪染めで頻繁に染める、白髪が気になったらすぐに美容院に行くなどです。 また45歳と若いうちはいいですが、長年このまま白髪ケアを行っていると、頭皮にダメージを与えてしまいます。 白髪を抜くと白髪が増えると思う方もいますが、抜いても増えませんが、減りもしません。 ただ、 無理やり毛を抜くので、毛根に炎症が起きてしまい、今後生えてこない可能性が高まります。 白髪は染めれば、ふさふさの黒髪に戻せますが、生えてこなくなった髪の毛を再度生えさせるのは現代の医療を駆使しても難しいのが現状です。 にくき白髪かもしれませんが、歳をとってから、薄毛よりも白髪でもふさふさの毛量をキープしたいです。 そのため、白髪を見つけても抜いてはいけません。 白髪を増やさない対策 では気になる白髪ですが、どのように対策したらいいのでしょうか。 やっぱり、市販の白髪染めをしたり、美容院で染めてもらったりしたほうがいいの? 何度も美容院に通うのは、お財布の負担になります。 美容院ではリタッチといって、生え際だけを染め直してくれる方法もありますが、それでも4,000円前後するため、気が引けるのが難点です。 また 市販の白髪染めは、誰にでも染まり具合を実感してもらわなければ売れないために、一般的に美容院の染め剤よりもpH値が高く、髪を痛めやすいとされています。 pH値が高いほうがアルカリ性に傾くので、毛が膨らみ、キューティクルを無理やり剥がす力が強力に働きます。 すると染め剤が髪の内部まで浸透するので白髪が無くなったと感じる人が多いです。 しかし、 市販の白髪染めは髪の内部のコルテックス(弾力性物質)を流出させる力も強いので、ダメージを与えやすいのが難点です。 また以下のようにジアミンといわれるアレルギー物質が含まれていることがあり、頭皮がヒリヒリすることもあります。 市販の白髪染めを頻回に使っていると、ダメージでパサパサの切れ毛が多くなる恐れが出てきてしまいます。 カラートリートメントを上手に使う そこで、髪にダメージを与えず、白髪が気になれば何度も使えるアイテムとして、 白髪染めカラートリートメントをおすすめします。 これらは市販の白髪染めや一般の美容院で行っているような化学染料を使った白髪染めではなく、髪の表面に色を付けるものになります。 そのため、髪内部へのダメージはありません。 ただし、色が付くのは表面だけですので、シャンプーをすると色落ちしやすいため、気になる場合は1週間に1度は生え際のみを白髪染めトリートメントすることをおすすめしています。 私が数十種類の白髪染めトリートメントを使用して、染め具合、頭皮や髪へのケア、トリートメント効果などを総合的に評価して良かったものをまとめています。 白髪染めトリートメントを選ぶ点で注意してほしいのは、 いくら白髪染めトリートメントとの商品があっても、全く染まらないものもあるということです。 お金や時間を無駄にしないよう、一回で染まる確実で良品を見つけて、頭皮や髪をいたわるケアをしてください。 3ケ月に1度は美容院を併用 ただ、いくら白髪染めトリートメントを使って白髪ケアしているといっても限界があります。 特に後頭部の白髪などは自分では気づかず、そのままになっていたり、色むらになっていたりする可能性があります。 このような場合、やはり美容院だと、染め残しなく、きれいに染めてくれるので、3ケ月に1度は美容院に行き、プロの手でキレイに染めてもらうことをお勧めします。 私がおすすめするのは、 全体を染めるときは美容院で行い、生え際を染めるときは家で白髪染めトリートメントを使用するという方法です。 これなら、週に1回、頭皮や髪の喜ぶ方法で白髪を染めて目立たなくさせ、3ケ月に1回、プロにきちんと整えてもらえるので、女子力や若さをキープできます。 さらにお財布にも負担がかからず、いいことづくめです。 育児や介護、仕事で忙しい40代の女性でも週に一度、自分の髪をお風呂場でケアし、3ケ月に1度は美容院にいくのがベストです。 白髪増えたとしてもケア次第でもっと輝く 私は白髪染めトリートメントでケアするようになってから、上質のトリートメントを週に1度じっくり行っているので、髪のツヤが増してきました。 30代のときよりもむしろ髪質はよくなったと感じるくらいです。 40代女性の髪は、少しのケアでまた30代や20代のときのような髪質に戻せるのです。 まだ40代です。 素敵な50代、60代を迎えるためにも、今のあなたにできることを探して、これからもキラキラと輝いてもらえたらと思います。

次の