肘 英語。 手肘英文,手肘的英語翻譯,手肘英文怎麽說,英文解釋例句和用法

肘筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

肘 英語

整形外科医(整形外科全般。 安静にしているときは平気なのに、物をつかんで持ち上げるときなどに肘が痛む場合、テニス肘を発症している可能性があります。 テニス肘は特に中年以降でテニスをよくする方に生じやすい病気です。 この記事ではテニス肘の原因と治し方、痛みを緩和させる対処法について解説します。 テニス肘ってどんな病気? テニス肘は腱鞘炎の一種で、正確には 「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」と言います。 痛みが生じる仕組み 具体的には次のような流れで痛みが表れます。 手首を伸ばすときに使う「前腕伸筋群(ぜんわんしんきんぐん)」という筋肉に、繰り返し負荷がかかる• 「短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)」が損傷を受ける• 短橈側手根伸筋と骨をつなぐ「腱」に小さな断裂ができ、炎症が起こる• 肘関節の外側が痛む 前腕伸筋群は、「長橈側手根伸筋・短橈側手根伸筋・総指伸筋」を合わせた名称です。 断裂した腱の修復も痛みの原因に 前述の通り痛みが生じるのは腱が炎症しているためですが、 断裂した腱を修復させようとするはたらきもまた、痛みの原因となります。 断裂した部分を修復するために小さな血管が増加する• これに伴って一時的に「神経線維(細胞同士をつなぐ接着剤のようなもの)」が増える 3. 痛みが生じるタイミング 物をつかんで持ち上げる動きやタオルを絞る動作などをすると、 肘の外側から前腕にかけて痛みが表れます。 安静にしていれば痛みがないことが多いです。 テニス肘の原因 テニスラケットを振る、ボールを打つなどの動作を繰り返すことで、筋肉に過度な負担がかかるのが主な原因です。 ただしテニスなどのスポーツだけが原因ではなく、他にも次のような動作が発端となることもあります。 重いものを持ち運ぶ• 重いものを片手で引っ張り上げる• 片手で何度もものを持ち上げる• 腕を回す• パソコンよく使う• 指をよく使う 加齢も原因のひとつ 20~30歳代でテニス肘になる確率が低いことから、 加齢によって腱・筋肉・関節などが衰えることも原因と言われています。 また老化に伴って「外側上顆」という骨の出っ張り部分に、異常な欠陥や神経線維が増えやすくなることも原因です。 さらに女性に多くみられる特徴もあり、性別も原因のひとつと考えられています。 テニス肘の治し方は? 1. 自分でできる対処法 次のような処置をとれば、自分でもある程度症状を軽減させることができます。 ストレッチ 短橈側手根伸筋のストレッチが症状の改善に有効とされています。 正座をして、両手の甲を床につけます。 このとき指が自分側にくるようにするのがポイントです。 このまま20~30秒ほど手首あたりを意識して伸ばします。 トレーニング 慢性期には、筋力強化のためのトレーニングを行うこともあります。 手の甲を上にして片手でダンベルを握り、手首の先だけでダンベルを動かします。 これを数回繰り返すと効果的です。 急性気は冷やす 急性期(痛みが出たばかりの時期)やスポーツなどで負荷のかかった後は、痛む部分が熱を持っていることがあります。 その場合は患部を冷やすと、一時的に痛みを軽減できることがあります。 慢性期は温める 慢性期(痛みが数か月に及ぶ時期)など、温めた方が痛みをやわらげられる場合もあります。 腕に負担をかけないようにする 腕に負荷をかけないよう意識して過ごすことも大切です。 荷物を持つときは手のひらを下にするのではなく、上にして持ちましょう。 また布巾やタオルなどを絞るときは、シンクの底に押し付けて水気を切るなど、 なるべく腕に負担をかけない動き意識します。 病院での治療方法 テニス肘では 整形外科を受診します。 病院では痛み止めの飲み薬や貼り薬が処方されるほか、ステロイドの局所注射や理学療法(運動・温熱・電気などによる治療)が行われることもあります。 これらを続けても症状の改善がみられない場合、手術が必要となることもありますが、手術にもいろいろな方法があるので医師とよく相談しましょう。 手術方法の例 テニス肘の手術には、おもに次のような方法があります。 ・筋膜切開術:筋膜を切開し、筋内の圧を下げて治療• ・肘関節鏡視下手術:数ミリ程度の穴から肘の関節内に関節鏡を入れて、損傷部位を処置• ・Bosworth法:伸筋腱共同腱の起始部を切離し、必要に応じて関節包・輪状靱帯や滑膜を切除• ・Bosworth III変法:輪状靱帯の近位部の切除・伸筋腱起始部の切離・滑液包の切除滑膜襞を切除 3. テニス肘は再発しやすい テニス肘は再発しやすいと言われています。 特に腕をよく使う女性は治りにくいとされており、注意が必要です。 ラケットを使うスポーツでは次のことを意識して、テニス肘を予防しましょう。 ・正しいフォームを習得する• ・ガットを緩めにする• ・柄の太い軽めのラケットを使用する• ・弾みの悪いボールは使用しない• ・スポーツ後はアイシングを行う また、スポーツの前後には腕の回旋ストレッチを行い、 手首の筋肉を強化することも大切です。 まとめ テニス肘はテニスだけでなく、ラケットを使用したスポーツをする人によくみられる病気です。 卓球や野球をする、フライパンを使う、重い荷物を運ぶ、パソコンを頻繁に使うなどの習慣に当てはまる方は要注意です。 テニス肘は一度発症すると完治までに時間がかかり、再発も多いため予防が何より大切です。 この記事で紹介した予防策を心がけ、痛みが表れた場合は安静にして早めに病院を受診しましょう。

次の

肘を英語で訳す

肘 英語

肘の関節 articulatio cubiti Elbow 概要 後面に上端部の肘頭があり、曲げると突出する(ファニーボーン)。 前面には肘窩(ちゅうか)と呼ばれる浅い窪みも見られ、にしばしば利用される。 皮静脈がはっきりしているためである。 肘関節は、、尺骨の間に存在する関節である。 その屈伸を行うのは、主に上腕骨と尺骨間である。 その他• 肘のような形状(特にに曲がった形)のことも肘と称される。 は膝頭の上の腿を枕にすることだが、 肘枕(ひじまくら)は肘を曲げての上に頭を乗せて寝ることである。 膝枕と異なり、自分専用である。 他人を寝かせるときは 腕枕(うでまくら)を使う。 肘鉄砲、肘鉄とは肘で突きのける動作を指す。 転じて誘いをはねつけること。 肘当てとは洋服の肘の部分を補強する当て布。 肘掛けとは、肘をもたせかける部分を指す。 やを参照。 肘笠は、肘を笠の代用にすること。 肘笠雨といえば、にわか雨を指す。 肘は拳と比較すると鋭くて硬く、打撃に使用する部位としては非常に優れている。 詳細はにて解説。 関連項目•

次の

肘筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

肘 英語

肘筋 anconeus muscle 肘筋(ちゅうきん)とは肘関節のやや下側に位置する小さな 筋肉で、主に上腕三頭筋の働きを補助し肘関節の伸展に貢献します。 肘筋は肘関節が屈曲するときに、関節包が肘関節に対してずれないように保つ働きをしています。 英語名称 anconeus muscle アンコウニィァス・マッスル) 肘筋の解説 肘筋(ちゅうきん)はの直下に存在する小さな筋で主にの補助的な役割を果たしています。 その他にも肘関節が屈曲するときに、関節包が肘関節に対してずれないように保つ働きがあるので肘関節の障害予防にも大きく貢献しています。 肘筋は主に『ドアを押す』『頭上に物を持ち上げる』などの肘関節の伸展動作に関与しますが、上腕三頭筋ほど大きな筋力が発揮できるわけではありません。 しかし、肘関節を伸展させるときに前腕の回内動作を同時に行うと肘筋の筋活動は高まります。 この筋肉は上記でも述べたように上腕三頭筋と一緒に肘関節を伸展させる作用を持つので、鍛えるためにはなどのエクササイズを行うことが有効です。 また、肘関節を最大限に屈曲させれば肘筋はストレッチされます。 起始 上腕骨の外側上顆(がいそくじょうか)の後面、外側側副靭帯(がいそくそくふくじんたい 停止 尺骨の肘頭(ちゅうとう)外側面 肘筋の主な働き 主に肘関節の伸展に関与します。 肘筋を支配する神経 橈骨(とうこつ)神経(C7~C8) 日常生活動作 主にすべての押す動作に関与します。 スポーツ動作 上腕三頭筋と共に砲丸投げやアメフトなどの押す動作に大きく貢献します。 関連する疾患 上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)、橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ) 代表的なウエイトトレーニングとストレッチ.

次の