デリケート ゾーン ヒリヒリ。 50代デリケートゾーンのトラブルの原因とかゆみ、ヒリヒリに効果的な予防法

ホホバオイルはデリケートゾーンのケアにも最適!?

デリケート ゾーン ヒリヒリ

女性のデリケートゾーンのことを 考え抜いてつくられた処方のお薬だから。 つらいかゆみを、素早く鎮めるかゆみ止め成分を配合。 また、抗ヒスタミン成分配合が、かゆみの発生も抑えます。 低刺激で、肌にやさしい処方。 メントールや香料も不使用。 非ステロイド。 雑菌の繁殖も抑える。 ムレやすいデリケートゾーンに適したベタつかない使い心地。 女性にとっての使い勝手を追求しているから。 ポーチにinしやすい、お部屋に置きやすい英字ロゴfemininaのチューブデザイン。 首筋や太ももなど、デリケートな皮ふのあせもや虫刺されなどにも使える。 ほとんどのドラッグストアで購入可。 WEBでもお買い求めいただけます。 どこまで塗ればいいですか? かゆみを感じている外陰部とそのまわりに塗ってください。 腟内などの粘膜部分には使用できません。 生理中に使っても大丈夫ですか? お使いいただけます。 日中はトイレで経血をよくふき取ったあと、就寝前はお風呂などで患部を清潔にしてからのご使用をおすすめします。 何歳から使えますか?子供が使ってもいいですか? お使いいただけます。 ただし、7歳未満のお子様でしたら、医師、薬剤師、登録販売者にご相談のうえで、ご使用ください。 7歳以上のお子様には、保護者の指導監督のもとにご使用ください。 1日何回くらい使用できますか? 1日5~6回までを目安にご使用ください。 かゆみ症状が再発しないようなら、1日1回のご使用でも構いません。 カンジダ治療薬と併用してはいけないのはどうしてですか? フェミニーナ軟膏やフェミニーナジェル、フェミニーナミストは、カンジダ症の根本的な治療にはなりません。 かゆみ症状が一時的に改善することはありますが、カンジダ治療薬がきちんと効果を発揮できているか、正しく判断できなくなる恐れがあります。

次の

50代デリケートゾーンのトラブルの原因とかゆみ、ヒリヒリに効果的な予防法

デリケート ゾーン ヒリヒリ

ホホバオイルはデリケートゾーンのケアに最適って知っていました? デリケートゾーンの悩みって、なかなか打ち明けられないですよね。 デリケートゾーンがカサカサしている• デリケートゾーンがかゆい• デリケートゾーンの黒ずみが気になる• 性交痛を感じる• 洗う時にデリケートゾーンがヒリヒリする そんな悩みを感じたことはありませんか? こんな悩みを一挙に解決してくれるケアしてくれるアイテム、それがホホバオイルなんです! なんで!?どうやって!? 興味のあるアナタのために、ご紹介していきますね。 デリケートゾーンは乾燥しやすい! デリケートゾーンって、トラブルやニオイなど、自分で判断するのは難しいことが多いです。 「かゆみ」た「ムレ」なども起りすいし、気づいたら「なんかちょっといつもと違う・・」と思うことの多い部分。 特に、月経時はナプキンなどでムレやすいイメージがあるかと思います。 でも、実はデリケートゾーンが乾燥して「トラブル」を発生させることが多いんです。 「え?ほんとに乾燥が原因なの?」と、にわかに信じがたいですよね。 そのため、「デリケートゾーンが乾燥する」ということをイメージできる人は少ないのです。 でも、デリケートゾーンはその名の通り、とてもデリケートな部位。 本当はとっても乾燥しやすいパーツなんです。 でも、乾燥するってどんな感じ?と「乾燥」によって引き起こされる症状がわかりにくいですよね。 デリケートゾーンの乾燥が原因で引きおこる症状は主に3つ! 1 かゆみ・臭い・病気 デリケートゾーンの肌は、もともと人の体にいる常在菌がバランスを保ってくれています。 菌と聞くと「え?それが悪いんじゃないの?!」と思いがちですが、体にもともといる菌は身体を守ってくれているんです。 ただ、普段はお肌を外からの刺激から守るために、頑張って働いてくれているのです。 ・・・が。 この常在菌のバランスが崩れると、デリケートゾーンにトラブルが起こりやすくなります。 菌のバランスが崩れる多くの原因として考えられるのが、「皮脂が過剰に分泌」している場合か、「乾燥」しすぎている場合です。 皮脂が過剰に分泌されている多くの原因は「乾燥」と関係があります。 お肌が乾燥してバリア機能が低下している状態を改善するために「皮脂分泌」を促すことで、皮脂分泌が過剰になってしまうからです。 これは顔が「テカテカ」するインナードライ肌と同じメカニズムです。 そして、皮膚の悪化は皮膚の上の細菌バランスを崩し、雑菌が増殖して肌を荒れさせることで「かゆみ」を発生させるのです。 しかも、この雑菌が出す老廃物が、デリケートゾーンから発する悪臭の大きな原因にもなります。 乾燥によって常在菌のバランスが乱れ、雑菌が繁殖すると、さまざまな病気の原因にもなるのです。 2 痛み 女性は月経時にナプキンを長時間使用したり、下着が肌に密着している状態が続くことがあります。 すると、デリケートゾーンはナプキンや下着との摩擦によって傷がつきやすくなります。 デリケートゾーンが乾燥をしていると、通常よりも傷がつきやすく「ピリピリ、チクチク」した痛みを招きます。 「今日はなんだか、ナプキンが当たった時に痛いな」と思ったことはありませんか? それは乾燥によって「かゆみ」や「痛み」を引き起こしている可能性があります。 かゆみは眠っているときなどについ無意識にかいてしまい、肌が炎症を起こして痛みを起こすこともあるので、さらに黒ずみなどを引き起こす原因としても考えられています。 3 黒ずみ デリケートゾーンのように肌が敏感な場所は、わずかな刺激でもメラニンが発生しやすく、もともと黒くなりいやすいようにできています。 肌が乾燥していると、さらに刺激に弱くなり、黒ずみが悪化してしまいます。 「もしかして私のデリケートゾーンって、黒ずんでいる・・・?」と悩んだことはありませんか? なかなか自分でデリケートゾーンを見ることってないですが。 笑 パートナーから指摘されたり、乳首の色が黒いと色が気になってしまいがちです。 もしかしたら、その原因はデリケートゾーンの肌が乾燥しているからかもしれません。 でも、どうして乾燥をしてしまうのでしょうか? デリケートゾーンが乾燥しやすい理由は主に5つあると言われています。 (そう見えないんですけどね。 笑) とても敏感で、丁寧なケアが必要だと言われる「目元」の皮膚よりも薄いのです。 洗顔の後に顔を保湿しなかったら、目元がつっぱったりすることはありませんか? それと同じ状態になりやすいのがデリケートゾーンです。 本当はとても乾燥しやすい場所だけれど、衣類に隠れているため乾燥を感じにくいんです。 部分的にとても敏感で保湿力が低いため、乾燥しやすい特徴があります。 生まれつき乾燥肌の方もいらっしゃいますし、規則正しい生活リズムができていないと乾燥肌になることがあります。 特に冬などの寒くて空気が乾燥している時期には、デリケートゾーンもより乾燥がすすみます。 特に生理中はムレやすく、刺激を受けやすくなっています。 でも、デリケートゾーンのお肌はとっても薄くて敏感です。 そんなお肌をゴシゴシ洗ってしまうと、キレイにするどころか「ニオイ」や「黒ずみ」などの原因になってしまうことがあります。 そう、いわゆる逆効果になってしまうということ。 デリケートゾーンを洗う場合は専用のソープを使ったり、お湯だけで洗うなどして、刺激を与えないことがとっても大切なんです。 みずみずしくハリのある肌やツヤのある髪、女性らしい体つきをサポートしてくれるホルモンです。 しかし、年を重ね閉経すると、エストロゲンが減少することで膣が乾燥してしまいます。 すると、炎症や細菌感染が起こりやすくなるなど、さまざまなトラブルが起こります。 また、ホルモンバランスは繊細なため、睡眠不足やストレス、偏った食事、喫煙、薬の副作用などでも乱れてしまいます。 そうなると、まだ若い女性でもトラブルが起こってしまうこともあるそうです ホホバオイルをデリケートゾーンのケアに使うべき理由! では、乾燥で起こるこれらの症状を防ぐには「乾燥をさせない」ようにすればOKなのです。 肌を清潔に保ち、しっかりと保湿をしてあげる必要があります。 出産準備の会陰マッサージ• 乳首のひび割れ• 膣炎の座薬• 生理ナプキンでのカブれ• 潤滑ジェル このように、デリケートゾーンや女性特有の悩みに対しても効果を発揮します。 ホホバオイルは強力なスキンケアなので、妊娠線が出来るのを防止してくれる効果が期待できます。 ホホバオイルはお肌への吸収が良く、 抗バクテリア作用、抗真菌作用があるので、清潔に保つのに便利です。 出産前のマッサージに使うことで、筋肉を和らげると言われています。 出産前の会陰マッサージの際にホホバオイルを利用すれば、 出産が楽になることがあります。 また、ホホバオイルは抗バクテリア作用、抗真菌作用そして抗炎症作用があるので、 膣炎の座薬としても使うことができます。 生理ナプキンでのカブれも、就寝前に塗っておくことで治りやすくなります。 性交痛がある場合にも、潤滑ジェルとして使うことができます。 ホホバオイルの中でも、ナチュラルなものを使うことでお肌に負担をかけることなく使えます。 ホホバオイルは本当に万能なスキンケア用品です。 しかし、実はホホバオイルにも2種類のホホバオイルがあります。 正しい方を選ばないと、使用後に大変なことになる可能性もあるので、要注意です! ホホバオイル、デリケートゾーンのケアに使うのはゴールド ホホバオイルには2種類のオイルがあります。 1つは精製された透明のオイル。 有名なのは「無印良品」で販売されているものですね。 画像でも見てわかるように、色は透明です。 これが精製されたホホバオイルです。 2つ目は未精製のホホバオイルです。 こちらは、加工が一切されていないホホバオイルです。 こちらは見ての通りゴールドの色をしています。 高品質のホホバオイルはこのような色をしています。 デリケートゾーンに使うべきなのは、間違いなくゴールデンオイルです。 なにより、スキンケアに必要な成分はゴールデンにしか含まれていません。 精製されたホホバオイルは、赤ちゃんなどの敏感なお肌には「発疹」などの反応が起こる場合があります。 ゴールデンホホバオイルでは絶対に起こらない!とは言い切れませんが、安全性が格段に高いのは100%ナチュラルなゴールデンホホバオイルです。 使用する際は、パッチテストを行ってから使用してください。 栄養成分が必要なとき• 抗菌、抗炎症効果が必要なとき• エイジングケアに使いたいとき 肌は新陳代謝(ターンオーバー)のおかげで元気な状態を保ったり、傷や肌荒れを治していきます。 (陰部の黒ずみやシミ・くすみを防ぐにも役立ちます) このターンオーバーを高めてくれる栄養(ビタミンやミネラル)は未精製のホホバオイル(黄金色)にしか含まれていません。 特に、デリケートゾーンに使用する際は、効果・安全性の両方が高いゴールデンホホバオイルを使用することをおススメします。 ゴールデンホホバオイルも、様々なメーカーで販売されています。 私は今使っているホホバオイルがあるのですが、世界基準で審査をされている安全性の高いホホバオイルです。 特に日本国内で販売されているのは、私も使っている「 」というメーカーさんだけなので、初めて使う場合は安心して使いやすいかと思います。 また、デリケートゾーンは正しくケアをすることで、より健康な状態を保つことができます。 ほんの少しのことを意識するだけでも、「かゆみ」「黒ずみ」「臭い」といったトラブルを予防・改善しやすくなるのです。 少しずつ、デリケートゾーンに対する意識を変えてみることから始めてみませんか?.

次の

デリケートゾーンのかゆみ止め市販薬を全種類まとめ

デリケート ゾーン ヒリヒリ

市販で買えるデリケートゾーンのかゆみを抑える塗り薬 市販ドラッグストアで購入できる塗り薬の特徴や価格、どんな症状に有効かをまとめて見ました。 全部で6種類ありますがそれぞれちょっと違いがありますのでわかりやすくご紹介していきます。 kobayashi. jp 価格 15g 880円(税込 950円) 30g 1,400円(税込 1,512円) 種類 第2類医薬品(非ステロイド) 効能 かゆみ、かぶれ、湿疹、虫さされ、皮ふ炎 じんましん、あせも、ただれ、しもやけ ドラッグストアで売られているデリケートゾーンのかゆみを抑える薬として代表的なのが小林製薬から販売されているフェミニーナ軟膏です。 フェミニーナ軟膏は生理やナプキン、 汗ムレやおりものによるかゆみや下着かぶれのかゆみを素早く抑える働きをする軟膏 塗り薬 です。 リドカリンという局所麻酔成分が配合されているので「かゆみ」を鎮めるまでに即効性があり、ジフェンヒドラミン塩酸塩という配合成分がかゆみの再発を抑えてくれます。 イソプロピルメチルフェノールも配合されているので雑菌繁殖を抑える働きもあり若干の消臭効果も期待できます。 とにかくデリケートゾーンがかゆくてどうにかしたい!って方はまずはフェミニーナ軟膏を使ってみることをおすすめします。 kobayashi. jp 価格 15g 880円(税込 950円) 種類 第2類医薬品(非ステロイド) 効能 かゆみ、かぶれ、湿疹、虫さされ、皮ふ炎 じんましん、あせも、ただれ、しもやけ フェミニーナ軟膏と同様に小林製薬から販売されているジェルタイプのかゆみ止めです。 軟膏タイプよりもベトつきが少なくさらっとしたテクスチャの作りになっているので少しでも ベトつきがあるのが嫌だ!って方におすすめです。 かゆみを抑える有効成分はほとんど変わりありませんが、かゆみの再発を抑える抗ヒスタミン成分の配合量が軟膏タイプよりも少ないのでちょっとかゆみが気になるな〜って方におすすめです。 kobayashi. jp 価格 15mL 880円(税込 950円) 30mL 1,000円(税込 1,080円) 種類 第2類医薬品(非ステロイド) 効能 かゆみ、かぶれ、湿疹、虫さされ、皮ふ炎 じんましん、あせも、ただれ、しもやけ 軟膏やジェルタイプとは配合成分が異なりますが、かゆみを抑えたり再発しないようにする作りに変わりはありません。 ミストタイプなので手を汚さずにデリケートゾーンのかゆみケアをすることができます。 個人的にはフェミニーナ軟膏やジェルの方がかゆみを抑える力が強いように感じましたが、外出先であそこに軟膏やジェルを塗るのは手間がかかるので 外出先で使う分にはかなり使い勝手がいいです。 トイレでかゆみの気になる部分にシュッと吹きかけるだけでOKなので日頃からムレやナプキンでかゆみが出てしまう人は1つ持っておくと心強いです。 ikedamohando. jp 価格 950円(本体価格880円) 15g 1,382円(本体価格1,280円) 30g 種類 第3類医薬品 非ステロイド 効能 かゆみ、かぶれ、ただれ、しっしん、皮ふ炎 じんましん、あせも、虫さされ、しもやけ デリケアはフェミニーナ軟膏やジェルよりもかゆみを抑える有効成分の配合量が少ないのでデリケートゾーンのかゆみを抑える力が若干弱いように感じますが、健康な肌と同じ弱酸性のクリームで作られているので お肌への負担が少ないクリームです。 ベトつきはフェミニーナ軟膏と同じ程度でそこまで気になるベトつきはありません。 ナプキンなどの生理用品でのかゆみやヒリヒリ感を同時にケアするのにおすすめなクリームです。 zeria. jp 価格 6g 850円 種類 指定第2類医薬品 ステロイド 効能 化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎) 化膿を伴う次の諸症:湿疹、皮膚炎、あせも かぶれ、しもやけ、虫さされ、 じんましん ドルマイコーチはステロイドを配合している塗り薬です。 フェミニーナ軟膏やデリケアbなどとは使用用途が異なり、 炎症が悪化している場合に使うべき塗り薬です。 デリケートゾーンがかゆくてかきすぎてしまって少しジュクジュクヒリヒリするような場合に使う薬なのでただのデリケートゾーンのかゆみには個人的にあまりおすすめできません。 デリケートゾーンのかゆみと多少のヒリヒリ程度であればフェミニーナシリーズかデリケアbあたりがおすすめです。 yuskin. jp 価格 780円(税抜) 種類 第3類医薬品 非ステロイド 効能 かゆみ、かぶれ、あせも、皮ふ炎、しっしん じんましん、ただれ ユースキンラフレは肌への刺激が少なくて乳液っぽい感じのテクスチャのクリームです。 伸びがよくて保湿性が高いのでナプキンや下着での擦れによるかゆみやムレでのかゆみよりも、デリケートゾーンの乾燥が原因のかゆみにおすすめのクリームです。 kobayashi. jp 価格 2,800円(税込 3,024円) 種類 第1類医薬品 効能 腟カンジダの再発 デリケートゾーンのかゆみで女性に多い症状が「腟カンジタ症」です。 デリケートゾーンのかゆみで婦人科や産婦人科に診察に行った人の多くがカンジタ症だったと言うくらい女性に多い症状の一つです。 腟カンジタ症は性行為をしていなくても発症する症状で、カビの一種が原因となっています。 一度カンジタになると一定期間で繰り返してしまう人も少なくありません。 一度病院で カンジタ症と診察された場合で、再度同じ症状が出た場合には市販ドラッグストアで売られているフェミニーナ腟カンジタ錠を販売してもらうことが可能です。 有効成分としてオキシコナゾール硝酸塩を配合しているので、強いかゆみ・ポロポロした白いおりもの・おりものの量が増えたなどの腟カンジタ症を自分で治すことができる薬です。 デリケートゾーンの市販塗り薬の注意点 デリケートゾーンの塗り薬をドラッグストアで自分で購入してケアする場合には注意点もあります。 購入したケア商品に付属されている使い方説明書や注意書を読めば書いてあることですが、一応ここでも簡単にご紹介しておきます。 妊娠中の薬の使用は医師に相談する 妊娠や妊娠の可能性がある方はむやみやたらに薬を使うことは避けて、かかりつけの産婦人科医師に相談するようにしましょう。 万が一トラブルがあっては後戻りできませんので、必ず医師に相談しましょう。 相談するときは具体的にどの薬を使いたいんだけど赤ちゃんや妊娠中に使うことで何か影響を及ぼさないか?と聞くと医師も答えやすいです。 薬にアレルギーのある人は薬剤師や登録販売者に相談する 今までに薬を使ってアレルギー反応が出てしまった方や、薬によって肌が腫れたり赤みが出たりしてしまった経験のある方はドラッグストアに常駐している薬剤師や登録販売者に相談してみましょう。 あまりにも症状がひどい場合は病院へ 薬を使っても症状が治らなかったり、炎症が悪化していると感じた場合にはすぐに病院にいきましょう。 自分で治せない皮膚炎なども考えられるので、安易に自己判断せずしっかりと病院で診察してもらうようにしましょう。 デリケートゾーンの症状でどこの病院へ行っていいのかわからない方は下記のページを参考にしてください。 4〜5日間使っても変化がなければ使用を中止する 薬を4日〜5日間使っても症状に変化がなければ使うのをやめて病院で診察してもらいましょう。 ドラッグストアで販売されている薬を数日間使っても症状が和らがない場合は性病やなんらかの皮膚炎になっている可能性があります。 粘膜や穴の中には塗らないこと 市販で販売されている塗り薬は粘膜部分や膣内 穴の中 には塗らないようにしましょう。 粘膜は刺激に弱く他の炎症を起こしてしまう可能性もあるので注意してください。 このページでご紹介したフェミニーナ腟カンジタ錠に関しては膣内 穴の中 に挿入する薬となります。 デリケートゾーンのかゆみには石鹸も有効 デリケートゾーンのかゆみの原因には、• 雑菌繁殖• おりものシート• 腟カンジタ などなど複数の原因が考えられますが、どの原因にも共通して言えるのが ムレたり不衛生にしているとかゆみが発症してしまうということです。 デリケートゾーンをしっかりと正しく洗えている女性は非常に少ないですし、体用の石鹸「ボディソープ」でデリケートゾーンを洗っている女性も多くいますが、デリケートゾーンにはデリケートゾーン専用の石鹸を使った方が臭いやかゆみをしっかりと抑えることができます。 私が今まで使ってきたデリケートゾーンのかゆみを予防する石鹸の中で一番おすすめできる商品は「 」という石鹸です。 コラージュフルフル泡石鹸は価格もそこまで高くないのに、皮膚上のかゆみや臭いの原因となるカビをしっかりと洗い流す成分が配合されていて本当にかゆみを抑えることができた石鹸です。 今までどの石鹸をつかってもムレるとすぐにかゆみが出て辛かったんですけど、コラージュフルフル泡石鹸を使ってからはムレても全然かゆみが出なくて本当に助かっています!!.

次の